香月弘美の死に方が悲惨?胴体切断事故の状況・原因は?その後は? エンタメ

香月弘美の死に方が悲惨?胴体切断事故の状況・原因は?その後は?

老若男女問わず多くの人を魅了する宝塚歌劇団。芸能界の第一線で活躍される天海祐希さんも宝塚出身です。そんな煌びやかなイメージの宝塚ですが、かつて団員が胴体切断の末死亡すると言う悲惨な事故が発生しました。そこで今回は事件の詳細、その後について調査してみました。

目次

[表示]

香月弘美の死に方が悲惨?胴体切断事故とは?事故当時の状況は?

383961 / Pixabay

事故に遭われたのは、香月弘美さん。事故発生当時21歳でした。彼女の命が奪われた事故は一体どのような事故だったのでしょうか。本項で解説します。

香月弘美のプロフィール

  • 名前:香月弘美
  • 本名:小笠原 弘恵
  • 生年月日:1936年8月21日
  • 没年月日:1958年4月1日

「ヒロエちゃん」の愛称で呼ばれた香月さんは、高等学校を中退し宝塚音楽学校に入学。そして、1954年初舞台に立ちました。

1958年4月、「春のおどり、花の中の子供たち」で事故死

MustangJoe / Pixabay

事故は1958年4月1日の夜の部18時25分頃に発生しました。「春のおどり、花の中の子供たち」第12場トランプの国の場において、ハートの7役を香月さんは演じていました。

トラップの王の号令で、恋人のハートの6役の松島三邦子さんと共に縦1.2m×横3mのセリに乗りました。この時、松島さんはピッタリとしたタイツ姿、香月さんは円形スカートを纏っていました。

迫・迫り(せり)とは、舞台の床の一部をくりぬき、そこに昇降装置を施した舞台機構。役者や大道具を奈落から舞台上に押し上げたり(迫り上げ)、逆に奈落に引き下ろしたり(迫り下げ)することにより、意表をついた演出や迅速な舞台転換を可能とする。

(引用 Wikipedia)

松島さんはこの後直ぐに別の役に扮しなければならず、観客が見えなくなると同時に飛び降り早変わり室に駆け出しました。しかし、三歩ほど進んだ所で悲鳴、続いて裂ける音と何かが飛び散る音が響きました。

振り返った松島さんの目には、表情のない香月さんの顔と香月さんの衣装の赤い記事がセリの機械に巻き付いているのが飛び込んできました。

この時、香月さんは胴体切断で即死でしたが切断部がドレスで覆われていた為松島さんは香月さんが即死した事は分かりませんでした。また松島さんの衣装の背中には血しぶきがかかってまいした。

香月弘美は日夏有里の代役だった?

efes / Pixabay

実は香月さんは代役であり、ハートの7役は日夏有理さんが演じていました。しかし、日夏さんは風邪をひいていた為香月さんが31日の昼の部より代役を務めていました。

また31日の昼の部、夜の部、事故当日の4月1日の昼の部は問題は発生していません。

香月弘美の胴体切断事故の状況①:ドレスがセリ出し装置のシャフトに巻き込まれる

fsHH / Pixabay

香月さんはセリ出し装置のシャフトにドレスの裾が巻き込まれた事により、セリ台の枠である鉄製ベルトと舞台を支える支柱の間に足が引きずり込まれました。

また胴体切断されてしまったのには、後述するスチールベルトの存在も関わっています。

香月弘美の胴体切断事故の状況②:ベルトが胴を締めつけ真っ二つに

HOerwin56 / Pixabay

香月さんは事故当時、ドレスの下にスカートの裾を広げる為のスチールベルトを装着しています。厚みは約1mm、腰、膝、裾の三か所に設けられ、それぞれ直径約60cm、70cm、1mの輪になっていました。

このスチールベルトが香月さんの胴体を締め付けた結果胴体が切断され即死しています。

尚死亡診断書によれば、胴体切断の他左足の膝下が骨折、右足は押し潰されていました。

香月弘美の胴体切断事故の状況③:胴体切断後も意識があった?

geralt / Pixabay

胴体を切断された場合ですが、大動脈が切断される為脳に運ばれる血液も激減し、血圧の低下によりすぐさま意識は消失すると言われています。

しかし、それでも数秒は意識があるとも言われ、同時に激痛もあると予測されています。

香月弘美の遺体は楽屋に安置?同期生が化粧をした?

kinkate / Pixabay

香月さんの遺体は早変わり室に安置されました。そして、登代春枝さん、香月さんが所属した月組副団長の畷克美さん、瑠璃豊美さんの3人の手によって香月さんに化粧が施されます。

