声優・宮村優子は過去にAVに出演していた?本人なの?新田恵海も? エンタメ

声優・宮村優子は過去にAVに出演していた?本人なの?新田恵海も?

宮村優子さんは、「新世紀エヴァンゲリオン」のアスカ役で有名な声優です。過去にAVに出演していたことを週刊誌に載せられて疑惑が持ち上がりましたが、最終的に本人はAV出演を認めています。2007年にはバセドウ病という病気を患い、2016年には離婚しています。

声優・宮村優子は過去にAVに出演していた?本人なの?顔画像は?

声優の宮村優子さんは、過去にAVに出演していたという噂がありますが、それは本当なのかその真相を調べてみました。

宮村優子のプロフィール

宮村優子さんは、声優であり、女優、歌手でもあります。兵庫県神戸出身、1972年12月4日生まれの46歳です。桐朋学園短期大学演劇科を卒業し、卒業後は日本ナレーション演技研究所に入学しています。

声優デビューはゲーム「拳聖土竜」の春麗役でした。アーツビジョン所属を経て、ジャパンアクションエンタープライス(JAE)の俳優部門「JAEプロモーション」と業務提携しています。

1998年に漫画家のナカタニD結婚し、1年で離婚しています。その後、 2004年にはスタントマン・関隆行さんと再婚し出産もしていますが、2016年に自身のTwitterで離婚したことを明かしています。

「新世紀エヴァンゲリオン」のアスカ役、「名探偵コナン」の和葉役で有名

宮村優子さんは、「新世紀エヴァンゲリオン」の惣流アスカ・ラングレー役や「名探偵コナン」の和葉役で有名な声優です。

宮村優子は以前AVに出演していた?フライデーやブブカで報道?

宮村優子さんは、1998年4月24日号のフライデーや1998年6月のブブカで「声優の宮村優子さんのAV出演疑惑」が報じられました。

その後、声優という括りで、「お宝ガールズ2001年9月号」の”人気声優脱いでもすごいんです!!”で表紙に宮村優子さんの写真を載せていました。

宮村優子は否定も肯定もしなかった?本人なの?

宮村優子さんは、当初疑惑の件については否定も肯定もしていませんでした。しかし、雑誌の取材で事務所は「本人に確認したところ、実は私です」と認めたそうです。

大きな目、小さな鼻や八重歯気味の歯並びやホクロの位置や数などそっくりで、しかも本人も認めたことからAV出演は間違いないということが分かりました。

物の顔画像は?本人画像との比較は?

宮村優子さんが出演したAVは、1993年6月13日発売の宇宙企画のアダルトビデオ「新・変態よい子通信 世紀末の変態調教プレイ!」といわれています。

動画を見ても、宮村優子さんの顔の特徴がAV出演者とかなり似ていることが分かります。

その件で、フライデーやブブカで「声優の宮村優子さんは元AV嬢」と報じていることに対し、宮村優子さん本人が出演番組で質問を受けています。その時宮村さんは、否定も肯定もせず誤魔化していました。

宮村優子だけじゃない?声優の新田恵海もAV出演していた?

首都圏などで2016年4月5日に発売された「週刊アサヒ芸能」が、新田恵海さんが出演していたとみられる「プレステージ」の「素人図鑑File-07」(2008年12月発売)を取り上げています。

このセクシービデオは販売元が緊急再販を決定していますが、それだけでなく未公開シーンの販売も開始しました。未公開シーンは13分も追加され、インタビュー部分で赤裸々な会話も見ることができます。

宮村優子が離婚?ツイッターで報告?離婚理由は?

stevepb / Pixabay

宮村優子さんは、2004年に同じJAE所属の男性スタントマンである関隆行さんと再婚していますが、2016年に自身のTwitterで離婚届けを出したことを明かしています。

離婚理由について、詳しいことは分かりませんが、Twitterでは子供のために離婚したようなことを書いています。

宮村優子が離婚?ツイッターで離婚届提出を発表していた?

Free-Photos / Pixabay

宮村優子さんは自身のTwitterであっさりと離婚についてコメントしています。それは2016年7月18日のもので、「そんであとは、離婚届だすよ。12年間おつかれさま私」

そのあと、「ご心配ありがとね。でも子供のために決断したから、娘と息子と3人でがんばるよ!」と書いています。

娘は2004年の9月1日に生まれていますから14歳で、息子は2011年7月25日生まれで7歳です。子供達が成人になるまで、まだまだ頑張るということですから、親権は宮村優子さんが持っているのでしょう。

宮村優子の離婚理由は子供のため?はっきりしていない?

宮村優子さんが2016年に、自身のTwitterで離婚届を出して、夫の関隆行さんと別れたことを明かしています。

Twitterの中では子供のために決断したと書いていますが、離婚理由については、はっきりしたことは分かっていません。

宮村優子の離婚には否定的な意見も?

