フラッカ(ゾンビ化する麻薬)は日本に流通している?衝撃の動画とは

ドラッグのニュースを聞いた事の無い方はいないと思います。しかし、ドラッグと言っても種類は沢山あり、名前だけ聞いても一般人からすればイマイチピンと来ません。そこで、今回は数あるドラッグの中でもゾンビ化しヤバいと言われる「フラッカ」について調査してみました。

リアルバイオハザード?ゾンビになる薬物フラッカとは

stevepb / Pixabay

覚せい剤や大麻などと違いフラッカの名前にはあまり馴染みが在りません。それでは、そもそもフラッカとは一体どのようなドラッグなのでしょうか。

アメリカで大流行したフラッカとは?

qimono / Pixabay

アメリカでは、世界で消費される半分の麻薬を消費する麻薬汚染大国だと言われています。そんなアメリカでフラッカは大流行しました。

フラッカは意図的に持続性と中毒性を高めており、毒性も強い合成麻薬です。製造は中国で行われるとされ、「研究用化学物質」としてアメリカ国内に入り、以後インターネットで流通します。

フラッカを毒性や服用する事による症状などについては、後程詳しく解説いたします。

日本円で400円以下でお手軽に買えるフラッカ

Brett_Hondow / Pixabay

またフラッカは他の麻薬に比べて非常に安価な事が蔓延に拍車を掛けています。その安さ故に、学生や若者、ホームレスでも手軽に購入が可能です。

フラッカの一度の服用に掛かるのは350円程度であり、1kgでも18万5000円程度。コカインの15分の1以下の値段であり、現地では「5ドル(600円)の狂気」とも呼ばれています。

スペイン語の俗語では「美しい女性」

ivabalk / Pixabay

安価であるが故に大流行したドラッグ「フラッカ」ですが、その恐ろしさとは裏腹にスペイン語の俗語で「美しい女性」を意味します。

しかし、美しい名前とは裏腹に服用すれば服用者当人にも周囲にも被害をもたらす非常に危険なドラッグです。

ドラッグが関連する事件についてはこちら

なぜフラッカを服用するとゾンビになる?症状は?

darksouls1 / Pixabay

フラッカは危険極まりないドラッグですが、何故服用するとゾンビ化するのでしょうか。本項ではフラッカを服用した際に現れる症状などについて解説いたします。

フラッカの服用による症状

GDJ / Pixabay

他の高価なドラッグと比較し、フラッカは摂取後早い段階で幻覚症状やひどい妄想などの症状が現れます。襲われたり、追いかけられる幻覚を見る為に逃げるように街中を走り回る事もあります。

また体温は40度以上にまで上昇。その結果、服を脱ぎ捨て全裸になったパターンも報告されており、心臓へダメージも与えます。

加えて、服用した結果感覚がマヒするのかスタンガンが効かない服用者もおり、警察4人がかりで取り押さえられた事もありました。

人に追いかけられる幻覚症状に陥り、警察署のドアを蹴ってガラスを割ったホームレスの男(50)や、「犬に追いかけられている」といって全裸で街中を走っていた男(27)、「私は悪魔だ」と叫びながら全身血だらけの全裸で走り回っている少女(17)が逮捕された。

(引用 産経新聞)

症状は長い場合2週間ほど続く

webandi / Pixabay

フラッカは1度の使用で3日程度効果があり、その間幻覚症状などが継続します。しかし、常習者が使用した場合などは2週間も効果が持続するとされます。

ゾンビ映画のように人を食べることもある

Ahmadreza89 / Pixabay

またフラッカ服用による症状として、興奮状態に陥った事や幻覚を見ての他害行為があげられます。

いきなり殴りかかるなどの他、人や物に噛みつきたい騒動に駆られ、映画やゲームのゾンビの如く人を食べようと襲い掛かる事もあります。

この他車道に飛び出し、車に轢かるも立ち上がった事例なども存在しており、まさにゾンビになるとの話通りの効力を持っています。

木とセックスをする人もいる

Larisa-K / Pixabay

フロリダ州ではフラッカを使用した男性が逮捕されています。フラッガ使用後、全裸になり木に登った男性は以下のように語りました。

「自分は神。木とセックスしている」

(引用 livedoor NEWS)

