笑福亭笑瓶の現在は?干されて消えた?病気や出禁の噂の真相とは エンタメ

笑福亭笑瓶の現在は?干されて消えた?病気や出禁の噂の真相とは

黄色いメガネが特徴的な笑福亭笑瓶についてまとめました。以前は沢山バラエティー番組に出演していましたが、干されたのでしょうか?売れなくなって消えてしまった?落語をやっているって本当?現在の状況やダウンタウンとの関係についても調査したのでご紹介します。

目次

[表示]

笑福亭笑瓶の現在は?病気?干されて消えた?

makamuki0 / Pixabay

かつては頻繁にテレビでみかけた笑福亭笑瓶ですが最近ではあまりテレビでみかけなくなりました。

もしかして病気で休んでいるのでしょうか。それとも干されたのでしょうか。はたして笑福亭笑瓶は現在一体何をしているのでしょう?

メガネがトレードマークの本名など笑福亭笑瓶のプロフィール

Free-Photos / Pixabay

  • 芸名:笑福亭笑瓶
  • 本名:渡士洋(とし ひろし)
  • 師匠:笑福亭鶴瓶
  • 生年月日:1956年11月7日
  • 出身:大阪府
  • 最終学歴:大阪芸術大学芸術学部文芸学科卒業

最近の活動は?「噂の!東京マガジン」にレギュラー出演中

Pexels / Pixabay

最近みかけない気がしていた笑福亭笑瓶ですが、以前からレギュラーを出演を務めるTBSの「噂の !東京マガジン」に普通に出演していました。

関西ローカル番組「大阪ほんわかテレビ」にもレギュラー出演中

読売テレビが制作する関西のローカルの情報番組「大阪ほんわかテレビ」にもレギュラー出演をしています。

一時期は日テレから出禁を言い渡された?!

ネットでは笑福亭笑瓶が一時期、日テレから出禁を食らっていたという噂がありますが果たして真実なのでしょうか。

実は、この噂の元は日テレの番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の企画です。それは笑福亭笑瓶が10万円の賞金と日テレの出禁をかけてクイズに挑戦するというものでした。

笑瓶は二度この挑戦に破れ、日テレどころか「噂の!東京マガジン」のTBS、「大阪ほんわかテレビ」の読売テレビへの出禁も番組内で言い渡されます。しかし、両番組にはその後も普通に出演しています。

https://www.youtube.com/watch?v=jZXPtKt4roI

露出は減ったが干されたわけでも消えたわけでもなかった

以前ほどテレビ番組への露出は減りましたが、レギュラー番組には変わらず出演を続けています。

また、TBSの特番「オールスター感謝祭」などにも普通に出演しているため、単純に出演機会が減っているだけのようです。

現在は落語家としても活躍している

笑福亭笑瓶の師匠は落語家・タレントの笑福亭鶴瓶ですが、笑瓶は鶴瓶のトークに魅せられて弟子となります。弟子入り時、鶴瓶は落語から離れており笑瓶は落語の修行はしていないため落語はできませんでした。

しかし、2000年以降、師匠の鶴瓶が落語に回帰し笑福亭一門で落語会なども開くようになったため、必要にかられて落語の勉強をするようになりました。

現在は一門の落語会や弟子の笑福亭笑助との親子会などでも落語を披露するようになっています。

病気の噂の真相は?2015年に急性大動脈解離でドクターヘリで搬送された

hjkim11 / Pixabay

2015年12月29日、千葉のゴルフ場でゴルフをしていた笑福亭笑瓶がプレー中に胸の痛みを訴え救急車を呼びました。痛くて立っていられず「痛い、痛い、死ぬ!」と叫んで倒れてしまったそうです。

その後到着した救急隊員によりドクターヘリが要請され緊急搬送されました。「急性大動脈解離」という病気で心臓から出ている最も太い血管である大動脈が裂ける病気で死に至ることもあるそうです。

20センチほどのところで裂け目がとまり、病院についたころには自然にくっつきはじめていたため、手術はおこないませんでした。

2週間入院後に復活し芸能活動を続けている

2016年1月14日までの約2週間ほど入院をし、2016年1月19日の「大阪ほんわかテレビ」の収録より仕事に復帰しました。

1日に3〜4箱タバコを吸う超ヘビースモーカーでしたが、「あの痛みを二度と経験したくない」という思いから、それ以来タバコを辞めたそうです。

笑福亭笑瓶の特徴的なメガネの値段は?

