トラバサミとは?現在は違法?威力が強い?人間もかかる?猫も死ぬ?

トラバサミという罠をご存知でしょうか?トラバサミは簡易的な構造ですがかなりの威力を誇っています。熊などの大型動物にも使用されるものだと人間の足の骨を粉砕するほどの威力とも言われています。現在日本では鳥獣保護法で禁止されています。今回はトラバサミの紹介をします。

トラバサミとは残酷な罠?威力が強い?

TomaszProszek / Pixabay

トラバサミは狩猟で使われるわなの一つです。トラバサミは踏むことにより、2枚の刃が強く足を挟むという構造になっている罠です。しかし簡易的なつくりであるにも関わらず威力はかなり高いものとなっています。

熊用のトラバサミのサイズですと、人間の足が間違って挟まった場合、最悪の場合足の骨が粉々に粉砕されることもあるほどの威力があるとされています。

また威力だけでなく、トラバサミの構造によってトラバサミは残酷な罠となっています。自ら抜け出しづらくするために鋸歯状の歯がついているものもあり、挟まった獲物が息絶えるまでじわじわと苦しんでいくのです。

トラバサミとは?構造や仕組みは?

Efraimstochter / Pixabay

トラバサミとは罠の中央部分に獲物の足が入ることにより、両サイドにある半円状の刃もしくは四角い形をした刃が足を挟むといった罠になっています。

罠が作動する仕組みとしては、中央部分がばねになっているためその部分を踏むことにより、罠が作動する仕組みとなっています。

また獲物の足を抜けないようにするために、脚を挟む板に鋸歯状の歯をつけたモデルや威力をさらに強化し、足の骨を砕くようになっているものなど様々な構造のものがあります。

トラバサミの名前の由来は?

Gellinger / Pixabay

トラバサミは大型の獲物を捕らえるために使われていたことからトラのような大型生物を挟むものという意味でトラバサミという名前になったということが考えられています。

これはトラバサミを漢字で書いた場合「虎挟み」と書かれることからもわかります。トラバサミの名前のルーツはその使用用途、対象になっている獲物からきていると考えられます。

トラバサミは英語では熊のための罠?

Bergadder / Pixabay

トラバサミは日本での通称であり、日本国外での通称はベアートラップやレッグホールドトラップと言われることが多いです。また海外では中型から大型の獲物を捕らえることが多いです。

特に熊が多く発生する地域で使われることが多かったため、ベアートラップという英語の名前の通り熊用の罠として使われることが多かったのです。

人間が誤ってかかってしまう事故も?

トラバサミに誤って人間が掛かってしまう事故として大きく取り上げられたニュースは国内ではあまり報告されていません。しかし海外ではトラバサミを故意的に人に対して使用した事例があります。

それは第一次世界大戦です。第一次世界大戦時、敵軍にたいする防御する目的で、落とし穴にトラバサミが用いられました。これらの罠により、兵士の多くが足に障害を伴う怪我をしたと言われています。

現在は鳥獣保護法改正で違法に?

トラバサミは現在、世界各国で禁止される方向へと流れていることが事実です。これは日本も同様です。日本も含め現在多くの国では禁止、もしくは条件付きの使用となっている国が多いです。

これはトラバサミの残酷性にあります。トラバサミを使用しての狩りは獲物が掛かった場合、獲物は発見されるまで苦しむことになります。このトラバサミの残虐性が日本での規制につながったと考えられます。

また人間が掛かってしまうリスクがあることも一つの要因です。ほかの罠と比較し、トラバサミは人間が掛かってしまうことで大きな負傷を負うリスクがあることです。このように威力が高いことが規制の背景にあります。

トラバサミは日本では狩猟における使用は鳥獣保護法改正で違法に?

jessica45 / Pixabay

日本では平成19年に鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律でイノシシやシカ、ヒグマなどの中型から大型動物の狩猟に対してトラバサミを使用して行うことは、法律で禁止されています。

例外もあります。まず環境大臣の許可が必要であることが条件です。また使用目的が学術研究のためや鳥獣による生活環境や生態系に係る被害の予防のため、また特定鳥獣の生息数の調整の目的の場合のみ使用できます。

鳥獣保護法で規制されるものは、トラバサミを開いた状態で内径の最大長が12cm以上のものが基本的に基準となっています。

トラバサミはネズミやモグラへの使用は法律違反ではない?

