海老名美どりの現在はゲームに夢中?泰葉や母との確執や結婚について エンタメ

海老名美どりの現在はゲームに夢中?泰葉や母との確執や結婚について

人気俳優の峰竜太さんと結婚している元女優の海老名みどりさんは、現在、家事もせずにゲームに熱中しているといわれています。また、妹の泰葉さんや母の香葉子さんとも長い間確執が続いているとも噂されています。そんな海老名みどりさんの現況について調べてみました。

目次

[表示]

海老名美どりの現在は?病気の噂の真相は

海老名美どりさんは、現在病気だという噂が出ています。確かに、最近はメディアに登場することがなく、消息はよくわかっていませんが、真相はどうなのでしょうか?

いろいろ調べてみましたが、美どりさんが病気だということは確認できませんでした。ただ、鼻の整形に失敗したとかいう気になる「疑惑」がネット上で飛び交いましたが、真相は定かでありません、

病気なのは、美どりさんの妹の泰葉さんの方ですね。落語家の春風亭小朝さんと離婚して以来、精神的に極度に不安定になって、精神病と診断されて、現在も完治していないといわれています。

女優海老名美どりのプロフィール

海老名美どり(本名:下嶋みどり)さんは、1953年2月14日に東京都台東区根岸で生まれました。父は、昭和の爆笑王として名高い人気落語家の初代林家三平(本名:海老名泰一郎)、母は海老名香葉子さんです。

妹にシンガーソングライターの泰葉さん、弟に落語家の九代目林家正蔵さんと二代目林家三平さんがいます。母の香葉子さんも現在はエッセイスト、作家として活躍されていますので、ご自身も含めて芸能一家ですね。

美どりさんは、川村短期大学英文科を卒業後、1973年にNHKテレビの連続ドラマ「銀座わが町」に出演、女優デビューを飾っています。その後も多くのテレビドラマや映画、バラエティ番組に出演しています。

現在は美容研究家として働いている海老名美どり

ところが、美どりさんは、1992年にTBSで放送されたテレビドラマ「俺たちルーキーコップ」への出演を最後に、女優としての活動は見られなくなりました。俳優・タレント業からは事実上の引退とみられています。

実は、芸能活動をする傍ら、美容研究家として、数多くのダイエット本を出版していました。「海老名美どりの20kg減量3分間体操」、「海老名美どりの部分やせ体操」など数多くの著書があります。

まだ本格的なダイエット本も少なかった当時は、ダイエットブームの先陣を切ったともいわれていました。ただ、最近は、美容研究家としての活動も聞かれなくなり、表舞台には姿を見せることがない状態となっています

現在 海老名美どりは病気?真相は妹泰葉が病気だった?

現在、海老名美どりさんはメディアではすっかり見かけなくなったこともあってか、実は病気なのではないか?という噂が流れました。しかし、美どりさんは元気です。むしろ、心配なのは妹の泰葉さんの方なのです。

泰葉(本名:海老名 泰葉)さんは、シンガーソングライターとして活躍していました。1988年に人気落語家の春風亭小朝さんと結婚しましたが、2007年に離婚しています。その後の歩みは文字通り波瀾万丈です。

自己破産したり、元マネージャーを脅迫して警察沙汰になるなど奇行が相次ぎ、精神的に極めて不安定だったようです。どうやら、病気が心配されたのは、美どりさんではなく、泰葉さんの方だったというのが真相です。

現在の顔が変わった?鼻を整形していた噂がある

AdinaVoicu / Pixabay

海老名美どりさんの現在の顔が変わったとか、鼻を整形したのではないかという噂があります。最近はメディアに登場されていませんので、真偽のほどはわかりませんが、噂が立ったのは今から10年くらい前の頃です。

2009年に末弟の林家三平さん(本名:海老名泰助)の襲名披露パーティーに出席した時の画像が公開されて以来、以前と比べて「顔が変わった」とか「鼻筋が不自然すぎる」といった整形疑惑がネットで出回りました。

確かに、見方によっては、いろいろな憶測が可能でしょう。さらに、それ以降、テレビ出演でも「顔出しNG」とされているので、「整形に失敗したのではないか」という噂が一層真実味を帯びてしまいました。

現在はゲームの達人?オンラインゲームにはまっている様子

dawnfu / Pixabay

夫の峰竜太さんが、2017年にニッポン放送のラジオ番組にゲスト出演された時、「家族はつらいよ~ひとつ屋根の下の喜劇に悲劇 峰家の場合~」と題して、ちょっと気になる内容のお話を語っていました。

奥さんの海老名美どりさんが家事をしないで、食事よりオンラインゲームが大好きではまっているというもので、何でも夜通し翌朝の4時か5時までやり続けて、その腕前は峰さん曰く「ゲームの達人」だそうです。

どんなゲームに熱中しているのかはよくわかりませんが、「モンスターを倒すゲーム」とか、最近は「ファイナルファンタジーXIV」といったもののようです。峰さんも、当分黙認するしかなさそうだということでした。

海老名美どりは現在結婚している?夫峰竜太や娘や泰葉との現在の関係は?

