佐田正樹は元暴走族の総長だった?少年院にも?現在はDIYに専念? エンタメ

佐田正樹は元暴走族の総長だった?少年院にも?現在はDIYに専念?

お笑いコンビであるバッドボーイズの佐田正樹さんは昔、暴走族に入っていました。昔ヤンキーだった佐田正樹さんは刺青も入っているそうです。現在もバッドボーイズとして活躍しており、結婚もして趣味のDIYでの活動もしているようです。佐田正樹さんの情報をまとめました。

目次

[表示]

昔は元暴走族の総長?中学生で刺青?佐田正樹の現在は?

佐田正樹さんは、昔かなり荒れていたようで、中学生で刺青を入れ、高校時代は暴走族の総長だったという話があります。

昔の佐田正樹さんは、どのような事をしていたのかを、プロフィールも含めてまとめました。

佐田正樹のプロフィール!

  • 生年月日:1978年9月13日
  • 年齢:40歳(2019年時点)
  • 出身地:福岡県糟屋郡篠栗町
  • 血液型:A型
  • 身長:173cm
  • 事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
  • 活動時期:1997年-
  • 職業:芸人、俳優

佐田正樹さんはお笑いコンビの「バットボーイズ」の1人で、突っ込み役として漫才を披露しています。多趣味でも有名で、様々な事に深い知識を持っています。

佐田正樹は暴走族の元総長だった!

Free-Photos / Pixabay

佐田正樹さんと相方の清人さんは、暴走族に入っていたことがあるということも広く知られています。しかも佐田正樹さんは総長を務めていたのです。

佐田正樹さんは、元・福岡連合二代目総長及び暴走族「幻影」の総長で、いかつい連中をまとめ上げていました。清人さんは「汝風」という暴走族に入っていました。

佐田正樹さんがまとめ上げていた暴走族は、地元である福岡の暴走族の中で、トップの大きさを持つ巨大な組織として君臨していました。

逮捕されて福岡少年鑑別所に1年3ヵ月いた!

3839153 / Pixabay

佐田正樹さんは昔少しヤンチャをしていたというレベルではなく、かなり悪だったようで、警察に逮捕のチャンスを窺われていました。

中学生の頃には、時計を販売している店を強盗し、盗んだものを質に入れた事で、警察に捕まっています。この時は主犯格ではなかったため、釈放されています。

この時から警察に目を付けられていて、高校2年生の時にはすでに暴走族の総長だった佐田正樹さんは、暴走行為のせいで逮捕され、留置場を経て、少年鑑別所行きとなりました。

佐田正樹の暴走族時代の画像は?

この画像は暴走族時代の佐田正樹さんの画像です。20数年前の佐田正樹さんなので、相当若いですが面影は残っています。リーゼントもばっちり決まっています。

昔はこのように誰が見てもゴリゴリのヤンキーの恰好をして、暴走族の総長として猛威を振るっていました。現在も割といかつい恰好をしていることが多いですが、落ち着いた生活を送っています。

佐田正樹さんはお笑いコンビとして活動を始めてからもしばらくは、昔ヤンキーだったことが伺い知れるような、リーゼントをトレードマークとしていました。

高校入学早々に先輩を殴り停学?

422737 / Pixabay

佐田正樹さんが入学した高校は、福岡第一高等学校という高校で、佐田正樹さん曰く、馬鹿とヤンキーしかいない学校だったそうです。

映画などでもよく題材にされるような、相当荒れた学校だったようです。中学生の時にすでに番長として君臨していた佐田正樹さんは、高校に入学時から調子に乗っているやつがいると、噂になっていました。

佐田正樹さんは、見回りに来た複数の上級生を威嚇していたら、連れ出されてボコボコにされてしまいました。去ろうとする上級生相手に、このままでは終われんとモップで頭を殴り返した事で、停学になりました。

高校の時に全面戦争を起こし勝利していた!

