林丹丹は現在引退して結婚していた?子供は?作品やエピソードは?

「第11回全日本国民的美少女コンテスト」でハーフとしては初のグランプリを獲得後、様々なドラマに出演した元女優の林丹丹さん。その林丹丹さんが2014年に芸能界を引退した理由、現在結婚はしているのか?子供はいるのか?などの噂を検証してみたのでご紹介します。

林丹丹が現在引退して結婚していた?子供は?現在の画像は?

まずは林丹丹さんの芸能界を引退した理由、結婚をしているのか?今は子供がいるのか?などのウワサについて調べてみました。

林丹丹は2014年に芸能界を引退

StockSnap / Pixabay

2006年8月に全日本国民的美少女コンテストでグランプリを獲得。その後ドラマや映画にも出演し、順調かと思える芸能生活を送っていましたが、2014年4月末に所属のオスカープロモーションを退社しました。

林丹丹の引退の理由は?

geralt / Pixabay

「芸能界以外でもいろいろな仕事をしたい」という理由で引退前は芸能界での仕事をセーブしていたそうです。引退後の活動についてはオスカープロモーションは把握していません。

林丹丹はでき婚で引退していた?

Takmeomeo / Pixabay

現在29歳の林丹丹さんですが、引退理由が「でき婚」とのウワサもありました。ただ、所属していたオスカープロモーションからの公式な発表がなかった為、本当の引退理由は不明です。

林丹丹の結婚は不明だった!

RobinHiggins / Pixabay

先ほども言った通り、オスカープロモーションからの公式発表がなかった上、現在は一般人なので結婚をしているという情報も無く不明です。

林丹丹に子供はいるの?

sasint / Pixabay

ウワサはあったようですが、こちらも同様に正式な情報はありません。実際に子供がいるのかどうかは全く不明です。

林丹丹の現在の最新画像はあるの?

Free-Photos / Pixabay

芸能界を引退している為、現在の最新画像も全くありません。ブログやSNS等もやっていないようなので現在の様子は分かりません。

林丹丹の経歴は?ハーフ?グランプリ受賞?

loufre / Pixabay

それでは、林丹丹さんの詳しいプロフィールや、経歴等を詳しくご紹介していきます。

林丹丹のプロフィールは?中国とのハーフ?

林丹丹さんのプロフィールは下記になります。父親が日本人、母親が中国人のハーフです。
  • 生年月日:1989年7月10日
  • 出身地:大阪府大阪市
  • 血液型:A型

「林丹丹」という名前は小学生時代の本名で、母方の名字の朱(しゅ)姓・父方の名字の田上姓があったそうです。

林丹丹は全日本国民的美少女グランプリを受賞!

debowscyfoto / Pixabay

全日本国民的美少女コンテストとは、オスカープロモーション が1987年から開催しているオーディションで、多くの有名女優を輩出してきました。2006年第11回コンテストでグランプリを受賞しました。

林丹丹は武井咲に勝っていた!

RobinHiggins / Pixabay

同コンテストには現在も活躍中の武井咲さんも出場していました。武井咲さんはモデル部門賞とマルチメディア賞をW受賞しましたが、それを抑えて林丹丹さんがグランプリを受賞しました。

史上最年長グランプリでバイリンガル

日本人と中国人のハーフの方がグランプリを受賞するのは林丹丹さんが初めて。さらに史上最年長17歳での受賞ということで話題を呼びました。また、日本語だけでなく、日常会話の中国語も話せるバイリンガルです。

林丹丹は堀越学園を主席で卒業?

 

sasint / Pixabay

高校の途中で大阪府立千里高等学校から堀越高等学校の芸能コースに転校し、2008年の卒業式に出席しました。しかも首席での卒業ということで学力も優秀だったようです。

グランプリを受賞しても芸能界に生き残れるとは限らない?

susan-lu4esm / Pixabay

グランプリ受賞者となれば芸能界で引っ張りだこというイメージですが、実際はそうでもないようです。米倉涼子さん(第6回)、上戸彩さん(第7回)らが、当時のグランプリ受賞者よりも活躍している実例もあります。

グランプリ受賞者より他の受賞者の方が活躍する?

qimono / Pixabay

前述の米倉涼子さんは第6回(1992年)での審査員特別賞、グランプリは佐藤藍子さん。上戸彩さんも第7回(1997年)での審査員特別賞、グランプリは須藤温子さんです。

グランプリ受賞者をないがしろにしてる?