海老名美どりさんは、俳優でタレントの人気芸能人の峰竜太さん(本名:下嶋清志)と結婚しており、本名は下嶋みどりです。一男一女をもうけており、現在4人家族です。

東京神楽坂にご主人の峰さんが建てた総工費5億円といわれるプール付きの豪邸に住んでいます。

1975年俳優の峰竜太と結婚

海老名美どりさんは、1975年に俳優の峰竜太さんと結婚されています。当時、美どりさんは22歳、峰さんは23歳というヤングカップルでした。

二人は子供向け番組「おはよう!こどもショー」の共演をきっかけに交際

海老名美どりさんと峰竜太さんの出会いは、当時日本テレビ系列で毎朝放映されていた子供向け番組「おはよう!こどもショー」での共演がきっかけでした。

番組の中で、美どりさんは司会の「みどりちゃん」として、峰さんは「体操のおにいさん」としてレギュラー出演していました。峰さんが美どりさんに一目ぼれして、交際が始まったようです。

実は、二人は、「おはよう!こどもショー」の前に、NHKのテレビドラマ「銀座わが町」でも共演していました。この時は、出演者が大物俳優ばかりだったので、緊張のあまり、一目ぼれする余裕すらなかったようです。

結婚を許してもらうために峰竜太は土下座までした?!

海老名美どりさんと知り合った当時の峰竜太さんは、まだ売り出す前で、20代初めの若手俳優・タレントの一人に過ぎませんでした。

同じ芸能界でも、当時人気絶頂の有名な落語家(初代)林屋三平さんの長女である美どりさんにプロポーズする際、海老名家は峰さんにとってかなり敷居が高かったはずです。

結婚を申し出る際は、林家夫妻に土下座で頼み込んで、許しを得たそうです。結婚後、林家三平さんが親交の深い石原裕次郎さんに頼み込んで、峰さんは石原プロに入社してブレイクしていったのはご存知の通りです。

1982年峰竜太の浮気がスクープされ恐妻家と呼ばれるように

1982年に、峰竜太さんの浮気現場が、写真週刊誌にスクープされてしまいました。そのことを悟った峰さんは、何と美どりさんに正直に告白したのです。すると、美どりさんは峰さんを殴る蹴るの大暴れ。

そんな修羅場に母の海老名香葉子さんが仲裁に入って何とか収まり、浮気相手ともけじめをつけました。数日後、美どりさんと峰さんは、異例ともいうべき夫婦そろっての「浮気謝罪・和解会見」を開きました。

このことがきっかけで、峰さんは美どりさんに頭が上がらなくなり、美どりさんは恐妻家と呼ばれるようになって「鬼嫁キャラ」が定着したのです。以後、峰さんの「浮気」騒動は聞かれなくなりました。

1977年一人娘の下嶋生が生まれる

1977年1月19日に、長女の下嶋生(しもじま うぶ)さんが生まれました。「生」と書いて「うぶ」と読ませる、非常に珍しい名前ですが、名付け親は祖父の林家三平さんだそうです。

名前の詳しい由来についてはわかりませんが、三平さんにとっては初孫だったので、大喜びされたそうです。

生さんは、過去に「帰れま10」や「徹子の部屋」などのテレビ番組で父親の峰竜太さんと一緒に出演していましたが、若い頃の海老名美どりさんによく似ていて、とっても可愛らしい顔立ちをされています。

その後息子下嶋兄が生まれる

生さんが生まれた6年後の1983年1月13日に、長男の下嶋兄(しもじま けい)さんが生まれました。「兄」と書いて「けい」と読ませる、非常に珍しい名前ですが、名前の由来はよくわかっていません。

ちなみに、郷ひろみさんが2014年に生まれた双子の息子さんの一人に同じく「兄(けい)」と名付けています。「長男は、家を継ぐ、人が集まってくるような中心人物になるようにと兄(けい)と名付けた」そうです。

生さんの名付け親といわれる祖父の林家三平さんはすでに亡くなられていたので、ご両親の美どりさん、峰さんが郷さんと同じような思いから名付けられたのでしょうか。

娘は現在も結婚していない?家事や家の事全般を娘が担っている

長女の生さんは、芸能活動をしていない一般の方です。従って、現在何をされているのか、普段の様子などについてはほとんど情報がありません。ただ、独身で、東京神楽坂の実家にご両親と一緒に暮らしているようです。

