稲葉事件の真相とその後!稲葉圭昭と息子・畑中絹代の現在と映画! 社会

稲葉事件の真相とその後!稲葉圭昭と息子・畑中絹代の現在と映画!

目次

[表示]

2002年8月17日、稲葉圭昭の息子・暴力団関係者の乗る車が衝突事故

Free-Photos / Pixabay

2002年8月17日、畑中絹代・稲葉圭昭の息子と暴力団関係者の乗る車が衝突事故を起こします。

調べによると暴力団関係者の男は父親の逮捕で落ち込んでいる息子を励まそうと息子と、その母親である畑中絹代を誘い出し、飲酒をします。

その後畑中絹代の車で帰宅しますがその道中で追突事故を起こしそのまま逃走。車は暴力団関係者が運転していましたが畑中絹代は「自分が運転した」と嘘の自供をしたのです。

畑中絹代さんの現在は?

marcoreyesgt / Pixabay

畑中絹代も事件に関係したとして書類送検処分となりました。

そんな畑中絹代の現在の生活に関しては現在信ぴょう性のある情報はありません。

稲葉事件の犯人・稲葉圭昭の現在とは

Ichigo121212 / Pixabay

稲葉事件の犯人・稲葉圭昭の現在の生活はどのような物なのでしょうか?

現在ではインタビューを受けたりして事件を風化させないように活動しています。最新のインタビューとしては「VICE」に掲載されており、事件の様子や当時の状況などを赤裸々に語っています。

さらに自身で探偵事務所を開設したりもしています。

稲葉事件を誘発させた警察の制度や時代背景

Bru-nO / Pixabay

稲葉事件を引き起こした原因として当時の警察の制度や時代背景が挙げられます。そんな当時の状況についてまとめていきたいと思います。

事件の摘発による点数制のノルマ

matwdg / Pixabay

当時の警察は全国で頻発していた銃火器関係の事件の影響を受けて警察は組織を挙げて銃や覚せい剤摘発に向けて躍起になっていました。

稲葉圭昭の証言によれば当時は覚せい剤を摘発すると10点、それが5グラム以上だと+5点というように点数制となっていました。

ペアで月30点以上稼ぐことを求められ、点数を下回ると罰則が科されたそうです。

拳銃の摘発のために覚せい剤密輸を見逃す

stevepb / Pixabay

点数稼ぎのために次々と不正行為を行うときもありました。

時には捜査協力者の覚せい剤密売を見逃していたこともあったと稲葉圭昭は証言しています。

道警銃器対策課と函館税関もこれに便乗し、2000年4月頃、香港・石狩湾新港ルートによる覚せい剤の密輸入を2回見逃した事実もあります。

「首なし銃」で点数稼ぎ

銃摘発に向けて努力する警察たちでしたが地道な捜査では思うように成果が挙げられず、銃器対策室幹部は焦っていました。

とにかく摘発件数を稼ぎたい銃器対策室幹部たちは部下に、所有者の分からない「首なし銃」と呼ばれる銃の摘発も許可したのです。

その結果、銃を自分たちで用意し、暴力団に自首させるなどの偽造捜査を誘発させたのです。

2003年11月、北海道警裏金事件発覚

MabelAmber / Pixabay

2003年11月、北海道警裏金事件発覚します。

北海道警裏金事件とは北海道警察旭川中央警察署が裏金に関わっていたことが、北海道新聞の調査報道で発覚し関係幹部が大勢処分された事件です。

この裏金は捜査協力者がいたことにし、私的使われていたのです。結果捜査協力者への報酬は部下の自費で賄われており、密輸などの違法行為を助長したと言われています。

稲葉事件の裁判について

mohamed_hassan / Pixabay

2002年11月14日に行われた札幌地裁での初公判で稲葉圭昭は容疑を認め、その後の公判でも証言をします。最終的には有罪判決となった稲葉事件の裁判についてまとめていきたいと思います。