笑福亭笑瓶といえば個性的なメガネが特徴的でトレードマークにもなっています。ある意味、商売道具とも言える個性的なメガネ、果たしてどんなこだわりがあるのでしょうか。

オシャレで高そうにも見えますが、値段はどのくらいなのでしょうか。

メガネはオリジナルで自宅には百本単位の替えがある

以前テレビ番組で話していた内容によると当時、笑福亭笑瓶が使っていたメガネはオリジナルのもので自宅には替えの眼鏡が沢山あるそうです。その数100本以上とも言っていました。

そして、テレビに出演する際は専用のアタッッシュケースに10本ほど入れて持ち歩いているのだとか。

NHK「好きだモノ…」ではメガネ愛について語っていた

2014年にNHKで放送された「好きだモノ。。。01メガネ」には、矢作兼、優木まおみ、藤森慎吾、荒俣宏などとともに芸能界随一のメガネ好きとして笑福亭笑瓶は出演し、メガネ愛について語っていました。

笑福亭笑瓶のメガネは、メガネの産地として知られる福井県鯖江市産だそうで、やはりメガネに対してはとても強いこだわりを持っているようです。

べっ甲のメガネは150万円以上するものもある?!

笑福亭笑瓶のトレードマークのといえば黄色いフレームのメガネですが、あれはべっ甲ではなくプラスチックだそうです。べっ甲というのはタイマイと呼ばれるウミガメの甲羅の加工品です。

べっ甲メガネは一番高級な色の薄いものだと150万円以上するものもあるらしく、その高級な色の薄いものが笑福亭笑瓶のかけているメガネくらいの色らしいのです。

ただ、笑福亭笑瓶は自他共に認めるメガネ愛好家、数あるコレクションの中には150万円以上するべっ甲メガネも含まれているかもしれません。

笑福亭笑瓶は現在結婚している?妻や子供は?

年齢60歳を超えている笑福亭笑瓶ですが結婚しているのでしょうか?奥さんや子供について調べてみました。

結婚していることは明らかになっているが妻の詳細は不明

ErikaWittlieb / Pixabay

笑福亭笑瓶は1984年に一般の女性と結婚しています。テレビ等には出てこないので詳細は明らかになっていませんが、大学時代に喫茶店でナンパをしたのが出会いのキッカケだそうです。

2018年に放送されたBSの番組では「急性大動脈解離で倒れたときに一緒にゴルフをしていたモノマネ芸人の神無月に妻への最後の言葉を伝えててもらおうとしたところ断られた」というエピソードを語っていました。

あまり妻についてテレビで語ることのない笑福亭笑瓶ですが、家庭は円満であることが推測できます。

息子と娘がいるが一般人の為情報は出回っていない

qimono / Pixabay

子供について調べましたが、一切情報は出てきませんでした。息子と娘がいるという噂はあるようですが、真相は定かではありません。

現在は孫もいると言われている

MabelAmber / Pixabay

見た目はすっかり優しそうなお爺ちゃんのような笑福亭笑瓶、ネット上では孫がいるとも言われているようですが、息子・娘同様に一切情報がありません。

笑福亭笑瓶とダウンタウンの関係とは?

「ダウンタウンDX」や「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」、「HAMASHO」などこれまで多くのダウンタウンの番組に出演してきた笑福亭笑瓶、果たしてダウンタウンとはどのような関係なのでしょう。

名物はショウヘイヘーイ!人気が出たのはダウンタウンのおかげ?

笑福亭笑瓶の名物といえば「ショウヘイヘーイ!」。2006年に放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の企画から誕生したものですが、笑福亭笑瓶のギャクではありません。

それ以前もテレビに普通に出演していた笑福亭笑瓶ですが、この「ガキ使」への出演をキッカケにある種、ブレイクをすることになります。ダウンタウンのおかげで人気が出たと言っても過言ではないかもしれません。

「人気者でいこう!」「ダウンタウンDX」などダウンタウンの番組によく出演した

「ショウヘイヘーイ!」で注目される前から、「ダウンタウンDX」には準レギュラーとして出演していました。また、浜田雅功が単独でやっている「人気者でいこう!」にはゲスト出演。

