稲葉事件の真相とその後!稲葉圭昭と息子・畑中絹代の現在と映画!

稲葉事件は北海道警察所属の警官が覚せい剤や銃を密売として逮捕された事件です。北海道警察の人間が覚せい剤で逮捕された初の事例となっています。その背景には腐敗した警察の体系、捜査協力者とのトラブルなどがあったそうです。この記事では稲葉事件についてまとめていきます。

稲葉事件とは?

shpoks / Pixabay

稲葉事件は北海道警察内で薬物逮捕者が出た初めての事例です。警察官が薬物を使用したとして世間を騒がせました。稲葉事件の概要をまとめました。

北海道警察の生活安全特別捜査隊班長、稲葉圭昭が起こした事件

jackmac34 / Pixabay

稲葉事件とは2002年7月に北海道警察生活安全特別捜査隊班長所属の稲葉圭昭警部が逮捕された事件です。

罪状は覚せい剤取締法違反容疑と銃砲刀剣類所持等取締法違反容疑です。北海道警察で薬物の逮捕者が出たのは初の事例でした。

上記のような罪状で起訴され稲葉圭昭には有罪判決が下され、関与した人間が大勢書類送検されました。

稲葉事件の経緯

Tama66 / Pixabay

稲葉事件は警察官の薬物使用が発覚し逮捕・有罪判決にまで至った事件です。稲葉事件の経緯について詳しくまとめていきたいと思います。

2002年7月5日、W氏が覚せい剤取締法違反(所持)を自首、稲葉圭昭を告発

WikimediaImages / Pixabay

2002年7月5日に飲食店経営者のWが覚せい剤を持って札幌北署にて自首、その後逮捕されました。

Wは自首した際、北海道警察の稲葉圭昭が覚せい剤を所持・使用していたと告発します。

捜査協力者(エス)とは?W氏と稲葉圭昭の関係

pixel2013 / Pixabay

稲葉圭昭は警察官になると暴力団関係の捜査に携わりました。情報を入手するため暴力団関係者を捜査協力者として雇い、内部の情報を得ていました。

しかし、稲葉圭昭は資金の調達に困り、捜査協力者と共に拳銃や覚せい剤の密輸に手を染めたのです。

自首したWも捜査協力者の一人でした。稲葉圭昭とは親密な中でしたが、二人の間に金銭トラブルが生じ、そのことがきっかけで自首・告発に踏み切ったそうです。

NEXT 2002年7月10日、稲葉圭昭を覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