松本竜介の死因やコンビ解散理由は?紳助が葬式に参列しなかったワケ エンタメ

松本竜介の死因やコンビ解散理由は?紳助が葬式に参列しなかったワケ

お笑い芸人の松本竜介についてまとめました。49歳という若さでこの世を去った松本竜介ですが、死因は一体なんだったのでしょう。葬式・告別式の様子、元相方島田紳助との関係、ダウンタウン松本人志との関係についても詳しくご紹介します。

目次

[表示]

お笑いコンビ「島田紳助・松本竜介」の松本竜介は現在死亡していた!死因は?

松本竜介は笑いコンビ「島田紳助・松本竜介」(通称、「紳助・竜介」または「紳竜」)のツッコミ担当で島田紳助の元相方として有名です。

紳竜は漫才ブームに波に乗りリーゼントヘアにツナギ姿という独特のスタイルで一世を風靡しました。しかし、2006年4月に若くしてこの世を去ってしまいました。死因は一体なんでしょうか。

松本竜介のプロフィール

  • 本名:松本稔(まつもとみのる)
  • 生年月日:1956年4月6日
  • 没年月日:2006年4月1日(49歳没)
  • 活動期間:1977年 – 1998年
  • 事務所:吉本興業

漫才ブームの波にのり漫才コンビ紳竜として一斉を風靡した松本竜介。1985年に人気絶頂の中コンビ解散し、その後は実業家転身、自己破産など波乱万丈な人生を歩むことになります。

松本竜介は2006年に脳幹出血で死去していた

iamwahid / Pixabay

芸能活動休止後の晩年は、風俗レポーター、風俗案内所の所長など職を転々としていましたが、風俗案内所の勤務中に脳幹出血で倒れ2006年4月1日に49歳の若さでこの世を去りました。

松本竜介の死因は?

Momentmal / Pixabay

2006年の3月22日、当時大阪ミナミの風俗案内所の所長をしていた松本竜介ですが、勤務中に脳幹出血で倒れました。案内所の仕事はほとんど休みがないほど多忙だったそうで脳幹出血の遠因とも言われています。

倒れる直前に一緒に勤務していた従業員に言った「頭がいたい。救急車を呼んでほしい。」という言葉が最後の言葉でした。

そして、50歳の誕生日の5日前となる2006年4月1日に亡くなりました。

島田紳助との復活漫才が計画中だった

1987年に吉本興業を退所した松本竜介ですが、島田紳助との間で50歳になったら舞台で漫才をする約束をしていたそうです。

漫才コンビ紳竜を再結成するという話ではなく、一緒に舞台に立って漫才をしようということだったみたいですが、お揃いのツナギ衣装もすでに用意していたとか。

50歳を目前として亡くなってしまったため復活漫才をが行われることは残念ながら叶いませんでした。

一周忌には緊急特番が放送され話題に

一周忌となる2007年4月1日には「今日は松本竜介の一周忌やねん!」という追悼番組が放送されました。内容は、島田紳助を筆頭にゆかりのある芸人達で松本竜介の思い出話に花を咲かせるというものです。

生前はあまり脚光を浴びることのなかった松本竜介のプライベートでの振る舞いや、家族との関係、芸人仲間との関係などを垣間見ることができる番組で話題となりました。

特に家族については、ネットで調べてもあまり情報が出てこないため松本竜介を詳しく知れる唯一の番組となっています。

松本竜介の葬式の様子は?島田紳助は参列していない?!

jill111 / Pixabay

50歳を目前に帰らぬ人となった松本竜介、晩年は芸能活動を休止していましたが通夜や葬式の様子はどうだったのでしょうか?元相方の島田紳助は葬儀に参列しなかったという話は有名ですが何故なのか?

約500人が参列した松本竜介の葬儀・告別式

松本竜介の葬儀・告別式は亡くなった日の2日後の2006年4月3日に大阪府大阪市北区長柄西の大阪北玉泉院で行われました。

かつて所属していた吉本興業の所属芸人や関係者、ファンなど約500人もの人々が弔問に訪れ話題となりました。

出棺の際には多くの芸能関係者が涙

出棺の際は大先輩の西川きよしをはじめ、B&B(島田洋七、洋八)、ぼんちおさむ、のりお・よしお(西川のりお、上方よしお)、オール巨人、太平サブローといった芸人仲間達が竜介が眠る棺を見送りました。

西川のりおが「竜介!これがお前の最後の舞台やぞ!お前のためにいっぱい来てはるで」と絶叫しながら泣き崩れたそうです。

走り去る霊柩車に向かって「竜介〜!」と芸人達が叫ぶシーンがとても印象的でワイドショーなどでも何度も取り上げられていました。

島田紳助は参列しなかった?その理由は?

