内海光司(元光GENJI)に結婚や病気の噂?!現在活動してる? エンタメ

内海光司(元光GENJI)に結婚や病気の噂?!現在活動してる?

内海光司さんをご存知でしょうか。伝説と言われた光GENJIというアイドルグループの元メンバーです。テレビで見かけませんが、病気説も流れているようです。現在は芸能活動を続けているのでしょうか?端正な容貌の内海光司さんの結婚についても併せてご紹介します。

目次

[表示]

元光GENJIの内海光司は現在何してる?病気やゲイの噂?

内海光司さんは、アイドルグループ光GENJIが解散後、現在は何をしているのでしょうか。テレビ番組で見かけることもなく、2013年頃に病気なのではという説が浮上したことがありました。

ここからは現在の内海光司さんの活動や、性格について掘り下げます。

内海光司のプロフィール

  • 生年月日:      1968年1月11日
  • 出身地:          東京
  • 血液型:          A型
  • 所属事務所:  ジャニーズ事務所
  • 特技:              スノーボード
  • あだ名:           キノッピー

1995年に解散してしまったアイドルグループ光GENJIの最年長リーダーです。

キノッピーというあだ名は、アニメ番組の「ポールのミラクル大作戦」の登場人物であるキノッピーにヘアスタイルが似ていたことから付き、今に至ります。

機動戦士ガンダムの大ファンで、テレビに出演した時にガンプラを披露するなどの、思い入れが強いとのことです。兄の内海裕一さんも一時期ジャニーズ事務所に所属していました。

内海光司の現在の活動は?主な出演は舞台のみ

光GENJI解散後、メンバーはジャニーズ事務所を退社や、芸能界から身を引くメンバーもいる中で、内海光司さんは、ジャニーズ事務所に身を置いています。

現在の芸能活動は舞台のみです。主役ではなく脇役として、俳優としてのキャリアを積み重ねています。

ベテランになっても、2015年に出演したミュージカルではローラースケート履いたダンスの披露を行いました。

翌年は舞台で新選組役を演じるD-BOYSの若い俳優さんと共に舞台を駆け巡り、体力的にも、まだまだ現役の底力のある一面を見せています。

内海光司の現在の様子はジャニーズのブログで公開中

内海光司さんは表立ってインスタグラムなどのSNSによる発信を行っていませんが、ジャニーズ事務所に所属するメンバー専用のサイトJohnny’s-webサイトにおいてブログを更新しています。

このサイトは月額300円の会員費を支払うことで、他では見ることができない事務所所属アーティストの素顔や日常を垣間見ることが可能です。

最近のブログでは料理のレシピを画像付きで紹介しています。

内海光司は事務所から放置されてる?!クビになってしまう?

俳優として実力がありながらも、あまりメディアに対して表立って出演する機会がありません。内海光司さんの表立った仕事が2018年、舞台「明日の幸福」、2017年、「記憶のパズル」と年に1本程度の仕事量です。

別の理由で、ジャニーズ事務所から放置されているのではないかとファンからは心配されています。

2018年に芸能人としての生活に区切りをつけた滝沢秀明さんがジャニーズ事務所の子会社の社長として就任し50歳定年説を徹底すると掲げているからです。

人事体制に滝沢社長が、今後どのようなメスを入れていくのか、注目されています。

内海光司の現在の画像はある?

内海光司さんは、メディアへの出演が控え目であることから、あまり画像が出回ることはありませんが、オフィシャルサイトやブログでその様子を垣間見ることができます。

端正な顔立ちのアイドル時代から時を経て面影を失わず、大人の落ち着きを纏っています。しかし、一時期病気ではないかと言われるほど痩せたことが話題になった時もありました。

内海光司に関する記事はこちら

内海光司は現在病気?激やせしたと話題!

内海光司さんは、アイドルとして活躍されていたころからスレンダーな体系でしたが、2013年にバラエティ番組に出演した際に痩せた姿を見た人が病気なのではないかと話題になりました。

「ウチくる!?」に出演し激やせしたと話題!