Alexas_Fotos / Pixabay

トラバサミは鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律で規制されてますが使用できるケースがあります。これは農家が自分の事業に関わる場合に限り使用を行うことができます。

このケースで使用する場合は、対象になる動物はモグラやネズミなどの害獣が対象となります。また農家以外にも事業の範囲である場合はネズミへの使用は認められています。

トラバサミは法改正で販売にも規制?

MichaelGaida / Pixabay

日本でのトラバサミの規制により、販売店にも規制が掛かりました。ただし規制が掛かっただけ、購入できなくなったわけではありません。

購入条件としては捕獲許可証もしくは狩猟者登録証の取得をおこなうことが条件です。また取得し、購入時に提示を行う必要があります。

規制される前はホームセンターなどで簡単に購入することができましたが、現在は簡単に購入することはできなくなっています。

トラバサミの外国での使用の規制は?

トラバサミの使用は日本以外ではドイツ、スイスなどが使用が全面禁止しています。しかし、すべての国が全面禁止しているわけではありません。

カナダやロシア、オーストラリアやアメリカ合衆国、その他の発展途上国などの皮革産業が盛んな国では毛皮生産の為罠猟具としてトラバサミが現在でも使用されています。

また、EUは原則としてトラバサミを禁じていますが、オーストリアには制限付きでトラバサミが使用されることを認められています。このように国によって規制されているかどうかも様々です。

トラバサミの威力は強い?イノシシの足もちぎれるほど?

トラバサミの威力はどの程度強いのかというと、熊用のトラバサミであれば人間の足の場合は足の骨を粉々に粉砕骨折させるほどの威力があると言われています。

これは実際に害虫駆除業者のブログにも記載があり、トラバサミに掛かってしまったイノシシの場合は肘の関節がほとんど損傷しており、腱と皮のみでつながっていたというように言われています。

このようにトラバサミはかなりの威力がある罠であることがわかります。

トラバサミの使用の実態は?猫が死んで問題になっている?

bella67 / Pixabay

トラバサミの危険性についてここまで紹介してきました。では実際現在、日本で使用されているかというと、まだ実際に使用されていることが確認されています。

日本国内では実際に使われているケースがあり、それはネズミやモグラのみが対象ではないのです。一般民家でも使用されるケースが増えてきているのです。

家庭菜園や家に庭がある家庭での使用されるケースが増えてきているのです。そしてそのトラバサミに掛かってしまう獲物は猫が多いのです。

野良猫の侵入防止にトラバサミ?違法に使用している人がいる?

geralt / Pixabay

トラバサミは野良猫の侵入防止のために使用されています。使用されているのは許可されているということにはなっていますが、目印になるものがないケースが多いのです。

張り紙などを家の前に貼ってトラバサミが置いてあると示しているものの、トラバサミが設置されている場所はしめされてないのです。そのため、子供が間違って入ったときなどに怪我するリスクが高くなっています。

また鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律でも記載されているようにトラバサミ設置位置がわかるように目印を立てなければいけないが立てていない場合は法律違反となってしまいます。

トラバサミで猫が死ぬことも多い?

JamesDeMers / Pixabay

トラバサミに掛かったことにより猫が死亡してしまうケースもあるようです。トラバサミに掛かった飼い猫が、怪我により数時間後に死亡したケースが日本でも報告されています。

また東京都の杉並区にある公園でも使用されている例もありました。これは公園内に仕掛けてられたものに猫が掛かって団地内で死亡しているケースでした。公園内に仕掛けられていました。

このように一般住宅や公園にも仕掛けられているケースもあります。

通販で不特定多数の人に販売している業者もいる?価格も安い?

kaboompics / Pixabay

トラバサミは鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律により販売する側にも2007年以降規制が入っています。そのためホームセンターでの店頭販売をされているケースはなくなってきました。

しかし通信販売ではいまだに不特定多数の人にトラバサミを販売しているケースがあります。実際に大手ネット通販サイトで売っているサイトがあります。

また価格設定も1000円台からと価格設定もなっており、かなりリーズナブルな値段設定になっています。このように簡単に手に入ってしまう現状があるのです。

トラバサミの私有地での使用は違法なの?

