メシマズとは?意味は?メシマズ嫁の料理や弁当、修羅場スレもまとめ 恋愛・心理

メシマズとは?意味は?メシマズ嫁の料理や弁当、修羅場スレもまとめ

メシマズは飯がおいしくないという意味です。そして、基本的にお嫁さんの料理が下手だとメシマズ嫁と呼ばれ、それはしばしば離婚問題や修羅場に発展します。今回はメシマズの意味やメシマズ嫁の作ったお弁当や料理、そして修羅場エピソードをご紹介します。

目次

[表示]

メシマズとはどういう意味?意味は二つ?メシウマとは?

qimono / Pixabay

インターネットの書きこみを見ていると「メシマズ」や「メシウマ」という言葉が頻繁に出てきます。これはどういった意味なのでしょうか。

ただ「飯がマズい」「飯がうまい」という意味なのでしょうか。実は、このメシウマ、マシマズ、もう少し深い意味があります。

また、「メシマズ」には2つの意味が存在するので、そのことについても解説していきたいと思います。

メシマズとは?どういう意味?①:「他人の幸せで飯がまずい」

geralt / Pixabay

メシマズのひとつ目の意味は、「他人の幸せで飯がまずい」という意味です。主に2ちゃんねるのスラングで使われている言葉です。

「他人の幸せを見て、嫉妬のあまり飯がおいしく食べられない」という由来で、誰かが幸せなことを話したときに「メシマズ」と使われます。

また、何か非常に悲しいことやとてつもなくショックなことがあった場合にも、悲しすぎるために「メシマズ」という風に使われます。

メシマズとは?どういう意味?②:料理が下手

メシマズのふたつ目の意味は単純に「作る飯がまずい」、「料理が下手」という意味です。主にアニメキャラクターなどの一種の属性として使用されていた言葉です。

「焦がした」「調味料を入れすぎた」あたりはまだかわいらしい方で、ごく普通の食材や設備を用いて作ったにもかかわらず食べた者が生命の危機にいたる例すら散見され、しばしば「ポイズンクッキング」「ダークマター」「食べるな危険」「確死味(かくしあじ)」などと呼称される。たまに「見た目は普通だが味や中身が大問題」という逆に凄いパターンも。

(引用:ピクシブ大百科|メシマズ(めしまず)とは)

しかし最近では、最近ではパートナーの料理に関する感想として使われることも多いようです。特に女性の作る料理がおいしくない場合、「うちの嫁はメシマズ」というように使われます。

メシウマとは?人の不幸は蜜の味?

ivanovgood / Pixabay

「メシマズ」とは反対に「メシウマ」というのは人の不幸は蜜の味、他人の不幸で飯がうまいということから「ざまぁみろ!」と思ったときに使用される言葉です。

自分の嫌いな人がひどい目に遭ったときや「ざまあみろ!」というようなエピソードに関して、「メシウマだわ」というように使われます。

メシマズ嫁の料理がやばすぎる?エピソードまとめ

ArtsyBee / Pixabay

さて、他人の幸不幸は置いておいて、単純な意味での「メシマズ嫁」のエピソードをご紹介していきたいと思います。

男女が同性、結婚したときには、パートナー、特に女性の作るごはんの味というのはとても気になるところです。それがおいしくなかった場合「メシマズ嫁」の成立です。

今回は行き過ぎたメシマズ料理をご紹介していきます。

メシマズ嫁の料理がやばい?①:にしんそばのさんまバージョン

DanaTentis / Pixabay

あるとき男性が料理番組を見て「にしんそば、いいなー」と口ずさみました。そして、それを覚えていたお嫁さんがメシマズ行動に出ます。スーパーに行ってふと思いついたのです。

お嫁さんが「にしんは売っていないけれどさんまならある!よし、さんまそばを作ろう!今は暑いから冷たい方がいいかな」という風にです。そして、さんまをグリルで焼き、お蕎麦を茹でました。

その時男性は残業で帰宅が遅くなるとの事だったのですが、そのさんまは1時間以上もそばのめんつゆの中に浸されていて、食べるときには麺は伸び放題、さんまはぶよぶよになっていたそうです。

