浅茅陽子の現在は?結婚して夫や子供はいる?堂本剛が息子?

女優の浅茅陽子さんは、エバラ焼肉のタレのCMに長い間出演していましたが、自身がベジタリアンだということを公開し、CMを降板させられています。また現在は結婚しているのか、堂本剛さんは浅茅陽子さんの息子ではないかという噂はどうなのかなど調べてみました。

浅茅陽子の現在は?結婚している?夫は誰?子供は堂本剛?

最近はあまりテレビに出ていない浅茅陽子さんですが、現在は結婚しているのかについてや、夫や子供のことについて調べてみました。

現在の年齢は?浅茅陽子のプロフィール

浅茅陽子さんは、本名も同じで1951年4月2日生まれの67歳です。静岡県清水市出身の女優です。1974年のフジテレビ系「おかあさんの明日」で女優デビューしています。

東京都調布市にある桐朋学園短期大学卒業後、1976年に松竹映画「おとうと」でゴールデンアロー賞、日本映画テレビプロデューサー協会賞や各新人賞を受賞しています。

また、1985年にはCM「エバラ焼き肉のタレ」でコマーシャル大賞・タレント賞を受賞しています。浅茅陽子さんの趣味は1500個を超えるビーズアクセサリー作りや料理、着物、園芸など多趣味です。

浅茅陽子は現在も独身?公の場で結婚は公表されていない

GabrielFerraz / Pixabay

浅茅陽子さんは、脚本家の土筆勉さんと結婚されているようですが、入籍はしていないともいわれています。二人の詳しい馴れ初めなどは分かりませんが、浅茅さんが20歳の頃から交際していたといいます。

結婚や夫の噂は?週間明星での土筆勉氏との婚前旅行を報じられたことが原因か

MustangJoe / Pixabay

1976年の浅茅陽子さんが26歳の頃、「週刊明星」で、「浅茅陽子さんと土筆勉さんがハワイへ婚前旅行!」といった記事が出ました。実際はその時に結婚していたともいわれています。

土筆勉さんは、以前高田裕史という芸名で、俳優として活躍していた時代がありました。「ワイルド7」や「仮面ライダーV3」などに出演しています。その後、脚本家へ転身しています。

脚本家になってからも、「ザ・カゲスター」や「(新)仮面ライダー」、「ウルトラマン80」などの特撮モノのを多く手掛けています。

子供がいるというのもエバラ焼肉のたれのCMが影響か

浅茅陽子さんがエバラ焼肉のタレのCMに出る前は、橘屋圓蔵がイメージキャラクターと務めていました。浅茅さんが出演してからは、夫や子供を叱るような肝っ玉母さん役が人気でした。

そんなCMの役柄からか、浅茅陽子さんはプライベートでも子供がいるのではと思われていたようです。

浅茅陽子の息子は堂本剛?なぜそう言われるのか

以前、浅茅陽子さんは、ドラマでKinKi Kidsの堂本剛さんと親子として共演していました。そんなことから「浅茅陽子さんの子供は堂本剛さん?」といった噂が立つようになりました。

浅茅陽子さんには現在子供がいるといった情報がありません。

浅茅陽子の現在の活動は?

浅茅陽子さんは、現在メディアへの露出は少なくなっているようですが、がんなどの病気なのではないかといった噂もあります。その辺りの真相はどうなのかを調べてみました。

現在の所属事務所は?フリーとして活動している?

浅茅陽子さんは、最近はテレビ出演が少なくなっていますが、元気にフリーの芸能人として女優業を続けています。フリーの女優ですから、活動内容などが明確に分かっていません。

病気の噂もあるが真相は?

stevepb / Pixabay

浅茅陽子さんは、最近はドラマ出演などが減っていますから、病気なのではないかといった噂もあります。しかし、フリーとなって活躍していて、元気に仕事をしています。

最近の仕事は?2018年葬儀事業「さがみ典礼」のCMに出演している

浅茅陽子さんは、2018年から冠婚葬祭企業の「アルファクラブ」が運営する葬儀事業「さがみ典礼」のCMに出演しています。

2018ドラマ「ぬけまいる〜女三人伊勢参り」にも出演

最近では、浅茅陽子さんは2018年のドラマ「ぬけまいる〜女三人伊勢参り」に出演しています。

現在もほぼ毎年ドラマに出演している

mohamed_hassan / Pixabay

浅茅陽子さんは、出演回数こそ少なくなっていますが、毎年一回のペースでテレビドラマに出演しています。

趣味でビーズアクセサリーも作り支援活動をしていた

浅茅陽子さんは、趣味のビーズアクセサリー作りで活躍しています。

東日本大震災のあと、作り始めたという「おにぎり」のストラップは3年間で470個以上作り、共演者やファン、仕事仲間に買ってもらい、その収益を被災者支援のために寄付しているそうです。

浅茅陽子がエバラのCMを降ろされた理由はベジタリアンだから?

