チュパカブラ(UMA)とは?正体は動物?目撃動画や画像まとめ!

チュパカブラをご存知でしょうか?チュパカブラは未確認生物の中でも最も有名な生き物の一つです。チュパカブラは目撃証言や画像、動画などもあるものの、正体はいまだに解明されていません。動物説や宇宙人説など様々な説のあるチュパカブラについて紹介していきます。

UMA・チュパカブラとはどんな生物?特徴は?

チュパカブラは、24年前の1995年に初めてその姿を発見されました。はじめて目撃されて以降、プエルトリコ、メキシコ、チリ、アルゼンチン、アメリカなど南米地域で多く目撃されました。

さらにチュパカブラ関連であると推測される事件が1,000件以上報告されています。

UMA・チュパカブラとは?チュパカブラスとも言う?どんな生物?

Chraecker / Pixabay

チュパカブラとは未確認生物(UMA)の一種であり、主にアメリカで目撃されることの多い生き物です。チュパカブラ以外にも「チュパカブラス」という名前で呼ばれることもあります。

チュパカブラは家畜の生き血を抜き取っていく生物であり、獲物の生き血を抜き取っているにも関わらず、周囲に血痕や争った痕跡が一切ありませんでした。

このことからスペイン語で「血を吸う」という意味のチュパと「ヤギ(家畜のことを指す)」という意味のカブラを合わせてチュパカブラという名前が付けられました。

チュパカブラの特徴は?

Three-shots / Pixabay

チュパカブラの特徴は時期や場所によって目撃情報が異なっています。しかしその共通している特徴がいくつかあります。まず大きくて赤い目をしていることです。

さらに背中にはトゲがあるとされています。しかし体長は小柄であり、小さいものだと1メートルから大きいものでも1.8メートルほどであると言われています。

さらに異常なジャンプ力があるとされています。報告例では5メートル近くジャンプしたものもいます。また家畜や人間の生き血を吸うことも特徴の一つです。

チュパカブラの目撃情報は?画像は?

luciano_lrs / Pixabay

チュパカブラは1995年から2008年にかけてプエルトリコ、メキシコ、チリ、アルゼンチン、アメリカなど南米地域で多く目撃されています。

様々な人が見ていて、社会的権威のある警察官が目撃した例もあります。この目撃談ではチュパカブラが背中から薄膜のついたトゲのを出し夜空に飛び、発光する光の中に消えていきました。

光に消えていったという話から、UFOに乗ってきたエイリアンという説もあります。またチュパカブラの写真で有名なものではカナノバスに出現したチュパカブラの写真が有名です。

プエルトリコで血を抜かれた家畜が次々と発見された?チュパカブラの仕業?

FlashBuddy / Pixabay

1995年にプエルトリコのカナノバスという村で家畜の死体が村人によって発見されました。家畜は8頭が殺害されている状態でした。

当初、野生動物が殺害したと思われていたが、周囲に血痕が一つもなく、殺害された家畜から血液が完全に抜かれた状態になっていました。

同年、村人の女性がチュパカブラと思われる生物と遭遇し、その後村周辺ではヤギ、牛、ヒツジなど様々な家畜が殺害、生き血を抜かれていきました。

チュパカブラを警官が銃撃?血液は地球上の生物と一致せず?

Utility_Inc / Pixabay

チュパカブラにより村の家畜が襲われていたため、村へ警察官がパトロールを行い家畜を守るための対策を行っていました。

1995年10月1日にカナノバス村をパトロールを行っている警察官が、夜間にチュパカブラと思われる生物を発見しました。警察官は銃を抜き、チュパカブラへ発砲しました。

チュパカブラを殺傷することはできなかったのですが、傷を負わせることができました。チュパカブラはその場から逃げたのですが、血液が残っており、分析の結果地球上の生物と一致しなかったのです。

アメリカではチュパカブラの被害が目撃された場所でUFOも目撃?

christianplass / Pixabay

アメリカの警察官が真夜中の森の中でチュパカブラのような生き物を発見したため、森の中へ近づいていきました。

近づいていったらその生き物は背中から薄い膜のようなものが付いたトゲのような器官をはやして、それを左右に反復運動を行いながら夜空へ飛び立っていきました。

そして夜空にある光の中へ消えていきました。この目撃談からチュパカブラは地球外生命体であるとも考えられます。またアメリカではチュパカブラ発見現場付近ではUFOの目撃情報も多くあります。

パラグアイで奇妙な水死体を発見?チュパカブラ?

