山城新伍は老人ホームで死去してた?死因は?娘から絶縁されていた? エンタメ

山城新伍は老人ホームで死去してた?死因は?娘から絶縁されていた?

山城新伍さんは、チョメチョメという言葉を流行らせたバラエティー番組の名司会者でした。しかし、2度の結婚後に離婚した元妻や娘からは絶縁され2001年からは一人暮らしとなり、最後は老人ホームで嚥下障害による肺炎で亡くなっています。その遺産額などはわかっていません。

目次

[表示]

山城新伍の死因は?晩年は老人ホームで亡くなっていた?

俳優の山城新伍さんは、晩年は老人ホームに入っていました。そしてその老人ホームで亡くなっています。死因は何だったのかを調べてみました。

2009年8月12日に嚥下障害による肺炎で死去

DarkoStojanovic / Pixabay

俳優の山城新伍さんは、2009年8月12日午後3時16分、嚥下(えんげ)障害による肺炎のために亡くなっています。70歳でした。

2008年から老人ホームに入居していた!

山城新伍さんが老人ホームに入居していたことは驚きですが、それは山城新伍さんが肺炎によって亡くなったことで、始めて世間の明かるみに出ました。

山城新伍は糖尿病や認知症にもなっていた!

山城新伍さんは、2005年12月25日に出演した日本テレビ系「いつみても波瀾万丈」で、自身が糖尿病を患っていることを告白しています。

またその後2007年には山城新伍さんの認知症の疑いが持ち上がっていました。

山城新伍は老人ホームで一人で亡くなっていた

晩年の山城新伍さんは、老人ホームで生活していたようで、週刊文春もこのことを報じていました。その記事のよると、山城新伍さんは、2008年6月から老人ホームに入居していたようです。

また、山城新伍さんは2005年に患った糖尿病が悪化し、晩年は車椅子生活を余儀なくされていたといいます。

事務所側の発表によれば、生前からの故人の希望により、葬儀は近親者のみでひっそりと行い、今後のお別れ会などの予定はないということでした。

山城新伍の妻と娘は葬儀にも来なかった

葬儀は近親者のみで行うということでしたが、そこには山城新伍さんの妻や娘は出席していませんでした。

2009年8月12日に亡くなった山城新伍さんですが、その山城さんを偲ぶ食事会と飲み会が同年の10月9日に東京都港区の東京プリンスホテルで行われました。

しかし、そこにも元妻で女優の花園ひろみさんやひとり娘の南夕花さんは、姿を見せませんでした。花園ひろみさんや娘の南夕花さんは、密葬や四十九日の法要にも出席していませんでした。

生前からの約束により梅宮辰夫が葬儀委員長を務めた!

山城新伍さんの葬儀は、喪主を山城さんの実弟が執り行ったようですが、その後の「山城新伍を偲ぶ会」では、梅宮辰夫さんが葬儀委員長を務めたそうです。

また、この会にはおよそ140名の芸能関係者が訪れたそうです。この140名という人数は、当時の大スターを偲ぶ会にしては、かなり少ない参加者だったのではないでしょうか。

山城新伍の遺産はどのくらい?誰に渡るの?

geralt / Pixabay

山城新伍さんと花園ひろみさんは離婚していたため、膨大な遺産の相続権は南夕花さんだけです。また南夕花さんは自分の意思で分籍していますが、法律上は100%の相続権があるということです。

山城新伍さんの遺産額ですが、それは全く明かされていないようで、ほとんどなかったのかもしれませんし、生前は芸能界での長者番付の常連だったことを考えると、億単位であったのかもしれません。

ただ、山城新伍さんの実弟の渡辺鎮雄さんは、「新伍さんは、気前がいいから全財産を妻子に置いてスッカラカンになって死んでいったのではないか」と、語っていますから、実際はそうなのかもしれません。

山城新伍の娘・南夕花と絶縁?

cocoparisienne / Pixabay

山城新伍さんには、ひとり娘の南夕花がいますが、ずっと絶縁状態が続きていたそうです。

娘・南夕花からは絶縁宣言!

