木村進の現在は?病気?死亡?劇団を設立していた?間寛平との関係は? エンタメ

木村進の現在は?病気?死亡?劇団を設立していた?間寛平との関係は?

若くして吉本新喜劇の座長を務めた「木村進」をご存知ですか?間寛平とコンビを組んでいましたが、1988年に病気で倒れ、重い後遺症が残りました。今回はそんな木村進の有名なギャグや設立した劇団について、さらに家族や現在についてまとめました。

目次

[表示]

木村進の現在は?病気で倒れた?現在は劇団を設立?

木村進は1950年7月29日、福岡県福岡市に生まれました。はじめは「吉本興業」という芸能プロダクションに所属していましたが、現在は事務所に入らずフリーとして活動しています。

日本を代表するお笑い芸人で、23歳で吉本新喜劇の座長という地位を獲得しました。ですが38歳の時に病に倒れ、惜しまれつつも、表舞台から姿を消してしまいました。

今回は1970年代から長きに渡って吉本新喜劇を支えてきたという、彼のプロフィールや有名なギャグについて、さらに病気の詳細や現在の姿についてご説明していきます。

70年代に吉本新喜劇の座長をつとめた伝説的なスター

Free-Photos / Pixabay

木村進の祖父と父親も代々喜劇役者を務めていて、彼も16歳の時に父親の劇団に入門しました。ですが父親の息子であるという大きなプレッシャーが彼にのしかかります。

木村進はその重圧に耐えきれず、19歳の時に父親が所属していた「松竹芸能」のライバルとされる「吉本興業」に転籍してしまいます。このことで、しばらく絶縁されていたといいます。

以下の記事では、「吉本興業のトップ」と言われているダウンタウンについてご紹介しています。

吉本興業に転籍して大ブレイク

Mediamodifier / Pixabay

吉本興業に転籍した彼は、今でこそ有名なお笑い芸人、間寛平とコンビを組みました。吉本新喜劇では目立つ役柄も多く、特に2枚目のイケメンキャラでありながらオカマの役も演じました。

木村進と間寛平はたちまち「名コンビ」と呼ばれるようになり、関西では「テレビで見ない日はない」と言われるほどのブレイクを果たしました。

多い月では60本を超えるほどのテレビ番組に出演したこともあったといいます。木村進の少しあとに大ブレイクした吉本新喜劇の帯谷孝史は彼について、「彼の芸が半分でもいいから欲しかった」と語っています。

1988年に脳内出血で倒れ吉本を退社していた

sasint / Pixabay

1987年には吉本新喜劇のマンネリ化が見られたため、木村進は祖父と父親の跡を継ぎ、「三代目・博多淡海」を襲名することとなりました。

ですが1988年に襲名披露公演として全国を巡回していた際、最終公演地の福岡市にて脳内出血を起こし、病院に運ばれ重体となりました。お酒をよく飲んでいたことと、過酷なスケジュールが原因だと言われています

命こそ助かったものの左半身不随という障害が残ってしまったため、木村進は吉本新喜劇の退団、さらに吉本興業も退社するという選択肢をとりました。そして彼は、表舞台から姿を消しました。

現在の健康状態は?1999年にゲストとしてなんばグランド花月に登場

一時は復帰不可能とまで言われていましたが、コンビでありながら良きライバルでもあった間寛平によって、彼は再び表舞台に立つことが出来ました。

1999年10月10日、大阪市にある「なんばグランド花月」という劇場にて行われた、間寛平の30周年記念公演に彼も出演したのです。歩くことが出来ないため電動車椅子での登場でした。

端役でありながら存在感を見せつけ、さらにその後もドラマや映画などで間寛平と共演することが増えました。いずれも短い出演時間での端役ではありましたが、障害者の役などをして話題となりました。