メシマズ嫁の料理がやばい?②:すき焼きに鯖

10-89 / Pixabay

メシマズ嫁からある日「今日はすき焼きよ~♪」というメールが入っていて、旦那さんは予防線のためにすき焼きのたれを買って帰ったようです。(すでにお嫁さんはメシマズと知っていたみたいです。)

そして、家に帰ると、魚の生臭さが充満していました。お鍋を見るとそこには牛肉ではなく鯖が入っていました。味もにおいもミスマッチで、子供は「臭い」と泣き食べようとしませんでした。

お嫁さんは関西出身で、関東とは何かとやり方が違うということだったのですが、結局すき焼きに鯖を入れるのはただただ臭くて食べる気にならなかったので、こっそり捨てたようです。

メシマズ嫁の料理がやばい?③:ビーフシチューにワイン1瓶

stevepb / Pixabay

あるときメシマズ嫁を持つ旦那さんが、自分のお子さんがポテトチップスをふりかけにしてごはんを食べているのを見つけました。それを不憫に思った旦那さんはビーフシチューを作りました。

そして、息子さんは何も言わずにおいしく食べたそうです。しかし、その夜、そのビーフシチューに旦那さんが取引先の方からもらった、大切な赤ワインが1瓶全て入れられた無残な状態で発見されました。

旦那さんはメシマズ嫁にそのワインに関してクレームを言ったところ、「ほったらかしにされていたから。大切ならちゃんとしまっておいて」と言われて修羅場になったそうです。

メシマズ嫁の料理がやばい?④:係長の嫁がメシマズすぎる

imnow316 / Pixabay

係長の飯マズ嫁のごはんを食べることになってしまったエピソードです。あるときメシウマ嫁を持つ男性が、夫婦でお見舞いのために係長の家に行くことになりました。

係長のお嫁さんはメシマズだったのを知っていたのでそそくさと逃げようとする男性ですが、メシウマ嫁が「ごちそうになりなさいよ」とにやにやしながら怖いもの見たさのために置いて行かれてしまいました。

その時にごちそうになったのは焼きそばでした。しかし、作り方はなぜか味噌汁を茹でる籠の中に麺とキャベツともやしを入れて茹でて、フライパンにそれを入れて刺身醤油とバターを入れて終わりのものでした。

メシマズ嫁の料理がやばい?⑤:殻つきのカキフライ

photo-graphe / Pixabay

ある男性のメシマズ嫁は貝類が嫌いなのですが、ある時魚屋さんで新鮮なカキを見つけました。メシマズ嫁は旦那さんがカキを好きなのを知っているので、それを買ってカキフライにしました。

旦那さんはカキフライと聞いて喜んで思いっきりかじりました。そうすると、歯に激しい衝撃が加わりました。そのカキは殻付きのカキフライだったのです。

旦那さんはなぜ殻を取らなかったのかと聞くと、メシマズ嫁は「だって私、貝たべないもん」という意味不明の言い訳をしてあきれ返りました。

メシマズ嫁の料理がやばい?⑥:オロナミンC炊き込みご飯

Alexas_Fotos / Pixabay

疲れた彼を思う優しい彼女を持つ男性がいました。そして、彼が疲れて帰ってきたときにでてきたのが「オロナミンC炊き込みごはん」です。

そのにおいは何とも言えず、点滴の後のトイレのようなにおいがしたそうです。

メシマズ彼女になぜそのようなものを作ったのかと聞けば「疲れが取れるかと思って」と喜々として答えたと言います。

メシマズ嫁の料理がやばい?⑦:漂白玄米ご飯

evitaochel / Pixabay

メシマズ嫁を持つ男性は、ある日、食卓で「これは食べてはいけないものだ」という勘が働いたようです。しかし、食べないとメシマズ嫁は泣いてお皿を投げてくるのでムリヤリ詰め込むことにしました。

そして、食べた後に救急搬送されてしまいました。なぜかというと、おすそ分けでもらった玄米を、普段はパン食のメシマズ嫁が料理しようと考えたからです。

茶色いままでは食べられないということには気が付いて、なんと玄米自体を漂白して調理をしたとのことです。警察やメシマズ嫁の両親も来て一時修羅場になったようです。

メシマズ嫁の料理がやばい?⑧:さつま揚げ殺人ボール

AlexAntropov86 / Pixabay

このさつま揚げ殺人ボールはメシマズ嫁がテレビでイワシは体にいいということを見てから始まったようです。普通はさつま揚げは内臓や骨を抜き取ってすり身にしてから揚げます。

