皆川おさむ(黒ネコのタンゴ)の現在は?腎臓移植手術?逮捕歴も? 歌手・アーティスト

皆川おさむ(黒ネコのタンゴ)の現在は?腎臓移植手術?逮捕歴も?

歌の中には、性別や世代に関係なく耳に残るものが存在します。爆発的な大ヒットとなった「黒ネコのタンゴ」もその内の1つとして数えられます。それでは、同曲を歌われた皆川おさむさんは今現在何をされているのでしょうか。今回は皆川さんの現在に迫ってみました。

皆川おさむの現在は?糖尿病?腎臓の移植手術を受けていた?結婚は?

470906 / Pixabay

元祖人気子役とも称される皆川おさむさん。2014年には芦田愛菜ちゃんと鈴木福君にエールを送りましたが、今現在は何をされているのでしょうか。

皆川おさむのプロフィール

WandererCreative / Pixabay

  • 本名:皆川おさむ
  • 生年月日:1963年1月22日
  • 国籍:日本
  • 代表作:クロ猫のタンゴ

皆川さんは東京都出身で2019年で56歳になります。またカーマニアとしても有名な方です。

1969年、6歳の時に「黒ネコのタンゴ」で歌手デビューし大ヒット

皆川さんが歌手として活動し始めたのは1969年、6歳の時の事。イタリアの童謡を日本語カバーした「クロ猫のタンゴ」でデビューしました。

国内では200万枚以上の大ヒットとなっています。これは日本の歴代CD・レコード売上ランキング16位にランクインしています。

また日本語版がアメリカなどでも販売。イタリア語やフランス語で歌唱した同曲が各国で発売されており、全世界で400万枚以上の売り上げを記録しました。

皆川おさむの現在の画像は?糖尿病で腎臓悪化、人工透析に?病気になっていた?

全国的な知名度を獲得した皆川さんですが、過去に受けた取材で50歳を過ぎてから体長が悪い事を語っています。

ご本人曰く糖尿病にかかり、その結果腎臓を悪くし人工透析を受けていたと言います。

皆川おさむは姉から片側の腎臓をもらい、移植手術を受けていた

sasint / Pixabay

また2012年には、姉から腎臓の提供を受け移植手術を受けたと告白しました。

それに伴って首の調子もあまりよくないと語っています。

皆川おさむは現在まで結婚しておらず、子供もいない?

Takmeomeo / Pixabay

同取材においては、皆川さんの体調を気遣い、結婚について記者が訪ねています。

皆川さんによると、結婚はしておらず子供も居ないそうです。

皆川おさむは皆川和子の死去後、「ひばり児童合唱団」の代表を務めている

ひばり合唱団の創始者は皆川さんの叔母にあたる皆川和子さん。安田祥子、由紀さおり姉妹もひばり合唱団に所属し、和子さんの個人レッスンには吉永小百合さんも通っていました。

多くの才能を見い出し、育てた和子さんも2004年に脳梗塞で倒れ、2014年に亡くなっています。

皆川さんは叔母の育てた合唱団をこのまま無くせないと思い、また和子さんに子供が居なかった事もあり引き継ぐ事を決意。一切の仕事を辞め合唱団に専念し、現在は合唱団の代表を勤めています。

「ひばり児童合唱団」70周年には吉永小百合も駆けつけた

Pexels / Pixabay

2012年にはひばり合唱団は70周年を迎えました。それを記念しサントリーホールで記念公演が行われました。

創始者の和子さんも車いすで壇上にあがり、駆け付けたかつての生徒たちと交流しています。

またこの公演には吉永小百合さんも駆けつけており、壇上で挨拶を行いました。

併せて読みたい吉永小百合さんの記事はこちら

皆川おさむは2015年には著書「太陽がくれた歌声」を出版

ThoughtCatalog / Pixabay

歌を通して子供たちに希望を。そんな願いの元に合唱団を立ち上げた叔母和子さんについて、皆川さんは以下のように述べています。

「当時、歌番組やドラマの現場にはいつも伯母がついて来てくれていて、私にとっては実の母よりも伯母に育てられたような感覚があるんです」

(引用 週間女性PREMIUM)

2015年、皆川さんはそんな叔母の生涯と思い出を綴った「太陽がくれた歌声」を出版。出版にあたり、卒団生の方にお話を聞いて回り、改めて叔母の偉大さを知ったとコメントしています。

2017年には「クイズ!脳ベルSHOW」に出演

Free-Photos / Pixabay

あまりテレビに出演されることのない皆川さんですが、2017年3月8日、9日に放送されたBSフジのクイズ番組「クイズ!脳ベルSHOW」に出演されました。

2018年にはテレ朝のじゅん散歩にも出演している

MabelAmber / Pixabay

また翌年2018年にはテレビ朝日系「じゅん散歩」にも出演。現在の御姿をお茶の間に届けました。

その時は「小さい大橋巨泉」と自らを称しています。

皆川おさむに逮捕歴?窃盗で逮捕って本当?

