宮下順子の現在は?ポルノ女優?韓国人?橋本愛との関係は?

宮下順子は日活ポルノ女優としてデビューし妖艶なヌード姿を披露しています。今や大女優として人気を博している彼女は韓国人という噂もありますが真偽のほどはどうなのでしょうか。?今回は宮下順子の経歴や現在、結婚はしているのかなどについて調査していきたいと思います。

宮下順子の現在は?現在も女優?結婚は?

TheDigitalArtist / Pixabay

宮下順子は1949年生まれであり、御年69歳になる大女優です。今では様々なドラマに出演しその地位を確実なものとしていますが、実はデビュー当時はポルノ女優だったのをご存知でしょうか?

ここでは宮下順子が日活ロマンポルノでデビューしてからの経緯や現在の芸能活動などについてご紹介したいと思います。

日活ロマンポルノを代表する女優だった!

宮下順子にはあまりイメージがないかもしれませんが、彼女は日活ロマンポルノでデビューしています。その後様々なポルノ映画に出演し、その妖艶な姿で皆を虜にしていました。

1971年にデビューしてから1980年に日活ポルノを卒業するまで、日活ポルノを代表するスター女優として活躍します。

1971年「私はこうして失った」でデビュー

宮下順子は1971年に「私はこうして失った」でデビューしています。このデビュー作で一躍日活ロマンポルノのスター街道を駆け上りました。

宮下順子は現在の年齢は?

annca / Pixabay

宮下順子は1949年生まれであり、現在は69歳です。しかしさすがは女優です。今でも69歳には見えないほど若々しく、自身の美貌に磨きをかけることを怠ってはいないようです。

宮下順子は現在でも女優を続けている!

宮下順子は日活ポルノ卒業後も女優活動を続けており、現在も様々なドラマや映画に出演されています。彼女が出演したドラマは、はぐれ刑事純情派やサスペンス、大河ドラマなど多岐にわたります。

また、どの作品も皆が知っている超人気ドラマであり、宮下順子が女優として非常に評価が高いことがよく分かります。

2017年には、映画「おみおくり」に出演していた!

宮川順子は2017年に公開された映画「おみおくり」に出演しています。「おみおくり」は亡くなった人に化粧を施す女性納棺師の物語であり、高島礼子が主演を務めています。

この映画で宮下順子は痴ほう症を患っている女性を演じました。難しい役どころですが、持ち前の演技力で見事に演じきっています。

宮下順子は結婚はしている?独身?

Takmeomeo / Pixabay

宮下順子が結婚しているという情報は出回っておりません。そのため、恐らく独身であると思われます。もしかすると結婚している可能性もありますがお相手については不明です。

宮下順子は韓国人?差別でいじめにも?

Vitamin / Pixabay

宮下順子という名前からも想像がつきにくいですが、実は彼女は韓国に強いつながりがあります。

今では韓流スターなど日韓の交流も深く、韓国ということが問題になることは少ないですが、宮下順子が若かりし頃はまだまだ差別的な見方が強かったそうです。

ここでは宮下順子と韓国のつながりやそれに伴う苦労についてご紹介したいと思います。

宮下順子の両親は韓国人だった!

RitaE / Pixabay

宮下順子と言えば純日本風の美女、というイメージを抱くかと思いますが、実は宮下順子のご両親は韓国人でした。そのため、宮下順子も実は純韓国人なのです。

彼女からは全くそのようなイメージを感じさせませんが、それは彼女が受けた辛い仕打ちによるものなのかもしれません。

宮下順子は韓国人のためいじめにあっていた!

Anemone123 / Pixabay

今でこそ韓流やK-POPなどでとても親しい関係となっている韓国ですが、当時は外国人ということで差別的な目で見られることが多く、いじめなどにもあっていたようです。

グローバルが当たり前である現代の若い人では想像もつかないかと思いますが、数十年前は高々国籍の違いでこうした差別が起こっていたんですね。

宮下順子は差別がある就職にも苦労した!

Josch13 / Pixabay

宮下順子はこうした差別などにより、就職も苦労したそうです。彼女は「仕事を得るために日活でデビューした」と語っています。

もしもポルノ映画に出演することが「夢を叶えるための試金石」ではなく「生きてゆくための手段」であったのだととしたら、同じ日本人として非常に嘆かわしいですね。

宮下順子のエピソードや画像は?阿部定?橋本愛?

ijmaki / Pixabay

宮下順子は阿部定を演じて話題となっています。そんな彼女の若かりし頃についてご紹介したいと思います。また、宮下順子を愛してやまなかったという福本愛についてもご紹介したいと思います。

「阿部定事件」の阿部定を演じ話題に!

阿部定事件と言えば皆さんご存知昭和11年に実際に起こった事件です。阿部定事件とは、阿部定が愛人を殺害し、局部を切り取って持ち逃げしたという猟奇殺人事件として知られています。

この「実録 阿部定」はポルノ映画という位置づけではあるものの、阿部定の繊細な想いを見事に表現しています。この映画で宮下順子の演技力が高く評価され、話題となりました。

宮下順子の若い頃の画像は?可愛い?

宮下順子は若い頃、大変綺麗な女優として有名でした。その姿は色気と共に芯の強さを感じさせるものであり、ファンも多かったようです。

画像を見てもお分かりかと思いますが、今見ても非常に美人であることが分かりますね。かつて世の男性が宮下順子にハマっていたこともうなずけます。

橋本愛はピンク映画や「宮下順子」にハマっていた?

