YMN姉貴(やみん)とは?星間飛行で有名に?動画や話題まとめ エンタメ

YMN姉貴(やみん)とは?星間飛行で有名に?動画や話題まとめ

YMN姉貴という方をごぞんじでしょうか?もともとや民という名前でニコ生主として有名な彼女ですが、「星間飛行踊ってみた」の動画や淫夢語録などで一躍その知名度を向上、地上波でも紹介された方です。今回はYMN姉貴に関するあれこれをご紹介していきたいと思います。

YMN姉貴(やみん姉貴)とは?中の人はどんな人?

YMN姉貴(やみん姉貴)とは、ニコ生主や声優としてマルチに活躍されている方です。ここではYMN姉貴について基本情報とこれまでの経緯をご紹介したいと思います。

YMN姉貴とは「魔理沙とアリスのクッキーKiss☆」に出演した声優?

YMN姉貴は「魔理沙とアリスのクッキーKiss☆」に声優として出演しています。担当した役は伊吹萃香 役、チルノ 役、パチュリー・ノーレッジ 役です。

セリフ数としてはパチュリーが最も多いのですが、MAD動画では萃香がよく使われていることなどから萃香のイメージが定着しています。

「やみん」としてニコ生放送主でも有名

YMN姉貴が注目されるようになったのは「魔理沙とアリスのクッキーKiss☆」に声優として出演したことがきっかけですが、その前からも彼女はネット上で有名な存在でした。

「やみん」という名前でニコ生主として活動しており、有名なニコ生主でした。

クッキー☆から約3年後、ニコ生で淫夢語録とクッキー☆ネタを披露して話題に

元々萃香は淫夢色が強く、「野獣妹」とも称されるキャラでした。そのため、やみんに対しても淫夢風評被害が発生しています。

ところがクッキー☆から約3年後、やみんは突如ニコ生で淫夢語録を交えたクッキー☆ネタを披露します。HZNを「HZNちゃん」、UDK姉貴を「UDKっち」と呼んでいます。

こうして淫夢厨をターゲットとして淫夢営業に梶を切り、「ホモサーの姫」と呼ばれるようになりました。淫夢を利用して成功した数少ない方がこのYMN姉貴です。

「やみん」の年齢や本名は?

やみんは1991年11月29日生まれの27歳です。本名は平山奈々です。インターネット上では「やみん」という名前で活動していますが、本気で声優を目指していたこともあり、そちらでは本名で活動していました。

彼女は11歳のころからネット上での活動を行っており、27歳という若さでありながら、その活動歴は20年近くにもなる大ベテランです。

ただし、活動当初は動画の技術も発達していないためイラストなど投稿が主な活動内容だったそうです。

「やみん」は野獣妹?兄は野獣先輩なの?

YMN姉貴が「野獣妹」と評されていることも多々ありますが、これは前述のとおり役を担当した萃香が「野獣妹」と呼ばれているためです。

元ネタは東方ヴォーカルのPV「しゅわスパ大作戦☆」の中で萃香が惚れ薬を無理やり飲ませようとするシーンが野獣先輩の昏睡レイプを彷彿させるところからつけられた所謂風評被害です。

しかし、YMN姉貴はこの風評被害を逆に利用してその知名度を大きく向上させました。転んでもただでは起きないですね。

YMN姉貴の語録?淫夢乃一太刀とは?

淫夢乃一太刀とは、YMN姉貴が動画内で「淫夢の人たち?」と発言したことが由来となっているYMN姉貴語録です。今ではYMN姉貴本人もネタとして利用しています。

YMN姉貴が有名になった動画「星間飛行踊ってみた」とは?

amerei / Pixabay

YMN姉貴が有名になった動画として「星間飛行踊ってみた」があります。この動画は地上波の番組でも取り上げられており、彼女の知名度が一気に上がりました。

やみんは転んだ動画をそのままアップ?ストーブで尻もち?