Free-Photos / Pixabay

山城新伍さんは、ひとり娘の南夕花さんからは、絶縁宣言されていたそうです。理由は山城さんの度重なる女性問題あるようですが、本当の理由は当人しか分からないことかもしれません。

いずれにしても、山城新伍さんの葬儀や法要にも出席していませんから、よほど関係が悪化していたということが分かります。

「父親と呼びたくない」とまで言われた!

pixel2013 / Pixabay

元妻の花園ひろみさんや娘の南夕花さんは、山城新伍さんに対して並大抵の怒りではなかったようです。2000年6月号の「婦人公論」に掲載されたインタビューでは、山城さんを「父親と呼びたくない」と語りました。

山城新伍さんが老人ホーム入居していることを知っても、彼女らが老人ホームに訪れることはなく、「一切関わりたくない」と一蹴したそうです。

また、山城新伍さんは、そうした2人の態度に怒って、自身の葬儀には呼ばないと発言していて、老人ホームへ入居後の雑誌のインタビューでも「娘には会いたくない」と本音を漏らしていました。

山城新伍は娘を死ぬ間際まで思っていた?

RogerMosley / Pixabay

ただ、山城新伍さんはかねてよりひとり娘を溺愛していました。自身が司会を務めたTBS系列の雑学クイズ番組「新伍のワガママ大百科」に娘を起用したり、舞台で共演したこともありました。

山城新伍さんは、家族が出ていったあとも娘のことを気にかけ、老人ホームに入所する際も娘には連絡していたといいます。一方この時、娘側は週刊誌に「二度と関わりたくない」と山城新伍さんの依頼を断っています。

このことは、山城新伍さんが思う以上に、彼の女性問題の事で悩まされ、結婚生活の中で深い溝を作っていたことがわかります。当時の派手な女性関係が、芸の肥やしだと考えられていた時代は終わっていました。

山城新伍のプロフィールは?経歴は?

山城新伍さんは、どんな俳優だったのか、また俳優になるまでの経緯などを調べましたので紹介します。

実家は歯医者を経営!

山城新伍さんは、1938年生まれ、京都府出身です。1957年に東映ニューフェースの第4期生として、テレビドラマ「風小僧」でデビューしています。翌年の「白馬童子」シリーズでお茶の間の人気者となりました。

実家は歯医者で、母は看護婦、自分はインテリで二枚目といったエリート意識が高く、俳優としては一流になれなかったのがコンプレックスだったと伝えられています。

医者を目指していたが受験に失敗し断念

marionbrun / Pixabay

山城新伍さんは、実家が開業医だったこともあり、当初は医師を目指していたといいます。

時代劇スターに憧れ東映に入社

山城新伍さんは、高校時代は両親と同じ道に進むために、医大への進学を考えていました。

大阪医大や関西医科大を受験していますが、不合格だったため、医師の道はあきらめ、時代劇スターに憧れエキストラをしていました。

その後、東映ニューフェイス第4期に応募し、1957年に東映に入社しています。同期には、その後の妻となる花園ひろみや佐久間良子、室田日出男、山口洋子らがいました。

1958年に映画「台風」でデビュー

Comfreak / Pixabay

東映に入社後、1968年に映画「台風」でデビューしています。また、翌年には時代劇「風小僧」で初主役を務めています。

時代劇「白馬童子」で子供にも人気に!

1960年のテレビ時代劇「白馬童子」で主演を務め、子供たちの人気者になります。

「白馬童子」は、子供向けの時代劇だったのですが、都会派で端正な顔立ちの青年が忍者のような白装束で白馬に跨る姿は、大人からも人気を集めていました。

東映の俳優の野球大会がきっかけでいじめに!

Anemone123 / Pixabay

当時は、映画の全盛期で、映画会社はテレビを軽視していた時代でした。テレビドラマは無名の俳優が出演していました。

しかし、東映の俳優による公開野球大会が行われたとき、無名若手俳優の山城新伍さんが登場すると、並みいる大スター以上の拍手が客席から沸き起こりました。

それくらい「白馬童子」の山城新伍さんが人気だったといことですが、当時の映画監督や俳優はテレビの仕事をする監督や役者は二流だといった認識があり、嫉妬からいわれのないイジメを受けてきたといいます。

1970代にはテレビにシフトし一躍人気者に!

Pexels / Pixabay

山城新伍さんは、公開野球大会の事件でイジメを受け続け、映画では脇役も多く俳優として辛酸をなめることとなります。

1970年代から活躍の舞台をテレビに移し、その軽妙な語り口からバラエティー番組でもいかんなくその個性を発揮し、機転のよさとセンスのいい関西弁話術で司会やパネリストとして活躍していました。

作家の小林信彦さんからは、その司会ぶりを「日本人離れした話術」と称賛されています。また、当時は2時間ドラマの主演作に数多く出演しています。

クイズ番組のパネラーとして活躍!