WenPhotos / Pixabay

早速停学になり、その後復学した佐田正樹さんは、入学早々にして上級生を倒したという事で、1年生のヤンキーの間で英雄のような扱いを受けました。

1年生は盛り上がっていましたが、やられた上級生は、後輩に舐められては面白くない、このままでは許さんとなり、完全に対立してしまいます。

その結果、1年生と上級生の2年生の間で戦争が勃発し、30人対30人という規模の全面戦争まで発展しました。その戦争で佐田正樹さんを含めた1年生は勝利し、学校内で知れ渡りました。

タイマンで見事勝利!

skeeze / Pixabay

高校1年生で暴走族に入り、2年生で総長となっていた佐田正樹さんは、暴走族の中で伝統となっていた1対1のタイマン形式の勝負でも、活躍しています。

伝統的なタイマンとは「山タイマン」と呼ばれており、抗争中の暴走族同士で集まり、お互いの総長が暴走族のOBの車で山まで連れていかれ、タイマンをするというものです。

この「山タイマン」では勝った方だけが車で帰ってこれるというもので、山から戻ってきた車から降りてきたのが佐田正樹さんだと分かった暴走族のメンバーたちは、物凄い盛り上り方だったそうです。

佐田正樹は中学生で刺青を入れていた!

中学生ですでに悪だった佐田正樹さんは、中学2年生の時に刺青を入れています。小さいものではなく、しっかりとした刺青です。

佐田正樹さんは若気の至りで入れたと言っており、本人はあまり気にしていない様子ですが、テレビで見せると問題になるという事で、芸人となってから今まで、裸になるということはありません。

画像の佐田正樹さんは、両肩に刺青が入っている事がわかります。竜の刺青を入れているそうです。背中ももしかしたら入っているかもしれませんが、背中の画像はSNSなどにも上がっていませんでした。

佐田正樹の現在の生活は?パンクブーブーの黒瀬との関係は?

元暴走族の総長として荒れていた佐田正樹さんですが、現在ではどのような生活を送って過ごしているのでしょうか。

昔から車やバイクが好きで、今でも趣味の1つとしているようです。他にも佐田正樹さんは色々な趣味を持っており、中でも植物を育てたりするのが好きで、相当な数を育てているとの話が出ています。

他にも、同じ芸人でパンクブーブーというお笑いコンビの1人である、黒瀬純さんには昔から頭が上がらないという噂もあります。

現在は佐田工務店を経営!

佐田正樹さんは趣味のDIY(Do It Yourself、自分でやるという意味)が発展していき、佐田工務店という会社を立ち上げています。

幼い頃から塗装屋に勤めていた父親や、隣に住んでいた大工の影響で道具の扱い方も知っており、何かを製作することが得意だった佐田正樹さんは、今ではプロとなっています。

佐田工務店は、佐田正樹を棟梁に、プロフェッショナル集団で原状復帰できるマンションリノベーション、快適な空間づくりから、家具製作まで、あらゆるニーズにお応えいたします。

戸建てのリフォーム、修繕から改造まで、お気軽にお問合せください。

(引用:佐田工務店)

現在パンクブーブーの黒瀬には頭が上がらない?

画像はお笑いコンビであるパンクブーブーの2人で、眼鏡をかけている方が黒瀬純さんです。漫才のコンクールであるM-1を制覇した事や、ローソンの店員のような恰好をしていた事で有名です。

佐田正樹さんとは、お笑いの事務所である吉本に同期で入っていますが、黒瀬純さんの方が3年年上です。地元も同じ福岡で、黒瀬純さんの弟と佐田正樹さんが同級生だったようです。

佐田正樹さんが黒瀬純さんの弟を泣かしてしまった時に兄として現れ、佐田正樹さんボコボコにして土下座で謝らせたという出来事があり、先輩でもある黒瀬純さんには今でも頭が上がらないそうです。

佐田正樹の愛車は暴走族仕様?