YMN姉貴は「星間飛行を踊ってみた」という動画をアップしていますが、動画の初めにいきなりストーブに足を引っかけ、盛大に転んでしまいます。しかし何もなかったかのように動画は続きます。

生放送という訳ではないため、取り直すという手段も十分に考えられたと思いますが、なぜそのまま投稿しようと思ったのでしょうか?とてつもないメンタルの持ち主ですね。

テレビ”バカデミービデオ大賞”で尻もち女の子として紹介された?

この動画は「バカデミービデオ大賞」に紹介され、お茶の間にもその存在を知れ渡ることとなりました。番組では「オーディション用の動画を撮影する日本の女の子」として紹介されています。

YMN姉貴(やみん)の話題の動画まとめ

ここではYMN姉貴が投稿している話題の動画についてご紹介していきたいと思います。長年ネット上で活動しているだけあって様々なジャンルでの動画が投稿されています。

淫夢ネタを自ら提供しているような動画も存在しており、良きも悪きも全て肥やしにしていこうという姿勢は見習うべきものがあると思います。

動画①:やみんの英会話

この動画では、やみんがスカイプでネイティブの先生とレッスンを行う「レアジョブ」を受講している様子を公開したものです。

相手はまさかこのレッスンが公開されているとは驚きでしょう。しかも、申請画面等から本名をはじめ個人情報がダダ洩れです。このご時世もう少し個人情報の流出には気を付けた方がよいのでは?

動画②:乳首を懸けてゆうさくに挑んだYMN姉貴 sm29105177

乳首をかけてゆうさくとやみんのアンケートを実施します。ところが結果はゆうさくの圧勝。その結果を見て「アンケなんかしてないよ?」といいはるやみん。

「今スクショしたやつゆうさくと同じ目にあわせてやるからな」という名言もここで生まれました。

動画③:ポケモン探しの旅に出かけたら超絶レアポケモンに出会った

YMN姉貴の淫夢に対する造形の深さがうかがえる動画です。ポケモンGOのようなゲームを行うYMN姉貴ですが、登場するポケモンは全て淫夢ファミリー。音声素材もうまく使いこなしています。

そしてついに遭遇した超絶レアポケモンはお察しのとおり、野獣先輩です。見事兄弟の感動的な再開を果たすのでした。というかこの動画完全に「野獣妹」を意識して作っていますね。

動画④:【顧みる動画】YMN姉貴の足が覆さの顧みる動画

Greyerbaby / Pixabay

かつてその知名度を一気に押し上げた「星間飛行踊ってみた」の冒頭、ストーブに足を引っかけて転んでしまうシーンをニコ生で再現するという動画です。

まああのアクシデントは狙ってないからこそ面白いわけで、わざとやると面白い訳はないですよね。しかも本人もとりあえず転んでみたというレベルの再現なので失笑というところでしょう。

YMN姉貴(やみん)のその他の話題は?

GDJ / Pixabay

YMN姉貴に関するあれこれについて調べてみました。前述の話題以外にもいろいろな話題を提供しています。

YMN姉貴(やみん)のtwitterアカウントは?

YMN姉貴はtwitterでの活動も行っています。様々な媒体を利用して精力的に活動を行っているのですね。なお、twitterのアカウントは「やみんゆっくり活動中。」です。

フォロワーは30,000人程度であり、いまでも定期的に投稿を続けているようです。オフ会なども行っているようなので、興味がある方はフォローしてみてはいかがでしょうか?

YMN姉貴(やみん)のリスカ騒動とは?

azboomer / Pixabay

YMN姉貴はかつて自身のニコ生でリスカ綜合を起こしたことがあります。当時自傷・自殺ブームが起こり、様々な生主がこうした動画を投稿していました。最終的には皆釣りであることを宣言しています。

みやんも多分に漏れず、ニコ生放送中にカッターナイフを手に泣き出し、リスカを行ったうえで途中で配信が止まってしまうという騒動が発生しました。しかし傷はちょっと転んでできた擦り傷程度です。

これを知った2ちゃんねるの管理者ひろゆきは一笑に付したそう。彼から見れば再生数稼ぎがバレバレだったのでしょうか?何にしろ自傷・自殺といったシビアな話題をネタにしてはいけません。

YMN姉貴(やみん)が住所を特定された?