FrankWinkler / Pixabay

2015年パラグアイのイタプア地区で川から奇妙な生き物の水死体が発見されます。水死体は時間がたっており、損傷が激しく、体毛がほとんど抜け落ちていました。

地元では大きな騒ぎとなり、水死体は地元の消防士によってすぐ引き上げられました。その後調査を行うものの損傷が激しかったため、特定には至りませんでした。

南米ではUMAやUFOを信じる人が多いため、この水死体もチュパカブラではないかという説が上がってきました。法医学的検知でも解明できなかったことから水死体の謎はさらに深まりました。

チュパカブラを捕獲した?死骸を確保したという男性が話題に?

2015年にアメリカのテキサス州でチュパカブラを仕留めたという男性が現れました。彼は飼い犬の散歩中に、犬が突如川の方へ走り出したため、急いで駆け寄りました。

するとそこには全身毛が抜け落ちた皮膚が被さった状態になっている奇妙な生物が絶命していました。男性はその死体を自宅へと運び、自宅にある大きな冷蔵庫の中に入れ保管することにしました。

その死体をみたテキサス州立大学の生物学者や野生動物協の哺乳類学者は、ダニの寄生による皮膚感染症をおこしてしまったコヨーテかアライグマの死体であると結論付けています。

日本でも?東京都足立区にチュパカブラ?

cegoh / Pixabay

2017年7月に足立区で行われた「ムー」のイベントで「UMA課外授業」という特別授業が行われました。その講師として招かれたのはムーの編集長が講師を行いました。

このイベントでは未確認生物について、子供たちと絵本作家のたかいよしかずさんと共に秘密を紐解いていくイベントでした。

このイベント中で「不思議なものを見たことある人」という質問をしたところ、UFOをみたという人やチュパカブラを目撃したという答えも返ってきました。そのチュパカブラは紫色という情報もありました。

チュパカブラのミイラの謎?人間の胎児だった?

ESD-SS / Pixabay

2016年アメリカとメキシコの国境沿いの砂漠地帯で奇妙な生物の遺骨を偶然発見します。この遺骨は細い手足、曲がった胴体、小さな頭部で人間のような骨格でした。

しかし頭部には大きな目と牙があり人間とはどこか違う様子でした。すぐに地元警官が駆けつけ、ミイラの正体を突き止めようとするも正体は不明のままでした。

警察が一度回収して司法解剖、分析が行われていますが公式発表はされていません。このことからも憶測や推測が広がり、チュパカブラのミイラではないかという憶測も出ています。

チュパカブラの正体は何?有力なのは動物説?

mohamed_hassan / Pixabay

チュパカブラは未確認生物ですが、多くの写真や動画が存在しています。また未確認生物の中では比較的多くの目撃談があります。

物的証拠である写真や動画の多くはフェイク動画であり、作り物であるとされています。そのため目撃情報から推測される様々なチュパカブラの正体の説を紹介していきます。

チュパカブラの正体は何?①:動物説

12019 / Pixabay

チュパカブラは1995年の初期の段階で目撃されていた情報だと、地球上の生物とはかけ離れた姿の目撃談が多くありました。しかし近年目撃されるチュパカブラの多くは毛の抜けた犬のようなものが多くなっています。

真夜中の暗闇から出てくるため、恐怖心と相まって見たことある生き物が未確認生物として見えてしまったということが考えられます。

また目撃情報のあった地域やチュパカブラの噂が広まっている地域などでは、見間違えや思い込みにより動物をチュパカブラとして認識してしまうことも考えられます。

チュパカブラの正体は疥癬に感染したコヨーテ?

skeeze / Pixabay

動物説の中でも、チュパカブラの正体として最も有力なものの一つとして挙げられている説が、疥癬に感染したコヨーテという説が有力なものであると言われています。

疥癬とは、ダニにより起こされる皮膚感染症であり、感染すると体毛が抜け落ち、皮膚があらわになります。このように感染したコヨーテがチュパカブラとして認識されてしまうという説です。