3938030 / Pixabay

全日本国民的美少女コンテストはグランプリ受賞者をないがしろにする傾向があるようです。グランプリで完成している人材より、その他の受賞者の方がまだまだ伸びしろがあり育て甲斐がある、との見方もあるようです。

林丹丹のことがわかるエピソードのまとめ!

congerdesign / Pixabay

林丹丹さんってどんな人だったの?という過去のエピソードをいくつかご紹介していきます。

小さい頃は笑わせるのが好きだった

truthseeker08 / Pixabay

子供の頃はおっちょこちょいで、人を楽しませることが好きだったそうです。そこから芸能界へ憧れを抱くようになったそうです。

今も昔も変わっていません。おっちょこちょいで、提出物とかもよく期限ぎりぎりになって焦るタイプでした(笑)。面白いことが大好きで、一発芸とかモノマネとかも…よくしていました(笑)。(引用:livedoor NEWS)

中学時代の先生の言葉でコンテストに応募

sasint / Pixabay

中学時代に大好きだった先生の「チャンスは前髪でつかめ」という言葉を思い出しコンテストに応募したそうです。「自分のやりたい事は行動して摑み取れ、チャンスは待っていてもやってこない」という意味だそうです。

林丹丹は米倉涼子が大好きで慕っていた!

kaboompics / Pixabay

ドラマ「交渉人」で所属事務所オスカープロモーションの先輩である米倉涼子さんと共演が決まった際、過去に出演した作品や雑誌をたくさん参考にしたそうですが、もともと米倉涼子さんの大ファンでもあったようです。

林丹丹は女優を目指して芸能界入りをした

383961 / Pixabay

ドラマが大好きで日本のものだけでなく、海外ドラマもたくさん見ていたそうです。中でも映画「ローマの休日」のオードリー・ヘップバーンさんに憧れ、人をときめかせるような仕事をしたいと女優を目指したようです。

林丹丹は様々なレッスンを受けていた

stevepb / Pixabay

ボイストレーニングだけでなく、演技、ジャズ、ヒップホップ、お茶、着付け、日舞、アクションなどなど・・・。10項目くらいのレッスンを受けていた時期もあったそうです。

林丹丹のリフレッシュは韓国ドラマを見ること

mojzagrebinfo / Pixabay

日々の心の持ちようや精神状態の重要性に気付き、気分転換をすることを心がけるようになりました。その気分転換の方法はジムで体を動かす事。大好きな韓国ドラマを見ながら走ると普通に走るよりも汗をかくそうです。

林丹丹は武井咲より綺麗だと話題になっていた

1643606 / Pixabay

Yahooの知恵袋等で林丹丹さんは武井咲さんよりも綺麗では?という書き込みがあり話題になりましたが、やはり人によって好みは違うので賛否両論でした。

武井咲に関する記事はこちら

林丹丹の出演作品のまとめ!

jarmoluk / Pixabay

林丹丹さんの代表的な出演作品をご紹介します。

林丹丹の出演作品①ドラマ「交渉人シリーズ」

2008年テレビ朝日で放送された、人質立てこもり犯などの事件を扱う女性交渉人の活躍を描いたサスペンス・ミステリードラマです。林丹丹さんはこれでドラマデビューを果たしました。

林丹丹の出演作品②ドラマ「上海タイフーン」

2008年NHKで放送された連続ドラマで、木村多江さん主演による上海を舞台にした恋と仕事のサクセスストーリー。林丹丹さんは主人公を癒す少女・黄琳(リン)を演じました。

林丹丹の出演作品③ドラマ「ゴッドハンド輝」

2009年4月11日から5月16日まで連続ドラマとして放送。主演は平岡祐太さん。週刊少年マガジンで連載された大人気医療コミックをドラマ化したもので、林丹丹さんはナースの佐野令以子役で出演しました。

NEXT 林丹丹の出演作品④ドラマ「ハンチョウ~神南署安積班」