宮村優子さんは、Twitterで離婚届けを出したことを明かしていますが、この事に関して否定的な意見もありました。

それは宮村優子さんが、黒い歴史ともいえる過去のアダルトビデオ出演疑惑を、蒸し返す形となったという意見です。

宮村優子は現在オーストラリア?今後日本に戻ってくる?

宮村優子さんは、現在オーストラリアで生活しています。

離婚後のツイートでは、日本に戻るようなことを書いていましたが、娘さんの方がオーストラリアでやりたいことがあるらしく、しばらくは日本に戻ってこれないそうです。

宮村優子は病気だった?バセドウ病?一時はろれつも回らなかった?

宮村優子さんは、2007年に「バセドウ病気」に罹り、一時期はろれつが回らず声が出なくなるほど症状が悪化してしまいました。

宮村優子は病気だった?バセドウ病?

宮村優子さんは、2007年5月、自身がバセドウ病と診断されたことを公表しました。病気の原因として、妊娠・出産がきっかけではないかと本人は述懐しています。

一時は仕事に支障をきたすほど悪化?降板覚悟で役をできないと申し出たことも?

その時宮村優子さんは、降板覚悟で監督の諏訪道彦さんに「和葉役はできない」と申し出たといいます。

しかし、監督は「まずは病気を治すことに専念し、無理だと思ったらその時に降りてもらう」また「今は継続しつつ病気を治す方向でいきましょう」と話したそうです。

宮村優子さんは多くの舞台に出演している

383961 / Pixabay

宮村優子さんは、声優だけでなく舞台にも出演しています。最初の舞台は、1996年4月26日~29日の「天使候補生物語96」で、杉山文子役での出演でした。

最近の舞台では、2009年12月3日~6日のACファクトリー「抗菌バスターZ3 チェンジ」です。

宮村優子さんは映画に出演していた

geralt / Pixabay

宮村優子さんは、映画にも出演していた過去があります。たとえば2000年に公開された「バトル・ロワイアル」は興行収入30億円を超えるヒット作品となり、以降シリーズ化されています。

監督は深作欣二さん、出演は藤原竜也さん、山本太郎さん、ビートたけしさんらで、宮村優子さんは、「ビデオおお姉さん」役での出演でした。

映画出演の最も新しい作品は、2008年公開「トラ・ネコ」で、三角洋子役で出演しています。

テレビドラマにも出演していた宮村優子さん

宮村優子さんは、2001年度上半期のNHK朝ドラ「ちゅらさん」では、田所幸子役で出演しています。主人公の恵里(国仲涼子)が初めて単独で看護した患者役で、ヒステリーを起こして恵里を困らせた役でした。

2002年、4月1日から5月24日放送のTBSの「おかみさんドスコイ!!」では、鬼村さやか役で出演していました。このドラマは、相撲部屋を舞台にしたコメディ風のホームドラマでした。

最近のテレビドラマ出演は、2003年12月のNHK「ラストプレゼント」でのすみれ役でした。それ以降はテレビドラマの出演はありません。

バラエティー番組での出演

宮村優子さんは、バラエティーにもちょくちょく出演しています。「妄想ビーム」(テレビ東京)や、「踊る!さんま御殿」(日本テレビ)にも出演しています。

最近では、2018年9月3日に「痛快!明石家電視台」に出演しています。

新田恵海さんはAV出演疑惑を認めているのか

新田恵海さんは、1985年12月10日生まれ、長野県長野市の出身の声優で現在33歳です。ブシロードミュージックに所属、愛称は「えみつん」で、ファンの呼称は「えみんちゅ」です。

新田恵海さんは、以前からAV出演疑惑があって話題となっていますが、本人は「またこれ?」と笑い飛ばしているようです。

事務所側の担当者も「そうした事実はない、実は以前から、よく似た素人でAV女優がいる」と話題になり、2ちゃんねるにも話題になっていたといいます。本人も事務所も疑惑を否定していますが、真実は分かりません。

宮村優子さんのAV出演は本人だと認めている?

声優の宮村優子さんは、「新世紀エヴァンゲリオン」の惣流アスカ・ラングレー役や「名探偵コナン」の和葉役で有名な声優です。しかし、1998年にフライデーやブブカでAV出演疑惑が報じられました。

当初本人は肯定も否定もしていませんでしたが、顔の特徴やホクロの位置や数など、あまりにも酷似していました。その後、雑誌の取材に答えた事務所側は「あのAV出演は自分だった」と認めてしまいました。

宮村優子さんのファンも多くいますから、AV出演は信じたくなかったでしょうし、落胆した人達もいるでしょう。しかしそんなことは過去のことで、別に関係ないと思っている人もいるでしょう。