ダーウィン賞とは?日本や韓国にも?歴代受賞一覧【閲覧注意】

ノーベル賞やアカデミー賞など世界にそれぞれの分野で賞があり、それらを受賞する事はその世界に身を置く者としては名誉な事です。しかし、中にはブラックユーモア溢れる皮肉の賞がダーウィン賞です。本記事では受賞資格や実際の受賞例を交えて、この賞について解説します。

ブラックジョークすぎる「ダーウィン賞」とは

3dman_eu / Pixabay

皮肉とブラックユーモア溢れるダーウィン賞。しかし、賞と付くからには何らかの業績を称えているいる筈です。では、ダーウィン賞をは一体何を称える賞なのか解説して参ります。

ブラックユーモアに溢れたダーウィン賞とは

alex80 / Pixabay

ダーウィン賞とは、愚かな行いで死亡、もしくは生殖能力を失った事で後世にその愚かな遺伝子を残さず、人類の進化に貢献した人に贈られる賞です。

言うまでもなく受賞する事は不名誉な事で受賞者はネット上などにおいて度々ネタにされます。受賞しても賞状やトロフィー、賞金の類もありません。

尚ダーウィン賞の受賞については幾つか条件があり、それらについては後程詳しく解説いたします。

ダーウィン賞の由来はイギリスの自然科学者「チャールズ・ロバート・ダーウィン」

ダーウィン賞の名前の由来は、種の起源の著者として有名なチャールズ・ロバート・ダーウィン。進化論と言えば、ダーウィンと言えるほどに著名な自然科学者です。

彼の提唱した自然選択の理論は現在でも進化生物学の1つであり、現代生物学の基盤となっています。

ダーウィン・メダルとは無関係

aitoff / Pixabay

ダーウィン賞と同じくダーウィンの名を冠した表彰にダーウィン・メダルがありますが、関係は一切ありません。

ダーウィン賞愚行により、死亡ないし生殖機能の損失と言う不名誉の証明ですが、メダルの方はれっきとした栄えある賞であり、生物学における世界最高レベルの賞となります。

閲覧注意の他の記事はこちら

ダーウィン賞の受賞に関する5つの条件

johnhain / Pixabay

ダーウィン賞に関する本の著者であり、サイト管理人であるウェンディ・ノースカットはダーウィン賞受賞する為には5つの条件があると述べています。

子孫を残さないこと

前述の通り、愚かな遺伝子を後世に残さず人類の進化に貢献した事を賞します。その為、既に子供が居たり、高齢の為に既に生殖機能が失われていた場合は受賞対象となりません。

「生殖可能な異性と共に無人島に流れ着いた場合、子孫を残す事が出来るか」と言うダーウィンの著書に書かれた無人島テストを元に判定し、生殖不可能と判断されると合格になります。

優れていること

realworkhard / Pixabay

常人には考えつかないようなユニークで突飛な驚くべき愚行を経て死亡、ないし生殖機能を失った者が受賞対象者となります。その為、寝タバコなどよくある愚行では受賞対象になりません。

ただし、喫煙を禁じられたにも関わらず喫煙を続けて死亡した場合は対象となります。また驚くほどの愚かな行動を以て死亡や生殖機能を失っても、ダーウィン賞を受賞しようとして行われた場合は受賞対象外となります。

この項目について、ウェンディは自身の著書で以下のように定義づけています。

「自分の子孫が、このバカの遺伝子を受け継いだ奴と関わりを持つような事にならなくて本当によかった」と心の底から思えるようになるような、極めつけのバカをやらかす事」

(引用 ニコニコ大百科)

自ら自然淘汰を行うこと

mohamed_hassan / Pixabay

他人を殺害、または他人の生殖機能を奪った場合は責任を持つ団体が直接関った場合を除き受賞対象となりません。

あくまで自分で起こした愚かな行動により、自分が死んでしまった、もしくは生殖機能を失われた場合が対象になりますが、自らの意思で行ったとしても、ただの自殺志願者の場合は対象外です。

正常であること

geralt / Pixabay

一応ではあるも、正常な判断が下せる事も受賞資格の1つです。その為、高齢者や子供、精神疾患がある場合などは受賞対象外となります。

また対象が犯罪者の場合は、時効を過ぎていなければ受賞資格はありません。

真実であること

ChristopherPluta / Pixabay

受賞対象の話は新聞やニュース、確実な目撃者いるなど信頼できる情報ないし記録があり、真実である事が証明されなければならず、嘘である事が発覚した場合は受賞資格は与えられません。