山城新伍さんは、「アイアイゲーム」、「クイズ天国と地獄」、「クイズ!!ひらめきパスワード」などのバラエティークイズ番組に数多く出演し、その得意な話術で司会を担当してきました。

山城新伍のチョメチョメとは?流行語になってた?

山城新伍さんは、伏字に「チョメチョメ」という言葉を使ったことで、いっきに流行語となって視聴者の記憶に残っています。

もともとの「チョメチョメ」は、フジテレビのクイズ番組である「アイアイゲーム」で、司会を担当していた山城新伍さんが、問題形式の中にこの「チョメチョメ」を入れたのが始まりです。

たとえば、「ひと昔は、戦争を知らない子供達。今の子供達は、「チョメチョメ」を知らない子供達」などという問題を出していました。つまり放送禁止用語にこの「チョメチョメ」を入れて盛り上げていました。

山城新伍はジャニーズを批判して干されていた?

山城新伍さんがジャニーズを批判したことで干されたといわれていますが、どんな批判をしたのかを調べました。

山城新伍は「新撰組!」の主演の香取慎吾を批判!

山城新伍さんは、かつてはジャニーズ事務所のやり方を公然と批判した発言をしました。この発言は大きな波紋を呼び、山城新伍さんは芸能界を一時干されることになります。

この発言があったのは、1990年代~2000年代初めのことだといわれています。その時期というのが、SMAPやTOKIO、V6といった国民的アイドルグループが、本格的にブレイクし始める時期でした。

当時のジャニーズは、向かうとこ敵なしといった力を持った時代です。そんなジャニーズを真っ向から批判してしまったのですから、当然の如く山城新伍さんは干されてしまいました。

山城新伍はジャニーズばかりの起用に批判していた!

山城新伍さんは、NHKにジャニーズタレントが多くキャスティングされていることに納得がいかなかったようです。

2004年放送のNHK大河ドラマ「新撰組!」で、主要キャストを近藤勇役を元SMAPの香取慎吾が演じていたことに、山城新伍さんは「あんな近藤勇は見たくない」と発言していました。

この大河ドラマの脚本を書いた三谷幸喜さんにも「これまでの時代劇を全否定している。許さない」とコメントしていました。その他にも多数ジャニーズタレントが番組に出演しているこを批判していました。

他にもNHKとジャニーズに対して批判を漏らしていた!

山城新伍さんは、他にもNHKとジャニーズに関して批判をしていました。たとえば、「どこの事務所に所属しているかで、キャスティングが決まるのはおかしい。別にバーニーズとは言ってないけど」とも言っています。

また、「NHKの受信料の一部は、ジャニーズに流れてるんだろ。そんな受信料払うな」や「昼はファンに追いかけられ、夜は社長に追いかけられる。どこのプロダクションのことか分かるだろ」といったコメントです。

山城新伍の妻は?離婚・再婚を繰り返していた?

falco / Pixabay

山城新伍さんは、元妻の花園ひろみさんと、2度の結婚と2度の離婚をしています。

1966年に女優の花園ひろみと結婚

山城新伍さんは、過去に花園ひろみさんと結婚と離婚を繰り返しています。妻は元女優で、花園ひろみさんは山城新伍さんが芸能界に入った時の東映時代の同期でした。

山城新伍さんは、花園ひろみさんのことが好きで猛アタックし、1965年に彼女と結婚しています。

テレビで語ったプロポーズのエピソードで、花園ひろみさんを乗せた車で、山城新伍さんは「俺と結婚してくれないなら、このまま湖に突っ込んで死ぬ」と迫ったと語り、ファンをびっくりさせました。

1985年に山城新伍の浮気が原因で離婚

Pixaline / Pixabay

山城新伍さんの情熱的な求愛で、結婚した2人ですが、1985年に山城新伍さんの浮気が原因で離婚してしまいました。

山城新伍さんは、その当時女優の川島なお美さんや早乙女愛さんと愛人関係にあったことを報じられていました。こうした山城新伍さんの派手な女性関係はワイドショーを賑わせていました。

更に、山城新伍さんが、山口美江さんとの不倫が発覚すると、花園ひろみさんはさすがに離婚を決意しました。この離婚が山城新伍さんにとっての最初の離婚となりました。

NEXT:1991年に花園ひろみと二度目の結婚
1/2