リトル・ぺブル同宿会とは?セックス教団?クララなどのメンバーは? エンタメ

リトル・ぺブル同宿会とは?セックス教団?クララなどのメンバーは?

リトル・ぺブル同宿会という宗教団体をご存知でしょうか。秋田にあるこの宗教団体は神父と女性信者が神の預言を受けてセックスをする新興宗教です。過去にミミ萩原も入信していた?杉浦洋とクララが正しいsexをしているという噂は本当なのでしょうか。

目次

[表示]

リトル・ぺブル同宿会とは秋田県湯沢市にあるセックス教団?どんな宗教?実態は?

jplenio / Pixabay

リトル・ぺブル同宿会とは秋田県湯沢市に拠点を置くセックスカルト教団です。元々はリトル・ぺブル(本名はウィリアム・カム)がオーストラリアに聖シャーベル修道会という宗教団体を結成。

来日したリトル・ぺブルは著名なレオ・スタインバック神父に接触。神父がリトル・ぺブル運動に参加し、著名・有名人の入信で勢力は拡大し「日本における聖シャーベル修道会」の名称で活動が開始されました。

しかしリトル・ぺブル教祖が女性信者への性的関係の強要をしたことで、日本の組織は分裂し崩壊します。それ以降、秋田県湯沢市のリトル・ぺブル同宿会を中心に少数の組織が残るのみとなってしまいました。

リトル・ぺブル同宿会とは?

Free-Photos / Pixabay

リトル・ぺブル同宿会(元は日本における聖シャーベル修道会の名称)は代表であるジャン・マリー神父こと杉浦洋を含む男性信者4人女性信者1人が共同生活を送りながら活動している新興宗教団体です。

元々日本における聖シャーベル修道会の組織責任者であった杉浦洋がオーストラリアの司教により司祭に叙階(品級を受けること)されたことで、正式に聖シャーベル修道会本部の日本支部となり活動していました。

しかし、2002年リトル・ぺブル教祖が性犯罪で逮捕され長期拘留を経て2005年に有罪判決を受け服役することになると、聖シャーベル修道会本部からの連絡は激減し放置されたことで日本の組織は迷走し始めます。

秋田にある新興宗教のセックス教団?

miladenleschi / Pixabay

リトル・ぺブル同宿会は秋田県湯沢市に出家小屋を設け小団体で活動を行っています。2007年頃にセックス教義を取り入れるようになりそれ以降セックスカルト教団として知られるようになりました。

元々は聖シャーベル修道会本部と同様に聖母マリアの幻視の神秘体験に基づいた布教活動や、終末論的預言を中心にした布教活動を行っていましたが、現在は「預言的使命」と称しセックス教義を行っています。

セックス教義とは、ジャン・マリー神父と女性信者が祭壇の前で「正しいsex(償いのsex)」を営むことで神に償うという、彼らにとっては非常に神聖で尊い儀式・行為なのです。

清水小屋で暮らしている?

6151189 / Pixabay

リトル・ぺブル同宿会は秋田県湯沢市三梨町清水小屋に拠点があります。清水小屋は三梨町の中にある小字(一部の区画)で人口総数38人(世帯総数14世帯)周囲には広大な田畑が広がる地域です。

この土地に出家小屋を設け、ジャン・マリー神父こと杉浦洋と5人の信者が寝食を共にし生活をしています。外出の際は白装束を身にまとうところなどは、聖シャーベル修道会に倣ってのことなのでしょう。

過疎化した地域とはいえリトル・ぺブル同宿会の近くには小学校もあり教団の目の前にある道路は通学路にもなっているようです。田舎だから尚更一風変わった出で立ちの集団は目につく存在でしょう。

指導者のリトル・ぺブルはオーストラリアの教祖?少女への性的暴行容疑で逮捕?

jclk8888 / Pixabay

リトル・ぺブル同宿会の指導者であるリトル・ぺブルはオーストラリアの聖シャーベル修道会本部を結成した教祖です。リトル・ぺブルはあくまでも自称(通称)名であり本名は「ウィリアム・カム」です。

