グレースケリーの生涯とは?事故死の真相は?ファッションや名言も!エンタメ

グレースケリーの生涯とは?事故死の真相は?ファッションや名言も!

数々の映画に出演し女優として活躍していたグレースケリーさん。モナコ皇太子との盛大な結婚式でのドレスは話題となりました。突然の事故死から数十年が経つ現在でも、ケリーバックや彼女の残した名言は人々の心に生き続けています。その生涯はどのようなものだったのでしょうか?

目次

[表示]

グレースケリーの生涯!伝説の結婚式?公妃から死因の事故死まで!

グレースケリーさんとモナコ皇太子との盛大な結婚式は、当時世界レベルで話題となりました。その結婚式はどのようなものだったのでしょうか?王妃となった生活から、事故死するまでの生涯を追いました。

グレースケリーのプロフィール!

本名はグレース・パトリシア・ケリー(Grace Patricia Kelly)(以下、グレースケリーに略)。生年月日は1929年11月12日。出身地はアメリカ合衆国ペンシルヴェニア州フィラデルフィア。

多才なケリー一家

jill111 / Pixabay

グレースケリーさんは、父・ジョン・ブレンダン・ケリーと母・マーガレットさんのもとに四人兄妹の三女として生まれます。父親はオリンピックボート競技のメダル保持者、母親は元モデルの大学講師です。

父方の叔父・ジョージ・ケリーさんはピューリッツァー賞を受賞した劇作家、兄・ジョン・ブレンダン・ケリー・ジュニアさんは父親と同じオリンピックボート競技のメダル保持者とと言う多才な一家に生まれました。

優れた運動能力に類稀なる美貌、優れた表現力はケリー一家の血筋と言うことなのでしょうか。

クールビューティーが代名詞の女優

同じ時代に活躍した女優にマリリン・モンローさんがいますが、彼女の明るさとセクシーな美貌とは対照的に、グレースケリーさんは気品に満ちた美しさ(Cool Beauty)の女優として話題となりました。

グレースケリーの生涯を描いた動画

グレースケリーさんの生涯を描いた動画がありましたのでご覧ください。

グレースケリーはモナコ公レーニエ3世と結婚!

グレースケリーさんは、人気絶頂期だった1954年、モナコ公国のレーニエ大公と結婚します。その結婚式は盛大に行われた様です。

2度行われた結婚式

グレースケリーさんは、1954年1月5日にモナコ大公レーニエ3世と婚約を発表。1度目の結婚式は同年4月18日。モナコ大公宮殿にて法的な結婚式(The Civil Wedding)が行われました。

2度目の結婚式は翌年の1955年4月19日。モナコ大聖堂(サン・ニコラ大聖堂)にてカトリック式の大聖堂挙式(The Cathedral Wedding)が行われました。

いずれの結婚式もヨーロッパ諸国でテレビ中継され話題となりました。グレースケリーさんが26歳、レーニエ大公が32歳の時でした。

結婚式前夜も豪華だった

1度目の法的な結婚式の後には、豪華な装飾で彩られたモンテカルロのオペラハウスで結婚式前夜の祝宴が執り行われました。この催しはモナコ国民が企画した物で、オーケストラの演奏とバレエの上演があったのだとか。

2人の馴れ初めは?

グレースケリーさんとモナコ大公レーニエ3世の出会いは、グレースケリーさんが映画「喝采」でアカデミー主演女優賞を獲得しカンヌ国際映画祭授賞式に出席する為にモナコ公国に行った際の宮殿巡りだったそうです。

きっかけはアカデミー賞受賞女優であるオリヴィア・デ・ハヴィランドさんの計らいによるものだったそうです。パリからカンヌに向かう夜行列車の中で「レーニエ大公と会う気はないか」と提案したそうです。

グレースケリーさんと大公は宮殿の敷地内にある動物園を回る間中ずっとグループの先頭に立ち2人だけのおしゃべりを楽しんだそうです。その帰り道、グレースケリーさんは大公が「チャーミング」だと語ったそうです。

アプローチは大公から

Alexas_Fotos / Pixabay

宮殿での出会いからグレースケリーさんに好意をいただいたレーニエ大公は、その後アメリカに向かい、出会いから7ヶ月後のクリスマスにプロポーズします。

結婚と同時に女優からは引退!

RyanMcGuire / Pixabay

グレースケリーさんは、1956年のミュージカル映画「上流社会」を最後に女優を引退。妻として、王妃として専念します。

結婚式が盛大だった!世紀の結婚式とは?

luciana_ferraz / Pixabay

グレースケリーさんとレーニエ大公の結婚式はとても盛大に行われたことで話題となります。大公の結婚式であり、新しい王妃を迎えるから話題になるのは当然ではありますが、理由はそれだけではありません。

モナコ公国は皇居の2倍程しかない小国ながら、当時絶大な人気を誇る女優であるグレースケリーさんが王妃になると言うことで、結婚式の前には700名のゲストと1500人を超える報道陣で溢れていたそうです。

注目されたウェディングドレス

後述しますが、更に結婚式が話題になった理由は、グレースケリーさんが纏ったウエディング・ドレスにもあります。当時、世界の一流クリエイターや職人が集まっていたハリウッドで製作された特別な一着だったのです。

NEXT:新婚旅行は7週間に渡り地中海を巡った!
1/4