永岡真実の現在は結婚?引退後はOL?引退理由は?五つ子シリーズ

知名度はそれほどありませんが昼ドラマの名作TBS愛の劇場「大好き!五つ子Go!」で顔なじみだった永岡真実さん。実の兄はアナウンサーの永岡歩さんです。2018年にはインスタで結婚報告がありました。そんな彼女の現在の活動に関して追跡しました。

永岡真実の現在は?結婚してた?芸能界は引退したの?

元・女優でグラビアアイドルの永岡真実さんは現在何をしているのでしょうか?芸能界は引退し、つい最近結婚もしたという情報が確認されています。

非常に若い時代から活躍した彼女のことを追ってみます。

永岡真実のプロフィール

  • 本名:永岡真実
  • 生年月日:1989年8月16日(29歳)
  • 出身地:千葉県野田市
  • 血液型:A型
  • ジャンル:女優、グラビアアイドル

永岡真実の兄弟?兄はCBCのアナウンサー、永岡歩?

永岡真実さんの実の兄は現在も中部日本放送(CBC)のアナウンサーをしている「永岡歩」さんです。彼は2018年、ラジオ番組表の「好きなDJランキング」AM部門で第1位になったほどの人気の実力者です。

永岡真実の現在は結婚?インスタで報告してた?五つ子も集合?

上記のインスタ画像は永岡真実さん公式アカウントでの発表の画像です。ここにかつて「大好き!五つ子Go!」での兄弟姉妹での共演者が一堂に集結しています。

番組終了後、約10年が経過してもなお、このように親交があるのはよほど仲がいいという証拠ですね。

永岡真実は2010年に引退していた?DVD発売記念イベントとブログで発表?

永岡真実さんは2010年3月、DVD「恋たわわ」の発売イベントにて電撃の引退を発表。全くの土壇場発表に復帰を祈る声が高かったものです。

さらに自身の公式ブログでも、2010年4月2日の発言を最後に発信が止まりました。所属事務所のアミューズとの契約も更新せず事実上の引退となりました。

永岡真実の引退理由は学業専念?永岡真実は成城大学文芸学部だった?

永岡真実の引退の理由は「学業専念」ということでした。2008年4月に入学した大学は成城大学です。この大学は付属の小学校から大学までが同じ都内の敷地にあるという今では大変希少な学校法人です。

この大学出身者の有名人は多数いて政治家や俳優、そして数多くのアナウンサーを輩出しています。

永岡真実は引退後、広告代理店のOLとして働いている?

mickey970 / Pixabay

未確認情報ではありますが永岡真実さんは2014年に広告代理店に勤続したとの報告があります。今現在は結婚の事実が確認されましたので勤続を続けているかどうかは不明です。

またTwitter上ではWikipediaに記載されている企業名とご自身は無関係であるとも主張されています。

永岡真実の現在の画像はある?インスタとtwitterは現在もやっている?

永岡真実さんはご自身でインスタもTwitterもアカウントを持っています。しかしTwitterに関しては2017年末を最後にツイートは止まったままでアカウントは残っています。

一方インスタのほうは2019年も投稿があり、結婚一周年の話題などでコメントも賑わっています。顔の画像がアップされていますが今でもその美貌は健在。今すぐ芸能界復帰してもおかしくない程です。

水着が美しい!?永岡真実の出演作品まとめ

永岡真実さんは中学生の頃から10代向けファッション雑誌のモデルをしていました。長身の上スタイルは抜群でグラビアを飾るにはうってつけの女性でした。

永岡真実の出演作品:ドラマ「大好き!五つ子Go!!」

TBS愛の劇場というお昼のドラマ枠で「大好き!五つ子!」シリーズは通算11期放映されました。特に五つ子シリーズは夏休み期間の放送がほとんどで幅広い年齢層から支持されるドラマとして今も語られます。

永岡真実さんは2005年の第7期から最終話まで、長女・紀香役を務めました。おっとりした性格ながら成長ぶりが著しく永岡真実さんのはまり役だったといえます。今でも共演者同士の交友が続いているそうです。

永岡真実の出演作品:ドラマ「のだめカンタービレ」

テレビドラマから映画版2部作まで大化けしたドラマ「のだめカンタービレ」。ここに永岡真実はそのままの配役名でグラビアアイドルとして登場。出番は写真と名前だけだったとのことです。

それでもこの大人気ドラマに足跡を残し、ファンの記憶にも残るのだからすごいことです。

永岡真実の出演作品:ドラマ「3年B組金八先生8」

歴代俳優・女優を生み出し続けたTBSの金字塔ドラマ「金八先生」では最終シーズン8で第13話「紗理奈」役で出演。生徒ではなく年上女性の悪役での登場でした。

街頭でティッシュ配りをしていた紗理奈は生徒・智春が自分に「気がある」ことを見抜く。そこで紗理奈は無邪気を振る舞って「お金を貸して」と。やがてこれをきっかけで美人局的な恐喝へと自体は発展。