登代さん曰く、香月さんがぱっちりと目を開けて話し出す様な錯覚を覚えたと言います。

相手役だった松島三那子は半狂乱に、公演もめちゃくちゃに?

geralt / Pixabay

第一発見者となった松島さんはパニックになり、助けを求める叫びをあげながら早変わり室に辿り着き、松島さんの叫びを公演係長が駆け付け慌てて電源を切った時には周囲は血の海だったといいます。

次の演目もある為、一先ず着替えた松島さんでしたが、香月さんが死亡した事を聞いた所で記憶が途切れました。半狂乱になり「私が死ねばよかった」と叫びながら暴れたとされます。

また他の劇団員も叫びをあげるなどはパニックになり、観客も騒然とするなどこの日の講演は中止になりました。登代さんも死亡の一報を聞き、二階から飛び降りようとした所を職員に取り押さえられています。

併せて読みたい宝塚に関する記事はこちら

香月弘美の死亡事故が起こってしまった原因は何?

胴体切断。字面だけでも身の毛がよだつ凄惨な事故ですが、原因は1つではなく、幾つもの要因が絡み合った末に発生した事故だと言えます。本項で各原因について詳しく解説します。

香月弘美の胴体切断事故が起こってしまった原因①:ドレスが大きかった

Free-Photos / Pixabay

前述の通り、香月さんは風邪の為休演していた日夏さんの代役での出演でした。その為、香月さんが着用していたドレスは香月さんに合わせたものではなく、日夏さんに合わせたものでした。

日夏さんは香月さんよりも大きな方であり、裾も広かった事が原因の1つです。

香月弘美の胴体切断事故が起こってしまった原因②:不慣れなスタッフがせりを操作

davidjoisten / Pixabay

宝塚は阪急の直営であり、歌劇団は阪急の従業員として扱われます。事故当日、阪急は12時間ストの真っ最中であり、セリを操作する専門スタッフはストの穴埋めに駆り出されていました。

その為、セリの操作を代理スタッフが行う事となりました。通常行わない業務故に当然操作は不慣れであり、その点も事故発生の原因としてあげられます。

香月弘美の胴体切断事故が起こってしまった原因③:スチール製のベルト

sardenacarlo / Pixabay

前述の通り、香月さんのドレスの下にはスチール製のベルトをつけていました。そのベルトが胴体を圧迫した結果切断に至っています。

またこのベルトは普段から使われているものでは無く、以前は竹製のベルトが使用されていました。しかし、竹では張り具合が悪い為に同公演中の3月26から4月1日までの間のみ使用されています。

香月弘美の胴体切断事故が起こってしまった原因④:危険な舞台装置

Pavlofox / Pixabay

香月さん達が乗ったセリは大正13年に作られたもので、両側に直径10cm程度のシャフトが2本存在しました。シャフトの刻みと歯車が噛みあい回転する事でセリが上下します。

当時としては一般的な構造では有ったものの、シャフトとセリの間にカバーなどは無く、セリの狭さも相俟って1人で乗っても巻き込まれないかヒヤヒヤすると述べた団員もいます。

事故当日はそんな狭いセリの上に2人が乗っており、舞台装置の構造も事故の原因と考えられています。

香月弘美の事故には不可解な点がある?

香月さんが亡くなった事故は凄惨極まりないものですが、同時に不可解な点が幾つか指摘されています。それでは、その指摘とは一体どのようなものなのでしょうか。

香月弘美の事故の不可解な点?①:これまで同じセリで事故が起こることはなかった

Tama66 / Pixabay

劇団員がヒヤヒヤと述べる一方、劇団理事長は同セリにおいて一度も事故は起きておらず、香月さんの衣装よりも更に広い衣装で乗り降りしていた団員も居ると述べています。

香月さん自身もセリは何度か使用しており、慣れや疲労による注意力散漫を指摘する意見や注意力散漫は無かったが、不運やセリの危険性以外の何かがあったとの同期生の意見があります。

またセリには抱き合う形で乗っていましたが、先に松島さんが飛び降りた事で香月さんがよろめいたのではないかと推測される事もあります。

香月弘美の事故の不可解な点?②:香月弘美と松島三那子はあまり仲良くなかった?

RyanMcGuire / Pixabay

香月さんと松島さんは小学校、中学時代に同級生でした。松島さんは男役として、香月さんは娘役として同じ月組で昭和29年にデビューしました。

しかし、さほど仲は良くなかったと証言する同期生もおり、また香月さんは月組男役トップだった故里明美さんに強く憧れていたとも証言されています。

香月弘美の事故の不可解な点?③:松島三那子は事故後失踪した?

