新庄剛志の現在がヤバい?現在の彼女や再婚の噂、整形疑惑について徹底検証! エンタメ

新庄剛志の現在がヤバい?現在の彼女や再婚の噂、整形疑惑について徹底検証!

目次

[表示]

メジャー移籍後6年で44億円稼ぎ、税金が22億円!

新庄さんは前評判を覆しメジャーで大活躍します。本業の野球よりもCM収入のほうが多く「野球なんかバイト」の感覚だったと言います。メジャー移籍後現役生活で稼いだお金はなんと44億円。しかし税金も凄まじく22億円だったそうです。そして残った22億円は信頼していたAさんによって消えてしまいました。

スパイク1足500万円!

通常プロ野球選手が使うスパイクは数十万円と言われますが、新庄さんが2005年7月に行われたオールスターゲームで使うために作ったスパイクはダイヤモンド入りでなんと1足500万円!2足用意したために1000万円だったと言います。

新庄剛志の現在:意外な一面

17年間同じグローブを使い続けた

新庄剛志さんは現役生活の17年間、初任給で購入した7500円のグローブを使い続けました。4度の大掛かりな修理を行い、最後まで同じグローブを使い続けた新庄さん。そこには「商売道具を大事にしろ」という父の教えがあったといいます。そして「グローブが限界だったから引退した」との言葉も残しています。

メジャーでもこのグローブを使用

このグローブはメジャー挑戦時にも使われました。ある時チームメイトが勝手に新庄さんのグローブを付けていたのを見て彼は激怒したそうです。「お前はバットで打って稼いでいる。俺はこのグローブで稼いでいるんだ。だから触るな!!」と。新庄さんのイメージが変わるエピソードですね。

新庄剛志の伝説:現役時代の伝説

ジーパンが似合わなくなるから筋トレはしない

新庄さんは現役時代下半身のトレーニングを拒んでいたそうですが、その理由が「ジーパンが似合わなくなるから」でした。「筋肉をつけると足の回転が遅くなる」という表向きの理由もあったようですが、実際のところはファッション性を優先したとTV番組で告白しています。

センスが無いので辞めます

1995年の阪神タイガース在籍時に契約更改交渉後会見にて「野球に対するセンスがないって見切った」と突然の現役引退宣言を行い、現場は大混乱します。原因はいろいろあったようですが、周りから見ると「センスだけで野球をやっている選手」であり批判も浴びました。

始球式の球を打つ。敬遠の球を打ってサヨナラ勝ち

始球式の球を打ったのはご愛嬌ですが、印象に残るのは1999年の巨人戦で12回の裏同点で敬遠された際、2球目のボールに飛びついてサヨナラ安打を打った試合です。本人によると3日前から敬遠の球を打つ練習をしていたそうで、一応ベンチにも確認すると、当時の野村監督の返事は「好きにせぇ」だったそうです。

オールスターでホームスチール

2004年のオールスターではオールスター史上初となる単独ホームスチールを成功させ、この試合でMVPを取りました。これは全セの監督が阪神の岡田監督、投手も阪神の福原であったことや、打者がチームメイトの小笠原選手であったことで「比較的失礼にならない」状況だったために実現しました。

新庄剛志の能力:誰もが嫉妬するする才能

超一流選手が嫉妬し、歴代監督が惚れ込んだ才能

落合博満氏は「プロの目から見てナンバーワンの外野手」、松井秀喜氏は「新庄さんの守備は僕らとはレベルが違う」、古田敦也氏は「こいつは化け物かってレベル」と言い、イチローすらも「ヒットに出来そうに無いボールを、毎回違うフォームで打っている新庄さんこそ本当の天才です。」 と言います。

その真骨頂は守備能力

感覚だけで野球をしているように見られがちですが、新庄剛志さんは非常にクレバーな外野手でした。事前にビデオで研究し、レフトとライトの守備位置を含めて指示を出し、まさに外野の守備を統率していました。またその強肩はイチロー以上であり、新庄がいることで本塁突入自体を諦めるケースがかなりあったのです。

新庄剛志の現在:まとめ

変人ではあるが、野球には真摯であった新庄剛志

派手な言動や思いつきの行動力から誤解されがちな新庄剛志さんですが、グローブに対する愛着や緻密な守備理論をみても非常に一途な人であると言えます。この人が現役時代に薬物を使用していたというのはまず間G萎えられないと思います。ただし興味が無いことには全く興味が無い方のようですね。

整形は本人が認めている。そして再婚はなさそう

もともとハンサムだったのにもかかわらず何故か整形を始めた新庄さん。しかも整形手術も眉のタトゥーも行き当たりばったりの思いつきでやったようです。元の顔のほうがよかったような気もするため、どこに向かっているのかは謎ですが、結婚する気だけは全くなさそうですね。

2/2