暗闇の中から急に皮膚があらわになった動物が現れると怪物にように思い込んでしまいチュパカブラがいたと錯覚してしまったことが考えられます。

チュパカブラの正体は何?②:実験動物・生物兵器説

チュパカブラは実験動物や生物兵器という説があります。自然界のものとは思えないその姿からあきらかに人間が作り出した生き物だという説です。

チュパカブラは、これまでに数度捕獲されたといわれていますが、アメリカ軍の調査隊が回収しにきたという話もあり、ゲノム編集などの遺伝子操作によって生み出されたと考えられています。

軍が回収しにくることからも、軍の生物兵器として開発されていたという説もあります。

チュパカブラの正体は何?③:宇宙人説

geralt / Pixabay

チュパカブラは特徴的な見た目であるため、地球上の生物ではないという説があります。そこで考えられたのが宇宙人説です。

宇宙人説は特徴的な見た目だけでなく、空に飛んでいき光の中に消えていったという目撃談からもこの説が唱えられるようになりました。チュパカブラの目撃情報があるところはUFOの目撃も多いことも一つの要因です。

しかしこの説では、チュパカブラが家畜などの動物の血液を求めて動物を狩猟するという原始的な方法で食料を得ていることから、UFOを作る文明的な生物であるというのは考えづらいです。

チュパカブラの正体は何?④:未確認生物(UMA)説

mary1826 / Pixabay

チュパカブラは未だに発見されていない地球上の未確認生物という説です。現在未確認生物(UMA)の代表としてチュパカブラは語られることが多いです。

実際に地球上で確認されていない生物は未だに多くいます。また原始的な行動をとることからも知的生物でなく、原子生物であることが考えられます。

見た目がインパクトのある生物が今まで発見されていなかったことが不思議ですが、特殊な見た目から新種の生物という見解もあります。

チュパカブラの正体は何?⑤:昆虫説

image4you / Pixabay

これは血液の抜けた家畜の死体を説明する説になります。蛆虫などの死体を食べる虫が発生した場合はその死体から血液が抜けたような状態になります。

また蛆虫などの虫が死体を食べる場合は、大きな傷などは残らず、血液だけが抜かれてしまいます。また死体も大きな欠損が起こらずに血液を抜かれた状態になります。

周囲にも血痕が残らないまま死体から血液を抜かれた状態になります。

チュパカブラを捉えた映像はある?

septimo77 / Pixabay

ここまではチュパカブラの様々な説を紹介してきました。それではチュパカブラが存在するという物的証拠があるのかというと、画像や動画が出回っています。

しかしフェイク動画や画像であるともいわれています。今回はチュパカブラの有名な動画を紹介していきます。

チュパカブラを生け捕り?

この動画はチュパカブラを生け捕りにしたとされる動画です。「【UMA映像】生け捕りされたチュパカブラ!?ALIVE ≪umatv≫」というタイトルです。

海外で撮影された動画であり、チュパカブラとされる生き物が犬用のゲージに捕獲されている動画になっています。出てくる生き物は毛の抜けた犬のようにも見えます。

ゲージの大きさから考えると映像に出ている動物は体調が約50cm~90cmほどであり小柄であることがわかります。

チュパカブラを捉えた動画?

この動画はチュパカブラと思われる生物をとらえた映像をランキング形式で紹介していく動画です。タイトルは「チュパカブラを捕えたTOP5の ミステリー動画!」となっています。

この動画ではチュパカブラと思われる生き物が走っている姿などが映像として紹介されたり、チュパカブラの死体とされるものを映像の中で紹介されています。

また映像の中では発見者や目撃者の証言やインタビュー画像も紹介されています。

ロシアのチュパカブラ?