1985頃に結成した聖シャーベル修道会は、修道会の幹部と信者が共同生活を送りながら終末論的預言の提唱(歴史やこの世の終わりといった思想)や聖母マリアの幻視の神秘体験を基に布教活動をしています。

リトル・ぺブルはその活動を日本にも広げるなど、精力的に活動を行っていましたが、2002年に15歳の少女に対する性的暴行容疑で逮捕されてしまいます。

リトル・ぺブルの預言は嘘?

geralt / Pixabay

リトル・ぺブルは18歳の時に神の啓示(神や天使などが神霊や精霊などの理論的には説明できない存在を介して人間に伝達すること)を受けたことで、後に聖シャーベル修道会を結成しました。

彼の発する終末論的預言は恐ろしいほど当たることはなく、日本の沈没や富士山の大噴火、大規模戦争勃発など世界的に大きな出来事になる預言なのですが、実際に起こることはありませんでした。

リトル・ぺブルがファティマに巡礼に行った際は、車椅子の少年の脇を抱えて歩かせようとしますが歩けず終いとなった事実を伏せ、その夜宿泊施設で「私が手をとると車椅子の少年が歩きだした」と吹聴しました。

リトル・ぺブルの結婚と重婚

PIRO4D / Pixabay

的外れな預言を繰り返すリトル・ぺブルですが、プライベートではアンナという女性と結婚し子供にも恵まれます。しかし妻のアンナが近い将来死ぬことを預言します。当然ですがこの預言も実現しません。

預言が実現しないとリトル・ぺブルは一方的に家族と別離し、1991年には「神の思召し」としドイツ人のベッティーナと再婚します。しかしアンナとの婚姻関係が継続されていたため重婚となってしまうのでした。

そして神の思召しはどこへやら。1997年にはベッティーナと離婚。二度目の結婚生活は僅か6年で終わりを迎えました。

性犯罪で逮捕される

3839153 / Pixabay

自らに対する終末論的預言は不可能だったのでしょうか。2002年8月には信者である15歳の少女に対する性的暴行容疑で逮捕されてしまいます。そして長期間の拘留生活を強いられることになりました。

リトル・ぺブルは裁判や取り調べの際に「15歳の少女は84人いる妻のうちの一人だ」と周囲には到底理解できない意味不明な主張を展開します。84人の妻の中に果たして最初の妻アンナは含まれているのでしょうか。

裁判の結果、2005年7月に懲役5年の有罪判決を受けたリトル・ぺブルはオーストラリアにあるシルバーウォーター刑務所に収監され服役することになったのでした。

日本で広めているのはジャン・マリー神父?

RobertCheaib / Pixabay

リトル・ぺブル教祖の逮捕、長期拘留、刑務所への服役によってリトル・ぺブル同宿会(元日本における聖シャーベル修道会)は本部からの連絡も減ってしまい活動も下火となりました。

しかしジャン・マリー神父は「自分一人になったとしてもリトル・ぺブル教祖の意思を絶やしてはいけない」と決心し、リトル・ぺブル同宿会の代表として秋田県湯沢市に出家小屋を設けたのです。

ジャン・マリー神父がどれほどリトル・ぺブル教祖に感銘を受け心酔していたかがよくわかる行動です。

セックス教団として日本に広まっている?

kalhh / Pixabay

リトル・ぺブル同宿会はセックス教義を取り入れ、その行為を撮影しホームページ上で映像を公開したことで一部雑誌などが潜入取材するなどして記事となり、教団自体はセックス教団として有名になりました。

しかしこのセックス教義は誰もが出来る行為ではない(神父と女性信者の間でのみ行う)ことや、入信する際の条件が幾つかあり、入信を考えている人も条件を受け入れられず断念するようです。

ただ、通常キリスト教では同性愛を禁止していますが、リトル・ぺブル同宿会は性的少数者を受け入れているそのような人も入信するようです。現在共同体で生活する男性信者たちはジャンマリー神父以外はゲイです。

入信するための条件とは?