2002年11月14日 初公判で稲葉が罪を認める

Alexas_Fotos / Pixabay

2002年11月14日に稲葉事件の初公判が札幌地裁で行われました。

この裁判に現れた稲葉圭昭は自らの罪を認めたのです。

検察側は稲葉圭昭が密輸で得た収益は4000万円にも及んだこと、自らも覚せい剤を使用していたことを明らかにしました。

小樽市の事件のロシア人が、違法なおとり捜査と偽証で損害を受けたと訴訟

Anestiev / Pixabay

2005年7月5日、違法なおとり捜査と偽証で損害を受けたとして、小樽市で起きた事件に関係するロシア人が損害賠償を求め訴訟しました。

おとり捜査は任意の事情聴取や尾行・聞き込みなど対象者の重要な権利・利益を侵害しない任意捜査の場合のみ合法となります。

相手の自由意思を含まない強制捜査を伴うおとり捜査は違法となるのです。

2009年7月31日の稲葉圭昭が違法なおとり捜査であったと認める

B_A / Pixabay

2009年7月31日に行われた千葉刑務所の出張法廷で稲葉圭昭はおとり捜査が違法な捜査であったと認めました。

このおとり捜査を犯意誘発型捜査の違法なおとり捜査だったと証言したのです。

2010年3月19日、札幌地裁は違法性を否定

geralt / Pixabay

千葉刑務所の出張法廷での稲葉圭昭による証言を受けて札幌地検は2010年3月19日、北海道警察のおとり捜査だったことを認めましたが違法ではないと判断しました。

しかし、嘘の証言がなければ判決が軽くなった可能性があるして、道に慰謝料など計50万円の支払いを命じました。

稲葉事件の関係者のその後

geralt / Pixabay

警察関係者から多くの逮捕者を出した稲葉事件。では事件関係者のその後はどうなったのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

稲葉圭昭を告発したW氏のその後

JKKGDM / Pixabay

稲葉圭昭の捜査協力者であり、告発したWは2002年8月29日の朝札幌拘置所の個室で自殺しました

靴下を片方首に巻き、もう片方を口の中に入れ布団の中で横たわっていたところを刑務官によって発見されました。

死因は窒息死で、遺書などはなかったそうで、自殺として結論付けられました。

書類送検された銃器対策課4人の捜査員のその後

Alexas_Fotos / Pixabay

書類送検された稲葉圭昭、K警視、N道警本部外事課指導官、N道警本部外事課指導官はどうなったのでしょうか?

  • 稲葉圭昭:虚偽公文書作成・同行使容疑及び偽証容疑、覚せい剤取締法違反及び銃刀法違反
  • K警視:自殺したため不起訴のため「懲戒免職」
  • N道警本部外事課指導官:銃刀法違反及び偽証のため「減給100分の10、3ヶ月」
  • C釧路警察署係長:銃刀法違反及び偽証のため「戒告」

事件に関わった4人には以上のような処分が下されました。

しかしこの処分が本当に妥当なものだったかについてはたびたび疑問視する声もあります。

稲葉圭昭の交際相手、畑中絹代

Free-Photos / Pixabay

稲葉圭昭の交際相手である畑中絹代も稲葉事件に関係者として処分を受けました。

犯人隠匿および稲葉圭昭の覚せい剤使用事実隠匿にため懲戒免職処分となっています。

その後の生活については明確な資料がなく、詳しくは不明となっています。

稲葉圭昭の息子のその後

4144132 / Pixabay

稲葉圭昭の息子は現在どうしているのでしょうか?