木村進は現在「木村進劇団」を設立

geralt / Pixabay

さらに、木村進は間寛平の後押しもあって「木村進劇団」という劇団を設立しています。主に障碍者施設などへの慰問(見舞って慰めること)を中心に行っています。

ですが、彼が公演中に足を骨折するという大怪我を負ってしまい、それ以降はしばらく休業の期間があったといいます。

現在も障碍者施設への慰問の活動をしている

un-perfekt / Pixabay

同じように障碍者でありブロガーである男性が、木村進と対談したことがあり、現在でも障碍者施設などへ慰問する活動を行っていることが分かりました。

その対談の中で、現在でもそのような活動をしていることに対して、木村進は1995年に起きた阪神淡路大震災を例にとり以下のように語ったといいます。

「俺が少しなりとも世の中明るくしたい」と思い立ち「障害者の俺が、皆を笑わしてやる こんな俺を見て同情するなら、笑ろてくれ」こんな思いで障害の有る自分の身を人目に晒す事を、決心した(引用:障害者の独り言)

自殺を考えたことも

GoranH / Pixabay

さらに木村進は対談の中で、「自殺を考えたことは何度もある」と語りました。

そんな時に思いとどまることができたのは、可愛い愛娘と、自分の母親、そして何年経っても遊びに来てくれる間寛平のおかげだと言いました。

木村進は現在死亡している説がでている?交通事故で死亡?

geralt / Pixabay

1999年10月になんばグランド花月にて復帰を果たした木村進でしたが、現在では「実は交通事故で死亡していた?」とする死亡説が囁かれています。

死亡説が浮上したきっかけとなったのは、2010年11月に起きた交通事故のニュースでした。この事故では東京都足立区に住む「木村進」という男性がミニバイクで轢き逃げされて死亡しています。

轢き逃げした犯人は逮捕されていますが、被害者の名前が「木村進」であったため、吉本新喜劇の木村進が死亡したという噂が流れるようになってしまったと言われています。

檀上茂が「木村進ちゃんも先に逝きよった」とインタビューで発言?

jarmoluk / Pixabay

さらに死亡説が浮上したもうひとつの原因として、吉本新喜劇の脚本を担当する檀上茂が「木村進ちゃんも先に逝きよった」と発言したということもあります。

この言葉は2015年8月、病気により活動を休止していたお笑い芸人の花紀京が、肺炎により亡くなった際に発した言葉です。

この発言にはどのような意図があったのかについて、ネット上には特に記載されている記事がないので不明となっています。

木村進のデビューから引退して現在に至るまでの活躍

Free-Photos / Pixabay

若くして吉本新喜劇の座長、さらに「三代目・博多淡海」襲名という栄光の直後、病気による後遺症で引退することを余儀なくされた木村進ですが、こちらではその経緯について詳しくみていきましょう。

木村進は23歳で吉本新喜劇の座長に

Free-Photos / Pixabay

冒頭でも触れましたが、木村進は高校を中退して16歳で父親の淡海劇団に入門しています。はじめは「博多小淡海」を名乗っていましたが、親の七光りだと囁かれるようになりました。

そして19歳の時、ライバルである「吉本興業」に転籍したことでしばらく絶縁の状態だったことも先ほどご説明しました。そして23歳の若さで、座長という地位に登り詰めました。

絶縁だった2人が仲直りするきっかけとなったのは、父親の二代目・博多淡海が舞台終了後に舞台上へと上がり、観客に向かって「木村進を宜しくお願い致します」と頭を下げたことだったといいます。

木村進は父親の跡を継ぐために「三代目博多淡海」を襲名

Dieter_G / Pixabay

1985年を過ぎると吉本新喜劇のマンネリ化が顕著になり、木村進は父親の跡を継ぐことを決意し、1987年に「三代目・博多淡海」を襲名しました。

襲名後の1988年に脳内出血で倒れる

DarkoStojanovic / Pixabay

冒頭でもご説明したように、1988年に行われていた襲名披露公演では故郷の福岡市が最終公演地となっていました。ですが残念なことに、木村進はそこで脳内出血を起こして病院に運ばれる結果となってしまいました。

重い障害が残り、吉本を退社し現在に至る

stevepb / Pixabay

命に別状は無かったものの、左半身不随という思い後遺症が残ってしまいました。芸人、喜劇役者として生きていくことを諦めた木村進は吉本興業を退社して、現在に至ります。

木村進が新喜劇の動画が面白い?