422737 / Pixabay

事故後、松島さんの行方が1日から4日にかけて分からなくなっています。そして、4日昼過ぎ、理事長らに付き添われる形で警察署へと出頭、涙ながらに捜査員に対し供述しました。

松島さんが姿を消したのは頼まれたからであり、松島さん本人は大変不服だったそうです。尚1日から4日までの3日間、松島さんがどこで何をしていたのかは分かっていません。

その為、間劇団が松島さんに対し査問を行い警察への陳述を煮詰めていた可能性も否定できないとされます。

香月弘美の事故の不可解な点?④:松島が飛び降りる前に香月は巻き込まれていた?

Mandyme27 / Pixabay

件のセリは奈落に達するまで13秒掛かりますが、セリが動き出した直後に香月さんの悲鳴が響いたとされます。またシャフトにドレスが巻き込まれてから、胴体切断までには早くて6~7秒の時間を要します。

以上の事から、松島さんがセリから飛び降りる前の段階で既に香月さんは舞台装置に巻き込まれていたのではないかとも言われます。異変に早く気付けば何とかなったのではと言う声もあります。

しかし、検証の結果急いで装置を止めたとしても慣性で20cm程度セリは降下し、巻き込まれた状態だとその20cmで胴体が切断される事が分かっています。

香月弘美の事故のその後は?警察の対応や歌劇団葬は?怪談もある?

Free-Photos / Pixabay

未来あるタカラジェンヌが亡くなってしまった悲しい事故。事故後、何かしらの対策は講じられたのでしょうか。事件のその後について迫ります。

事故後の警察の対応は?

cocoparisienne / Pixabay

19時頃、宝塚署に通報を入れ、事態が事態故にベテラン捜査員が駆け付け検証にあたっています。また同署の署長は事故について、以下のようなコメントを残しました。

「絶対に不可抗力の事故とは考えぬ。どこかに過失があったと思う。」

(引用 Wikipedia)

また事故が起こらなかったのは不思議、明らかに危険とも述べ業務上過失致死罪などで劇団及び大劇場関係者を追及する姿勢を見せています。

後に経営の責任者である白水半次郎常務以下に対し、罰金5万円の処分が下っています。

香月弘美の死は労働災害死に認定された

webandi / Pixabay

香月さんの死を労働基準監督署は労働災害死として認定。深夜の稽古に対して警告した他以下のような警告を出しています。

  • シャフトなどのセリの機械装置とセリ台の間を隔絶するジャバラ式の安全装置の設置
  • スチールベルトを万が一巻き込まれても切れるように竹ひごのようなものに変える
  • セリ台が稼働する速度を落とす

以上3点の改善を命じ、改善までの間安全とされる大セリ以外のセリの使用を禁止しました。

香月弘美の歌劇団葬の様子は?

darksouls1 / Pixabay

4月11日、宝塚音楽学校にて香月さんの劇団葬が行われ、香月さんが生前愛唱していた「若き日の花咲爺」の主題歌が合掌されました。10時からは一般会葬者の献花が行われ兵庫県知事などが訪れています。

劇団葬の後、香月さんは荼毘に付され両親の胸に抱かれて実家へと帰っていきました。

香月弘美の墓はどこにあるの?

artbejo / Pixabay

4月15日、東京墨田区にある実家が経営する工場の敷地内において葬儀が営まれています。この葬儀には380人の関係者が参列しました。また香月さんのお墓は東京の東岳寺にあります。

慰霊碑は宝塚音楽学校駐車場内にある?

pixel2013 / Pixabay

5月20日には宝塚音楽学校の校庭に慰霊碑が建てられ、毎年4月1日には生徒により献花が行われていました。現在は音楽学校の移転に伴い、駐車場内に存在します。

移転後も有志によって喧嘩は続けられており、表には香月さんの死を悼む歌が刻まれています。

また件のセリの奈落にも毎年4月1日に花が添えられていましたが、劇場の取壊しと共に中止となりました、

松島三那子はその後、香月弘美の事故を回想するヅカむすめのアメリカ日記を出版

StockSnap / Pixabay

事故後の1960年、松島さんは「ヅカむすめのアメリカ日記」を出版。香月さんの死を回想した「ああ、無残の記憶に祈る」を世に広めたいと思い、出版を決意したと言います。

しかし、同署を出版後から宝塚歌劇団の機関紙「歌劇」への露出が激減しました。これが松島さんに対する劇団からの制裁かどうかについては不明とされます。

NEXT:香月弘美の怪談?奈落で声をかけられる?誰もいない舞台から悲鳴?
1/2