嵯峨京子の死因は?娘は井上和香で夫はどんな人?主な出演作品は?

1950年~1970年代の映画全盛期に活躍した女優の嵯峨京子さん。女優を引退後は割烹料理店「笹よし」で美人名物女将として有名でした。ここでは嵯峨京子さんの夫や、娘の井上和香さんと井上さんの姉、そして嵯峨京子さんの死因についてまとめました。

嵯峨恭子の夫や子供は?家族について

mario0107 / Pixabay

嵯峨京子さんは、1950年代の日本映画全盛期に19才で大映ニューフェースとしてデビューしました。

嵯峨京子さんは主に時代劇で活躍している女優で、1967年に放送された大河ドラマ「三姉妹」や、1970年に放送された日本怪談劇場「四谷怪談 稲妻の巻」に出演しています。

日本怪談劇場「四谷怪談 稲妻の巻 水草の巻」では夫に毒殺された「お岩」の役を演じ、苦しみ、夫を恨みながら死んでいく演技で注目されました。

skeeze / Pixabay

そして「四谷怪談 稲妻の巻 水草の巻」で嵯峨京子さんの名前が広く知られるようになりました。

 女優としては、お岩の役でよく知られている嵯峨京子さんですが、嵯峨京子さんの娘は元グラビアアイドルで現在は女優、タレントをしている井上和香さんという事はあまり知られていません。
ここからは嵯峨京子さんや、嵯峨京子さんの家族について詳しく見ていきましょう。

若い頃は美人で有名だった女優嵯峨京子のプロフィール

skeeze / Pixabay

嵯峨京子(さがきょうこ)、本名は新村範子という名前の女優で1941年1月13日に京都府で生まれました。19才のときに大映ニューフェースでデビューしました。

1967年に放送されたNHK大河ドラマ「三姉妹」、1970年に放送された日本怪談劇場「四谷怪談 稲妻の巻・水草の巻」に出演し、「美人女優」として当時人気の高い女優でした。

嵯峨京子の母親は?

nastya_gepp / Pixabay

嵯峨京子さんの母親の情報はなく、一般人女性の方のようです。

35歳の時に一般人の夫と結婚し芸能界を引退

Pexels / Pixabay

嵯峨京子さんが35歳の時に一般人男性夫と結婚し、その後芸能界を引退しました。

嵯峨恭子さんの夫は、東京都渋谷区にある割烹料理店の「笹よし」で板前をしている一般男性で、芸能界を引退後は夫とともに「笹よし」を共に営み、嵯峨恭子さんは「笹よし」の女将をしています。

馴れ初めは非公開?夫はどんな人?

気になる嵯峨京子さんとの馴れ初めは、夫が一般男性という事もあり残念ながら詳細は語られていません。ただ、「笹よし」の板前として写真で顔を見る事はできます。優しそうで柔らかい雰囲気の方です。

第一子となる裕子を出産

RitaE / Pixabay

嵯峨恭子さんが35才で一般男性と結婚後、第一子の裕子さんを出産しています。現在の「笹よし」は長女の裕子さんが女将をしています。

1980年にグラビアアイドルとなる娘井上和香を出産

1980年5月31日に井上和香さんを出産しています。

娘の井上和香さんは元グラビアアイドルでした。抜群のスタイルの為「和製モンロー」と言われていて、男性だけでなく女性からも非常に人気のある方です。

現在はタレント、女優をしておりプライベートでは映画監督の飯塚健さんと結婚し2015年に女の子を出産しています。

笹よしに女将になっている長女の画像は?にじいろジーンに出演していた

嵯峨恭子さんが女将をしていた割烹料理店「笹よし」ですが、現在は長女の裕子さんが女将をしています。

2006年3月16日に放送された「にじいろジーン」では、ゲストに井上和香さんが出演し実家である割烹料理店「笹よし」を紹介していました。

「にじいろジーン」では、「だし巻き卵定食」「鶏むねフライ定食」(共に1000円)を番組内で絶品料理として紹介しています。

母親の死に井上和香がブログで明かした心境とは

Larisa-K / Pixabay

母である嵯峨京子さんが亡くなって方一ヶ月ぶりに井上和香さんが自信のブログを更新しました。ブログには

「ご存知の方もいると思いますが、私の母が、8月11日に永眠しました」「その事実を受け止めるのに少し時間がかかりましたが撮影も始まり、いつもの日常を取り戻しつつあります」といった内容が書かれています。(引用:CRICON NEWS)

とても仲のいいご家族のようなので、母を亡くしたショックは相当なものであったと思いますが、少しずつ嵯峨恭子さんの死を受け入れ落ち着きを取り戻している様子が伺えます。

井上和香の母嵯峨京子の若い頃の美人な画像まとめ

1643606 / Pixabay

とにかく美人で有名だった嵯峨京子さん。嵯峨京子さんの若い頃の画像をみてみましょう。

若い頃の嵯峨京子と娘井上和香の比較画像

若い頃の嵯峨京子さんの写真です。目鼻立ちのくっきりとしていて本当に美人な方だということがよく分かりますね。

そしてこちらが娘の井上和香さんの写真。井上和香さんもかなり美人な方ですが、嵯峨恭子さんの写真と井上和香さんの写真を見比べてみるとはっきりとした目鼻立ちや柔らかい雰囲気などが嵯峨京子さんと似ています。

