いけず石とは?意味は?京都人は性格悪い?法律違反じゃないの?

いけず石とは京都でよく見られる家屋の隅などへの置石のことです。これは法律的に裁判の対象でしょうか?車通行の際傷がつくという苦情や通行の邪魔だという指摘もあります。コミック「はんなりギロリの頼子さん」での扱いを含め順に解説します。

いけず石とは?意味は何?法律的には違法じゃないの?

いけず石とはどんなものなのでしょうか?その意味や語源は?そのようなことをして違法に問われることはないのでしょうか?

いくつかの疑問がわいてきますので、これらについて順に考えてみたいと思います。

いけず石とは?どういう意味?道路に置いて近づけなくする石のこと?

京都言葉で「いけず」とは「意地悪」のことです。いけず石とは道路上に置かれてそれ以上に内側を通ることを妨害する意地悪な石の意味からこう呼ばれます。しかし詳細・語源は定かでありません。

いけず石は車で家に傷をつけられないように置いている?

京都の路地は整然としますが幅が非常に狭いので車で通過するには難易度が高く、車が壁を擦る等の事故が頻繁に発生します。このため家の角に石を置いて守るという自衛手段が普及したと言われます。

もしも運転技能の劣るドライバーが敷地内に入ってもそれ以上の侵入をいけず石が防ぎます。この場合、侵入した車には傷が付きますが元々いけず石を敷地内に設置する以上、ドライバーは家主を責められません。

結果的に家が傷付くこともなく、相手の車には傷が付きますがそのまま勝手に去っていきます。いわゆる「泣き寝入り」です。そして家主は面倒ごとに関わらずに済むという算段なのです。

いけず石は京都人の気質をよく表している?性格悪い?大阪人とは違う?

いけず石は京都人の気質をよく表していると言えます。もしこれが大阪人ならば、警告の貼紙でもしてぶつけるドライバーがいれば咄嗟に飛び出してきて争いとなり警察沙汰も躊躇わないでしょう。

こうなると近隣の家々からやじうまも集まってきて大阪人には持ってこいの展開です。しかし京都人はこうした争いごとを好みません。家や塀にぶつかり逃走されたら最悪ですが揉めるのも同じく煩わしいのです。

京都人は可能なものなら「触らぬ神に祟りなし」でやり過ごしたい人が多いです。なので京都人はいけず石を置くことを選んだと言われます。その件数は数千件ともそれ以上ともいわれ実態は判りません。

いけず石は法律的に違法じゃないの?敷地内にある場合は大丈夫?逆訴訟の可能性も?

CQF-avocat / Pixabay

いけず石でもそれが「敷地内」にある場合はどうでしょう?この場合に運転する車がそれに乗り上げたり擦ったりしても所有土地内部であるだけに文句が言えないことが多いです。

そもそもいけず石は通例は敷地の内側に「きっちり」置くことで侵入と破壊を未然に防ぐある種の知恵です。下手に噛みつくと裁判・逆訴訟で「不法侵入」に訴えられることもあり得ます。

NEXT 敷地外の公道にある場合は違法?悪意があれば損害賠償請求も可能?裁判?