葬儀・告別式の弔辞を読み上げたのはB&Bの島田洋七で、元相方の島田紳助は2日の通夜、3日の葬式ともに欠席しました。

同期のオール巨人によると「泣いて何もできないと思うから行きたい気持ちはあるけど遠慮しておく」というのが出席しなかった理由のようです。

紳ちゃんは来なかったのですが、『俺・竜助の顔よう見んし、泣いてしまって何にもで出来ひんから行きたい気持ちは勿論有るけど・・皆で頼むわ』って頼まれました。

僕は快諾しました、紳ちゃんの気持ち、理解してやって下さい

(引用:オール巨人の日記2006~2009/4)

松本竜介と島田紳助の仲は?コンビ解散の理由

コンビ解散後、島田紳助は司会者として多数の番組に出演、一方の松本竜介は自己破産という対称的な人生を歩んでいますが、コンビ仲はどうだったのでしょうか。

そして、コンビ解散には現在でも第一線で活躍をしている「あのコンビ」が関係してきます。

島田紳助・松本竜介コンビ結成秘話

漫才コンビ「島田紳助・松本竜介」が結成されたのは1976年です。当時、漫才をやるために相方を探していた島田紳助は同期の明石家さんまを誘いますがさんまはピンでやることを決めていたため誘いを断ります。

そのとき明石家さんまが島田紳助に紹介したのが松本竜介です。島田紳助は松本竜介の前に2人とコンビを組みましたが、どちらも島田紳助の漫才づくりの厳しさについて行けなかったようです。

3人目の相方となった松本竜介ですが、最初は漫才をせず島田紳助が独自の分析により作り上げた笑いの教科書を徹底的に覚るところからスタートしたそうです。

ツッパリ漫才で一躍人気芸人に!

独自の分析により「若い世代にだける受ける漫才」を生み出した島田紳助は、それまでスタンダードだったコンビお揃いのスーツ姿の衣装をやめ、リーゼントにツナギ姿という独特のスタイルで舞台に立ちました。

それはいわゆる不良少年のファッションスタイルで、その見た目と「落ちこぼれの本音」を代弁するスタイルで中高生を中心とする多くの若者の支持を集め、瞬く間に人気コンビとなったのです。

1977年京都花月でデビューをし、その後NHK上方漫才コンテストでは決勝まで勝ち残り優秀敢闘賞を受賞。人気番組THE MANZAI、オレたちひょうきん族にも出演し2人の人気は絶頂期を迎えます。

コンビ解散の理由はダウンタウンだった?!

漫才ブームが収束した1985年5月、絶頂期ほどではないにしろ紳竜の人気は健在でしたが5月6日に記者会見を開きコンビ解散を発表し世間を騒がせました。

この時に「このまま続けてもサブロー・シローやダウンタウンには勝てない」と当時無名のダウンタウンの名前を挙げたことはあまりに有名です。

この発言自体は当時それほど話題にはなりませんでしたが、後にダウンタウンが世に出てきたときに改めて注目されることとなります。

松本竜介と島田紳助は不仲ではなかった

1985年に解散した島田紳助・松本竜介のコンビですが、2人のコンビ仲が悪かったかというとそんなことはないようです。

一周忌に放送された追悼番組「今日は松本竜介の一周忌やねん!」の中で島田紳助は「コンビ解散後も仲が良かった」と語っており、お互いに悩みがあるときなどは直接会って話をしていたようです。

番組には松本竜介の家族も出演しており、故人についてに穏やかに語っている様子からみても島田紳助との関係が非常に良好であったことが推測できます。

島田紳助と松本人志の不仲にも松本竜介が関係?

ネット上には、島田紳助とダウンタウンの松本人志が不仲でその原因が松本竜介の葬式と関係しているという噂があります。

その竜介の追悼特番で「松本も竜介の葬式にきて泣いてくれた」というような旨の発言をしたのだ。
しかし、松本はいちいちそんなもので自分の名前を上げているところに腹を立てていたようだ。

(引用:島田紳助Lab)

しかし、これはあくまでも噂でしょう。松本は島田紳助が芸能界を引退した後もテレビ番組で島田紳助・松本竜介の漫才に影響を受けた話をしています。

松本は「今、紳助さんとか、すっごいムキムキなの!」と証言し、「しゃくれてる奴って、やっぱ頑張る」と断言したのだった。

(引用:livedoorNEWS)

