「おかのした」とは?意味や由来・元ネタを解説!使い方は使用例は? エンタメ

「おかのした」とは?意味や由来・元ネタを解説!使い方は使用例は?

ネットに詳しい方なら目にしたことがあるかもしれない「おかのした」。ただ、見たことはあるけれどもいみはよく分からないという方もいらっしゃるかもしれません。今回は「おかのした」の語源や使い方などについて紹介していきたいと思います。

おかのしたとはどういう意味?

ijmaki / Pixabay

ここでは「おかのした」の意味についてご説明したいと思います。

丘の下?おかのしたの意味とは

Free-Photos / Pixabay

「おかのした」というのは「分かりました」という意味です。では意味が分かったので早速使ってみましょう、という訳にはいきません。由来を知らないと痛い目を見ます。

おかのしたは迂闊に使えない?!由来は元ネタについて

RobinHiggins / Pixabay

前述のとおり、「分かりました」という意味で「おかのした」を軽々しく使ってはいけません。なぜ軽々しく使ってはいけないのかその理由について説明したいと思います。

おかのしたの由来は淫夢でネットスラング

Pexels / Pixabay

「おかのした」というのは「真夏の夜の淫夢」で知られる淫夢というジャンルの語録として知られています。この言葉自体ネットスラングであり、時と場合を選ぶ言葉なのです。

元ネタは「空手部・性の裏技」の野獣先輩の台詞

元ネタは「真夏の夜の淫夢」で一躍有名となった野獣先輩の代表作の一つとして知られる「空手部・性の裏技」内での野獣先輩のセリフです。「分かりました」が活舌悪く「おかのした」に聞こえてしまうのです。

おかのしたは淫夢語録として定着している

おかのしたは現在淫夢語録として定着しています。そのため、「おかのした」を使用すれば淫夢民であると認定、ホモ扱いされてしまいます。そのため使いどころを間違えると大変なことになるのです。

おかのしたの使い方は?使用例について

366308 / Pixabay

ここでは「おかのした」の使い方について紹介したいと思います。

「わかりました」と同様の使い方ができるが淫夢ネタなので注意

Merio / Pixabay

「おかのした」とは「分かりました」という意味なので、基本的には同じシーンで使うことができます。しかし「おかのした」を知らない人からすれば当然「???」です。

逆に知っている人にとっては淫夢語録を使っている人(≒ホモ)というレッテルを貼られることになってしまいます。おかのしたを知りながらもそれを受け入れてくれる人にしか使えなさそうです。

おかのしたの例文まとめ

Free-Photos / Pixabay

基本的には「品だししといて」「おかのした!」「俺はもうイクからな。ちゃんと出し尽くしとけよ」「おかのした!」という感じで利用します。

しかし、敢えておかのしたを知らない上司に早口で「おかのした」と伝えることで「分かりました」に聞こえる「おかのしたチャレンジ」を敢行しても良いかもしれません。

おかのしたに関連する動画

manseok / Pixabay

ここでは「おかのした」をモチーフにした動画を紹介します。なお、これらの動画はニコニコ動画で閲覧可能です。

野獣先輩のおかのした

元ネタである「おかのした」を3分間エンドレスで繰り返すMAD動画です。「勃たせてやれよ」「おかのした」がずっとループしています。聞いているとだんだん頭がおかしくなります。

おかのした(伯方の塩)

「は・か・た・の・し・お」という誰もが聞いたことがあるあのCMを素材として「お・か・の・し・た」と並び変えてしまった素材動画です。

迫真崖の上のポニョ部・性の裏技

「空手部・性の裏技」の登場人物を全てポニョのぬいぐるみで置き換えてしまった動画です。

音源はそのままなので「オラ、そんなに見たいなら見せてやるよ」などクッソ汚いセリフもありますが、ポニョ同士でモフモフしているだけなので見た目的には全く汚くありません。

丘の下のポニョ

崖の上のポニョの主題歌に併せて淫夢動画を編集している動画です。基本淫夢が主体となっていますので、かわいい歌声をかき消すほどのクッソ汚い動画となっています。お気を付けください。

おかのうえ

野獣先輩の「おかのした」と時代を代表する名歌手による「おかのうえ」が繰り広げる闘いです。やはりアグネス・チャンの「おかのうえ」は強いですね。野獣先輩が引き下がってしまいます。

おかのしたと類似するネットスラング

TheDigitalArtist / Pixabay

「おかのした」以外にもネット上では様々なネットスラングが存在します。ここでは有名なネットスラングについて紹介したいと思います。

おk

eroyka / Pixabay

おkとは「OK」の意味です。はじめは打ち間違えて投稿したことがきっかけでしたが、今では普通に使用されています。

なお、似たような由来を持つネットスラングとして「うp」も存在します。これは「UP」を意味しており、「アップロードする」を指しています。

りょ

Oregongal / Pixabay

「りょ」は「了解」といういみですね。「りょうかい」と入力するところを省略して使われるようになったのが由来です。

「りょ」を更に短縮したのが「り」です。これは若年層でよく利用されており、Lineなどで返答として使われるケースが多いです。

意味を知らない人からすると「り」と返信が来ても「???」という感じですね。もはや元の言葉が全く想像できないレベルの省略です。

了解道中膝栗毛

了解を「り」まで省略したにも関わらず、今度は「了解道中膝栗毛」まで伸ばしてしまいました。漫画家のすんだコロッケさんが生み出した言葉のようです。

もちろん語源は「東海道中膝栗毛」であり、語呂の良さから若者に利用されるようになったようです。

ホモの誘いかたについて

Free-Photos / Pixabay

もしあなたが街中で堂々と「おかのした」を使っていれば回りの人にホモだと思われるかもしれません。しかし、ホモ界隈では「ホモがホモを誘うサイン」というものがあります。

それは「ティッシュペーパーを1枚渡す」「手のひらを指でくすぐる」「傘で傘をつつく」「銭湯で鍵を足につける」といったものです。

こうしたサインに対して、知らずに「OK」の返事を返してしまうと取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

おかのしたに関するまとめ

sasint / Pixabay

皆さまいかがでしたでしょうか?「分かりました」を意味する「おかのした」ですが、その由来を知ると軽々使える言葉ではないことが分かっていただけたかと思います。

もしかしたら「おかのした」を使ってしまったせいで先輩達に襲われてしまう危険性もはらんでいますので十分ご注意ください。

野獣先輩の語録「はっきりわかんだね」に関する記事はこちら