声変りを機に、小学校6年生で表舞台から姿を消した皆川さん。ドラムに転向し、短大進学にあたり打楽器を専攻しましたが、逮捕説が囁かれました。はたして、噂は本当なのでしょうか。

1984年、洗足学園短大1年の頃窃盗で事件を起こした?逮捕されていた?

WikimediaImages / Pixabay

結論から申し上げますと、皆川さんは確かに逮捕されています。1984年、当時短大生で21歳だった皆川さんは、会社員の男性と共に車の部品販売会社に侵入しました。

部品やタイヤなど118万円相当を盗み、また5件200万円相当の余罪があったとされます。カー用品店を開きたくて盗みに入ったという理由が語られていました。

同年6月22日は執行猶予付きの有罪判決が下されています。

皆川おさむの子供時代は?「黒ネコのタンゴ」以外の代表曲まとめ

Schmidsi / Pixabay

僅か6歳で華々しいデビューを飾った皆川さん。クロ猫のタンゴが有名なのは言うまでもないですが、それ以外に何か活動はしていたのでしょうか。また他に出した曲はあったのでしょうか。

皆川おさむは子役としても活躍していた?子供の頃の画像は?

上の画像が子供の頃の皆川さん。元祖子役と称される通り、皆川さんは子役としても活躍され、映画やドラマに出演されています。

そう言った経歴もあり、前述の通り芦田愛菜ちゃんと鈴木福君に対しすごいと賞賛しエールを送りました。

余談ですが、クロ猫のタンゴが大ヒットした事により「お小遣いが増えたのか?」と尋ねられた事もありますが、一切そういう事は無かったと答えています。

皆川おさむの代表曲①:「サッちゃん」

Pexels / Pixabay

1970年には童謡サッちゃんをカバーしリリースしています。

この他にもカルト的な人気を誇るチャー研こと、「チャージマン研!」の挿入歌を皆川おさむ、ひばり合唱団名義でリリースするなどされました。

皆川おさむの代表曲②:「ケロ猫のタンゴ」

時は平成に移った2008年。皆川おさむ、ひばり合唱団名義で「ケロ猫のタンゴ」をリリースしました。

タイトルから分かる通り、代表曲「クロ猫のタンゴ」のパロディになっており、同時にアンサーソングでもあります。

この曲は人気テレビアニメ「ケロロ軍曹」のエンディングテーマに使用されました。

皆川おさむと鶴岡市の関係は?

377053 / Pixabay

Googleなどの検索エンジンで「皆川おさむ」と入力するとクロ猫のタンゴなどの他に鶴岡市長とサジェストが表示されます。これは一体どういう事なのでしょうか。

皆川おさむと同姓同名の鶴岡市長がいる?

Free-Photos / Pixabay

本当に皆川おさむさんが鶴岡市の市長を務めた訳ではなく、同姓同名の方が鶴岡市市長を努められています。

本記事で紹介している皆川さんは名前を「おさむ」とひらがなで表記するのに対し、鶴岡市市長さんは「修」と漢字表記になります。しかし、読みは一緒の為混同される事があるようです。

皆川おさむと子供歌手ブーム

Free-Photos / Pixabay

クロ猫のタンゴの大ヒットしたことに伴い、皆川さんに続けとばかりに次々と子供歌手がデビュー。1970年の日本音楽シーンには「子供歌手ブーム」が巻き起こりました。

ここでは1970年にデビューした子供歌手を何人か紹介いたします。

ベイビーブラザーズ(フィンガー5)

Free-Photos / Pixabay

フィンガー5の前身であるベイビーブラザーズも1970年にメジャーデビューを飾っています。この時は鳴かず飛ばずであり、転校先の学校で影口を叩かれた事もあるそうです。

しかし、1972年に再デビュー。名前をフィンガー5に改めて以降の活躍は周知の通りであり、学園天国は多くの歌手がカバーをしています。

斎藤浩子

特撮ファンにはおなじみである斎藤浩子さんも1970年2月に「おへそ」で歌手デビューを果たしています。

同年11月にも「ゆめ」と言う楽曲をリリースしていますが、歌手としての活動はこの2枚だけのようです。

森あきよ

susannp4 / Pixabay

皆川さんが歌ったケロ猫のタンゴがクロ猫のタンゴのアンサーソングである事は先程お伝えした通りです。しかし、これは初めてのアンサーソングではありません。

それでは、クロ猫のタンゴに対する初のアンサーソングが何かというと「ドラネコのゴーゴー」であり、森あきよさんが歌われてました。

またドラネコのゴーゴーのB面は森あきよさんによるクロ猫のタンゴのカバーでした。

皆川おさむさんの現在についてのまとめ

19dulce91 / Pixabay

波乱万丈の人生を送ってきた皆川さん。今は叔母の意思を継ぎ、子供たちに歌を通じて希望を与えるべく日々活動されています。

ある取材では「合唱団の子供たちが育っていく姿を、自分の子供のように見ていたい」という旨のコメントをしています。

皆川さん、そして代表を務められているひばり合唱団の今後の活躍に注目しましょう。

皆川さんと縁のある吉永小百合さんに関する記事はこちら