モデルの高橋マリ子の現在は?結婚して子供はいる?上戸彩との関係は エンタメ

モデルの高橋マリ子の現在は?結婚して子供はいる?上戸彩との関係は

透き通る様な美貌でカリスマ的な人気を誇ったモデル高橋マリ子さん。最近めっきり露出が減ってしまっていますが、現在の高橋マリ子さんの活動についてまとめます。結婚の噂やかつての美しすぎる姿が見られるCMや映画など、一部で噂になった上戸彩さんとの確執などもまとめます。

目次

[表示]

ハーフモデルの高橋マリ子の現在は?

8歳でモデルとしてデビューし、10代の頃はその際立った美貌と透明感で国内でカリスマ的な人気を誇ったモデル高橋マリ子さん。2019年3月現在は34歳の大人な女性になっているはずです。

元々ミステリアスな雰囲気があった高橋マリ子さんですが、ある時期からあまり芸能界の表舞台には出てこなくなっています。

今回は、そんなミステリアスな高橋マリ子さんの現在について調べていきたいと思います。

ハーフモデルの高橋マリ子のプロフィール

まずは高橋マリ子さんのプロフィールとこれまでの経歴をおさらいしていきましょう。

  • 生年月日:1984年4月24日
  • 出身地:アメリカ合衆国・カリフォルニア州
  • 血液型:O型
  • 身長171cm
  • 体重:50kg
  • スリーサイズ:80-62-89 cm
  • 靴のサイズ:24.5cm

高橋マリ子さんは1984年の4月にアメリカのカリフォルニア州で、父親はアメリカ人、母親は日本人のハーフとして誕生しました。

8歳の時に早くもモデルとしてデビューし、14歳でローティーン向けのファッション雑誌「ニコラ」の専属モデルとなって、その中学生離れした大人な美しさでカリスマ的人気となります。

2001年には女優デビューも果たし、いくつかの映画に出演しています。それ以外ではその透明感のあるルックスでテレビCMに多数出演し、一時期は美しい女性の代名詞の様な存在となっていました。

現在の事務所は母親が経営している事務所

そんな高橋マリ子さんは現在、母親の経営する芸能事務所に所属されています。

小規模な事務所の様で特に高橋マリ子さんを積極的に売りに出すというよりは、昔からのつながりでひっそりと仕事を受けてマイペースに仕事をしている様です。

インスタはブログはしている?

高橋マリ子さんはインスタやブログ、TwitterなどのSNSの類は公式には一切やられていないようです。情報発信としては、オフィシャルサイトにて「Diary」として近況を公開されています。

とはいっても年に2回ほどのペースで美しい写真とともに短い一文を載せられているだけのようなので、日々の様子をうかがい知ることはできません。

2018年からは高橋マリ子さん自身の写真も掲載されていないので少し寂しいですが、綺麗な写真とともに心のこもった一文を添えてくれています。

現在のテレビ出演は?ぶらぶら美術・博物館に継続して出演している

現在の高橋マリ子さんはBS日テレで毎週火曜日に放送されている「ぶらぶら美術・博物館」にレギュラー出演されています。

古今東西の美しい文化財をお散歩感覚で鑑賞する高橋マリ子さんは肩の力が抜けていて、若い頃から変わらぬその透明な美しさを見せてくれています。

現在もモデルとして雑誌に載っている

「ミセス」「大人のおしゃれ手帖」「美しい着物」などの雑誌には定期的にモデルとして掲載されているようです。その他にも「In Red」など大人女性向けの雑誌を中心にモデルの仕事を受けられています。

近況はオフィシャルサイトで確認できる

上で紹介した高橋マリ子さんの現在の活動状況は、全てオフィシャルサイトで発信された情報です。今後も高橋マリ子さんの最新情報はオフィシャルサイトにて確認できます。

高橋マリ子は結婚している?子供は?

高橋マリ子さんは2019年3月現在で34歳の大人の女性になられています。ミステリアスな存在である高橋マリ子さんが現在結婚されているのかや、子供の存在などもかなり気になるところです。

結婚したという情報はなく現在は独身の可能性が高い

高橋マリ子さんの結婚については、ネット上やその他のメディアにも一切見つけられませんでした。したがって現在も結婚はされておらず独身の可能性が高いと言えそうです。

とはいっても、現在の高橋マリ子さんはプライベートな情報は一切と言って良いほど公開されていないようなので、すでに結婚されていてただ単にプライバシーを公開されていないだけという可能性も十分にあります。

子供もいない

結婚されたという情報が一切ないので当然ながら、高橋マリ子さんの子供の情報なども一切存在していません。

しかし、あれだけの美貌と品性を兼ね備えた女性を周囲の男性が放っておくハズがないので、既に結婚されていて子育てもされている可能性も十分に考えられるでしょう。

高橋マリ子の家族構成は?

続いては、高橋マリ子さんの家族構成についても見ていきましょう。

父親はアメリカ人で元映画監督

Free-Photos / Pixabay

高橋マリ子さんの父親はアメリカ人の元映画監督なのだそうです。残念ながらどのような作品を撮られた監督さんなのかは不明でした。

母親は本を出版したり講演などを行っている

高橋マリ子さんの母親は高橋文子さんという方だそうで、ポーランド大使館に勤めた後、パンアメリカ航空のスチュワーデスとなったという凄い経歴の持ち主です。

その後は、エッセイストとして活動されており、これまでの国際的な経験を活かしての講演活動などもされています。

過去には高橋マリ子さんについて書かれた書籍「高橋マリ子は日本語・英語をこうしておぼえた。」を発表されており、幼少期の高橋マリ子さんの貴重な写真なども見ることができます。

兄弟はいる?