今や人気急上昇の若手女優橋本愛も日活ポルノの大ファンだったようです。

instagramで「18になったときロマンポルノやピンク映画を観狂ってた時期があって、 高校卒業してからだからたったの4、5か月ですが、新橋ロマン劇場に通い続けてました」と告白しています。

好きな女優は「宮下順子さんと芹明香さん」であるそうで、時を超えてその妖艶さは受け継がれているようです。

宮下順子の出演作品は?ヌード?ポルノ作品も!

maya_7966 / Pixabay

宮下順子は様々な映画やドラマに出演しています。ここではそれらの出演作品についてご紹介したいと思います。

また、彼女が出演していた日活ポルノ作品についてもご紹介します。

日活ロマンポルノ「赫い髪の女」

宮下順子を検索するとまず初めに登場するほど有名な、日活ロマンポルノ時代の宮下順子の代表作です。この作品では妖艶な肉体を惜しげもなく披露しており、美しいヌードを拝むことができます。

赫い髪の女はロマンポルノの中でも傑作と言われており、中上健次の小説「赫髪」をモチーフにしています。

映画「ダイナマイトどんどん」

「ダイナマイトどんどん」は1978年に公開された映画であり、宮下順子は日活ロマンポルノ女優として出演しています。ただし、この映画は任侠映画なのでロマンポルノではありません。

ストーリーはヤクザ同士が抗争の代わりに野球大会を行うというもの。主人公である菅原文太はゆびを詰められていますが、とんでもない魔球を投げて相手チームを翻弄します。

任侠×野球という新しいジャンルの画期的な映画であり、宮下順子はお仙というヒロインを演じています。

映画「怪異団生きてゐる小平次」

鈴木泉三郎の同名戯曲を映画化したものであり、ストーリーはおちかをめぐり太九郎が小平次を殺してしまいますが、死んだはずの小平次が何度も目の前に現れる、という怪談ものです。

宮下順子は小平次と太九郎が想いを寄せるおちか役を演じています。なお、「生きている小平次」は1957年に映画化されており、本映画は2回目の制作となっています。

1957年に制作された「生きている小平次」では、八千草薫がおちか役を演じています。

映画「マエストロ」

マエストロはさそうあきら作の漫画であり、双葉社の「漫画アクション」にて2003年に連載開始されていました。

ストーリーはスポンサーの倒産によって解散を余儀なくされた名門オーケストラの元団員が謎の指揮者によって集められ、演奏会を開いていく中で様々に交錯する想いを描いたものです。

主人公は松坂桃李、謎の指揮者を西田敏行が演じています。宮下順子は西田敏行演じる「天道徹三郎」の妻「天道ハル」を演じています。

ドラマ「再生の町」

再生の町は、NHKで2009年8月29日~9月26日まで、毎週土曜日の土曜ドラマ枠で放送されました。

大阪府なみはや市の財政再建プロジェクトに努める地方公務員の奮闘を描いたドラマです。宮下順子は市民病院院長であり産科医の三枝千津子を演じています。

ドラマ「八重の桜」

八重の桜はNHK大河ドラマであり、福島県会津出身で同志社を創設した新島襄の妻となった八重の生涯を描いた作品です。主人公の八重は綾瀬はるかが演じています。

宮下順子は新選組の斎藤一改め藤田五郎と結婚した藤田時尾の祖母であり、八重に裁縫を教える高木澄江役を演じました。

ドラマ「深夜食堂」

深夜食堂とは、安倍夜郎の漫画を原作としてテレビドラマであり、高い人気を博したことからシリーズ化されている人気ドラマです。

宮下順子は第4部の「白菜と豚バラの一人鍋」にてカエ役を演じています。

意外と知らない?日活ロマンポルノ出演俳優・女優まとめ

JESHOOTS-com / Pixabay

日活ロマンポルノと言えばポルノ女優が出演するもの、と思っていませんか?実は意外な人も出演しているのです。ここでは日活ロマンポルノに出演した意外な俳優・女優を紹介したいと思います。

今回は一部の方しか紹介しませんが、他にもたくさんの俳優・女優が出演しています。気になる方は一度検索してみるとよいでしょう。

杉田かおる

「3年B組金八先生」でブレークした杉田かおり。今でもバラエティ番組などで怖いおばさんキャラでたまに見ることがありますが、実は彼女も日活ロマンポルノに出演しています。

「現役女子大生 下半身FOCUS」など4作品に出演しています。

松居一代

船越英一郎との泥沼離婚騒動で再度スポットを当てられた松居一代ですが、彼女も日活ロマンポルノに出演しています。1985年に公開された「衝撃」という映画への出演を果たしています。

内容は教師と生徒の情事、ですが当時としてもかなり過激な脱ぎっぷりであり、相当の覚悟を持って役に臨んだいことが分かります。その時はまさか今みたいに世間から叩かれるとは夢にも思っていなかったでしょう。

タモリ

まさかのタモさんです。タモリがポルノというのは全く想像できませんが、とにもかくにも出演しているのだからしょうがありません。

「愛染恭子の 未亡人下宿」という作品に出演しています。この作品にはタモリの他に所ジョージ、コント赤信号などの有名芸人が出演しています。

宮下順子は強い女性だった

ijmaki / Pixabay

皆さまいかがでしたでしょうか?今や大ベテラン女優である宮下順子がロマンポルノ出身であったことを知らなかった人も多いかもしれません。

「韓国人」というレッテルのせいで若い頃大変苦労したようですが、持ち前の美貌と演技力でそれらの壁を乗り越え素晴らしい女優として多くの人たちに夢を与えてきました。

彼女の強い生き方は数十年たった今でも私たちの指針として持ち続けるべきなのかもしれません。

今や最先端のポルノはTikTok?JKのエロ動画まとめに関する記事はこちら