塩沢ときの死因は癌?壮絶な闘病生活と個性的な髪型やメガネについて エンタメ

塩沢ときの死因は癌?壮絶な闘病生活と個性的な髪型やメガネについて

目次

[表示]

奇抜なファッションと陽気なキャラクターでバラエティー番組などでも人気に

ドラマの中でもど派手なメガネと特徴的な髪型です。存在感があります。

やはり塩沢ときさんといえば「ライオンのいただきます」ですね。この番組がヒットするきっかけを作ってくれたと当時のプロデューサー横澤彪さんは後に語っています。

映画「メアリと魔女の花」ではレディー・ガガが塩沢ときになった?

映画のプロデューサーがどんな魔女にするかと迷う監督たちにレディ・ガガみたいな魔女を提案したそうです。歳をとらせて太らせらところ、塩沢ときさんに似てしまったということでした。

塩沢ときの主な出演作品

Mediamodifier / Pixabay

若い頃は東宝映画の美人女優として、その後テレビドラマやCM、はたまたバラエティー番組でも大活躍でした。どのような作品に出演されていたのでしょうか。

強烈な悪役を演じた「愛の戦士レインボーマン」

1972年から1973年にかけて放送された「愛の戦士レインボーマン」では魔女「イグアナ」を演じました。メイクも衣装も塩沢ときさん発案でした。晩年の髪型やメイクを彷彿とさせるルックスですね。

「んまー。なんということでしょう」がお決まりだった「ケンちゃんシリーズ」

昭和44年にスタートした「けんちゃん」シリーズで全般に渡り教育ママ役で出演し、「んまー。なんということでしょう」という決め台詞で物語を盛り上げていました。

塩沢ときが主演の映画「うれし恥ずかし看板娘」

床屋の美人三姉妹の長女役で塩沢ときさんが主演しました。頭のサイズも普通でメガネもまだですね。

ゴジラシリーズ第6作目の「映画怪獣大戦争」

1965年公開、日米合作でゴジラシリーズの第6作目です。婦人団体の代表役で塩沢ときさんは出演されています。

「ルパン三世」や「悪魔の毒々おばあちゃん」では声優も務めていた

アニメルパン三世ではロゼッタが老婆に化けている時(写真下)の声を担当し、実写版「念力珍作戦」にも婦人警官役で出演しています(写真上)。

こちらはベルギーのコメディホラー「悪魔の毒々おばあちゃん」。ロ三山田さんとともに老姉妹の声を演じています。ロ三山田さんも「ライオンのいただきます」でご活躍されていましたね。

インパクト大のCMにも出演していた

1988年小林製薬デントジェルのCMに出演していました。

当時メガネと言えば塩沢ときさんということでメガネブク(メガネの洗浄剤)のCMに起用されました。CMのインパクトからなのか、商品は大ヒットしました。

こちらは松本引越センターのCM出演の様子です。強烈な個性を生かしたCMが多く、どれも一度見たら忘れられないため皆さんの印象にも残っているのではないでしょうか。

塩沢ときだけじゃない!80年代後半のおばさま方がすごい!

Free-Photos / Pixabay

1980年代後半にちょっとした「おばさま」旋風が吹き荒れました。塩沢ときさんをはじめとする個性的なキャラを持ったベテラン女性有名人がバラエティーやCMに出演していました。

塩沢ときも出演していた「ライオンのいただきます」が火付け役?

1984年から1989年にかけて平日の午後1時から30分間生放送されていたトーク番組です。司会は小堺一機さん。この番組は「笑っていいとも!」終了後のスタジオアルタからお茶の間に届けられていました。

様々な分野で活躍するおばさま方をゲストに迎え、視聴者からのお悩みにおばさま方が答えるというものでした。一見シンプルですが、トーク内容の過激さやおばさま方のルックスなども相まって番組は大ヒットしました。

「ライオンのいただきます」に出演していたおばさまたち

塩沢ときさんに負けず劣らず、個性的な熟女が大勢出演していました。小森のおばちゃまや浦辺粂子さんなどご高齢のゲストも多く、「今日のおばさん3人合わせて〇〇〇歳!」と司会の小堺一機さんが発表していました。

ロミ山田

女優・歌手として活躍されていたロミ山田さん。実は女優デビューはアメリカのミュージカルの舞台でした。現在も講演や執筆活動などされています。

メイ牛山

ハリウッド化粧品ブランドのハリウッド株式会社会長や美容専門学校の学長などを歴任されたすごい方です。2007年心不全のため96歳でお亡くなりになっています。

80年代は強い女性の時代の幕開けだった?