日テレの深夜番組「HAMASHO」では長年笑福亭笑瓶と浜田雅功の2人で番組をやっており、元々ダウンタウンとの関係は良かったようです。

ガキの使いではメンバーオーディションでシュールな審査をされていた

2006年に「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の「6人目のガキの使いメンバーオーディション」に笑福亭笑瓶が出演しました。笑福亭笑瓶がレギュラーメンバーを目指し審査に挑むという企画です。

この審査の1つに、黒いマスクで顔を覆った4人の中から「ショウヘイヘーイ!」と言ったのは誰かを当てるというものがあり、これが名物「ショウヘイヘーイ!」誕生のキッカケとなります。

ちなみに審査自体は台本に基づいたもので、本当に6人目を決めるのが目的ではなかったため結果は不合格となりました。

https://youtu.be/-R2ostI_q00

「絶対に笑ってはいけない警察24時」では出演していないのに笑いを取った

2006年の年末には「絶対に笑ってはいけない警察24時」で、6人目のガキの使いメンバーオーディションで使われた「ショウヘイヘーイ!」が再登場し話題となりました。

「ショウヘイヘーイ! 」の声はナレーターによるもので、笑福亭笑瓶は一切出演していません。しかし、これが「出演していないのに笑いを取った」とかえって話題になり、笑福亭笑瓶は期せずしてブレイクをします。

https://www.youtube.com/watch?v=7nj8HNqf3S8

浜田雅功の番組「ごぶごぶ」では置き去りにされたこともあった

2018年に近畿ローカルで放送された浜田雅功の番組「ごぶごぶ」に笑福亭笑瓶がゲストで出演した際には、笑瓶が浜田に置き去りにされて話題となりました。

車好きの笑瓶がクラシックカーが多数展示されたミュージアムで、浜田の後押しでノリノリでベンツに乗り込みエンジンをかけて走らせているにも関わらず、浜田は番組を挨拶で締めロケバスに戻ってしまったそうです。

このお約束展開が視聴者に大ウケ「やっぱりこの2人は面白い」と絶賛されました。

ダウンタウンと親しいのは若い頃から相性が良かったから?

テレビ番組で度々共演している笑福亭笑瓶とダウンタウン、特に浜田とは相性が良いのか「HAMASHO」では長年共演をしていました。

芸歴は笑瓶が約1年先輩で年も笑瓶の方が7つ年上となります。しかし、笑瓶は若い頃からダウンタウンを評価していたようで「HAMASHO」がはじまるときの気持ちとして次のように語っていました。

あのコンビが完成していたから、俺自身は不安あったよ。同じことをやっても『ガキ使』も超えられないし、重圧あったね

(引用:ORICON NEWS)

浜田雅功とは信頼関係が出来ていると言われている

geralt / Pixabay

先輩にも関わらず、浜田雅功からは毎回殴られ蹴られの激しいツッコミを受けてきた笑福亭笑瓶。そこにはしっかりとした信頼関係が築かれていたようです。

笑瓶は浜田の「年上に対する接し方」を評価、対する浜田も笑瓶の「後輩に自由にやらせてくれた懐の深さ」を評価しています。

笑福亭笑瓶の生い立ちと経歴

還暦を超えた現在もテレビ番組に出演し、活躍している笑福亭笑瓶。そんな彼の生い立ちとはどのようなものなのでしょうか。

1972年高校在学中にスクールメイツに入団

大阪府出身で、大阪市にある私立興國高等学校に通っていた笑福亭笑瓶は、1972年に俳優・タレントを育成する東京音楽学院の選抜グループ「スクールメイツ」に入団しました。

元々役者志望だった翔平は、石原プロなどにも「ドラマに出演させてください」といったハガキを多数送っていたそうです。

1981年笑福亭鶴瓶に弟子入りをする

その後、「MBSヤングタウン」という毎日放送のラジオ番組に出演していた笑福亭鶴瓶のトークに感銘を受け、1981年に笑福亭鶴瓶に弟子入りを志願しました。

鶴瓶は、弟子入りの条件として笑瓶に「嫁と笑福亭松鶴(鶴瓶の師匠)に気に入られたら弟子入りを認める」という条件をつけたところ、笑瓶はすぐに2人に気に入られ晴れて一番弟子となったのです。

鶴瓶の師匠の松鶴には「こいつ(鶴瓶)の生き様を見習え」と告げられたというエピソードも残っています。

NEXT:「突然ガバチョ!」でデビュー
1/2