またフラッガの強い幻覚作用故に、電子レンジの中から次々と人が飛び出してくるなどと自ら警察に通報した事例も存在しています。

上述の通報をしたのは男女2人で、駆け付けた警察に幻覚を否定するも支離滅裂で珍妙な発言が目立ったため身柄を確保。違法薬物使用などの罪で起訴されました。

自らを燃やす中毒者

kummod / Pixabay

海外の動画サイト「the YNC.com」では、ゾンビドラッグを使用後、自らの体に火をつけた男性の動画が公開されています。

幸いにして、男性は生存しており、動画自体も消火後のものではあるも、焼け焦げた着衣や痛々しく変色した皮膚など火の痕跡を窺い知る事が出来ます。

動画に映る男性は、意識が朦朧とした様子で周囲に視線をさ迷わせており、自身の身に何が起こったのかさえ分かっていないかのようです。

毒性が強く死者を出している

PeterDargatz / Pixabay

前述の通り、フラッカの毒性は非常に強く、2014年9月から2015年5月にかけてのフロリダ州ブロワード群におけるフラッカによる死者は18名にものぼります。

当然ながら他州や他国においても、フラッカの使用者はおり数十名の死者が出ていると言われ、専門家は毒性の強さの他、フラッカの持つ強い中毒性の危険性も指摘しています。

フラッカを服用している女性の動画

MrRomanelli / Pixabay

YouTubeなどでは実際にフラッカ使用者の女性を捉えた動画が公開されています。有名なのが、駅のホームで叫び苦しんでいた女性が突如として襲い掛かって来るものです。

その様相はまさにゾンビであり、撮影者の男性は全速力で逃げています。また電車に乗車中、突如として他の乗客に殴りかかり、取り押さえられる動画も公開されています。

何れの動画もフラッカを使用する事の恐ろしさが十二分に伝わる動画となっていると同時に視聴には注意が必要な動画です。

まさにゾンビ化した動画

SvenKirsch / Pixabay

先程紹介した動画の他にもフラッカ使用者の動画は公開されており、駐車場に停車中の車にリアガラスが砕け散るほどの勢いで体当たりする光景や地面の上でのたうち回る姿などを見る事が出来ます。

動画を見る限り、性別や年齢には様々ですがいずれがおよそ人間とは思わないほどに異様な様相を呈しており、まさにゾンビ化したとしか言いようのないほどです。

ゾンビになる理由は主成分の「α-PVP」が原因か

kaboompics / Pixabay

フラッカを構成する主な成分は「α-PVP」であり、使用した際にゾンビ化するのはこの成分が原因だと考えられます。

α-PVPは摂取後、中枢神経に作用し強い興奮作用をもたらします。尚日本において、α-PVPは麻薬扱いであり、所持しているだけでも処罰の対象となります。

フラッカは日本に流通している?

ambermb / Pixabay

フラッカではありませんが、日本国内においても違法薬物を使用した結果重大な事故や事件を引き起こした事例が幾つも存在します。それでは、恐怖のゾンビドラッグ「フラッカ」は日本にも入ってきているのでしょうか。

フラッカに近いメリーちゃんが広島県で摘発されている

kaboompics / Pixabay

2014年、合法ドラッグを使ったと言って広島の佐伯署に出頭してきた男が逮捕されました。男が使用したのはメリケン粉から名前の取られて通称「メリーちゃん」であり、これはバスソルトの隠語だとされます。

メリーちゃんは覚せい剤に酷似した作用を持ち、値段は覚せい剤のおよそ半分。シャブよりも安く、シャブよりも効くと謳う売人も居たようです。

メリーちゃんにはフラッカと同じくα-PVPが含有されており、フラッカに似たドラッグです。またメリーちゃんは覚せい剤よりも幻覚を見易いと言われています。

使用すると不安感も高まることから、佐伯署幹部は「不安になった結果、おかしくなって『シマウマに追われてる』とか『ヤクザに追われてる』とか言って警察に駆け込むやつは多い。今回の男もそういうことだろう」

(引用 東スポWeb)

フラッカの流通は嘘?フラッカと似たドラッグは日本に存在している

stux / Pixabay

フラッカそのものの流通はないようですが、前述のメリーちゃんに限らず、α-PVPが含まれたドラッグは存在しており、脱法ドラッグの名前で販売されていました。

かつては脱法ドラッグや脱法ハーブと呼ばれたそれらは、現在では危険ドラッグに名前が変わっていますが、そのきっかけとして使用者による死者も出す程の凄惨な事故が起きたのは周知の事実です。

現状日本にフラッカはほぼ流通していないとされている

B_A / Pixabay

件のα-PVPですが、2012年には危険薬物に指定され、翌年には麻薬に指定されています。本格的に取り締まりも開始され、所持しているだけで処罰の対象となるのは前述の通りです。

