ががばばのやり方は?2021年現在はできない?意味や仕組みも解説おもしろ

ががばばのやり方は?2021年現在はできない?意味や仕組みも解説

目次

[表示]

りんなの女優デビュー

マイクロソフトが開発、運営した女子高校生型AI「りんな」が、「世にも奇妙な物語」で女優デビューするとして、2016年10月にブログを開設しました。

ブログは当初、可愛らしい雰囲気で女優の仕事について綴られているのですが、スクロールしていくと文字化けから画面がクラッシュし、一気にホラーな雰囲気に。

最後に「あなたはりんなの友達だよね?」という質問に答えると、「ががばば」に勝るとも劣らない恐怖演出があります。なお、現在でも「りんなのブログ」はネット上に残っています。

zerg rush

Googleで、「zerg rush」と検索すると、検索結果画面に大量の「O」が降ってきて、検索結果を荒らしていきます。タップやクリックでこの「O」を消去可能です。

全てのスマホやPCで可能なわけではないようですが、試してみる価値ありです。

askew

Googleで「Askew」と検索すると、検索結果画面が傾きます。これは、地図検索とフライト検索以外の全ての方法(画像検索や動画検索など)に適用されます。

そもそも、「Askew」とは英語で、「傾く」という状態を表す意味を持つ単語です。

I\’m Feeling Lucky

Googleの検索画面の検索ボタンの隣に存在する「I\’m Feeling Lucky」ボタン。

検索内容を打った後に、ここをクリックして検索をすると、検索結果の一番上に表示されたサイトに直接アクセスすることができます。

つまり、どのサイトに飛びたいかわかっている時に使えば、クリックが一度で済むので、時間短縮になるということです。

ドラクエ30

「ががばば」と同じく、Yahoo! JAPANで検索した場合のみ画面が切り替わって話題になったのが「ドラクエ30」というワードです。

これは2016年にドラクエ30周年を記念して企画されたもので、「ドラクエ30」と検索するとファミコン時代のドラクエの画面が広がり、次々現れるスライムをタップで消していくゲームが始まるのです。

どのような企画だったのかは上の動画でも確認できますので、気になる方はぜひご覧になってください。

「ががばば」は番組のプロモーション!

KELLEPICS / Pixabay

「ががばば」はテレビ番組である「世にも奇妙な物語」と検索ブラウザの「Yahoo!Japan」とがコラボして作り上げた、番組のプロモーションのための企画です。

2015年と2017年に「検索してはいけない言葉」としてネットで流行しました。今回は、そのやり方と真相についてまとめましたが、2020年現在はできないことがわかっています。

意味のわからないものや言葉はより人を不安にさせて、怖いと思わせることができるようです。

2/2