佐田正樹さんは自身で車好きと公表しているだけあり、珍しい車に乗っています。日産ローレルという車種の2代目の形式である日産ローレルC130型に乗っています。

現在すでに生産終了している日産ローレルC130型は、中古車販売店で高値で取引されている希少な車種です。佐田正樹さんはこの車をカスタムして、エンジンを変えていたりといじっています。

カラーは暴走族カラーと呼ばれる色の、ミッドナイト・パープルという色にしています。いわゆるヤン車と呼ばれるような色になっています。周囲が明るいと紫に見え、暗いと黒に見える暗めの紫色です。

佐田正樹は車が大好き!

愛車もこだわり抜いている佐田正樹さんは、自他ともに認める車好きで、バラエティ番組で自分の愛車を紹介する際にも、熱く語っていました。

暴走族時代にも車やバイクをいじっていたりと、昔から好きだったそうです。特に旧車が好きなようで、愛車の日産ローレルC130型も、探しに探して値切りに値切った後に借金してまで購入しています。

愛車は内装もこだわっていて、全部張替えて、佐田正樹さんが自分で溶接してつけたドリンクホルダーまであります。もちろんマフラーもカスタムされています。

佐田正樹は少年院の慰問に参加していた!

佐田正樹さんは自身が暴走族に入っていた事や、逮捕された経歴もあることの経験を活かし、講演会も行っています。2017年には少年院でも講演会を行っています。

少年院では保護観察中の少年や、再犯防止の活動をしている人を前にして講演を行いました。実際に少年院に入っていた事があり、現在では社会人として成功している佐田正樹さんの話は、心に沁みるようです。

講演後は大喝采が起き、佐田先生と呼ばれる程だったそうです。経験のある佐田正樹さんだから出来た事で、言葉の重みが違ったのでしょう。

佐田正樹が植物を育てまくっている?

元暴走族の総長の佐田正樹さんからは考えられないかもしれませんが、佐田正樹さんは植物も大好きで、自ら環境を整え多くの植物を育てています。

DIYで植物に太陽光を当てるために、土台を作製しADAライトを取り付けたり、鉢植えの植物を取り替えたりしていて、インスタグラムにも多数の画像を上げています。

また、好みの植物を購入するための抽選会に行ったり、植物園に出かけたりもしていて、植物好きだという事が分かります。

佐田正樹は漫才だけでなく、舞台にも出演している

佐田正樹さんはバットボーイズでお笑いをメインとしていましたが、俳優として舞台にも出演しています。

「デッド・オア・アライブ・オア・アルバイト」という日常をコメディとして描いた作品や、「ひまわり」というラブストーリーものにも出演しています。

2019年には「甘くはないぜ!3」というスイーツを題材とした舞台にも出演しており、様々な事が出来るマルチタレントとして活躍しています。

佐田正樹は結婚していた?妻や子供について!

Pexels / Pixabay

元暴走族として、数々の武勇伝を持っている佐田正樹さんは、実は結婚しており、プロポーズ方法も芸能人ならではの衝撃を与える方法で、武勇伝の1つとなっています。

佐田正樹は「スイッチ」の放送中にプロポーズ!

佐田正樹さんのプロポーズは、東海テレビで放送されている地域密着型情報番組「スイッチ」の企画で行われました。

2007年の1月の「スイッチ」で佐田正樹さんは、当時付き合っていた彼女だった恭子さんに公開プロポーズをしました。プロポーズは成功し、同年4月15日に入籍し、晴れて夫婦となっています。

佐田正樹と妻は高校の同級生だった!

KathrinPie / Pixabay

佐田正樹さんと結婚した恭子さんは、元々高校時代の同級生で、その時から付き合っていたようです。ゴリゴリヤンキー暴走族総長だった佐田正樹さんが、お笑い芸人となってもずっと支えてくれたそうです。

高校時代から付き合っていたので、11年交際を続けていた事になります。佐田正樹さんが恭子さんに一目ぼれして、猛アタックしたそうです。

それからずっと付き合い続けて結婚まで至ったのも、お互い理解しあえているという事なのでしょう。

妻も元ヤンキーだった?

