鈴木ヒロミツの死因は?余命3ヶ月で本まで出版?経歴のまとめ!

鈴木ヒロミツさんはロックバンド、ザ・モップスで、弟の幹治さんも共に活動していました。俳優としても活躍しましたが、2007年に亡くなりました。死因である癌が発見された時には余命3ヶ月の状態でしたが、最期まで愛する妻と息子のそばにいることを選んだ人生でした。

鈴木ヒロミツの死因は?余命3ヶ月?本も出版?

歌手や俳優として活躍した鈴木ヒロミツさんは、2007年に60歳で亡くなりました。その死因は肝細胞癌で、発見された時にはすでに余命3ヶ月の状態でした。

そして、亡くなった後には病床で家族への思いを綴った手紙を元にした本が出版されることとなりました。

鈴木ヒロミツは2006年に余命3ヶ月と診断

stevepb / Pixabay

肝細胞癌が発見された時、すでに病状は進行していて余命3ヶ月という宣告でした。しかし、鈴木ヒロミツさんは冷静に受け止めて家族には笑って伝えたそうです。

そして、入院治療はせずに家族と自宅で過ごすことを選択しました。延命治療はしないと決めて、タバコやお酒も辞めることなく自宅で家族との時間を大切に過ごされたそうです。

2007年3月14日に家族に看取られ死去

geralt / Pixabay

鈴木ヒロミツさんは余命宣告を受けてから、入院治療を行わず家族のそばで療養生活を続けました。しかしながら、2007年3月から体調は次第に悪化していきました。

同年3月13日に東京都千代田区の病院に入院となり、14日午前10時02分に家族に看取られて亡くなりました。亡くなる少し前まで、妻の美恵子さんや息子の雄大さんの名前を呼んでいたそうです。60歳でした。

鈴木ヒロミツの死因は肝細胞癌だった!

jarmoluk / Pixabay

鈴木ヒロミツさんの死因は、肝細胞癌でした。肝臓は「沈黙の臓器」とも言われるように、障害が起こってもなかなか症状が現れません。そのために、余命3ヶ月の状態になるまで癌が見つからなかったのかもしれません。

また、鈴木ヒロミツさんはお酒が好きな方だったそうです。このことも、肝臓に負担をかけた一因だったのかもしれません。

鈴木ヒロミツは生前に戒名を決めていた!

joaph / Pixabay

鈴木ヒロミツさんは生前に自分の戒名を決めていました。戒名は「美雄永満愛大喜善居士」で、自分の名や妻の美恵子さん、息子の雄大さんの名前の漢字が入っていて、家族への愛が込められているのがわかります。

NEXT 鈴木ヒロミツは妻と子供への手紙を本にしていた