稲葉圭昭の息子は現在父親の稲葉圭昭とともに「いなば探偵事務所」を営んでいるそうです。

北海道警察のその後

geralt / Pixabay

2002年12月27日は、11人の人間が処分を受けたと北海道警察は発表しました。

処分の内容は警察庁長官訓戒が1人、本部長訓戒が6人、本部長注意が4人です。

再発防止に努めてきましたが2016年6月22日に稲葉事件の再来ともいえる事件を引き起こし、その対策を疑問視する声も多々出てきています。

稲葉事件は映画化

Free-Photos / Pixabay

2016年6月25日、「恥さらし 北海道警悪徳刑事の告白」を原作とした映画「日本で一番悪い奴ら」が公開されました。

この映画は白石和彌監督によって製作され、稲葉事件を描いたものとなっています。

この映画にはなんと稲葉圭昭本人が出演しています。

2018年に起きた警察官の不祥事・犯罪

RyanMcGuire / Pixabay

稲葉事件のように警察官が不祥事を起こしたり、犯罪に手を染めたりという事例がたくさんあります。ここでは2018年に起きた不祥事・犯罪についてまとめていきます。

拳銃置忘れ

LovableNinja / Pixabay

12月15日、大阪府警第二機動隊に所属する20代の男性警官が拳銃を紛失するという事件がありました。

この男性警官は午前中にアメリカ総領事館警備の待機中コンビニのトイレに立ち寄りました。その際、実弾に入った拳銃や手錠が付いたベルトを置き忘れてしまったのです。

すぐにコンビニ店員が近くにいた別の機動隊員に届けたため事なきを得ました。大阪府警によると、ベルトを外す場合は必ず目の届く範囲に置くように指導しているといいます。

ストーカー

Mihail_hukuna / Pixabay

11月15日、元交際相手にストーカー行為を行ったとして愛知県警中村警察署所属の塚本貴裕が逮捕されました。

塚本貴裕は書面で一度警告されていたのにも関わらず、元交際相手の女性を電話で呼び出して復縁を迫り、付きまとったというのです。

逮捕後の取り調べに対して塚本貴裕は容疑を認めていたようです。

出会い系サイト

10月26日、勤務中に出会い系サイトを使用し、複数の女性と関係を持っていたとして滋賀県警本部所属の50代男性を6か月間10%の減給処分としました。

この警部は2014年から勤務中に十数人の女性と出会い、県内や京都のホテルなどに行っていました。時には警察の公用車に女性を乗せたこともあったそうです。

容疑者の上司である50代警視にも監督責任があったとして本部長訓戒の処分を下しました。

詐欺

ribkhan / Pixabay

10月20日、埼玉県警捜査二課は埼玉県警草加署刑事課巡査の石河大典を詐欺の疑いで逮捕しました。

石河大典は9月27日、草加市内の自宅で病死した男性の長女に「書類に発行には費用がかかる」と言い、82万円をだましとりました。その後も「200万円足りない」とさらに金を騙し取ろうとしました。

不審に思った遺族が草加署に相談したため事件は発覚しました。調べによると石河大典はだまし取った金を「ゲーム機の購入やスマホゲームの課金に使った」と供述し、罪を認めました。

覚せい剤所持

qimono / Pixabay

10月11日、北海道警薬物銃器対策課は覚せい剤を所持・使用していたとして札幌中央署薬物銃器対策課所属の成田順巡査部長を現行犯逮捕しました。

他の薬物事件の捜査中に成田順が覚せい剤を使用しているのではないかという疑惑が浮上。勤務後の成田順を事情聴取したところ容疑を認めました。

注射器など覚せい剤を摂取するときに使用する器具は見つかっていませんが、覚せい剤使用のために所持していたとみられています。

本当に使っている?警察の業界用語

geralt / Pixabay

稲葉事件でもカギを握った捜査協力者のことを警察官の間ではエスと呼ばれていました。ほかにも業過用語はたくさんありますので、いくつかご紹介したいと思います。

グニ

Free-Photos / Pixabay

グニは質を意味します。ちなみに「グニ込む」は質入れ、「グニ屋」は質屋を指します。

丁半博打では5,2をグニと呼び、二つの数を足すと7になることから由来すると言われています。

帳場

捜査本部を意味し、「帳場がたつ」というような使われ方をします。

捜査本部では書類を作成したり、様々な手配をしたりとやることがたくさんある様子を帳場に例えて言ったことが由来となっているといいます。

昔の警官は捜査本部で寝泊まりしていたことが多く、布団や食料を手配する必要があったことから帳場に例えられたのでしょう。

シャブ

Pexels / Pixabay

覚せい剤のことを指します。刑事物のドラマなどでもたびたび使われる用語なので知っている方も多いでしょう。

その由来は諸説あり覚せい剤の水溶液を振るとシャブシャブと音がするという説や、「削る、薄くそぐ」を意味する英単語「shave」に由来するという説があります。

他にも骨までしゃぶられる、覚せい剤を使用すると寒くなることからしゃぶいいうことに由来する説などかなり多くの説があります。

NEXT:ばんかけ
2/3