暴走族の総長に告白されて、脅迫のような感じで付き合ったのでは、という考えを持つ人もいますが、そうではなく実は妻の恭子さんも元々ヤンキーでした。

レディースのヤンキーだった恭子さんからすると、暴走族をまとめ上げている佐田正樹さんはカッコいい上に、良き理解者だったのかも知れません。

画像は恭子さんではなく、当時のレディースヤンキーの様子です。残念ながら、一般人ということもあり、ヤンキー時代の恭子さんは見つかりませんでした。

佐田正樹に子供はいる?

sathyatripodi / Pixabay

佐田正樹さんと恭子さんの間は子供はいなく、2人で生活しているようです。ずっと一緒にも関わらず、現在でも2人でラブラブな生活をしていると言われています。

佐田正樹の半生が映画化に!映画「デメキン」!

geralt / Pixabay

佐田正樹さんは他に例の無い自身の半生を小説として出版しており、好評を博し、注目を浴びていました。

その後ゆうはじめさんの原画で漫画作品にもなり、山口義高監督によって映画も作られました。

佐田正樹は自身の半生を小説化していた!

佐田正樹さんの自伝小説は「デメキン」というタイトルで、2009年にワニブックスから発売されました。

佐田正樹さんは小学生の時に、デメキンと呼ばれていじめられていた事がタイトルの由来です。目が大きくてデメキンのようだという事から付けられたあだ名でした。

そこでいじめられていた事がきっかけで、強くなろうと努力し、結果ヤンチャになっていきました。ちなみに今では、佐田正樹さんは金魚も大好きで、趣味の1つとなっています。

2017年には健太郎が主演で映画化に!

佐田正樹さんの「デメキン」が映画となった際に、佐田正樹さんを演じたのは俳優の伊藤健太郎さんでした。佐田正樹さんは、監督と一緒に役者にアドバイスや指導などを行っていました。

佐田正樹さんの指導の元、当時着ていた特攻服なども忠実に再現され、バイクも当時乗っていたものを塗りなおして使っています。

方言も細かく指示し、佐田正樹さんは当時を思い出す、という事や、伊藤健太郎さんの事を当時の佐田正樹さんに、顔以外はそっくりになっていったと言っていました。

野性爆弾くっきーも登場していた!

佐田正樹さんと交流の深いとされる、お笑いコンビである野生爆弾の1人、くっきーさんも「デメキン」に出演しています。

佐田正樹さんは、くっきーさん率いる「肉糞亭一門(にくぐそていいちもん)」の1人で肉糞亭ワニブックスとしてたまに行われるイベントに出演していたり、プライベートでも飲みに行ったりと仲良しです。

くっきーさんは「デメキン」では特にセリフを決められていなく、アドリブで撮影したのですが、訳のわからない発言と見た目が面白すぎて、何度も撮り直したそうです。

佐田正樹のデビューエピソード:高校の同級生とお笑いコンビを結成!

TJENA / Pixabay

佐田正樹さんが暴走族の総長という立場からは考えられないお笑い芸人へと転身した事には、きっかけがあります。

お笑いの道へ進んだのも、お笑いコンビを結成したのも、決めてとなったのは高校時代に受けた助言によるものでした。

お笑いを目指したのは高校の先生の助言!

sasint / Pixabay

暴走族には、高校3年生の夏に卒業するという決まりがあり、続けているとカッコ悪いと言われていたため、佐田正樹さんも、暴走族を卒業しています。

卒業後、何もすることが無くなって1人でいる時間の増えた佐田正樹さんは、自分の価値や将来について相当悩んでいました。

そこで、進路について高校の先生に相談したところ、同じ暴走族だった清人さんとコンビでお笑いをやれ、と言われてお笑いの道に行くことを決めたそうです。

NEXT:同級生の大溝清人と「バッドボーイズ」を結成
1/2