MichaelGaida / Pixabay

YMN姉貴は過去に2ちゃんねるで住所を特定されてしまったことがあります。YMN姉貴はすぐに警察に相談、自宅付近の巡回を強化してもらったようです。

その後すぐに別の家へ引っ越ししているそうですが、有名人の宿命とはいえ簡単に住所が特定されてしまうとは恐ろしい世の中ですね。

YMN姉貴以外の人気の姉貴まとめ

ネット上にはYMN姉貴以外にも様々な姉貴が存在します。主にクッキー☆関連の姉貴ですが、ここではそんな姉貴たちを紹介したいと思います。

姉貴①:UDK姉貴

UDK姉貴とは「魔理沙とアリスのクッキーKiss☆」で霧雨魔理沙役を演じた女性です。アカウント名は「宇月幸成」です。MAD動画の素材などで多数利用されており、淫夢厨にとっては非常に知名度が高い方です。

しかし、2011年12月に「ニコ生などを荒らされたことと専門学校での交友関係に悩んでいるという内容の遺書残して自殺した」という同人仲間のツイッターが流れ、「UDK姉貴死亡説」が生まれました。

実際に死亡しているかは不明ですが、ネット上で色々な誹謗中傷を受け精神的に参っていたことは事実なのでしょう。自分で選んだ道とは言えネットリテラシーを考えさせられる事例と言えるでしょう。

姉貴②:HSI姉貴

HSI姉貴とは「【東方project】クリスマス企画! 2013【ボイスドラマ】(クッキー☆☆三期)」で鈴仙・優曇華院・イナバを演じた声優です。

彼女は演技力や歌にも定評があり、本格派の声優として有名です。YMN姉貴などの風評被害から淫夢関連のいじりも多くありますが、彼女はそれを華麗にかわしながら活動を続けています。

しかしそのご尊顔が公開されてしまい、ファンが一気に減ってしまったという噂もあります。

姉貴③:NRK姉貴

真夏の夜の淫夢でおなじみCOAT社が制作したホモビデオ「BABYLON STAGE 42 少年犯罪」の「汚濁の御子」に出演しているAV女優です。

「アテジス紀香」という芸名で活動しており、ノンケ向けAVにも多数出演歴があるベテラン女優です。なお、彼女はとても友好関係が広く、特撮で有名な脚本家である井上敏樹の食事会にも出席したそうです。

姉貴④:TIS姉貴

TIS姉貴はニコニコ動画にて「歌ってみた」やボイスドラマなどの動画をあげている投稿者です。またクッキー☆系のボイスドラマの企画や脚本およびドラマ内の一部キャラクターの声を担当しています。

クッキー☆と淫夢の関連とは

クッキー☆とはシューティングゲーム「東方」の2次創作の一つです。元々はただの2次創作だったクッキー☆がなぜ淫夢と関連づけられているのでしょうか?

それは淫夢民の浸食力が原因でした。クッキー☆の棒読み具合が淫夢の棒読みセリフと通づるものがあると淫夢関連のコメントがあふれるようになった動画。しかし、それだけでは終わりません。

前述のUDK姉貴が淫夢民に対する拒否コメントとして生放送で「いわな、書かなかった?MAD関連のコメントは出すなって」と発言したことから「イワナ」がネタとなり淫夢民に侵略されてしまったのです。

YMN姉貴に関するまとめ

DanaTentis / Pixabay

皆さまいかがでしたでしょうか?ストーブで転んでしまった動画を恥ずかし気もなく投稿する度胸、淫夢厨を味方につけるメンタルの強さと切り替えの早さなどが幸いし、その知名度を上げることに成功しました。

こうして知名度を上げることでこれからも安定して活動を続けていくことができます。このようなピンチをチャンスに変える力、諦めない力は現状を打破するために必要な能力です。

運も味方しているのかもしれませんが、それをつかんだのは確実に彼女の努力とハートの強さであると言えるでしょう。これからも更なる活躍を期待したいですね。

YMN姉貴のお兄さん、野獣先輩に関する記事はこちら