三浦リカの現在は病気の後遺症?夫は堤大二郎?三國連太郎との関係?

女優の三浦リカさんは、テレビドラマなどの時代劇で活躍していましたが、最近はあまり表舞台には出ていません。というのが三浦リカさんは現在、特殊な病気の後遺症で、夫である堤大二郎さんが支援しているそうです。その病気とは、どんな病気なのかを調べてみました。

三浦リカの現在は病気の後遺症?夫の堤大二郎が支えている?

女優の三浦リカさんは、現在は病気の後遺症があるそうですが、どんな病気だったのでしょうか。夫の堤大二郎さんが、三浦リカさんを支えていることについても紹介します。

三浦リカのプロフィール

josealbafotos / Pixabay

女優の三浦リカさんは、1958年11月15日生まれの60歳です。岩手県下閉伊郡岩泉町出身で、本名は早島康代です。

夫は俳優の堤大二郎さんで、姉は女優の三浦真弓さんです。1975年から本格的に女優として活動しています。

4代目キリンレモンのイメージガールとしてデビュー、女優として活躍

三浦リカさんは、4代目キリンレモンのイメージガールとして芸能界にデビューしています。キリンレモンのイメージに合ったさわやかな美人です。

三浦リカは病気?患っている「全身性エリテマトーデス」ってどんな病気?

三浦リカさんが患っていた病気は、「全身性エリテマトーデス」という膠原病の一種でした。三浦さんは、2004年に手の甲にかさぶたができたのを心配して、病院に行ったそうです。

その診断の結果、「全身性エリテマトーデス」と分かりました。この病気は、突然のかさぶたがきっかけで、気がつくこともある病気です。免疫システムがおかしくなり、自分自身の正常な細胞を攻撃してしまう難病です。

また、この病気は全身のさまざまな臓器に、炎症や組織障害が生じてしまう病気でもあります。

三浦リカは現在でも病気の後遺症がある?夫の堤大二郎が支えている?

三浦リカさんは、「全身性エリテマトーデス」と診断され、ステロイドによる治療を勧められましたが、当初は副作用が気になり、治療を受けませんでした。

ステロイドを拒否した結果、その半年後に高熱と共に多臓器不全を併発してしまいました。一時は危険な状態になったこともあるそうで、その時の生存率が5%ほどだったそうです。

NEXT ステロイド治療を受ける