井上順の現在や30歳年下の彼女や元嫁との離婚理由は?病気の噂とは エンタメ

井上順の現在や30歳年下の彼女や元嫁との離婚理由は?病気の噂とは

目次

[表示]

大河ドラマ「真田丸」

2016年井上順さんはNHK大河ドラマ「真田丸」に、織田信長の弟で茶々の叔父、織田有楽斎役で出演しています。

織田有楽斎は穏健派として豊臣家を支え、大坂冬の陣の後和睦を成立させました。穏健派ゆえ、真田幸村の戦に勝つための策にはことごとく反対しました。また茶々と秀頼の安寧のためとして、徳川側とも内通しています。

夏の陣を前に、自分の意見をだれも聞かないとみると、大坂城から去り、その後は茶人として余生を送ります。

映画「群青色のとおり道」

井上順さんは2015年、群馬県太田市合併10周年記念事業の一環として作られた映画、「群青色のとおり道」に出演しました。

ミュージシャンを目指し上京した青年が10年ぶりに帰郷、そこには変わらず迎えてくれる家族と、同級生たちの姿がありました。10年間未完成だった彼の曲が、故郷の人々によって育まれていく、という青春映画です。

井上さんは、主人公の同級生で恋人の父親役で出演しています。

映画「60歳のラブレター」

2009年井上順さんは映画「60歳のラブレター」で、5年前に愛妻に先立たれ、娘と二人で生活している内科医の佐伯静夫役を演じています。

海外医療小説の監修を依頼をしてきた翻訳家の女性との恋愛関係、高校受験を控えた娘の複雑な心境、そして佐伯の患者夫婦との関係などが描かれています。

年齢を重ねた男女が人生の岐路に立ったときに、どんな路を歩むのか、パートナーとの関係はいかに、と考えさせる映画です。

流行語を生んだ小西六録写真のCM

小西六写真工業株式会社(現:コニカミノルタ株式会社)は、1968年に発売したコニカC35、愛称「ジャーニー・コニカ」のCMに井上順さんを起用しました。

Cはコンパクトの意味で、小型軽量と簡単撮影を実現した自動露出機能により、「手軽に撮影できるカメラ」として売り出されました。

井上さんのCMで後に流行語となった「ジャ~ニ~」効果が、女性をターゲットに新規需要開拓に成功し、販売台数62万台のヒット製品になりました。

日産ノートのCMナレーション

2011年から2012年、井上順さんは日産自動車のノートやキューブ、そして「エコカー初売」のCMにナレーターとして出演しています。

「エコ・バリュー カンガルー試乗」篇では「エコスイッチがついたNOTE、お試しあれ」と、「エコ・バリュー キューブ体感」篇では「インディゴソファーのCUBE、お試しあれ」がキャッチコピーでした。

この後、ノートのCMには「嵐」のみなさんが起用されています。

LIXILのCMでは「リクシルのうた」も歌っている

2012年「LIXILリフォームチェーン」のCMに、井上順さんは広末涼子さんの父親役として、母親役の市毛良枝さん、娘婿役の松山ケンイチさんと共に出演しています。

井上さんは、住まいをリフォームして、仲良く定年後の暮らしを楽しむ夫婦を演じています。

そしてオリジナルCMソングも歌っています。リフォームの楽しさをイメージさせる軽快な歌声とLIXILがコメントしています。

ピッカリ・コニカ

1974年小西六写真工業株式会社は、室内撮影需要に応えるべく、世界初小型ストロボを内蔵したコニカC35EF、愛称「ピッカリ・コニカ」を発売、CMには引続き井上順さんが起用されました。

「ピッカリ・コニカ」は、ピント合わせが簡単、露出も正確、ストロボ内蔵なので、いつでもどこでも写真が撮れます。「ストロボ屋さんゴメンナさい」のフレーズで、販売台数100万台超の大ヒットになりました。

初心者でも子供でも、だれでもどこでも簡単に失敗無く写真が撮れる、ということを世界ではじめて実現したカメラです。カメラを本当に身近な存在にした、普及(あえて不朽ではなく)の名機と言えるでしょう。

昨日・今日・明日

1971年に、井上順さんがソロデビューした時の曲が「昨日・今日・明日」です。

歌は最後に「誰かに会えると知って、何かに会えると知って、どこまでも歩いてる、幸せを求めて­~」と、明日に向けて積極的なメッセージを発信しています。

井上順さんの明るいキャラクターと変わらぬ容姿、過去にはいろいろな事があったでしょうが、歌詞のように前向きな生き方でずっと活躍してもらいたいですね。

2/2