残念ながら高橋マリ子さんの兄弟については一切情報がなく不明でした。

高橋マリ子の経歴

ここからは、高橋マリ子さんのこれまでの経歴についても順番に見ていきましょう。

ハーフモデルとして8歳から活動していた

高橋マリ子さんはハーフモデルとして8歳の頃から活動されています。幼い頃から大人っぽい雰囲気を持っていた高橋マリ子さんは母親の知り合いのデザイナーにモデルと頼まれたのだそうです。

高橋マリ子さんは元々芸能界への興味はなかったのだそうですが、これがきっかけとなってモデルの世界に興味を持ったのだそうです。

14歳でニコラの専属モデルに

14歳になると、ローティーン向けのファッション雑誌「ニコラ」の専属モデルとなっています。ニコラといえば、現在では永野芽郁さんや新垣結衣さんなどの人気女優を多数輩出している伝説的雑誌です。

高橋マリ子さんはまだニコラが創刊したばかりの頃の専属モデルで、同世代には現在女優として活躍する栗山千明さんなどがいました。

上智大学に進学し写真部に所属していた

高橋マリ子さんはその後、東京都立調布北高等学校を卒業されたのち、上智大学外国語学部へと進学されています。大学では写真部に入部し、そこでかなり本格的に写真にハマったのだそうです。

透明感のある美貌でティーン雑誌やモード系のファッション誌などで活躍

高橋マリ子さんは10代の終わり頃から、20代の初めの頃にかけてその他の追随を許さない透明感のある美貌でティーン系からモード系まで幅広い雑誌で活躍、一躍当時の若者達のカリスマ的存在になります。

2001年「世界の終わりという名の雑貨店」で女優デビュー

2001年公開の映画「世界の終わりと言う名の雑貨店」にて女優としての活動も開始しています。主演西島秀俊さんとのラブストーリーで、透明感のあるストーリーは高橋マリ子さんにぴったりハマっていました。

以降CMなどにも出演していた

高橋マリ子さんのその圧倒的な透明感は、まさにCMの女優としてうってつけでした。女優としてデビュー後は数々のテレビCMに出演、この美女は一体誰?と注目が集まり、一気に知名度が上昇します。

2018年にも日産ルークス「先回り大作戦」編に出演しており、日産ルークスに乗って子供を送り迎えする母親の役を演じています。相変わらずその美貌は健在なようです。

高橋マリ子の代表作

そんな高橋マリ子さんのこれまでの高い評価を得たCMやドラマ、映画などでの代表作品を紹介していきます。

CM「キリンビバレッジ 午後の紅茶」

キリンビバレッジ午後の紅茶のCMに出演された高橋マリ子さんは、CG合成を駆使してのオードリーヘップバーンとの共演。

オードリーヘップバーンと並んでも遜色のないその美貌が大絶賛されます。

また、別のバージョンのCMでは、つけまつげを鼻の下につけてつけ髭の様にして「あっかんびー」といって舌を出す高橋マリ子さんの飛び切りキュートな姿が見られます。

CM「江崎グリコ ウォーターリングキスミント」

江崎グリコのウォータリングキスミントのCMにも出演。このウォータリングキスミントのCMシリーズは可愛い女の子が少し挑戦的な態度で音を立ててガムを噛むという内容でかなり強く印象に残っています。

アメリカのスラム街チックな街角の車道ぞいでバスケットボールをつきながらガムを噛み、パトカーから睨む警察官へと手で妙な仕草をしながら挑戦的な視線を送ります。最後に口を拭う仕草がかなりセクシーです。

CM「資生堂 HAKU」

高橋マリ子さんバージョンの資生堂の美白化粧品「HAKU」のCMは、一部ではテレビCM史上最も美しいテレビCMなのではないかと言われています。

高橋マリ子さんの出演するシリーズは何本かありますが、全て少し黒っぽくくすんだ世界から、純白の世界へと変化していく流れになっています。

どこまでも広がる真っ白な世界の中に佇む高橋マリ子さんは透き通るように美しいです。

ユニクロのイメージキャラクターにもなっていた

高橋マリ子さんは2016年springのユニクロのイメージキャラクターにも抜擢されています。ユニクロの公式サイトでもユニクロに身を包んだ高橋マリ子さんの画像が掲載されていました。

ファンからは久しぶりに高橋マリ子さんが見られて嬉しいと言う声とともに30歳を過ぎても全然劣化していないとの驚きの声も上がっていました。

ドラマ「アテンションプリーズ」

ここからは高橋マリ子さんが女優として出演した作品の紹介です。

2006年放送の連続ドラマ「アテンションプリーズ」では語学堪能な帰国子女のCAの訓練生と言う高橋マリ子さんにぴったりな役で出演しています。

待望の地上波ドラマ初出演でしたが、残念ながら体調不良を理由に途中降板されています。

映画「アカデミー」

2007年公開の映画「アカデミー」はオーストラリアに実在するアートスクールを舞台にした日豪合作の映画です。高橋マリ子さんは日本から入学した才能溢れる学生を演じます。

その才能ゆえに親に無理やり入学させられたことに反発し、自ら退学になるように仕向ける行動を起こすなど破天荒で自由奔放な性格のキャラクターで、本人曰く全然自分とは違う性格との事。

NEXT:映画「アリア」
1/2