しかし、このメシマズ嫁は内臓や骨はそのままですり身にして、真っ黒になるまで揚げました。男性がなぜ真っ黒になるまで揚げたのかと尋ねると、女性は「火の通りを考えて」とのことです。

メシマズ嫁は弁当もやばい?画像はある?

jelly / Pixabay

メシマズ嫁は普通の料理はもちろんのこと、弁当も悲劇的な状態のようです。仕事で疲れてようやっとお昼だ!というときに見る弁当の存在はさらに悲しさを増すことでしょう。

それでは、メシマズ嫁のお弁当を画像付きでご紹介いたします。

メシマズ嫁は弁当もやばい?①:漬物弁当

これはケンカの後のお弁当のようです。しかし、メシマズ嫁のお弁当はこれが通常営業です。ミョウガとたくわんの色合いがごはんの色合いとマッチしていて鮮やかですね。

一応お伝えしておきますが、おかずは別の箱に入っているということはありません。このひとつのボックスのみがお弁当です。

メシマズ嫁は弁当もやばい?②:弁当にサッポロ一番味噌ラーメン

メシマズ嫁を持つ男性がお弁当を開けたら、漂うみそのいい香り。その中には、2倍に膨らんだ麺と、完全に冷め切ってしまった味噌ラーメンのスープが入っていました。

その男性は疲れて切っていたところ、お弁当の蓋がくっついて飽かないと思ったらこのお昼だったため、悲しい気持ちを抑えきれなかったようです。

メシマズ嫁は弁当もやばい?③:色がおかしいシチュー弁当

ごはんにシチューをかけるかかけないかという論争の以前の問題のメシマズ嫁のお弁当です。このシチューの中には一体何が入っていたのでしょうか。醤油などが隠し味で入っていないことを祈るばかりです。

この画像を見る限りでは、このシチューの具の中にナスのようなものが入っているのが見受けられます。ナスの色素がホワイトソースを色のおかしいシチューに変えてしまったのでしょう。

これを食べた後のメシマズ嫁を持つ男性のお腹を心配するばかりです。

メシマズ嫁は弁当もやばい?④:おじや

料理は見た目も重視といいますが、このお弁当はその法則を端から無視してかかります。おそらく味はそこまで悪くはないとは思いますが、お弁当の全てがおじや。

ちなみに中身はキアヌらしきものと昆布のようなものです。これを見ればお弁当を隠しながら食べたくなってしまう気持ちもわかります。

そして、この後のメシマズ嫁の旦那さんの腹持ちが気になるところです。

メシマズ嫁は弁当もやばい?⑤:豆弁当

このメシマズ嫁のお弁当は節分の後のお弁当だそうです。味気ないし、咀嚼しているのを想像するとだんだん悲しくなってきます。塩すらもかかっていないものだったようです。

これと比較すると、まだたくわん飯の方が食べられるような気がしてしまいます。

メシマズ嫁の旦那様はもしかしたら年男だったのかもしれません。その配慮で大豆を入れてくれたメシマズ嫁のやさしさだと信じたいところです。

メシマズ嫁は弁当もやばい?⑥:石弁当

この石弁当はもはや食べ物ではありません。昨晩壮絶なケンカがあったのかと予想できます。これはメシマズ嫁というよりは、鬼嫁の嫌がらせ弁当といえるのではないでしょうか。

実際のところこの画像をアップしたメシマズ嫁の旦那さんは「重さを調節するために石をいれたのだそうです。」と発言しています。重さがあるからバレないだろうということでの行動のようです。

ちなみにこの男性のアカウント画像がこのお弁当の画像になっていました。これはなかなかない出来事だったために、本人もネタにしているのかもしれません。

メシマズ嫁の気になる隠し味とは?

philm1310 / Pixabay

どんなふうに作ったらメシマズ料理が完成してしまうのでしょうか。メシマズ嫁の旦那さんからのSOSに等しい「メシマズ嫁の隠し味」をご紹介します。

豚の角煮にイチゴ味のジャム

RitaE / Pixabay

ある日旦那さんが食べた豚の角煮は、甘じょっぱいというよりも甘いよりの味付けでした。メシマズ嫁に一体何を入れたのかと聞いてみたら、隠し味に「イチゴ味のジャム」を入れたというのです。

