笑福亭笑瓶の現在は?干されて消えた?病気や出禁の噂の真相とは エンタメ

笑福亭笑瓶の現在は?干されて消えた?病気や出禁の噂の真相とは

目次

[表示]

「突然ガバチョ!」でデビュー

「突然ガバチョ!」は笑福亭鶴瓶の東京進出のきっかけとなった人気番組で、弟子の笑福亭笑瓶もこの番組に抜擢されました。

ショーヘイ・ショータイムという笑福亭笑瓶がパントマイムでコントをする人気コーナーは、笑瓶の出世作です。

東京での仕事が増え太田プロダクションへ移籍しものまねで知名度を上げる

東京での仕事が増えた笑福亭笑瓶は、当時共演していた山田邦子や片岡鶴太郎に松竹芸能から太田プロダクションへの移籍を誘われます。

通常、スムーズにいくことはほぼない芸能人の事務所移籍ですが、師匠の笑福亭鶴瓶と松竹芸能の粋な計らいにより特に問題などは起こらずに移籍は完了しました。

移籍後はフジテレビの「ものまね王座決定戦」でアニメ「魔法使いサリー」に登場する「サリーちゃんの友達のよし子ちゃん」のものまねを披露し全国的な知名度を獲得しました。

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」などのバラエティ番組に出演

全国的に知名度を獲得した笑福亭笑瓶は数々のバラエティ番組に出演し続けました。

特にダウンタウンの番組には頻繁に出演しており、それが後の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」でのブレイクにつながったとも言えます。

キャラクターや芸風は?

笑福亭笑瓶といえば、トレードマークは黄色(べっ甲色)のプラスチックフレームのメガネ、そして人懐っこい性格に達者な喋りが印象的なテレビタレントです。

落語家の弟子ですが、若いときにはまったく落語はやらずに、そのキャラクターとトーク力で長年テレビにで続けています。

師匠鶴瓶の影響で落語にも目覚める

師匠の笑福亭鶴瓶が「六人の会」に参加したのをキッカケに、落語を勉強するようになりました。

もともと持っている喋りの達者さとタレントとして長年培ってきた現代的な笑いの感覚が活かされた新作落語などはとても面白いそうです。

ものまねレパートリーでもあり、自身の代表作である「魔法使いサリーちゃんの友達のよし子ちゃん」にちなんで「魔法使いサリー」が笑福亭笑瓶の出囃子だそうです。

太田プロ芸人があつまる「竜兵会」は「笑瓶会」になっていたかもしれない!?

有吉弘行、土田晃之、劇団ひとり、カンニング竹山、肥後克広などが在籍することで知られるダチョウ倶楽部上島竜兵を中心とした芸人集団「竜兵会」。実は「笑瓶会」になっていたかもしれないらしいのです。

現在のダチョウ倶楽部があるのは笑福亭笑瓶のおかげ?

笑福亭笑瓶とダチョウ倶楽部は同じ太田プロ所属でダチョウ倶楽部は笑瓶の後輩にあたります。当時4人組だったダチョウ倶楽部、リーダーの南部(現、電撃ネットワーク)が脱退し3人組となりました。

3人組となったダチョウ倶楽部は役割分担ができておらずめちゃくちゃだったそうなのですが、笑福亭笑瓶が「ボケやったら竜ちゃんやな!」と助言をしたことでコントのスタイルが確率したのだとか。

太田プロ芸人の「先輩が後輩に奢る風習」も笑福亭笑瓶がダチョウ倶楽部に奢っていたのが発端だそうです。

笑福亭笑瓶がスベっていなかったら「笑瓶会」だったかもしれない

「竜兵会」結成のきっかけは、日テレの「THE夜もヒッパレ」に太田プロオールスターズとして出演をしたのがキッカケだそうです。出演した中にダチョウ倶楽部もいましたが、一番先輩は笑福亭笑瓶でした。

しかし、笑瓶は番組の収録でスベってしまい、後輩たちが「打ち上げにいきましょう」と誘いましたが「ワシは、ええわ」といって誘いを断り打ち上げに参加しなかったそうです。

その太田プロオールスターズメンバーの飲み会が後の「竜兵会」につながっているということで、もし笑瓶が参加していたら「笑瓶会」になっていた可能性もあったかもしれません。

「あの時、笑瓶さんがもしウケてたら(笑瓶さんも飲み会に)『行こう』ってなって、(その結果)『笑瓶会』になってたかもしれないですよ」と土田が語ると、肥後も笑いながら「(その可能性は十分に)ありえる、ありえる」と同意した。

(引用:Techinsight)

笑福亭笑瓶はまだまだ現役

何故か一部の人間に「干されて消えた」と誤解されている笑福亭笑瓶について調べてみました。実際には、病気で短期間入院しただけで現在も変わらず芸能界で活躍しているようです。

近年は、落語家としての活動も増えているそうで、それがテレビ出演が減っている理由の1つでもあるのかもしれません。

以上、「笑福亭笑瓶の現在は?干されて消えた?病気や出禁の噂の真相とは」でした。

竜兵会に関する記事はこちら

2/2