Free-Photos / Pixabay

リトル・ぺブル同宿会に入信するにあたりいくつかの条件があるようです。まずはオーストラリアの聖シャーベル修道会本部と同様に、自らの全財産を教団に寄付する事が挙げられます。

そして入信を考えている人が大いに悩むのは、教団のホームページやネットでの顔写真の公開、動画の配信を受け入れるという条件です。

セックス教団に入信し顔写真や実名をネットに晒されると考えると、相当の決心があるか教団や神父に対して深い信仰心がなければ、この条件をクリアすることは難しいでしょう。

リトル・ぺブル同宿会の実態は?公開している正しいsexがやばい?本番?

リトル・ぺブル同宿会の実態とは一体どのようなものなのでしょう。まず日々休むことなく取り組んでいることは、神に捧げる「正しいsex」の儀式です。風邪をひいても病気になっても休むことはありません。

この「正しいsex」の儀式は教団のホームページ上で映像を公開していますし潜入取材により動画がネット上に流れています。正しいsexはその行為がほぼ本番の性行為そのものなのです。

他には時折「公式声明」と称し様々な預言をホームページやYouTubeにアップしているようです。2017年2月には「昭和天皇はリトル・ぺブルを支持し臨終洗礼を受けていた!」という公式声明を発しています。

リトル・ぺブル同宿会の信者は普段どんなことをしているの?

377053 / Pixabay

信者たちの普段どのようなことをして過ごしているのでしょう。ジャン・マリー神父と女性信者は毎日のように「正しいsex」の儀式を神に捧げていることは間違いありません。

この女性信者や他の男性信者数人は(そもそも数人しかいませんが)個人ブログを書いているのでその更新や教団のホームページの更新をしているようです。女性信者に至っては2ちゃんねるへの書き込みもしています。

またリトル・ぺブル同宿会には全盲の女性信者もいますので、日常的にその盲目信者の介護も行っていることでしょう。

リトル・ぺブル同宿会は正しいsexを神に捧げているの?償いのセックスとは?

charlotte_202003 / Pixabay

ジャン・マリー神父が唱える正しいsexとは何でしょう。神父曰く「アダムとエバの楽園が人類に還ってきたことを象徴する行為」と説明しています。信者以外の一般人にはこの言葉の意味を理解するのは難しいです。

簡単に言うと敬愛するリトル・ぺブル教祖の「人間のセックスは間違っていて、あまりに間違ったセックスをしている事に対しての償いとして私達が正しいsex・償いのセックスを神に捧げるのだ」という教えです。

この教えに倣い教壇の前で正しいsexの儀式を粛々と執り行い、日々神に捧げているのです。

正しいsexは行為での預言?

ジャンマリー神父は正しいsexの儀式は「行為による預言」だと言います。預言者には預言の方法が2通りあるそうです。その1つ目は言葉をもってする預言です。

そして2つ目の預言方法が正しいsexのように「行い(おこない)をもってする預言」とのことです。

正しいsexを行うことでアダムとエバに与えられていた楽園が人類に還ってくることを預言していると言います。結局正しいsexをする理由と正しいsexという行為による預言の内容がここで一致してしまうのです。

償いのセックスとは?

kalhh / Pixabay

償いのセックスとは、自分たちの罪によって十字架の上で亡くなることになってしまったイエス・キリストに自分たちが犯してしまった罪の償いをする儀式のようです。

このセックス教義は「神を信頼さえすればどんな罪も許され天国へ行ける」という教えであり、正しいsexを神に捧げることで全ての人類の罪を取り除くとされています。

要するに償いのセックスとは、正しいsexを神に捧げる儀式のことをいう訳です。下心からする行為ではなく、あくまでも全人類を救済するためそして世界平和を目的とした儀式ということになります。

リトル・ぺブル同宿会はジャン・マリー神父と信者クララが正しいsexを公開?