脂っこくて甘い塊の完成の瞬間でした。その日は真夏でとても食べられたものではなかったものの、旦那さんは全て平らげたようです。

全ての料理にワンスプーンの酢

Anelka / Pixabay

ある旦那さんのお嫁さんはメシマズ嫁ではありませんが「健康」に過剰反応するお嫁さんでした。そして、テレビで「酢がいい」という情報をみたお嫁さんはすべての料理に酢を入れるようになりました。

旦那さんは胃に悪いからやめてくれ、といったのですが、結局お嫁さんは「健康にいいから」の一点張りでなおさなかったそうです。

おじやにお酒

auntmasako / Pixabay

ある日、旦那さんが風邪をひいて寝込んでしまいました。それを不憫に思ったメシマズ嫁は旦那さんにおじやを作ってあげることにしました。

そして完成したのが、たまごのおじやです。ひとつ普通と違うのが、蓋を開けた瞬間から香ってくる酒の香りです。酒を入れて玉をを入れてご飯を入れて作ったのでした。

そして、結局それは食べずに過ごしたようです。

メシマズ嫁とは離婚になることも?メシマズで離婚が認められる?

stevepb / Pixabay

メシマズ嫁とその旦那さんの間に様々なトラブルやいざこざがあることはこれまででお判りいただけたと思います。そして、最悪のケースとして、メシマズ嫁だったがために離婚になることもあるそうです。

そのケースも1件や2件だけではありません。果たして、メシマズ嫁を持ったということだけで離婚は認められるものなのでしょうか。

それでは、メシマズ嫁と離婚をしたというケースをご紹介していきます。

メシマズ嫁と離婚が認められた?①:ジャムのせ牛乳かけご飯は嫌がらせ?

JESHOOTS-com / Pixabay

メシマズ嫁を持ったがために、離婚調停によって離婚まで至った男性のお話です。その食事の内容がひどすぎて、調停員さんに同情されて「嫌がらせ」として離婚にこぎつけられたようです。

そのメシマズ嫁は結婚するまで実家にいて、料理をしたことがなかったそうです。結婚すれば自然と料理ができるようになると思っていたようで、それがうまくいかずに味音痴になり逆切れを繰り返しました。

そして、メシマズ嫁の旦那さんは生焼け肉の肉じゃがを食べて消化不良で病院に行ったら、メシマズ嫁に貧弱呼ばわれされました。最終的にはジャムのせ牛乳かけごはんとなり、離婚を決意しました。

メシマズ嫁と離婚が認められた?②:親子丼が不味すぎて娘が泣く?

amandacatherine / Pixabay

メシマズ嫁の作る親子丼が原因で離婚をした男性もいます。離婚の際弁護士さんに「この料理は暴力に等しい」というように言われて、幸い(?)離婚にこぎつけられたようです。

メシマズ嫁はもともと味音痴で、食卓になぜかサワークリームが置かれているような状況でした。ある日、異臭のする親子丼を作りました。その親子丼を3歳くらいの娘さんが食べて「まずい!」と言いました。

そして、メシマズ嫁は顔が般若へと変わり、娘さんをビンタしました。それから大口論となり、食が細くなった娘さんを不憫に思った旦那さんは離婚を決意しました。

メシマズ嫁と離婚エピソード:息子の批判にブチギレて嫁から離婚届

geralt / Pixabay

あるメシマズ嫁は息子の発言にブチギレて離婚を申し出ました。その持つ旦那さんはなかなかメシマズ嫁のごはんが変わらないことから、レシピ集を手に入れて自分で料理をしていたようです。

そして、旦那さんの食事を食べた息子さんが「パパのごはんはおえってならないから好き」という発言をメシマズ嫁は良く思わず、「お母さんの特性メニューが食べられないならもういい!」と言って実家に帰りました。

メシマズ嫁のご実家でも、結局特性メニューではなくちゃんとレシピ通りに作れと言われて家出をし、数日後に旦那さんのもとに離婚届が送られてきて、結局離婚に至りました。

NEXT:メシマズ嫁と離婚エピソード:同僚の嫁に教わって?→あんなブスに教われるはずない
1/3