淫夢くんの元ネタや正体は?動画が動物虐待と警告された?

「完全に勝利した◯◯UC」というタイトルの動画を見たことがある人は多いと思います。その元ネタは淫夢くんと呼ばれるある動物だと言われています。今回は完全に勝利した〇〇UCの元ネタや、淫夢くんがどんな動物であるかについてまとめました。

淫夢くんとは?

qimono / Pixabay

淫夢くんとはなんでしょうか。マスコットキャラクターのような可愛らしい名前をしていますね。淫夢くんはとあるビデオに登場した動物だと言われています。

淫夢くんの元ネタは真夏の夜の淫夢

O12 / Pixabay

淫夢くんの初出は、ACCEED社のホモビデオ「BABYLON STAGE 34 真夏の夜の淫夢 ~the IMP~」です。なぜホモビデオに動物が登場することなどあるのでしょうか。

突然登場、「ヴォー…」と鳴き眼光を光らせる

kropekk_pl / Pixabay

ことは真夏の夜の淫夢のタイトル場面で起こりました。タイトルが出て「真夏の夜の淫夢…」という音声が流れるのですが、その後になぜか端から突然動物が顔を出します。これが淫夢くんです。

橋から突然登場した彼は「ヴォー…」とうめき声を発して目を光らせました。その後画面が暗転し本編が始まります。

淫夢くんは一見猿のようでありながらその正体がはっきりと分からない見た目をしており、なぜホモビデオのOPに登場させたのかという疑問もあいまって謎に包まれた存在とされました。

2012年ニコニコ動画で話題を呼んだ

jill111 / Pixabay

正体が謎に包まれている淫夢くんですが2012年に「完全勝利した淫夢くんUC」という動画がニコニコで投稿されてから話題になりました。この動画は非常に流行し、後に数々のリスペクト作品が作られています。

淫夢くんにはクソザコナメクジなど様々な呼び名がある

Schwoaze / Pixabay

淫夢くんが動画で登場するたびに様々な呼ばれ方をされる流れが存在し、その中では「クソザコナメクジ」「クッソ汚い害獣」「クッソ愛くるしい聖獣」などと様々な呼ばれ方をしています。

蔑称が目立ちますが、これは一種のネタでありしかも淫夢くんはただの動物であるため憎んでいるひとはいないと考えていいでしょう。全て愛称のようなものです。

動物虐待?完全勝利した淫夢くんUCの動画

この完全勝利した淫夢くんUCの動画は、スローロリスがゆっくりと手を挙げる一連の動作に、機動戦士ガンダムUCの名BGM「UNICORN」を流して壮大な雰囲気に演出するという内容でした。

動画内では「ん?流れ変わったな」のコメントが殺到

stux / Pixabay

動画内では、最初は「よわそう」「まだ弱そう」などのコメントが多いのですが、曲が盛り上がり始めると同時に「ん?」「流れ変わったな」「強くなりそう」とコメントに変化していきます。

そしてスローロリスが手を挙げるシーンと曲の一番の盛り上がりが合わさったところで「強い(確信)」「約束された勝利の剣」「日本が核を持たない理由」などと様々表現で褒めそやされる、というのが一連の流れです。

この動画は現在までに350万再生されており、この爆発的ヒットの影響で様々なUC動画が作成され、現在も投稿され続けています。

淫夢くんがスローロリス説が濃厚となった動画

淫夢くんの正体には諸説ありましたが、この動画が爆発的にヒットしたことにより淫夢くんはスローロリスであるという言説が有力になっていきました。

また、ネタの出自をしらない人々にとっては完全に淫夢くん=スローロリスという認識が出来上がり、もはや疑いようのない事実であるかのように認識されていきます。

霊長類唯一の毒を持つ絶滅危惧種スローロリスとは

動画ではゆったりとした動きが特徴のスローロリスははたしてどのような動物なのでしょうか。

スローロリスは東南アジア一帯に生息するサルの仲間です。平たい顔の正面にとても大きな目を持っていることが特徴で、樹上で生活しています。

そのゆっくりとした動きは昆虫を警戒させずに捕獲するための進化とも言われており、愛くるしい見た目などからペットとして大きな注目を集めました。

スローロリスの毒

qimono / Pixabay

スローロリスには毒があります。肘の内側の腺から分泌される物質を唾液と混ぜ全身に広げて纏っているこの毒は、天敵に襲われないようにする効果や、寄生虫の抑制などの効果があるとされています。

