いけず石とは?意味は?京都人は性格悪い?法律違反じゃないの? 社会

いけず石とは?意味は?京都人は性格悪い?法律違反じゃないの?

いけず石とは京都でよく見られる家屋の隅などへの置石のことです。これは法律的に裁判の対象でしょうか?車通行の際傷がつくという苦情や通行の邪魔だという指摘もあります。コミック「はんなりギロリの頼子さん」での扱いを含め順に解説します。

いけず石とは?意味は何?法律的には違法じゃないの?

いけず石とはどんなものなのでしょうか?その意味や語源は?そのようなことをして違法に問われることはないのでしょうか?

いくつかの疑問がわいてきますので、これらについて順に考えてみたいと思います。

いけず石とは?どういう意味?道路に置いて近づけなくする石のこと?

京都言葉で「いけず」とは「意地悪」のことです。いけず石とは道路上に置かれてそれ以上に内側を通ることを妨害する意地悪な石の意味からこう呼ばれます。しかし詳細・語源は定かでありません。

いけず石は車で家に傷をつけられないように置いている?

京都の路地は整然としますが幅が非常に狭いので車で通過するには難易度が高く、車が壁を擦る等の事故が頻繁に発生します。このため家の角に石を置いて守るという自衛手段が普及したと言われます。

もしも運転技能の劣るドライバーが敷地内に入ってもそれ以上の侵入をいけず石が防ぎます。この場合、侵入した車には傷が付きますが元々いけず石を敷地内に設置する以上、ドライバーは家主を責められません。

結果的に家が傷付くこともなく、相手の車には傷が付きますがそのまま勝手に去っていきます。いわゆる「泣き寝入り」です。そして家主は面倒ごとに関わらずに済むという算段なのです。

いけず石は京都人の気質をよく表している?性格悪い?大阪人とは違う?

いけず石は京都人の気質をよく表していると言えます。もしこれが大阪人ならば、警告の貼紙でもしてぶつけるドライバーがいれば咄嗟に飛び出してきて争いとなり警察沙汰も躊躇わないでしょう。

こうなると近隣の家々からやじうまも集まってきて大阪人には持ってこいの展開です。しかし京都人はこうした争いごとを好みません。家や塀にぶつかり逃走されたら最悪ですが揉めるのも同じく煩わしいのです。

京都人は可能なものなら「触らぬ神に祟りなし」でやり過ごしたい人が多いです。なので京都人はいけず石を置くことを選んだと言われます。その件数は数千件ともそれ以上ともいわれ実態は判りません。

いけず石は法律的に違法じゃないの?敷地内にある場合は大丈夫?逆訴訟の可能性も?

CQF-avocat / Pixabay

いけず石でもそれが「敷地内」にある場合はどうでしょう?この場合に運転する車がそれに乗り上げたり擦ったりしても所有土地内部であるだけに文句が言えないことが多いです。

そもそもいけず石は通例は敷地の内側に「きっちり」置くことで侵入と破壊を未然に防ぐある種の知恵です。下手に噛みつくと裁判・逆訴訟で「不法侵入」に訴えられることもあり得ます。

敷地外の公道にある場合は違法?悪意があれば損害賠償請求も可能?裁判?

succo / Pixabay

では「敷地外」にあった場合にはどうでしょう?これは道路交通法からも違法であり罰則対象です。もしもこのいけず石で車体に傷がつけば損害賠償を請求できる可能性は高いと言えるでしょう。

実際、悪意のあるいけず石は実在します。この場合には裁判で係争になることも多くあります。

いけず石が私道に置いてある場合は問題ない?

いけず石の置き場所が道路の中でも「私道」だった場合にはどうなるでしょう?これも「私有地」内部への置石ですから、大きな障害物としての石を置かれても問題になりません。基本侵入禁止です。

しかし後述するセットバックのように道幅が狭く、私道であっても「位置指定道路」に該当すれば違ってきます。これらは登記上の内容で変化しますので地続きの「私有土地」でもない場合には確認が必要です。

漫画「はんなりギロリの頼子さん」のいけず石が陰湿すぎ?

「はんなりギロリの頼子さん」というコミックをご存じでしょうか?WEBコミック「ぜにょん」で連載されている、京都人の発言や行動を揶揄した内容の漫画です。

2018年関西テレビ制作で、AKB48の横山由依主演でドラマ化もされました。

「はんなりギロリの頼子さん」のいけず石が性格悪すぎ?

この「はんなりギロリの頼子さん」でいけず石を扱った回があります。この回に登場する京都人は、扇子屋さんの娘・有希。お店のいけず石を擦って頼子さんの車に傷がついたところからスタートします。

いけず石で車体を擦った頼子さん。車を降りて抗議をする助手席の山田さんは有希の京都弁のペースに乗せられることに。和んだ様子でしたが生粋の京都人である頼子さんは見抜きます。京都人の性格の悪さを。

扇子屋の有希の全ての言動が「いけず」であることを説明。石も相当ないけずですが応対した有希の「お茶でもいかが」「なんでも似合う」などは京都人の「よそ者」への拒絶の言葉だという顛末です。

京都人と大阪人は仲悪いの?

地域的に京都と大阪は隣接もしていて外から見れば同じ「関西」「近畿」括りです。しかしその府民性には大きな隔たりがありお互いに犬猿の仲であると言えます。

大阪は笑いを取ってなんぼの街。反面京都は見栄っ張りで排他的です。大阪は他県からの者を飲み込む度量がありますが、京都はあからさまに身内と「よそ者」を差別するもののようです。

そして京都人は歴史的にその昔は都であったことなどから他県を下に見る傾向があると言います。この妙なプライドが大阪人には鼻につき、お互いに嫌い合う結果になるようです。

いけず石に関するその他の話題まとめ

いけず石に関してのその他の話題もありますので情報を集めてみます。

いけず石を撤去してほしいという声も多い?いけず石は邪魔?