ただし、嘘であった場合でも、とても面白いと判断されれば都市伝説として紹介されます。

衝撃のダーウィン賞の主な歴代受賞(候補)・事故事例一覧

mary1826 / Pixabay

ここまで、ダーウィン賞の内容及び受賞資格について説明させて頂きました。ここからは、実際にダーウィン賞を受賞した、もしくは候補にあがったエピソードを紹介していきます。

1994年盗み目的で自動販売機上に乗り下敷きになって死亡

Atlantis_C / Pixabay

こちらの事件はアメリカで発生しました。商品を盗もうと、自動販売機の上に乗った所自動販売機が転倒。その下敷きとなって死亡した人が、ダーウィン賞をしています。

1995年車にJATOを装着し走行し離陸後崖の壁面に激突し死亡

LittleVisuals / Pixabay

JATOとは補助用のジェット推進機の事であり、本来は航空機に用いられる装置です。そのJATOを車に装着し、高速道路を走行した所離陸、高さ38mの崖に激突しました。

尚こちらについては、都市伝説扱いでありディスカバリーチャンネルの番組「怪しい都市伝説」で3度に渡って検証がなされています。

1996年チェーンソーで自分の首を切断

HansLinde / Pixabay

自身がヨーロッパで1番のマッチョである事を証明しようと、最初は凍った蕪で殴り合っていたものの次第にエスカレート。内1人がチェーンソーで足先を切断しました。

それを受けて、負けじと自分の首をチェーンソーで切断した男性が1996年のダーウィン賞を受賞しています。これはポーランドでの出来事でした。

1997年女にペニスを切断された主張するが実は自分で切断していた男

JESHOOTS-com / Pixabay

当初は女性にペニスを切断されたと主張していましたが、後に自ら切断した事が判明。男性は生存したものの、生殖機能を失っていると判断され、ダーウィン賞を受賞しています。

1998年口喧嘩で妻を追撃しようとし死亡した夫

Ashish_Choudhary / Pixabay

1998年、アルゼンチン。口喧嘩の末に夫が、8階の自宅のバルコニーから妻を投げ落としました。幸いにして、妻は電線に引っ掛かり事なきを得ます。

これを受けて夫はバルコニーを飛び降りましたが、妻のように電線に引っ掛かる事無く地面に激突して死亡。飛び降りた理由は救出の為なのか追撃の為なのかはっきりしていません。

尚電線に引っ掛かった得た妻ですが、近くのバルコニーから救出され無事生還を果たしています。

1999年シャチと泳ごうと真夜中の水族館のプールに忍び込み死亡

シャチを泳ぐことを思いつき、夜中に水族館に忍び込むもシャチに引きずり込まれて死亡しました。これはアメリカでの出来事です。

また1999年はイスラエルにて、サマータイムと通常時間を間違えて時限爆弾の時刻を設定。爆弾を輸送中に爆死した3人のパレスチナ人テロリストも受賞しています。

2000年ベルトコンベア式の機械が詰まり直しにいくが巻き込まれて死亡

Bru-nO / Pixabay

こちらはアメリカでの出来事になります。ベルトコンベア式の木材製造機が詰まったところ、電源を切らずに修理に向かい、事態が解決した瞬間、機械に巻き込まれて死亡しました。

また同じくアメリカでは、飼い犬の逃走防止用に120Vの電流の流れる電気柵を作成した所、後日トマトを収穫する際に自身の手が柵に触れ、感電死した方もダーウィン賞を受賞しています。

2000年ハイジャックに失敗し飛行機から脱出するも転落死

Free-Photos / Pixabay

フィリピンでハイジャックを敢行するも失敗。そこで、手製のパラシュートを背にし飛行機から脱出するも、パラシュートが開かず犯人が死亡しています。

オーストラリアでは、フォークリフトの安全講習用のビデオの撮影中、速度の出し過ぎとシートベルトを着用していなかった為に投げ出された運転手が死亡すると言う何とも皮肉な事故も受賞を果たしました。