これにより、スローロリスは毒を持つ唯一の霊長類として知られています。

動物虐待と研究者が警告を出した

kpuljek / Pixabay

スローロリスがペットとして注目されたのは、ある動画からでした。脇をくすぐられるスローロリスの動画で、その愛くるしさなどが広く知られました。

ですが、これによりスローロリスの密猟者が爆発的に増え、元々絶滅危惧種であるスローロリスは更に数を減らしています。

これらの事象を重く見た研究者は、「スローロリスをくすぐるのは虐待である」として警告を出しました。

淫夢くんの正体が明らかにされた

Counselling / Pixabay

スローロリスとしての認識が定着しつつあった淫夢くんですが、なんと元の映像で使用されている画像が特定され、そこから何の動物かが明らかになりました。

淫夢くんはスローロリスではなくリスザルと判明した

joelfotos / Pixabay

淫夢くんUCが投稿された同年の2012年、真夏の夜の淫夢で使用されていた画像が発見されました。その画像のタイトルは「Squirrel Monkey」。日本語でリスザルの意です。

なんと淫夢くんはスローロリスではなくリスザルという事が判明し、もはや淫夢くんはスローロリスとして認識していた人々は衝撃を受けました。

テン説、ハクビシン説、アイアイ説なども存在した

skeeze / Pixabay

淫夢くんはその微妙に何なのか分からない風貌により、様々な憶測がたてられていました。その中ではイタチの仲間のテンであるという説や、ハクビシンであるという説、はたまたアイアイであるという説も存在しました。

テンはともかく、ハクビシンやアイアイは実際の写真と照らし合わせても似ている部分があります。

元々はリスザルのイラストが似ていなかったのが原因ですが、淫夢くんは推理の材料として多くの人を楽しませました。

淫夢くんの評判と風評被害

mohamed_hassan / Pixabay

先述の通り、淫夢くんは非常に賛否両論な評価をされています。

一口に「クッソ汚い害獣」ではなく、バリエーションを付けて「◯◯するクッソ汚い害獣」などと言われることもあり、現在では「◇◇するクッソ◯◯な✕獣」という一つのテンプレートとして定着しています。

勿論褒められるときもこの形が使用される事が多く、そのテンプレートの定着ぶりがうかがえます。

淫夢くんの評判について

Pixaline / Pixabay

元のイラストがリスザルだったにも関わらず、現在でも淫夢くんはスローロリスとしてのイメージが定着しています。そのためかスローロリスに関連するネタとしての別称が豊富です。

同じ生息域のオランウータンに捕食されていることや、動きが鈍いためあっさり密猟者にあっさり捕獲されることなどから「森のおやつ」などと称され、この呼名を気に入ってる人も多いようです。

風評被害を受けたガンダム

erik_stein / Pixabay

淫夢くんUCで使用されたことにより、ガンダムの楽曲であるUNICORNも風評被害を受けました。

動画のイメージが強過ぎて、楽曲が使用されているだけで「ん?」「流れ変わったな」というコメントがつくようになってしまいました。

ガンダムの曲が使われた理由

3271136 / Pixabay

数ある曲のなかで、なぜガンダムのUNICORNが使われるに至ったのでしょか。その真相は明らかになっていません。

ですが、動画と楽曲のシンクロ度から考えてもスローロリスの動画を見つけてから曲を探してもっとも相応しいものがあった、という流れは多少不自然ですね。

UNICORNの壮大さを知っていて、スローロリスの動画をたまたま見つけて合成した、という流れの方が自然に思えます。少なくとも日本のインターネットではスローロリスよりもガンダムのほうが有名でしょう。