かつて病気説が浮上していた理由は2013年に放送されたバラエティ番組「ウチくる!?」にゲストとして登場した際のことです。

身体は痩せ、頬はゲッソリと肉が落ちてしまったような風貌を見たファンからは、病気を患っているのではないかと多くの意見がネット上で話題に上がりました。それほど激やせの変貌が激しかったのです。

激やせの予兆

実は、これより前にテレビに出演したのは2012年に「大人の極上ゆるり旅」に出演しています。

この段階で一部のファンから痩せたのではないかというコメントがネット上に出ましたが「ウチくる!?」ほどのインパクトはなかったようです。

テレビ出演が多くないため、久しぶりに見ると体系や風貌に変化があるのは人間としては当たり前ではありますが、それを差し引いても心配されるレベルの痩せ方でした。

内海光司の公式プロフィールの身長・体重は?

公式プロフィールによると内海光司さんの身長は178㎝です。体重に関しては公表されていません。

アイドルグループ時代からスリムな体形を維持しているため、体重に関しては変わっていないと、本人からのコメントが発信されています。

本人は激やせを否定!アイドル時代と変わっていない?

内海光司さんは、バラエティ番組において激やせをしていることに対しては否定をしています。

アイドル時代からスレンダーさは変わらず、顔のラインが加齢により頬がこけていることから、激やせにフォーカスされているようです。現役のアイドルだった頃も他のメンバーと比較しても体の線の細さは目立ちます。

内海光司はアスリート並のストイックさで体型キープ

内海光司さんは、舞台で激しい殺陣や、ダンスでかなり体力を必要とする環境に身を置き、普段からアスリートのようなストイックさで体系を維持しています。

実際に体脂肪率は8%から9%を保っています。体系を維持するために、体調管理の一環で、自炊も欠かさないようです。にオリゴ糖を料理で利用するなどして普段から、免疫力を高める努力をしています。

内海光司は超ストイック!リハーサルも衣装でこなす!

日頃から身体を鍛えている内海光司さんのストイックさは、ジャニーズ事務所の後輩からも一目置かれています。

2017年に放送された「SMAP×SMAP」で稲垣吾郎さんが「衣装を着てリハーサルをするのは、光GENJIの内海君だけだ」と公言しています。

内海光司の彼女や結婚の噂は?ゲイ疑惑も

伝説のアイドルグループとして売れっ子だった時代から涼やかな風貌で女性ファンから絶大な人気をえていました。

これまでの彼女や、現在内の内海光司さんの結婚についてご紹介します。ゲイという噂はなぜ出てくるのかについても検証します。

内海光司は結婚してる?

内海光司さんは、現在独身です。過去に結婚をしていた履歴もありません。光GENJIとしてアイドルだった時代も、その後も女性との熱愛が浮上したことが、ほぼありません。

もちろん当時のアイドルは今ほど恋愛にオープンでは無かった背景もありますが、それでも他のメンバーより噂の数が圧倒的に少ないことは事実です。

ストイックすぎることから恋愛にパワーを割いていないのか謎と言われています。

内海光司の過去の彼女は?もしかしてゲイ?

元光GENJIのメンバーは様々な女性との噂が浮上する中、あまりにも女性の噂がない内海光司さんはゲイなのではないかと言われるほどでした。

2017年に元宝塚歌劇団で活躍した女優の北嶋マミさんが彼女なのではないかとの噂が初めて浮上しました。北嶋マミさんとは、何度か過去に舞台やミュージカルで共演しています。

彼女とバレてしまった理由はブログ

内海光司さんは2017年3月15にJonny’s webにおいて、ホワイトデーを連想させるブログを更新しています。画像には鮮やかなチーズケーキ、いちご、花の画像がアップされています。

この画像がその5日前に北嶋マミさんがアップロードした画像と酷似していると話題になりました。

内海光司さんのファンの中で「いちごの写真が同じ。やっぱり付き合ってる」という噂で持ち切りになりました。

内海光司のアイドル全盛期

内海光司さんが伝説のアイドルグループ光GENJIとして活躍した期間は1987年から1995年までの期間です。「最後のアイドルグループ」と呼ばれていた理由には理由があります。

現在のアイドルと異なり、歌とダンスのみで勝負をしていたのが特徴です。さらにダンスはローラースケートを履いた状態でバック転を行うなど、エンターテイメント性の高さで老若男女問わず魅了しました。

ジャニーズ事務所に入ったきっかけは?