Free-Photos / Pixabay

ジャンマリー神父が女性信者であるクララと正しいsexの儀式を行い神に捧げます。その本番さながらの行為を撮影し、その映像や画像をあろうことかホームページ上で公開していました。

ほぼ本番さながらのこの性行為をネット上で配信、更にはDVDとして発売し信者のブログや動画サイトであるFC2で商品販売していたようですが、現在は視聴及び販売はしていないようです。

リトル・ぺブル同宿会が公開した実際の動画は?

pixel2013 / Pixabay

現在、リトル・ぺブル同宿会がホームページ上で公開した正しいsexの儀式動画は視聴できなくなっています。

ただ、「タブー」をテーマに過激、衝撃的な動画を配信することで有名なデジタルメディアVICE Japanがリトル・ぺブル同宿会を取材した動画がYouTubeで公開されています。

このVICE Japan が公開した動画は現在再生回数が300万アクセスを超えています。動画を観ると正しいsexの儀式に皆驚愕するのではないでしょうか。中には興奮する人もいるのかもしれないですね。

リトル・ぺブル同宿会の正しいsexでは挿入をしない?

ジャン・マリー神父曰く、正しいsexの儀式とは女性の性器に男性の性器の挿入を行わないセックスのことを言うそうです。挿入する行為がこの教団で言うところの「間違ったセックス」にあたるのです。

正しいsexでは挿入はせず、その代わりに女性信者の性器にジャン・マリー神父の性器を擦りつける、俗にいう「素股」行為によってフィニッシュを迎えます。

正しいsexのやり方は「神様からのインスピレーションでわかった」とジャン・マリー神父は話しています。特殊なところも少しばかりありますが、基本的には挿入のない本番、風俗店での接客とも類似しています。

リトル・ぺブル同宿会が公開した動画、DVDはほぼ本番でAV?

Babienochka / Pixabay

リトル・ぺブル同宿会がホームページ上で公開していた正しいsexの儀式動画や販売していたDVDは、それはもう本番さながらの性行為そのもので宗教を取り入れたアダルトビデオのような内容のようです。

ジャン・マリー神父と女性信者クララが全裸で登場し祭壇に祈りを捧げます。そして祭壇の前に布団を敷いて台所にある瓶とヨーグルトを持ってきます。そしてヨーグルトを口にしてからこの儀式は始まります。

祭壇の前に敷かれた布団の上で神父と女性信者がお互いを愛撫し合います。入れ替わり愛撫することもあれば、シックスナインの体勢でお互いを高め合うこともあるようです。

ヨーグルトをたっぷりと塗りつける

ゆっくりと時間をかけた愛撫の後は、いよいよ儀式も最終章です。神父は事前に準備していたヨーグルトを女性信者の性器に塗りつけます。そのヨーグルトまみれの女性器に神父は自らの性器を擦り付けるのです。

性器挿入せずに擦りつけることで快感を得て(素股行為なので)オーガズムに達することを神に償いながら射精します。射精は事前に準備していた瓶に放出。採取した精液は祭壇に捧げまた神に祈ります。

挿入をしないということ

Activedia / Pixabay

挿入というタブーを犯さない事で、ジャン・マリー神父は神父自身の「独身性」を保つことができ、クララなどの女性信者たちは挿入されない事で「処女性」を保ち続けることができると神父は語っています。

神がジャン・マリー神父へ正しいsexを行うように掲示し、正しいsexのやり方は神様からのインスピレーション。性的儀式は神に捧げるための究極の素股行為に対して真剣に取り組むことでした。

そして正しいsexは「行ないの預言」なので、他の言葉での預言の公開と同じようにその儀式を公開し、雑誌などメディアの取材も受け続けているのです。

リトル・ぺブル同宿会はたびたびHPで預言を発表し外している?