ErikaWittlieb / Pixabay

1985年に「男女雇用機会均等法」が成立し、女性の社会進出が盛んになったのがこの頃です。

日本初の女性党首誕生

1986年第10代社会党委員長に就任した土井たか子さん。「おたかさん」の愛称で親しまれました。2014年9月に85歳でお亡くなりになっています。

CMでも強い女性が活躍

「亭主元気で留守がいい」のキャッチフレーズで大ヒットした「タンスにゴン」のCMです。「亭主元気で留守がいい」は1986年の流行語大賞にも選ばれました。

塩沢ときを2度も襲った乳癌とは?早期発見するには?

塩沢ときさんは左右両乳房ともに癌となってしまいました。早期発見ということで都度克服されましたが、現在も乳癌は30代から60代の女性の死亡原因のトップとなっています。

乳癌とは?

乳癌とは乳腺(母乳を作るところ)にできる悪性腫瘍のことです。放置すると血管やリンパ管に入って全身をめぐり、さまざまな組織や臓器に転移します。

乳癌になった有名人

n-k / Pixabay

今や女性の14人に1人が乳癌になると言われています。そして今までに多くの有名人が乳癌を公表しています。

2018年「ちびまるこちゃん」でお馴染みのさくらももこさんが乳癌により亡くなっています。2011年頃から乳癌を患っていたそうです。享年53歳でした。

2017年小林麻央さんが乳癌により亡くなったことが大きなニュースになりました。幼いお子様たちを残しての旅立ちに多くの方が悲しみ、今でも彼女のブログには書き込みが後を絶ちません。34歳という若さでした。

北斗晶さんは2015年に右乳房全摘出の手術を受けました。毎年検診を受けていましたが、腫瘍のできた場所が悪く発見が遅れました。それでも検診の大切さを北斗晶さんは発信し続けています。

この他にも山田邦子さん、南果歩さん、麻木久仁子さんなど乳癌になったけれど現在もテレビや映画で元気な姿を見せてくれている有名人はたくさんいます。

早期発見のポイントは?

なんと乳癌の60%はセルフチェック、いわゆる自己検診によって発見されているそうです。こまめに自分で触診していると何か変化があった時に気づきやすいということです。

乳癌のできる場所は?

左右の乳房ともに「外側の上部」に癌が発生しやすいという報告があります。「外側の上部」を重点的にセルフチェックすることが早期発見につながるかもしれません。

乳癌になりやすい年齢は?

30歳代後半から40歳代にかけて乳癌発症のリスクは高まります。しかし年代問わず、発症の可能性はあります。最近では元SKE48の矢方美紀さん25歳が左乳房全摘出手術を受けたことを公表しました。

乳癌と出産や授乳経験の有無は関係ある?

出産・授乳の経験が無い人や初産の年齢が高い人はリスクが高めです。とは言え経験があっても乳癌になる場合はありますので定期的な検診を心がけましょう。

塩沢ときの人生は愛ときどき癌?

「愛ときどき涙」という本を執筆されていた塩沢ときさん。彼女の人生はまさに「愛ときどき癌」といったところでした。

若い頃から癌とお付き合いしてきた故、「生きる」ということに本気で向き合った塩沢さん。本気で生きている中で素敵な恋愛もたくさんしました。

塩沢ときさんがテレビで癌についてざっくばらんに語ってくださったおかげで検診の大切さが伝わりました。また「癌は治る」というときさんの言葉に今でも多くの方が励まされています。

自由奔放な恋愛も癌との戦いも全力で、最期の最期まで生き抜いた塩沢ときさん。ご本人亡き後もこうして語り続けられる素敵な女優さんでした。

2/2