お兄さんの内海裕一さんが、ジャニーズのファンでジャニーズファミリークラブに加入していました。

1981年、内海光司さんは中学校1年生の時にお兄さんの影響で、ジャニーズファミリークラブのイベントを見に行きました。

イベント会場に訪れたジャニー喜多川社長に直接スカウトされて、ジャニーズ事務所に入るきっかけとなりました。

イーグルスでレコードデビュー

ジャニーズ事務所に入った後は、ジャニーズJrとしてバックダンサーの経験を積みます。1983年に「イーグルス」というグループのメンバーとしてレコードデビューを果たします。

このグループでは、後に光GENJIのメンバーとなる大沢樹生さんもメンバーとしてデビューします。シングル2枚を発売しています。

ロサンゼルスオリンピックのマスコットを、イメージしたアニメ番組「イーグルサム」の主題歌として利用されました。

イーグルサムが終了すると、当時ボーカル担当だった中村繁之さんの脱退を期にグループの活動は終了しました。

光ユニットを結成後に光GENJIへ

グループの活動が終わると大沢樹生さんと「光」という名前のユニットを結成してバックダンサーとしての活動を続けます。

1987年には先に結成されていた「GENJI」の5人と合流して光GENJIとして再出発をします。同年8月にSTARRIGHTのデビュー曲から快進撃が始まりました。

ローラースケートでステージを駆け巡りながら、歌を提供するグループとしてデビュー曲から火が付いたように一気に人気を得ることになります。

飛鳥涼さんによる楽曲提供が起爆剤となり、ザベストテンで7週連続1位を獲得する快挙を成し遂げました。

光GENJI時代の人気っぷり

当時の歌番組は歌のトップテン、夜のヒットスタジオなど多数存在していたために、テレビで見ない日はなくなりました。1988年にはパラダイス銀河が第30回レコード大賞を受賞しています。

歌の番組における企画も、かなり手の込んだ演出がされており、歌う際にゴーカートに乗ったり、流しそうめんを食べたりと、様々な工夫がされていました。

1989年までに年間シングルチャートトップ3を独占するほどの成功を収めています。

当時は小学生にローラースケートが飛ぶように売れたり、人気ぶりを経済紙が取り上げるなど、社会現象を巻き起こしていたのです。

人気低迷後の光GENJI SUPER5

1987年に発売されたシングルガラスの十代は68・1万枚、1988年に発売されたパラダイス銀河は88.9万枚の好調なセールスでした。1990年代に突入すると、少しずつ音楽番組が衰退を始めました。

この影響を受けたのは光GENJIだけではなく、当時のアイドルグループは概ね苦戦を強いられることになります。

アイドルがバラエティを担当するグループへ人気が少しずつシフトしていく過渡期でした。順調だった彼らのシングルの売上にも影を落とし始めます。

低迷からメンバー脱退へ

1990年に発売された荒野のメガポリスは26.4万枚、Little Birthdayは23.6万枚と売上枚数が格段に下がりました。

その後1991以降に発売されたシングルは20万枚に届くことがありませんでした。この頃から個々でソロシングルを発売し、別路線への活路を見出そうと努力が垣間見えます。

しかし、メンバー間において意見のバラつきが出始めます。1994年に大沢樹生さんと佐藤寛之さんがグループから脱退をします。

その後グループ名を光GENJI SUPER5として名前を改めて活動を続行しますが、1年を待たずしてグループは解散となりました。

ジャニーズでは異質?カウントダウンライブには出演しない

グループの解散後、事務所に残るメンバーは、段階を経て少なくなり最終的には内海光司さんと佐藤敦啓さんの2名となりました。

残った内海光司さんは、ジャニーズ事務所のメンバーとしては異質で、年末恒例のカウントダウンライブには1度たりとも出演をしないことで有名でした。

グループを跨いだライブ活動を拒否いていることではないことは、2011年の東日本大震災支援プロジェクトMarching Jの募金活動には出演を行っていることからも分かります。

NEXT:内海光司の主な出演作品
1/2