淫夢くん以外のマスコットキャラクター

tangjiao990 / Pixabay

淫夢くんは淫夢のマスコットキャラクターとして定着していますが、他にもマスコットとされているものがあります。ここで見ていきましょう。

観葉植物くん

scottwebb / Pixabay

観葉植物くんはただの観葉植物です。ホモビデオに限らずドラマ作品では観葉植物が映ることはままあります。室内などにインテリアとして置かれるのである意味当然ですね。

ニコニコ動画などに投稿されているホモ動画にはある程度定型化しているコメント群があり、その中の一つに「観葉植物くんは全てを見ていた…?」など観葉植物に対して言及するものがあります。

それが転じてただの観葉植物がマスコットキャラクター扱いされるに至ったんですね。

セミ兄貴

PROD83 / Pixabay

兄貴という名前がついてはいますが、ただのセミです。淫夢界隈では呼び名を◯◯兄貴とするのが一般的なことから、セミ兄貴と呼称されています。

ホモビデオは撮影環境が悪いものが多く、大きく雑音が入ることがままあります。セミ兄貴もその類にもれず撮影しているシーンで大声で元気に鳴いています。

「セミ兄貴迫真の演技が光る!」などという形のネタコメントも定着しています。

ココアライオン

dadaworks / Pixabay

ココアライオンとは一体何でしょうか。ポンデライオンのような可愛らしい響きですね。これは元々MURという淫夢キャラクターの一人の「ここ洗えよ」が「ココアライオン」に聞こえたというものです。

ここからMURをライオンにしたり、ココアライオンというキャラクターを捏造してネタにする事があります。

ボルターガイストくん

webandi / Pixabay

ACCEED社が発売したホモビデオ「ショタコン」内にて突如発生した謎現象が話題になり、ポルターガイストくんという名前がつくに至りました。

どのような現象が起こったか

Bess-Hamiti / Pixabay

ショタ役の男優がケーキをプレゼントしようとホールケーキを箱から開けたところ、箱が不自然な動きで回転移動しました。この動きは明らかに奇妙なものであり、様々な考察がされています。

CG合成である

Rachealmarie / Pixabay

あらゆる不思議映像の原因を考察する際、CGという考え事態は不自然なものではありません。

ですが、ホモビデオの編集は総じてクオリティが低く、突然CGを頑張ってみたというのは不自然であること、そもそもショタ物のホモビデオでホラー要素は必要ないことなどから信憑性は薄いです。

本当にポルターガイストがいた

Fotoshautnah / Pixabay

身も蓋もない意見ではありますが、本当にポルターガイストがいたと考える人もいるようです。明らかに不自然な動きは、科学的見地での考察を放棄させるほどだったのでしょうか。

机が傾いた

Free-Photos / Pixabay

机が傾いた結果箱が滑ったのでは、という説もあります。ですが映像を見る限り机は動いておらず、机は四足で安定して見えることからこの信憑性も低いです。

ものすごい勢いで息をした

blickpixel / Pixabay

箱の横に強い息が当たってその力で箱が移動した、というものです。それほどまでに強く息を吹けば音や体の動きで分かりそうなものですが、全くそんな様子はないため違うとされています。

箱以外の全てが回転した

PIRO4D / Pixabay

回転したのは箱ではなく、箱以外の世界全てだという説です。その頭の柔らかさ、逆転の発想に多くの人が称賛しました。

箱だけが空間に固定されているという状態がまず奇妙ですが、周りが高速で動いたとすればテーブルクロスの要領で箱だけが世界に置いていかれるように見えるのも不自然ではありません。

しかし箱の回転して見える軸は地軸と明らかに一致しておらず(地軸は北極と南極を結んでいるため)、突如地軸が変わったとする説も信憑性がないためこの説も違うのではないかと言われています。

淫夢くんグッズの販売

Free-Photos / Pixabay

スローロリスとして認知された淫夢くんはその可愛らしさなどから人気を博し、パロディと思われるフィギュアも販売されています。

NEXT 淫夢くんがフィギュア化されたと言われた