また中国政府も危険ドラッグの成分となりうる薬品製造の規制に踏み出し、結果として中国国内における危険ドラッグ主成分の製造が激減しています。

またフラッカなどα-PVPを主成分とするドラッグの流行と収束までのスパンは短い事などから現状日本では流通していないとされます。

フラッカの都市伝説

Amber_Avalona / Pixabay

アメリカアトランタにある米国疾病管理予防センター、通称CDCには戦争に使用する細菌兵器の研究開発が行われているとの都市伝説があります。

また戦争に際し、人間をゾンビ化させる薬も研究していると言われ、フラッカやマイアミゾンビ事件で有名なバスソルト。いわゆるゾンビドラッグと呼ばれる類のものはここから流出したのではないかと言われます。

マイアミゾンビ事件において、当初バスソルトの名前があがっていましたが、後に警察が使用したのは大麻と訂正した事や犯人が射殺されている事なども要因の一つのようです。

フラッカ以外の危険ドラッグ

qimono / Pixabay

世界には多数の違法薬物があります。その中でも特に恐ろしい副作用をもたらし、ハマると死ぬとまで称される危険ドラッグを紹介いたします。

ゾンビ化するフラッカと似たドラッグバスソルト

currens / Pixabay

マイアミゾンビ事件で一躍注目を浴びた危険ドラッグバスソルト。摂取後1~2時間の間は多幸感が押し寄せて来ますが、その後はバッドトリップに襲われます。

麻薬を摂取した時に、頭痛/嘔吐/虚脱感/幻覚などの症状が出てしまった事を云います。

(引用 yahoo!知恵袋)

また視界が歪み、体が震えて、膨張した血管が浮き上がり、幻覚が見える様になります。

更にバスソルトは麻薬犬を使っても発見が難しく、更に従来の尿検査では発見が難しい為に覚せい剤などと比較しても取り調べが難しいという側面を持っています。

クロコダイル

miniformat65 / Pixabay

ロシアで生まれ、西欧やアメリカにまで広がりを見せるクロコダイルは正式名称をデゾモルヒネと言い、非常に安価で製造が出来る上に使用者を1年以内に死に至らしめます。

主な原料は処方箋無しで入手できる咳止め薬、それにガソリンやシンナーを混ぜます。専門的な知識がなくとも、製造が可能であるが為にネット上で作り方が公開されました。

副作用で生きながら皮膚が腐食します。腐食した皮膚の様子がウロコに似ている事になぞられて、クロコダイルと呼ばれ、やがて壊疽が始まり、肉が腐り骨が露出します。

ブルンダンガ

katicaj / Pixabay

中央アフリカに自生するナス科の植物より採取可能なブルダンガは現地語で悪魔の吐息を意味し、1gで20人を死に至らしめる程の毒性を持ちます。

ブルダンガを摂取した人間は記憶と意思を失い、行動に妄想が現れる他、一定量を超えると自由意志さえ欠落。他者に完全に従う操り人形と化す為、犯罪組織が用いる事もあります。

ブルダンガは正式名称をスコポラミンと言い、冷戦時代のCIAはこれを自白剤として使用していました。

ウーンガ

jarmoluk / Pixabay

HIVなどの治療薬と洗剤などの成分を混ぜ合わせて作られるウーンガは、南アフリカの貧しいエイズ患者たちの間で特効薬と信じられ広がりました。

ヘロインと殺鼠剤を混ぜたものと言う説もありますが、真偽は定かではありません。

麻薬としての中毒性は非常に高い上に、内出血や潰瘍などが全身に起こり最終的に死に至ります。

危険ドラッグ摂取による幻覚や幻聴について

5187396 / Pixabay

危険ドラッグを摂取した際の症状として幻覚や幻聴に見舞われたり、ありもしない妄想をしてしまう事があります。

それでは、具体的に一体どのような幻覚や幻聴に見舞われるか。本項では危険ドラッグ摂取時における、幾つかの症例を紹介いたします。

化け物に見える

Free-Photos / Pixabay

友人宅にて数名の友人とハーブを吸った男性達は、気分が昂って皆でAV鑑賞を始めました。最初は普通に視聴していましたが、突如として友人が泣き出しました。

画面に映るAV女優を指さして化け物だと述べ、なぜこんなものを見せるのかとテレビに向かい、近くにあったものを手当たり次第に投げつけ始めます。

その後は友人は他の友人達に対して怒り始め、カミソリを持ち出して来たので慌てて家を飛び出したとの報告が存在します。

冷蔵庫が発進

Pexels / Pixabay

ある男性は友人と共に脱法ドラッグを使用した後、冷蔵庫のコンプレッサーの音を聞いていました。すると、冷蔵庫が次第に角ばったロボットに見えてきたと証言しています。

そして、友人に冷蔵庫が発進すると告げたところ、友人も同じ幻覚を見ていたようで「マジだ」と肯定の言葉を返しました。

NEXT その他の幻覚や幻聴