セックス教団として有名となっているリトル・ぺブル同宿会ですが、ホームページを見ると「公式声明」と称し全世界の報道機関に向けてたびたび預言を公表しています。

この預言はジャン・マリー神父や聖母マリア様からの預言を受けている発した全盲の女性信者が、イエス・キリストや聖母マリアからのお告げを受け発しているものだと言います。

公式声明の中には皇居や東京ドームーのテロ攻撃、2017年7月13日に第3次世界大戦開始、日本におけるイスラム国のテロ計画など終末論的預言もありますが実際に起こることはありません。

預言が外れても言い訳はしない

最早当たり前のように外れている預言ですが、ジャン・マリー神父は預言が当たらなくても気にしていないのか、預言を公表しても外れたことに対してはコメントしません。

リトル・ぺブル教祖はよく地震発生の預言をし、それが外れると「祈りによって地震を止めた」と吹聴していたようですが、ジャン・マリー神父はそんな言い訳はしないのです。

それにしても、これだけ大規模な終末論的預言を発するのであればセックス教義に注力するのではなく、もっと世界平和のために祈りを捧げる時間を設けたほうが良いのではないでしょうか。

リトル・ぺブルはキリスト教から正式破門されていた?同性愛結婚?

リトル・ぺブルが性犯罪で逮捕された2002年、聖シャーベル修道会の創生時から様々な問題があったことを重く受け止めたローマ・カトリック教会は、リトル・ぺブルの活動を「異端・カルト」と評価します。

そして同年、司教声明を通じて公に解散請求を行い、全世界のカトリック信者に対しリトル・ぺブルの活動に参加したり関わりを持たないよう広く呼びかけました。これによりキリスト教からの正式な破門となったのです。

しかし1985年の聖シャーベル修道会創立に際しリトル・ぺブルはカトリック教会法典の則った許可を全く受けておらず、ローマ・カトリック教会はリトル・ぺブルの活動そのものを当初から承認していなかったのです。

リトル・ぺブル同宿会はローマ・カトリック教徒で世界初の同性愛の結婚式を実施?

geralt / Pixabay

リトル・ぺブル同宿会では2010年2月、ローマ・カトリックキリスト教徒では世界で初めてとなる男性同士による「同性愛者の結婚式」を執り行いました。

結婚式では誓願書も作成しているようです。誓願書に関してはこの結婚の儀を受けた男性信者(ロンジン・マリー馬場勝吉)のブログに詳細が載っています。

そして結婚の儀式では、男性信者2人が正座をし床に頭をつけた体勢で横に並びその上から白い布を覆い被せ、その布の上から哺乳瓶に入った聖水を神父が2人に振り掛ける行為を1時間ほど続けるそうです。

リトル・ぺブル同宿会ではジャン・マリー神父以外が同性愛者?

Nietjuh / Pixabay

リトル・ぺブル同宿会のジャン・マリー神父以外の男性信者たちは全員が同性愛者であると言われています。しかし実際はそうではないようです。

同性愛者として結婚の儀を受けたロンジン・マリー馬場勝吉は、のちに自分のブログで自分が同性愛者ではないことを公表しています。同宿会に身を置きながらのこのカミングアウトには絶句の一言です。

確かに同性愛の信者もいるようではありますが、カミングアウトした信者のブログを読む限り、他の信者も実際のところどうなのかは正直わからないところではないでしょうか。

ジャン・マリー神父の戦略

geralt / Pixabay

カトリック教会や保守派のキリスト教徒たちが忌み受け容れない同性愛者を、リトル・ぺブル同宿会は愛し赦し受け容れているという方針があります。これもリトル・ぺブル教祖の教えに倣ったものです。

ジャン・マリー神父は同性愛者ではない信者の同性愛者であると公表させることを「聖なる嘘」と称し、メディアや世の中が少しでも自分たちに関心を持つようにひとつの戦略として同性婚を行ったそうです。

信仰深い信者に対し「聖なる嘘」を強制することも神はお赦しくださるものなのでしょうか。

リトル・ぺブル同宿会のメンバー、ジャン・マリー神父とクララってどんな人物?

qimono / Pixabay

正しいsexの儀式を記者の目前で堂々と行うジャン・マリー神父と女性信者クララ。他にいるどの信者たちよりもどうしてもこの2人が気になってしまいます。

ジャン・マリー神父と女性信者クララとは果たしてどのような人物なのでしょうか。何故クララは出家し同宿会に身を置き、正しいsexを神に捧げているのでしょうか。

NEXT:リトル・ぺブル同宿会のジャン・マリー神父とは?「かみちゃまが僕を選んだのね」
1/2