上に掲載した動画は2017年に投稿されたものですが、全盛期から何年も経つ現在でも「面白い!」というコメントが相次いでいます。以下でコメントを簡単にご紹介します。

  • 間寛平との掛け合いが面白い!
  • 何回見ても笑っちゃう!
  • 最強のメンバーだ!
  • 木村進、また出てきて欲しい!

木村進と間寛平との関係は?

芸能生活でもプライベートでも仲の良かった間寛平とは、木村進が吉本興業を退社したあとも親交を続けているようで、良きライバルであり良き親友でもあるといいます。

木村進は間寛平とコンビを組んでブレイク

MabelAmber / Pixabay

木村進は、当時同じくコメディアンとして活躍していた「船場太郎」と並び、2枚目のイケメンキャラでした。ですが間寛平とコンビを組み、オカマキャラを演じたことで大ブレイクしました。

間寛平と夫婦役を演じる時は、必ず木村進がおばあさん役だったようで、イケメンが演じるおばあさんキャラと間寛平のギャグが混じって爆笑を生み出していたといいます。

木村進の復帰を後押ししたのは間寛平だった

sweetlouise / Pixabay

先ほどもご説明したように公私ともに仲の良い2人ですが、木村進が病気を乗り越えて再び舞台に上がることが出来たのは、間寛平の後押しがあってこそだったといいます。

舞台の上でも電動車椅子や松葉杖が欠かせない木村進に対して、良い意味で気を遣わずに接する間寛平とのやり取りが、ファンにとっては心温まるものでした。

間寛平は木村進のためにカンパもしている

kschneider2991 / Pixabay

現在でも間寛平は、木村進がリハビリに力を注げるようにとカンパ(資金)を集めているといいます。2人の仲の深さ、間寛平の優しい性格が窺えます。

木村進はオカマキャラでブレイク!ギャグは?

kinkate / Pixabay

2枚目のイケメン役者でありながら、夫婦役では必ずおばあさん役だというオカマキャラで大ブレイクした木村進ですが、彼の代表的なギャグを5つみていきましょう。

木村進のギャグ①「イーッヒッヒッヒッヒ」

Perlenmuschel / Pixabay

これは、木村進が相手を威嚇したり驚かしたりする時に使われます。にやけた顔と、独特の笑い声が癖になってしまうといいます。

木村進のギャグ②「おや、こんなところに水たまりが」

Skitterphoto / Pixabay

これは間寛平との夫婦役で、おばあさん役を演じる際の持ちネタです。そこにあるはずのない水溜りを、飛び越えるような仕草とともに使われます。

木村進のギャグ③「聞いてください、婦人会の皆さん」

GDJ / Pixabay

上記と同じく、おばあさん役を演じる際の持ちネタです。これは「赤の他人です」という言葉がオチとなるギャグです。

ある芸人が周囲の人に責められている状況で、木村進が「この子を許して下さい」と庇います。それに「あなたこの人のおばあさんですか?」と尋ねると、「赤の他人です」と答えて全員がズッコケるという流れです。

木村進のギャグ④「ええやないか、久しぶりやねん!」「ワシが産んだ娘やないか!」

これも上記2つのギャグと同じくおばあさん役を演じる際の持ちネタで、娘役の女性との絡みで使われます。このギャグは、お笑い芸人の桑原和男も持っているといいます。

木村進のギャグ⑤「許ーるさんっ!」

これは誰かに悪さをされた時やコケにされた時に使われるギャグで、大きな声で言うのではなく声を押し殺して使われるセリフです。

木村進の家族は?嫁は?子供や孫は?

木村進の家族については冒頭でも軽くご説明しましたが、妻や子供はいるのでしょうか?こちらではさらに詳しくご説明していきます。

木村進は祖父の代から続くお笑いサラブレットだった

Free-Photos / Pixabay

何度か触れていますが、木村進は祖父から続いている喜劇役者であり「お笑い界のサラブレッド」とまで呼ばれています。

祖父である木村平三郎は「初代・博多淡海」、父親である木村平三は「二代目・博多淡海」となっています。半面を着けて行う「博多にわか」という郷土芸能で、あえて半面を着けずに行ったことで人気を博しました。

NEXT:木村進の嫁は日活ポルノ女優の風間舞子
1/2