海老名美どりの現在はゲームに夢中?泰葉や母との確執や結婚についてエンタメ

海老名美どりの現在はゲームに夢中?泰葉や母との確執や結婚について

目次

[表示]

海老名美どりの主な出演作や作品

海老名美どりさんは、若くして結婚しましたが、結婚後も20代から30代にかけて、様々なジャンルのテレビドラマや映画などに出演されていました。

大半は脇役やゲストでの出演が多かったのですが、持ち前の愛くるしいキャラクターで、お茶の間を楽しませてくれました。

ドラマ「暴れん坊将軍Ⅱ」

テレビ朝日系列で放送された、松平健さん主演の人気シリーズで長寿番組の一つです。シリーズⅡ全191話の中の第149話「罠にはまったカッポレ娘!」(1986年4月放送)にゲスト出演しています。

女太鼓持ち(たいこもち)の「染八」という役柄で、悪者の罠にはまって危機一髪という設定で、女だてらにきゃあきゃあと大騒ぎします。まさに美どりさんの地をいく演技ぶりといえるでしょう。

ドラマ「水戸黄門」

TBS系列で長らく放送されたお馴染みの時代劇シリーズの第17部第10話「泣き笑い献上仏壇・尾張」(1987年11月放送) に、「お園」という役柄で出演しています。

「お園」は、名古屋城下の仏壇問屋・大須屋の職人「佐吉」の女房で、ここでもがやがやと賑やかなお転婆ぶりを見せています。

映画「お葬式」

伊丹十三さん初監督の1984年公開の日本映画です。お葬式を取り上げた作品として、当時大きな話題になりました。初めてのお葬式に右往左往する家族と周囲の人々の姿をコミカルに描き、大ヒットを記録しました。

宮本信子さんが演じるヒロインの両親の伊豆の別荘の近くに住む寿司屋夫婦の妻の「キヨちゃん」を演じています。ヒロインの父親のお葬式のお手伝いをするシーンに登場します。

「キヨちゃん」が、普段から夫の「フクちゃん」をを尻に敷いている設定は、美どりさんと峰さんの実生活を思わせるものがありました。

ビッグアップル殺人事件

美どりさんが「小説家」を目指して、1991年に発表された最初で最後のミステリ―小説です。発売前に緊急の宣伝会見を行ったことで、マスコミから大きなひんしゅくをかってしまった、いわくつきの作品です。

あらすじは、ある夏に2人の若い女性がニューヨーク行きの飛行機に乗り合わせる所から始まります。そのうちの1人が現地の地下鉄で不審な死を遂げ、主人公が真相究明に乗り出す・・・というものです。

満を持して発行されましたが、残念ながら本人の期待とは裏腹に、専門家やマスコミ関係者からほとんど評価されず、世の中で話題に上ることすらありませんでした。

海老名美どりと妹泰葉の不仲は根が深かった?

海老名美どりさんと妹の泰葉さんの仲に亀裂が入ったきっかけは、1991年に美どりさんが「ミステリー作家になる」という記者会見騒動だといわれてきましたが、実はもっと前から不仲だったと囁やかれていました。

実は、二人の父親の初代林家三平さんは、後継者の関係で当初、娘のどちらかには婿入りによる結婚を希望していたようでした。

美どりさんは若手俳優の峰竜太さんと結婚したのですが、その際、峰さんは婿入りではないものの、海老名家の個人事務所である「ねぎし事務所」に所属しました。

相続をめぐる争いや夫いびりもあった?

ところが、1980年に三平さんが亡くなられた時に遺産相続の問題が持ち上がりました。美どりさんは、長女の自分が海老名毛を継ぐので、泰葉さんには家に縛られず好きな道を歩む代わりに相続放棄を迫ったとか。

また、その後泰葉さんが春風亭小朝さんと離婚した際も、その原因の一つに、母の香葉子さんと美どりさんが小朝さんをいびったことなども挙げられました。

これらの真相は必ずしも定かではありませんが、噂になるぐらい、姉妹の仲は悪かったのではないかというのが、芸能関係者の見方でした。

美どりさん始め、海老名家の今後に注目!

現在では、林家三平さんの長女で俳優峰竜太さんの奥さんというイメージが強い海老名美どりさんですが、最近はぱったりとお目にかからなくなってしまいました。

テレビでは、2011年4月にTBSで放送された「ファミ☆ピョン」というバラエティ番組に出演したのを最後に、顔出しNGで、後姿や声のみでの出演にとどまっています。ただ、昔の容姿を出すのはOKだそうです。

鼻の整形に失敗したのが原因ではないかと憶測されましたが、真相はわかりません。よく、往年のアイドルや女優さんの中には、引退後の姿を一切表さないことがしばしばありますが、美どりさんもそうなのでしょうか。

海老名家はエンターテインメントそのもの?!

これまで、美どりさん、峰さん、泰葉さんを中心に、何かとお騒がせの話題を提供してきた海老名家の人たちは、見方によっては、さすがは芸能一家としてエンタメ精神を持ち合わせているのかも知れません。

日本テレビの人気番組「笑点」大喜利のメンバーである二代目林家三平さんは、お騒がせ海老名家をよく引き合いに出し、自虐ネタとして披露しています。今や、海老名家の騒動はギャグの域に達しているようです。

美どりさんも今はゲームに熱中して、達人の域に達しているようなので、次は「ゲーマー」デビューとか「eスポーツに挑戦」などの緊急発表があるかも!? 海老名家からは、まだまだ目が離せそうにありません。

https://career-find.jp/archives/123256

2/2