世界の超巨大生物や古代生物・未確認動物UMAまとめ!本当に実在する?

danda0I9A4330 TP V4 - 世界の超巨大生物や古代生物・未確認動物UMAまとめ!本当に実在する?

人類未踏の深海やジャングルの奥深く、そこには巨大生物や古代の生き残りの動物達、伝説のUMAが居て、なんて事を夢想した人は少なくないのではないでしょうか。そこで、今回は実在する、或いはした巨大な動物や存在が度々議論されるUMAについて調査しまとめてみました。

カテゴリ別のランキング1位の巨大生物まとめ

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 世界の超巨大生物や古代生物・未確認動物UMAまとめ!本当に実在する?

qimono / Pixabay

現在地球では沢山の生物が存在します。そこで本項では、思わず「デカい」と漏らしてしまうような巨大生物を各カテゴリ別に紹介していきます。

等脚目界ランキング1位:ダイオウグソクムシ

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 世界の超巨大生物や古代生物・未確認動物UMAまとめ!本当に実在する?
yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 世界の超巨大生物や古代生物・未確認動物UMAまとめ!本当に実在する?

等脚目で最も身近な存在であるダンゴムシ、あちらは体長1.4cm程度であるのに対し、ダイオウグソクムシは20~40cm、大きい個体は76cmにもなり、体重は1.7kgにも達します。

ダイオウグソクムシはメキシコ湾などの200~1000m程度の深海に生息しています。「深海の掃除屋」と呼ばれる通り、海底に沈んできた魚や鯨の死骸を食べます。

大きさの割に小食で、一切の食事を取らず5年以上生きた個体が日本の水族館で飼育されていました。また地域によっては、食料として食べられる事もあり、素揚げすると旨味が増すと言われています。

クラゲ界ランキング1位:ライオンノタテガミクラゲ

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 世界の超巨大生物や古代生物・未確認動物UMAまとめ!本当に実在する?
yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 世界の超巨大生物や古代生物・未確認動物UMAまとめ!本当に実在する?

別名キタユウレイクラゲ、サイアネクラゲと呼ばれる事もあり直径2.5m、触手の長さに至っては30mを超えると言われ、体重は250kgにも達します。

冷たい水が適している事もありイギリスを含む北大西洋に生息し、日本では北海道や青森で見られ、シャーロックホームズシリーズに登場しています。

ウミガメ界ランキング1位:オサガメ

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 世界の超巨大生物や古代生物・未確認動物UMAまとめ!本当に実在する?
yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 世界の超巨大生物や古代生物・未確認動物UMAまとめ!本当に実在する?

体長は2mを越え、大きいものでは約3mに迄達するとも言われるオサガメはウミガメの中でも最大の種です。勿論体重も重く900kgを超えます、また寿命は45年以上と言われます。

生息地は広く太平洋、大西洋、インド洋、地中海に生息。日本の奄美大島での産卵例があります。しかし近年では生息数が激減しており、人工繁殖の試みがなされている場所もあります。

主にクラゲを捕食し、口から食道に掛けて100本以上の鋭い歯が生えており、その様子は軽いホラーと称されました。またカメ類の中で最も深くまで潜る事が出来、その深さは1,230mに達すると言われています。

リグガメ界ランキング1位:ガラパゴスゾウガメ

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 世界の超巨大生物や古代生物・未確認動物UMAまとめ!本当に実在する?

Capri23auto / Pixabay

名前の通りガラパゴス諸島に生息する世界一巨大なリクガメがこのガラパゴスオオゾウガメです。体長は頭部や尻尾を含めて1.5mにも達し、体重は最大400kgにも達します。

また脊髄動物の中では最も長寿であり、オーストラリアで飼育された個体は2006年に亡くなりましたが、およそ170年もの間生きた記録がある程です。

しかし、乱獲によって生息数は大幅に減少しました。その為、ガラパゴスオオゾウガメはガラパゴス諸島における保護活動の代表格となっています。

NEXT 鳥類ランキング1位:ダチョウ