母親の美どりさんが家事を一切しないので、代わりに家事や家の事を全て担っているそうなんです。ご実家は床面積660平米もある有名な大豪邸で、プールの清掃も生さんが担当だそうで、かなり大変そうですね。

家事の中では料理が得意で、その腕前は父親の峰さんが大絶賛するほどだとか。それにしても、40歳を過ぎても、なお下嶋家の主婦代わりとして奮闘する毎日が続くうちは、まだまだ結婚できそうにはないようです。

息子が元ジャニーズという噂について

ご長男である兄さんは、「下嶋 兄」という本名で、現在タレント、キャスター、スポーツリポーター、俳優と幅広く活動されています。元ジャニーズという噂がありますが、真相はどうなのでしょうか?

実は、「礼儀作法を身につけさせたい」というご両親の意向で、2002年日本大学1年生の時に、礼儀作法に厳しいジャニーズ事務所に入所しています。同期には北山宏光さん、玉森裕太さん、手越祐也さんがいました。

現在は、ジャニーズ事務所を退所していますが、父親の峰竜太さんに似て、なかなかのイケメンです。テレビやラジオで、何度か峰さんと親子共演を果たしたこともあります。まだ独身ですが、今後の活躍が楽しみです。

海老名美どりと母親・妹との確執とは?現在は和解している?

海老名美どりさんは、長らく母親の香葉子さん、妹の泰葉さんとの確執が続いていたといわれます。一体何が原因なのでしょうか。その確執は現在でも続いているのでしょうか、それとも和解しているのでしょうか?

夫の峰竜太が独立した頃から関係に亀裂が入り始めていた

海老名家には長年、家族・一門のマネジメントを行う個人経営の「ねぎし事務所」があり、初代林家三平さん亡き後は妻の香葉子さんが実質的にその運営を担い、一門生達の精神的支柱ともいえる存在になっていました。

美どりさんの夫の峰竜太さんが、そのねぎし事務所から独立し、さらに海老名家と親交の深い石原プロからも独立したことがきっかけで、美どりさんと香葉子さんの間に亀裂が入り始めたのではないかといわれています。

峰さんは「石原プロには十分恩返しを果たした」という思いがあり、美どりさんにも当初無名だった峰さんを自分が盛り立ててきたという「下嶋家の嫁」意識が強かったことから、香葉子さんと気まずくなったようです。

1991年の会見「ビックアップル殺人事件」とミステリー作家になる宣伝・宣言で炎上

ivanacoi / Pixabay

海老名美どりさんは、1991年に緊急記者会見を行いました。事前に、マスコミ各社に「緊急発表」というタイトルのファクスを送って、記者会見に大勢のマスコミを呼び集めて、注目を浴びました。

誰もが「緊急発表」の内容が峰竜太さんとの離婚だと予想していました。ところがふたを開けてみると。著作「ビッグアップル殺人事件」の宣伝と、ミステリー作家になるという宣言会見だったのです。

肩透かしを食らった格好のマスコミは激怒、美どりさんは大ひんしゅくを買ってしまいました。後で峰さんや母の海老名香葉子さんが謝罪したものの、この件以後、美どりさんはメディアから相手にされなくなりました。

ミステリー作家宣言により母香葉子・妹泰葉との間に亀裂が入る

美どりさんがミステリー作家宣言で世間を騒がせてしまい、その尻ぬぐいをするかのように母の香葉子さんはマスコミに謝罪し、娘の会見を批判しました。

美どりさんと香葉子さんは会見の前から不仲説がささやかれており、これがきっかけで、もともと香葉子さんをうっとおしく思っていた美どりさんとの間の亀裂が決定的になってしまったというのがもっぱらの見方です。

この時、妹の泰葉さんも香葉子さんの味方について、姉の美どりさんの行動を批判しました。そのため、美どりさんと泰葉さんの間にも亀裂が入って、以降関係が疎遠になってしまったといわれています。

更に妹泰葉と母親の香葉子との間にも亀裂が入る

更に、今度は、妹の泰葉さんと母の香葉子さんとの間にも亀裂が入るようになってしまいます。ただ、それはずっと後になってのことです。

それに、これは、二人の仲が悪くなったというより、泰葉さんが精神的に極度の不安定状態になってしまい、一方的に香葉子さん始め海老名家の家族を非難するようになってしまったというのが真相です。