この動画ではロシアの牧場で発見されたチュパカブラと思われる謎の死体を紹介した動画になっています。この動画は「ロシアのチュパカブラ」というタイトルになっています。

この動画内では牧場にいたチュパカブラらしき死体を映した映像とその発見者のインタビュー映像が一緒に流れます。

この動画に出てくる死体もコヨーテや野犬のように見えるため、動物説が最も近いと考えられます。

チュパカブラが登場する作品まとめ

SplitShire / Pixabay

チュパカブラは未確認生物として有名です。そのためチュパカブラを題材とした作品が多く存在します。チュパカブラはゲームや映画、アニメなどにも登場します。

このように様々なメディアにも登場するほど大きな影響を与えています。

チュパカブラの登場するゲーム:MTG

ADMC / Pixabay

MTGはマジックザ・ギャザリングといわれるゲームです。これは世界で最も遊ばれたトレーディングカードゲームとして、ギネスブックにも認定されています。

日本では、このゲームは派生したデュエルマスターズなどが有名です。マジックザ・ギャザリングでチュパカブラはクリーチャーといわれるカードの中で登場しています。

このようにカードゲームの中にもチュパカブラが登場してきます。

サクラクエストのチュパカブラ王国

simisi1 / Pixabay

サクラクエストは2017年4月から9月まで放送されていた日本のオリジナルアニメです。田舎の観光大使になったヒロインを中心にミニ独立国を再建するために奮闘する物語になっています。

この作品ではチュパカブラ王国やチュパカブラ饅頭などチュパカブラの名前が何度か出てきます。地名やグッズ名として出されるなど観光のために利用されています。

このように日本のアニメ業界にもチュパカブラという名前は広がっているのです。

チュパカブラ饅頭も話題に?

umehanayuuki / Pixabay

サクラクエスト劇中に登場する、「チュパカブラまんじゅうDX」が再現されたお土産が実際に販売されたことも話題になりました。

これは焼き印入りまんじゅうで一つ一つ丁寧にチュパカブラの焼き印が押されています。これは一つ一つ手作りであったため受注生産でした。

インターネットからも注文できるようになっています。

チュパカブラの登場する映画①:吸血怪獣チュパカブラ

geralt / Pixabay

吸血怪獣チュパカブラはチュパカブラをテーマにした作品で、あらすじは血を抜かれて死んでいるのが見つかり、農家一家の父も殺されてしまいます。他の家族の仕業だと思い、銃を手にとり抗争へと発展します。

この作品で抗争の中チュパカブラが登場します。そして家族の女性を惨殺するなどショッキングなシーンがあります。

この作品はチュパカブラを表現した映画となっています。

チュパカブラ・プロジェクト

Free-Photos / Pixabay

2000年に上映されたアメリカの映画です。あらすじは大学生と護衛として雇われた元海兵隊が、チュパカブラを探してプエルトリコへと旅立ちます。

チュパカブラをとらえるため捕獲作戦を実行しますがうまくはいかず、主人公は腕を噛まれてしまい、チュパカブラの呪いにかかってしまいます。呪いを解くためにもチュパカブラの巣へと向かうという内容です。

映画の内容はすべてドキュメンタリー形式の映画になっています。この映画はフィクションであるものの、本物として扱われたこともあります。

チュパカブラの登場する漫画:辻浦さんとチュパカブラ

Pexels / Pixabay

辻浦さんとチュパカブラは週刊少年チャンピオンで連載されていた漫画です。この作品のあらすじは、新しく学校に転校してきた美少女の辻浦めぐみは未確認生物オタクでした。

ヒロインである辻浦めぐみの秘密を守るためにも、恋人の振りをすることになった高校2年生の優の日常を描いた漫画となっています。

チュパカブラは映画だけでなく、漫画の中にも影響を与えるほど様々なメディアで取り上げられるほど有名なUMAであることがわかります。

HYDEがデザイン&プロデュースした「CHUPACABRA(チュパカブラ)」が人気?

Free-Photos / Pixabay

人気バンド「VAMPS」「L’Arc~en~Ciel」のHYDEがデザインし、プロデュースを行っているキャラクター「CHUPACABRA」が全国のアミューズメントパークの景品として登場します。

このキャラクターはUMAであるチュパカブラをモデルとして作られました。また、チュパカブラだけでなく、コウモリのような見た目もしています。

HYDEの「CHUPACABRA(チュパカブラ)」はどんなキャラクター?かわいい?

mohamed_hassan / Pixabay

HYDEがデザインした「CHUPACABRA(チュパカブラ)」はチュパカブラをモデルとしていますが、見た目はコウモリにも似ている見た目をしています。

この「CHUPACABRA(チュパカブラ)」は見た目がポップで可愛さもあるが怖い部分も持ち合わせており、「怖かわいい」とファンの中でも人気になっています。

このキャラクターをモデルに50種類以上の様々な「CHUPACABRA(チュパカブラ)」キャラクター商品が登場しています。

NEXT CHUPACABRAのグッズ①:ポーチ