Free-Photos / Pixabay

トラバサミは自分の行う事業のために、ネズミやモグラの駆除目的であれば使用は可能とされています。また環境大臣の許可があれば使用できるケースもあります。

しかし、私有地での使用は、目的次第では違法になってしまいます。猫などが掛かってしまうサイズのものだと違法となってしまうケースが多いです。

また私有地の場合、通報されても撤去されるケースは少なく、強制撤去も難しいのが現状です。

実際にトラバサミに遭遇したらどうしたらいいの?外し方は?

succo / Pixabay

トラバサミは現在の日本でも罠として仕掛けられているのが現状です。また、それは田舎だけでなく、東京都内の公園でも設置されている可能性があります。

そのため普通に生活している中でもトラバサミに遭遇する可能性や最悪の場合罠に掛かってしまう可能性もあります。

では実際にトラバサミに遭遇した時や、もし掛かってしまった場合の対処法などを紹介していきます。

もしお店にトラバサミが売られているのを見つけたら?

reverent / Pixabay

もしトラバサミを売っているお店を発見したときにどのようなことを行ってけばいいかを紹介していきます。まず原則としてトラバサミなどの猟具を店頭に並べて販売できません。

そしてもし違法な販売を見つけた場合は店舗側にまず要望を伝えるようにしていきます。また、それでも改善されない場合は、警察に伝えるようにしましょう。

トラバサミの違法使用に遭遇したら?

KlausHausmann / Pixabay

また違法なトラバサミを見つけたときの対処法を紹介していきます。まず違法なトラバサミとはどのようなものを指すかというと、見た目でわかるものとしては標識のないトラバサミです。

この標識は名前や住所などが記入されているかを確認します。ついてない場合は警察、都道府県もしくは市町村の鳥獣保護員や鳥獣保護を担当している人物への通報を行うことが大切です。

もしトラバサミを違法に設置した場合は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金の刑が科せられます。

もしトラバサミに犬や猫がかかってしまったら、どう対応したらいいの?

mohamed_hassan / Pixabay

もしもトラバサミに犬や猫がかかってしまった場合はどのような対応をしていくかを紹介していきます。もしも身近にトラバサミに掛かった動物を発見したら警察に通報します。

また警察への通報と同時に鳥獣保護員に通報していきます。もし鳥獣保護員に連絡できない場合は、都道府県庁に連絡します。

また通報するだけでなく。証拠を保全することを行います。トラバサミに掛かっていた現場の証拠写真を撮ります。そして、動物は獣医に連れていき、診断書を書いてもらうことが大切です。

トラバサミの外し方は?解除するにはどうしたらいいの?

geralt / Pixabay

トラバサミに挟まった動物を発見したときや、自分の指などが挟まってしまった場合の対処法っを紹介していきます。

トラバサミは通常、挟まってしまった場合、基本的には自分では抜けられないです。そのため、挟まってしまった場合には無理やり抜こうとすることで状態を悪化させることもあります。

そのため、トラバサミについている板バネと言われる刃の横の部分を踏むことで、刃が開くようになっています。そこを踏んだ状態で挟まれた部分を抜くようにします。

トラバサミのおもちゃが自作できる?ゲームや映画にも登場している?

Pexels / Pixabay

トラバサミは猟具としてだけでなく、現在は子供用のおもちゃにもなっています。また様々なメディアにもトラバサミが登場しています。

ホラー映画やホラーゲームなどにもトラバサミが登場しています。また、ホラーゲーム以外にも狩りを行うことのできるゲームでも登場しています。

このように様々なメディアにも登場しているトラバサミを今回は紹介していきます。

トラバサミは罠っぽい罠?ダンボールのおもちゃの作り方は?自作できる?

トラバサミは罠と言われて誰もが思い浮かべる罠の一つです。そのため多くの人が罠というとトラバサミを連想します。実際に海外YouTuberが制作している。

そんなトラバサミのおもちゃは簡単に制作できます。このトラバサミを製作するときに用意するものは段ボールと輪ゴム、木材、爪楊枝のような木材があれば作ることができます。

また必要な道具としては、鉛筆と定規(コンパスもあれ良)、のり、グルーガンを用意します。これらの材料と道具があれば制作することができます。

トラバサミはテレビゲームにも登場していた?