2000年虐待していた息子を挑発し刺殺された父親

JJuni / Pixabay

2000年のダーウィン賞は妙に多く、虐待していた息子に対し「俺が憎いならなら刺してみろ」と挑発していた父親が実際に刺されて死亡しています。

こちらもアメリカでの出来事であり、父親の最後の言葉は「ガキがこんな事するなんて信じられるか?」だっととされます。

尚死亡した父親と息子に血縁関係は無く、養子であった為にダーウィン賞受賞の運びとなったようです。

2001年呪術的なローションを2週間使用し不死身を証明するために死亡

devrawat21 / Pixabay

2001年はガーナの青年が受賞しています。呪術的なローションを2週間使用した青年は、不死身になった事を証明する為に友人に撃ってくれるように依頼。当然ながら不死身になっている筈もなく青年は死亡しました。

この他の受賞者に、急いでいた為に電車を弾き飛ばそうと踏切に突っ込み、はじき返されて死亡したドライバーやアスファルト溶液のタンク内でガストーチを使用し爆死した男性がいます。

2001年ブレーキが利かなくなった車を運転手一人が脱出し運転手一人だけ死亡

Free-Photos / Pixabay

山道を走行中、突如としてブレーキが作動しなくなり、運転手は同乗者に何も告げずに突如として車から飛び降りました。車は同乗者によって無事停止し、同乗者に死傷者はいませんでした。

一方運転手は飛び降りた際に頭部を強打。その結果死亡しており、運転手はダーウィン賞を受賞しています。

2005年古い雷管が起爆しないことを証明するため死亡

code404 / Pixabay

受賞者はベトナムで古い雷管を偶然発見した男性。彼は爆発しない証明の為に雷管を口にくわえて、友人に電線を繋いで貰った所爆発して死亡、ダーウィン賞受賞となりました。

スイスでは、自身の部隊に対し急襲訓練を行う事を思い立ったスイス群中尉が銃剣を携え急襲するも、驚いた隊員が発砲。銃弾を受けて死亡しました。

クロアチアではなぜか手榴弾を重し替わりに用いた煙突の掃除器具を作成中、手榴弾が爆発し死亡しています。スイス軍中尉の件と合わせて、こちらもダーウィン賞受賞となりました。

2007年酒で自ら浣腸を行いアルコールによる中毒死をしたアルコール依存症

6563351 / Pixabay

2005年、アメリカのアルコール依存症の男性が1.5リットルものシェリー酒を用い浣腸を行いました。

結果、アルコールの過剰摂取で中毒死。ダーウィン賞受賞となりました。

2008年風船と取付け飛び立ち遺体で発見された神父

ある神父はトラック運転手向けの休憩所を作成する資金集めの為、デッキチェアに1000個もの風船をつけて空に飛び立ちました。

一度海上から救助要請はあるも、神父は所持していたGPS装置の使い方が分からず、その為レスキュー隊も正確な位置を把握する事が出来ませんでした。

結局神父は遺体となって発見され、ダーウィン賞を受賞する事になりました。

2009年銀行のATMをダイナマイトで破壊し建物崩壊で窃盗犯死亡

3dman_eu / Pixabay

ベルギーで銀行のATMを破壊しようとした強盗2人組ですが、使用したのがダイナマイトだった為建物ごと倒壊。それに巻き込まれる形で死亡しました。

尚幸いにして爆破が行われた際に建物には他に誰もおらず、強盗以外に犠牲者は発生していません。

2010年動画も話題!電動車いすでエレベーターに突進し落下した韓国人

stevepb / Pixabay

こちらは動画でも話題になった韓国での出来事です。現在でも動画は残っていますので、どのようなものか視聴が可能です。

乗車直前にエレベーターの扉が閉まり、これに腹を立てた受賞者は助走をつけて3回エレベーターのドアに体当たりを行いました。結果扉を突き破ってホール内に落下し死亡しています。

この他燃料の入った樽に跨り、前方にダッシュする事を夢想し樽の尻に着火するも、当然そんな事は無く樽は爆発。樽に跨っていた2人組が死亡しました。

2011年ヘルメット着用義務化に抗議するため不着用で走行し死亡

sms467 / Pixabay

オートバイのヘルメット着用義務化に反対したドライバーは抗議の為、ヘルメット未着用で走行するも事故を起こし頭部を強打して死亡。身をもってヘルメットの重要性を証明する事になりました。

NEXT 2012年謝ってガソリンを飲み吐き出し口直しにタバコを吸おうとして引火し焼死