また、引退後の紳助の身体の変化について自ら言及しているので、良好な関係であることが推測できます。

松本竜介の波乱万丈な人生

AndrewSonghurst / Pixabay

コンビ結成から瞬く間に人気芸人まで上り詰めた松本竜介ですが、解散後は非常に苦労をし実に波乱万丈な人生を送りました。

松本竜介の学歴や経歴

ariesa66 / Pixabay

松本竜介は徳島県の出身で高校は大阪市立都島工業高等学校を卒業しました。卒業後は味の素グループの食品会社に就職しサラリーマンとして勤めますが、すぐに退職をしました。

その後、京都花月の舞台裏方として芸人修行をしていたところ、明石家さんまの紹介で島田紳助と出会い漫才コンビ「島田紳助・松本竜介」を結成するに至ります。

コンビ解散後には実業家へ転身して自己破産

Chronomarchie / Pixabay

1985年のコンビ解散後も芸人としての活動は続けていました。1987年には青芝金太・紋太というコンビで活躍していた青芝紋太と「竜介・モンタ」を結成。しかし、1年程で解散し吉本興業も退所しました。

その後もタレント業を続けながら映像制作会社を起業し実業家となりました。しかし、喫茶店、アダルトビデオ制作といった事業に失敗し1億3000万円の借金を抱えたため、1998年に自己破産を申し立てました。

これをキッカケに吉本興業とは疎遠になります。

河内家菊水丸に弟子入りするも破門

自己破産後は河内家菊水丸の誘いで弟子入りし、「河内家ピンポン丸」という名で再起を測りました。

菊水丸はタレントとしては吉本興業に所属するも本業の音頭取りとしては吉本のマネジメントを受けていないため、吉本と半ば絶縁状態だった松本竜介に手を差し伸べることが可能だったようです。

しかし、入門当初からトチリ(無断欠席・遅刻)を繰り返したため、見かねた菊水丸は早々に破門を言い渡しました。その後、ほどなくして芸能活動は休止状態となってしまいます。

大阪の歓楽街で職を転々

芸能活動休止後の松本竜介は名古屋の風俗レポーター、キャバレー店員、大阪ミナミの風俗案内所の所長などと歓楽街で職を転々としていたようです。

松本竜介は結婚してる?息子と漫才も!

qimono / Pixabay

波乱万丈な人生を歩んだ松本竜介は結婚していたのでしょうか?奥さん、子供について調べてみました。息子と漫才をしたという噂もありますがその真相は?

松本竜介は結婚してる?嫁の情報は?

NjoyHarmony / Pixabay

松本竜介は1980年に妃加子さんという女性と結婚をしています。出会いのキッカケはナンパでした。街を歩く奥さんに一目惚れをした松本竜介が猛アタックをし、2年後に見事ゴールインとなったのです。

結婚と紳竜コンビの東京進出のタイミングとが重なっていたため松本竜介が忙しく、新婚時はなかなか一緒に過ごす時間が取れなかったと追悼番組内で語っています。

人気番組「オレたちひょうきん族」では親子3人で舞台にあがり漫才をしたこともあります。波乱万丈な人生を歩んだ松本竜介ですが、夫婦仲、家族仲は決して悪くなかったようです。

松本竜介と息子がコンビでM-1グランプリに出場

松本竜介には安史(やすし)さんという息子がおり、2002年のM-1グランプリには親子でコンビとして出演しました。予選の2ヶ月前に松本竜介から安史さんに「漫才してくれないか?」と持ちかけたそうです。

本番2日前に松本竜介が手品のネタをやりたいと言い急遽ネタ変更し本番にのぞみました。しかし、手品10個中2つのネタが飛んでしまいテンパって1分間の持ち時間の内40秒間くらいほぼ無言だったそうです。

結果は当然予選落ちです。島田紳助が審査委員長を勤めていたM-1に息子とコンビを組んで出場した松本竜介は一体どのような心境だったのでしょうか。出来れば決勝の舞台でのコンビ共演を見てみたかったものです。

松本竜介と芸人仲間との関係

3dman_eu / Pixabay

人気お笑い芸人として一世を風靡した松本竜介ですが、島田紳助以外との関係はどのようなものだったのでしょうか?

通夜には明石家さんまも出席

2006年4月2日に大阪北玉泉院で営まれた通夜には、明石家さんまも出席したそうです。

島田紳助に松本竜介を紹介したのは、島田紳助と同期のさんまです。あまりそういう場には顔を出さないさんまがわざわざ駆けつけたことからみても、良好な関係であったことが伺えます。

ダウンタウンとの関係

ダウンタウンは2人とも漫才コンビ「島田紳助・松本竜介」に多大な影響を受けていることをテレビ番組などで公言しいます。

漫才がうまくいかなった時には、紳竜の漫才をテレビからカセットテープに録音して聞いて勉強をしたそうです。

ちなみに松本竜介と松本人志は同じ松本という苗字ですが、親戚関係などはありません。

NEXT:吉本の同世代芸人との関係
1/2