いつも笑顔を絶やさない、健康的なイメージの浅茅陽子さんは、「エバラ焼き肉のタレ」のCMが似合っていました。このCMは、1980年代後半~1990年頃まで放送されていました。

浅茅陽子さんが演じる「エバラ焼き肉のタレ」のCMは長期出演となり人気になったため、そのCMが元で映画「エバラ家の人々」という作品も作成されたほどです。

焼肉のたれが印象強いのにベジタリアンであると情報が出回った

焼き肉のタレのイメージにピッタリだった浅茅陽子さんでしたが、実はベジタリアンという情報がありました。

ある時、浅茅陽子さんは「私はベジタリアンなんです」と公言してしまいました。「エバラ焼き肉のタレ」のCMに出演する女優が、ベジタリアンではイメージがダウンしてしまいます。

所属事務所はベジタリアンについて否定

浅茅陽子さんの所属事務所では、「浅茅陽子さんは菜食主義というわけではなく、肉も食べる。すき焼きなどは大好物。肉を食べなかったりしたのは撮影時に体調が悪かったから」とコメントしています。

ですから、事務所側も浅茅さんがベジタリアンであるとした報道を否定しています。しかし事務所が否定したときには、すでに社内で批判の声が出ているのも事実だったようです

エバラ食品工業は批判の声もあったから心機一転の為に降板させた?

geralt / Pixabay

焼き肉を美味しく食べるための焼き肉のタレですから、CMに出演している女優が肉を食べないというのは、エバラ食品にとってはイメージダウンでした。

そんなこともあって、浅茅陽子さんはエバラ食品のCMを降板させられてしまいました。

動物愛護活動を行った時期に一時的に肉を受け付けなかったことはあった

浅茅陽子さんは、女性雑誌などを読んでシンポジウムに参加したことがありました。そこで動物実験の実態を知り、精神的に肉を受け付けない時期があったそうです。

その頃から浅茅陽子さんは、「動物実験の廃止を求める会」や「毛皮生産に反対する基金」に入会し、動物愛護活動を始めました。

そうしたことで、一時的に肉を受け付けない時期があったそうです。

浅茅陽子と美空ひばりは似ている?

浅茅陽子さんは、1999年と2003年の2度にわたって美空ひばりさんの役で舞台に立っています。1999年の「不死鳥ふたたび・美空ひばり物語」と、2003年の「美空ひばり物語」です。

舞台「美空ひばり物語」で美空ひばりに扮した姿がそっくりだと話題に

2003年11月28日、浅茅陽子さんは舞台「美空ひばり物語」で、美空ひばりに扮して出演しました。浅茅陽子さんは顔のつくりや目元が美空ひばりさんに似ているため、この役は適役だったのでしょう。

大スターを演じることに大きなプレッシャーを感じていた

1999年浅茅陽子さんが、48歳の時に舞台で「不死鳥ふたたび・美空ひばり物語」で美空ひばり役に出演が決まりました。

しかし、浅茅陽子さんは大スターの美空ひばりを演じることに「自分にできるのか」と不安な気持ちでいっぱいだったそうです。公演に際し、浅茅陽子さんはなかなか自分の演技に納得できなかったようです。

そして、最終的にはそれまでに培ってきた役者としての経験や、ノウハウを一旦捨てて一から役作りをし、その努力が実って不死鳥の場面では、美空ひばり本人と錯覚するほどの名演技となりました。

若い頃の浅茅陽子と美空ひばりの画像比較

若い頃の浅茅陽子さんと美空ひばりさんお画像を比較してみましたが、目元などそっくりなことが分かります。

浅茅陽子の経歴

Comfreak / Pixabay

浅茅陽子さんのこれまでの芸能活動など、経歴をみていきます。

1974年ドラマ「かあさんの明日」で女優デビュー

xusenru / Pixabay

浅茅陽子さんは1974年のフジテレビ系ドラマ「かあさんの明日」で女優デビューしています。

1976年「おとうと」で映画デビュー

浅茅陽子さんの映画デビューは、1976年の「おとうと」で、弟役に郷ひろみさんが出演しています。

「おとうと」は、幸田文さんの代表作品の映画化で、父が作家で母が継母という家庭に育った姉と弟の心の交流を描いています。

これまでの受賞歴

sasint / Pixabay

1976年に松竹映画「おとうと」でゴールデンアロー賞、日本映画テレビプロデューサー協会賞や各新人賞を、1977年には、エランドール新人賞を受賞しています。

また、1985年にはCM「エバラ焼き肉のタレ」でコマーシャル大賞タレント賞を受賞しています。

以前はさち子プロという事務所に所属していた

MichaelGaida / Pixabay

「さち子プロ」は1967年9月に演劇興行の企画や制作、芸能プロダクション業などを目的として設立されました。

実績あるベテラン俳優や女優が多く所属していました。社名は社長である小川幸子の名前からとっています。浅茅陽子さんは「さち子プロ」に所属していました。

業績悪化により2016年に会社事務所の閉鎖

Tama66 / Pixabay

「さち子プロ」は、2016年3月5日に業績悪化のため、会社事務所を閉鎖、2016年8月に破産手続きをしています。

浅茅陽子の主な出演作

ddzphoto / Pixabay

浅茅陽子さんのこれまで、多くの映画やテレビドラマに出演していますが、その中で、主な出演作品を紹介します。

NEXT ドラマ「暴れん坊将軍」シリーズ