JESHOOTS-com / Pixabay

トラバサミはテレビゲームにも最近登場しています。これはトラバサミという罠がかなりの威力がある罠であるということが挙げられます。

また人がかかってしまうという危険性があることもゲームで取り上げられる要因として考えられます。そのため、ホラーゲームなどで取り上げられることも多いです。

さらに、もともと罠であるため猟具としてトラバサミはあるため、狩りなどができるゲームなども登場しています。そんなトラバサミが出てくるゲームを紹介していきます。

トラバサミの出てくるゲーム①:デッドバイデイライト(DBD)

まず最初に紹介するゲームはデッドバイデイライトというゲームです。これはオンラインゲームで、キラーと生存者に分かれて、制限時間内に生存者が生き残るようにするというゲームです。

このゲームでキラー側に登場するキャラクターでトラバサミを使うというキャラクターがいます。このキャラクターは生存者にトラバサミを仕掛けて捕らえるというキャラクターです。

また、通称逆トラバサミと言われるアイテムを使うキラーも存在します。このキラーはピッグと言われるキャラクターが使います。このキャラは「SAW」SAWという映画のキャラクターです。

トラバサミの出てくるゲーム②:ARK

次に紹介するゲームはARKです。この作品はオープンワールドゲームであり、様々な物をクラフトしたり、古代生物や恐竜を倒したり捕獲したりすることのできるゲームです。

このゲームでトラバサミが登場します。トラバサミは恐竜などの足止めをするときに使われるアイテムで、猟具として使用することができます。

また、使用する相手によってトラバサミの大きさなども変わっていきます。このように狩りに使うための道具として使っています。

映画「SAW(ソウ)」に出てくる「逆トラバサミ」とは?

映画「SAW」SAWでは逆トラバサミを使用しています。これはどのようなものかというと、挑戦者の頭に取り付けて、顎をトラバサミの力で引き裂くというものです。

この逆トラバサミは「SAW」SAWシリーズでは全7作品に登場しています。死のゲームを仕掛人であるジグソウのお気に入りの装置であるということがわかります。

また「SAW」だけでなく、映画内ででてきたキャラクターが出てくるデットバイデイライトというゲームでも逆トラバサミは登場します。このように様々なメディア作品でトラバサミは登場します。

そもそも罠はいつからあるのか?またどんな種類があるのか?

MabelAmber / Pixabay

そもそも罠とは、仕掛けられたことを知らない間に相手に損傷を与えることを目的として手段もしくはその方法を指します。主に動物や人間の殺害もしくは捕獲を目的とし仕掛けられます。

罠の歴史はかなり古く、落とし穴のような罠は太古の人類も狩猟では使用されていました。日本国内で発見された最古の罠は旧石器時代の落とし穴が発見されています。

さらに、近代でも使用されており、対人での罠はベトナム戦争やイラク戦争などの近代戦でゲリラによって使われています。また動物では獣害や害虫の防止、漁業でも使用されています。

罠の種類はどんなものがあるのか?また現代でも使われるものは?

罠にはどのようなものがあるか紹介していきます。まず最もメジャーな罠として落とし穴が挙げられます。また、ネズミ捕りや箱罠、囲い罠、トラバサミ、括り罠などが罠として挙げられます。

現代でも、これら上記で挙げた罠が世界中で、動物を捕獲もしくは殺傷するために使われています。またブービートラップが現代の洗浄でも使用されています。

ブービートラップとは、戦地で撤退する部隊や、敵部隊に損害を与えるために残しておく罠のことを言います。このように現代でも罠は対人、対動物用に使用されています。

現代の日本でも使用されている罠

現代の日本でも罠を使用するケースは多いです。これは狩猟のみでなく害虫や、害獣に対しても使用されています。害虫に対しては、ゴキブリホイホイやハエ捕り紙などを使用しています。

日本では鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律のもと罠を使用しています。害獣を捕獲する目的で、箱罠が使用されるケースが多いです。また北海道では囲い罠を使用し鹿野大良捕獲を行うケースもあります。

さらにはネズミなどの害獣に対しては、現在は強力な粘着テープを用いたネズミ捕りを使用するなど様々な場面で罠を使用しています。

NEXT 現在も対人用に罠を使用することがある?