若い頃も美人だったが歳を取っても綺麗な顔立ちだった

若い頃の嵯峨京子さんはとにかく「美人」で有名でしたが、その美しさは年齢を重ねても衰える事はありませんでした。

女優を引退後、割烹料理店「笹よし」を夫婦で営んでいるときも「美人女将」として名物女将になっています。

写真左が井上和香さんの父、真ん中が母の嵯峨京子さん、右が姉の裕子さんです。

嵯峨京子の経歴と主な出演作

Monsterkoi / Pixabay

ここからは嵯峨京子さんの経歴と主な出演作をみていきましょう。

19歳で大映ニューフェースとしてデビュー

geralt / Pixabay

1950年代から1970年代は日本映画前盛期で、当時の映画会社の中で「大映」は大手でした。嵯峨京子さんはそんな大手の映画会社である大映のニューフェースの女優としてデビューしています。

時代劇を中心に活躍していた

Free-Photos / Pixabay

大映ニューフェイスの女優としてデビュー後、嵯峨恭子さんは主に時代劇を中心に活躍していました。

NHK大河ドラマ「三姉妹」に出演

Pexels / Pixabay

1976年に放送されたNHK大河ドラマ「三姉妹」では、小武蔵の仲居役で出演しています。

日本怪談劇場の「四谷怪談 稲妻の巻・水草の巻」でお岩役を演じた

「四谷怪談 稲妻の巻・水草の巻」では、夫に毒殺されるお岩の役を演じました。このお岩役を演じた事で嵯峨京子さんの知名度があがりました。

嵯峨京子の女優引退後は?死因は何だったのか

jennyzhh2008 / Pixabay

女優を引退したあとの嵯峨恭子さんの生活はどのようなものだったのでしょうか?また、嵯峨恭子さんは2014年8月14日にお亡くなりになりましたが死因はなんだったのでしょうか?

引退後は割烹料理店「笹よし」の名物女将になっていた

嵯峨京子さんは女優を引退後、割烹料理店「笹よし」を夫婦で営んでいました。「笹よし」では嵯峨恭子さんは美人女将として有名な女将になっています。

「笹よし」の常連客に嵯峨京子さんが女優時代の話しをする事もあったそうです。

笹よしの場所や評価は?

Free-Photos / Pixabay

「笹よし」は、東京都渋谷区渋谷区幡ヶ谷2-30-2、京王線笹塚駅から徒歩6分という立地のいい場所にあります。(定休日:月曜)

外観、内装ともに落ち浮いた雰囲気のいいお店で、常連客はもちろんですが、初めて「笹よし」に来た人でも馴染みやすいお店として幅広い年齢層から人気です。

2014年8月に東京都内の病院で死亡

ROverhate / Pixabay

2014年8月14日に東京都内の病院で、嵯峨恭子さんは73才で亡くなりました。

死因はすい臓がんで家族に見守られる中息を引き取った

StockSnap / Pixabay

嵯峨京子さんの死因は、すい臓がん。最期は夫、娘の裕子さんと井上和香さんに見守られて息を引き取ったそうです。

笹よしは娘井上和香の姉が引き継ぎ現在も大人気店

peachknee / Pixabay

現在の「笹よし」は、井上和香さんの姉(裕子さん)が引き継ぎ女将をしています。裕子さんが「笹よし」を引き継いで以降、ランチ営業を始めたところ大人気店になりました。

ランチは1000円ほどで「かなり美味しい!」と評判で、ランチタイムは井上和香さんの姉の裕子さんではない方の従業員の裕子さんがいらっしゃいます。

naturalogy / Pixabay

基本的に昼のランチタイムは姉ではないほうの裕子さんに任せているようで、こちらの裕子さんもとても美人な方なので昼は裕子さん目当ての常連客も多いそうです。

そして夜は、井上和香さんの姉の裕子さんがいらっしゃいます。姉の裕子さんは人柄もよく会話も楽しめるため、母親である嵯峨京子さんと同じく名物女将となっています。

姉の裕子さんとの会話を楽しみたいかたは夜の「笹よし」に行くと名物女将の裕子さんに会うことができますよ。

意外と知られていない?実は二世タレントの有名人

3803658 / Pixabay

ここからは、意外としられていない実は二世タレントの有名人をご紹介していきます。

杉咲花の母は歌手

味の元Cook DoのCMで回鍋肉をひたすら美味しそうに食べる美少女として話題にもなった女優の杉咲花さんの母親は、歌手のチエ・カジウラさんで父親は元レベッカのシャケ(小暮武彦)です。

母親のチエ・カジウラさんは、テレビアニメ「マクロス7」でロックバンド「FIRE BOMBER」のボーカル担当とヒロイン、ミレーヌ・ジーナスの仮称部分の吹き替えを担当しています。

また、1995年に発売されたシングル「・・・だけどベイビー!!」では、オリコン初登場15位を記録しています。

Pexels / Pixabay

杉咲花さんの父親の小暮武彦さんはロックバンド「レベッカ」の初代リーダーをしていました。

1984年にレベッカとしてデビュー後、レベッカが2枚目のアルバムを発表した時に脱退、1986年に「RED WARRIORS」で再デビューします。

そして、1990年にレベッカのNOKKOさんと結婚しますが数年で離婚し1996年に歌手のチエ・カジウラさんと再婚し後に杉咲花さんが生まれました。

ナイツ 土屋伸之の母は演歌歌手

漫才師「ナイツ」の土屋伸之さん。「ヤホーで調べました。」でおなじみの人気漫才師で、土屋伸之さんの母親は演歌歌手の津島亜希さんです。1968年デビューし「浪花節だよ、この俺は」などを歌っています。

母親の島津亜希さんがマセキ芸能社にナイツが所属していたため、ナイツもマセキ芸能社に所属する事になったそうです。

2016年6月に、土屋伸之さんと母親の島津亜希さんは「他人じゃナイツ」として「お笑い芸能人親子で漫才王座決定戦スペシャル5」に出演もしています。

NEXT 相武紗季の母は元タカラジェンヌ