泰葉さんは2013年に「双極性障害によるうつ状態」という診断を受け、治療にあたってきましたが、病状は一進一退を続け、未だに完治していないようです。香葉子さんは泰葉さんのことをとても心配しています。

父親の回忌で海老名美どり夫婦が欠席するという前代未聞の事態に

2002年に行われた初代林家三平さんの23回忌では、海老名美どりさん・峰竜太さんご夫婦が欠席するという、前代未聞の事態が起きてしまいました。

1991年の美どりさんの宣伝会見騒動以来、美どりさんと香葉子さん母娘の冷戦状態が続いていたとはいえ、実の父親の法事を欠席するというのはよくよくの異例事態です。

美どりさんは、その頃、若かりし頃の父三平さんの隠し子の存在を知って大きなショックを受けたそうです。それをずっと隠してきた母香葉子さんに対しても不信感を抱いて、ますます関係がこじれてしまったようです。

二代目林家三平と国分佐智子の結婚をきっかけに和解

長らく続いていた海老名美どりさんと母香葉子さんの不仲を解消したきっかけが、2011年に行われた、美どりさんの下の弟である二代目林家三平さんと女優国分佐智子さんとの結婚だといわれています。

この時、三平さんは佐智子さんを最初に美どりさんに紹介した後に香葉子さんに紹介したのです。それが功を奏して、美どりさんは気を良くし、苦労人の香葉子さんは三平さんの気持ちを察して笑顔で迎えました。

これを機に、美どりさんと香葉子さんが徐々に打ち解け始め、和解したといわれるようになりました。

父親の33回忌では一家全員が揃っていた

2012年に開かれた初代林家三平さんの33回忌では、母の海老名香葉子さんを始め、美どりさん・峰さんご夫婦、妹の泰葉さん、弟の九代目林家正蔵さんご夫婦、二代目林家三平さんご夫婦が揃った姿を見せています。

久しぶりに海老名一家全員が揃った中で、美どりさんは高齢の香葉子さんをいたわるように手を取って支えており、仲良さそうな母娘姿を見せていました。この時は、かつてのような不仲の姿は見られませんでした。

海老名美どりの生い立ちと経歴

海老名美どりさんは、人気落語家の家の長女に生まれ、幼い時から両親の愛情を受け、とりわけ父親から寵愛され、何不自由なく育ったようです。

父は落語家の初代林家三平

海老名美どりさんの父親は、「昭和の爆笑王」の名声をほしいままにした人気落語家の初代林家三平(本名:海老名泰一郎)さんです。

テレビ時代の申し子とも謳われ、もじゃもじゃ頭をトレードマークに、お笑いブームの中心的な火付け役でもありました。本業の落語の他に、テレビ番組の司会やCM出演もこなし、大活躍されていました。

残念なことに、若くして病に倒れ、1980年に54歳で惜しまれつつ亡くなりました。

落語一家として生まれ1973年に「銀座わが町」で女優デビュー

海老名美どりさんは、落語家の初代林家三平さんの長女として生まれました。母の香葉子さんは戦災でご両親を亡くし、父親の知り合いの落語家の三代目三遊亭金馬さんに引き取られて養女になっていました。

弟二人も落語家になり、文字通りの落語一家に生まれ、子供の頃から父親の寵愛を受けてお嬢さん育ちでした。

1973年にNHKのテレビドラマ「銀座わが町」で女優としてデビューし、その後、女優・タレントとして活動の幅を広げていきました。

1992年「俺達ルーキーコップ」を境に女優としての活動はなくなる

TBS系列で1992年に放送されたドラマ「俺達ルーキーコップ」第5話「大脱線」にゲスト出演したのを最後に、女優としての活動は休止することになります。

女優といっても、テレビドラマのレギュラーとしての役どころはなく、単発でのゲスト出演が主で、映画でも比較的出番の少ない役柄ばかりでした。

若くして、俳優の峰竜太さんと結婚したこともあってか、峰さんが売れっ子になるにつれて、美どりさん自身はそのサポートに回ることに決めたようです。

その後は美容研究家としてダイエット本などを出版

女優としての活動を続ける傍ら、美容に関しての高い意識とこだわりを持ち合わせていて、その後は、美容研究家として活動を続けました。

以下のように、ダイエット本も何冊か出しています。

  • 「海老名美どりの20kg減量3分間体操」(1989年)
  • 「海老名美どりのスリムキープダイエット」(1990年)
  • 「海老名美どりの部分やせ体操」(1992年)
  • 「海老名美どりのやせる56ポーズ」(1994年)

最近は、ほとんど目立った活動はされていないようですが、今でも肩書は元女優、美容研究家のようです。

NEXT:海老名美どりの主な出演作や作品
1/2