京都の路地は奥まったところほど道幅が狭く車にせよ歩行にせよ曲がるときにいけず石は非常に邪魔です。当然「撤去してほしい」という声が数多く上がっています。

自己敷地内にしっかり収まっている場合には撤去指示は困難です。しかし曖昧な場合や悪質、明らかに公道にあるというような場合には手続きは要りますが違法として撤去指示を獲得できるかもしれません。

道路交通法第76条によれば「何人も、交通の妨害となるような方法で物件をみだりに道路に置いてはならない。」という定めがあります。解釈次第ですが悪意のある置石は撤去が可能でしょう。

いけず石以外にもある?犬矢来とは?

いけず石と同じような効果を狙った仕掛けで「犬矢来」というものもあります。いけず石には犬の放尿もよくあるので、それを防ぐ目的から家屋の外壁に沿って踏み込めない領域を作る方法としてこの名が付きました。

実際には外壁を泥はねから守ったり自然の汚れまたは傷みを保護する役割があります。また道路と敷地の境界線を示したりどろぼうが塀をよじ登ることを防ぐなどの役目を担う障害物でもあります。

いけず石も犬矢来もそれ自体「無言の抵抗」という意味では京都人の性格がよく出ているといえます。何かあって揉めるよりは先に専守防衛。ある意味での性格の悪さが滲んでいるかもしれません。

京都の叡智のいけず石はコミケでも使えた?合理的なの?

この京都人が営々と築き上げた「いけず」の精神は意外なところで活躍したそうです。それは人でごった返す「コミケ」でのことだったと言います。コミケでは狭い会場にいくつものコーナーが設置されます。

当然人並みでデスクが押されたりして陳列や配布物が落下するなどは茶飯事です。ここにいけず石を応用したというのです。合理的に視覚に訴える、あるありふれたモノを置いたそうです。

仕掛けは実に簡単で設置ブースの机の上の「角」に半分ウーロン茶が入ったペットボトルを置くだけ。これが実に効果的だったらしく人の流れがこれを避けて結果として当たる人が少なくなったとか。

セットバック部分は誰のものなの?いけず石などを置いてもいいの?

セットバックとは、道幅4m未満の道路に面した建築での制限事項を指します。そのような細い道路では防災等での道幅確保のため、自身の土地に関わらず道路として相応分を供給せねばならない法律の事です。

一例として道路幅3mを想定した場合、片幅が1.5mのため0.5m(50cm)は建築を禁じられます。建築に関しての規定同様、植木などの私物を置くことも禁じられます。当然「いけず石」は置けません。

不動産用語では上記の意味ですが言葉としては他の意味もあります。セットバック部分は私財なので課税の対象となり住民には不利です。しかし建ぺい率等では有利な計算法が適用されますが。

いけず石は風水には関係ない?

「風水」的にいけず石を置いたのは、との疑問もあります。しかしこれには疑問が残るようです。以下引用します。

京都はよく知られているように、平安京自体が風水によって建設されています。ですから、もしかするとこのいけず石もそれを意識してのことかも知れませんが、石が置かれている方位としてはバラバラなのでそれはないような気がします。 (引用:web KAMANZA)

駐車場にいけず石を置きたいという声も?

JayMantri / Pixabay

他人に言葉で「嫌だ」と言いたくない京都人の無言の抵抗、あるいはアプローチこそ「いけず石」の真骨頂です。ですのでこれを応用していけず石を「駐車場に置きたい」という意見もあるようです

しかし実際には駐車場ではこの京都人の「生活の知恵」ともいうべき利用法は通用しないようです。コーンなどで駐車方向や禁止エリアを設けてもメンタルの強い人にとっては「どければいいもの」ですから。

石を置いて駐車トラブルを防ぐ、というのは現実的ではありません。むしろ苦情の対象となるだけで逆効果にもなり得ます。

ガードレールはいつからある?意外と知らないガードレールの事!

日本で初めて「ガードレール」が設置されたのは、1958年箱根の宮ノ下温泉の近くの交差点だったと記録があります。意外と最近ですね。一般道を自動車が走ったのはもっと前の大正時代(1924年)頃ですから。

ガードレールは鉄板の凸凹が特徴ですがこれには深い意味があります。凹凸があることでその強度はなんと162倍以上にもなるそうです。主たる目的は車両の悪走を大事故から防ぐためですから頑丈さが要求されます。

いけず石は専ら自宅を侵害されることを拒む目的だけですが、ガードレールは運転手への注意喚起と事故防衛の両面があります。この点ガードレールには存在の大義名分もありますしなければ困る大事なものですね。

京都人の「いけず」は争いごとを遠ざけるため?いけず石で常時家を守る!

「はんなりギロリの頼子さん」で顕著だったように京都のいけず石には府民性がよく表れていると言えそうです。他県で例がないわけではないですがいけず石の数は京都の中心部で圧倒的に多いのです。

それは最近に始まったことではなく、都だった時期まで遡ります。路地を牛車(ぎっしゃ)が通る時にお屋敷を擦って傷がつくことがあったと言われています。この時代からいけず石は存在しました。

無為な争いを避けることもありますがそもそも路地が狭いのです。通り辛い邪魔な障害物ではありますがこれも「京都の名物」と理解して迂回などの際には自分から避ける事が利口なやり方かもしれませんね。