単発のゲスト出演ではありましたがシーズン半ば、15歳の揺れ動く中学3年生像を描くエピソードとして大きな役どころだったといえるでしょう。

永岡真実の出演作品:映画「ユビサキから世界を」

「ユビサキから世界を」は2006年公開された行定勲(ゆきさだいさお)監督による中編映画。4人の仲良しクラスメイト女子が退屈で希望のない日々に嫌気して突発的な集団自殺計画をたてることから始まる物語です。

決行当日の夜、自殺開始までの時間が次第になくなり、自他の「死」を強く意識し始め4人の心はそれぞれ微妙に変化し動き始めていくというストーリー。

行定勲監督は巨匠・岩井俊二さんの助監督経験が長く、自身の映画作品でも2004年の「世界の中心で、愛をさけぶ」で売れっ子監督の座を不動のものにした鬼才です。

永岡真実はミニストップやファンタのCMにも出演していた?

永岡真実は、2003年にミニストップ「夕張メロンソフト」、2004年にファンタ「夏休みだよ校長先生篇」に出演していたことが記録されています。

永岡真実は写真集も人気?

永岡真実さんはその長身と素晴らしいプロポーションから、多くのグラビアを出しています。惜しげもなく大胆なビキニで露出も多いけどどれもが健康的で素敵なものです。

写真集は3冊発行されていて、また水着姿の多いDVDと共に今でもオークションでは高値取引される程。重版はないだけに市場に出回っている永岡真実さんのグラビアは価値の高いものばかりです。

永岡真実の性格は?スリーサイズも徹底解析!

永岡真実さんの性格は温厚でそして生真面目だったようです。このへんは当り役だった「大好き!五つ子Go!」での紀香役と重なる部分があるようです。

頭脳のほうも成績優秀で、兄の歩さんが埼玉でもトップクラスの開智高校で、真実さんはそれに劣らぬ進学校「淑徳与野高校」卒業からの成城大学卒です。

永岡真実が芸能界入りしたきっかけは「月間デ・ビュー」のオーディション?

月間デ・ビューとは媒体上で一般人応募型のスカウトを専科とする雑誌でした。歴史は古く初回刊行は1983年とされています。1982年のアイドル大豊作の翌年に当りますね。

永岡真実さんは同雑誌、2002年夏の特別オーディションに合格。当時はまだ中学生でしたが10代向けファッション誌「ラブベリー」の専属モデルとなりました。

永岡真実の胸のカップ数やスリーサイズは?

さて、そんな永岡真実さんの悩殺ボディについてです。情報として入手できたものによればスリーサイズは「B86.W60.H90」だそうです。その時々で変化はあったと思いますが。

そして最も気になるバストですが、こちらは10代の時点ですでに「Fカップ」だったことがほぼ間違いないようです。現在インスタから垣間見えますが今でもそのプロポーションと美貌は全く衰えていない様子です。

永岡真実の趣味や特技は?

公式にいわれている「趣味」はまずピアノだそうです。あとは大学の専攻で「映画・演劇理論」を学んでいることなどから、映画鑑賞も。

特技は水泳で「バタフライ」が得意だと、元・所属事務所公式サイトでは書かれていたようです。水着がバッチリ似合う彼女ですから、これは頷けますね。

40年の歴史を持つ「愛の劇場」とは?「大好き!五つ子!」は記録的作品!?

お昼放送枠の目玉「愛の劇場」は1969年の放送開始から、「大好き!五つ子」の最終話2009年まで、40年の歴史を誇るTBSの看板番組でした。歴代視聴率では「岸壁の母(1977)」が19.1%でトップ。

1999年までは花王が1社提供でタイトルも「花王・愛の劇場」というものでした。70年代は当時流行の「よろめき」路線で家庭の主婦向けの内容でしたが徐々にホームドラマ化。6週30話完結が多かったです。

この「愛の劇場」ではトータル11ものシーズンを歴任した「大好き!五つ子!」と、「天までとどけ」の2つが代表格。両者の主演森尾由美と岡江久美子の間では「はなまるマーケット」で話題に上ったことも!

顔とボディ両方で悩殺グラビアクイーン!永岡真実を惜しむ声多数!?

単にダイナマイトボディでグラビアデビューする女性は数限りなく後を絶ちません。しかしながら永岡真実さんは中学時代からその均整の取れたボディと可愛い顔の両面で短い芸能生活に華を咲かせました。

結婚報告の後もインスタでは「すぐにでも芸能界復帰」してもおかしくない程の美しさを見せてくれています。引退してもなおその姿を隠そうともしない姿勢には「復帰」の期待も膨らみます。

永岡真実さんは今年でもまだ30歳という若さですから、何かの機会にまた私たちの前に登場するかもしれませんね。芸能界ではそういった前例もよくある話ですからこれからも期待しましょう!