高瀬春奈は現在何を?病気の噂の真相や結婚や子供について!ヌードは? エンタメ

高瀬春奈は現在何を?病気の噂の真相や結婚や子供について!ヌードは?

目次

[表示]

「Gメン’75」や「湯けむり男地獄」など数々の作品に出演

高瀬春奈さんは、「Gメン’75」などの作品にも出演しています。「Gメン’75」は、1975年から1982年に放送された当時話題の刑事ドラマですが、高瀬春奈さんは、193話と194話に出演しています。

「湯けむり男地獄」は、1977年に東芝日曜劇場で放送されています。当時は高瀬春奈さんをはじめ、西田敏行さんや泉ピン子さんなど人気の俳優が数多く出演しています。

また、当時は高瀬春奈さんや西田敏行さん、泉ピン子さんなど人気俳優が多くキャスティングされていたため、ファンがロケ地に殺到して撮影が難航したこともあったようです。

映画「お葬式」の見どころとは

映画「お葬式」は、1984年に伊丹十三さんが初めて監督を務めた作品として有名です。伊丹十三さんは、この「お葬式」の作品がヒットしたこともあり、その後も多くの作品を作っています。

この「お葬式」がヒットしたのは、それまで日本で厳粛な儀式であったお葬式を、真正面からとらえ、多くの人が共感する場面を随所に表現して、しかもコミカルに描いているところが評価されました。

「お葬式」は、公開したときは取り上げにくいテーマだったこともあり、誰も期待していませんでした。しかし、予想を超えるような大ヒットを記録して、日本アカデミー賞を始め、多くの映画賞を総なめにしました。

過激な性描写もあって批判されていた

geoffjhyland / Pixabay

「お葬式」では、主役の夫である山崎勉さんと愛人の高瀬春奈さんが、通夜の前に、茂みで性行為に及ぶ場面もあって、話題になりました。しかし、教育者や宗教者などから、批判される一面もあったようです。

通夜や葬式の場面で、喪服姿の性行為は不謹慎だという意見も分かりますが、この映画の強烈な印象付けで効果があったのも事実です。頼りない役どころの山崎勉さんと奔放な愛人の高瀬春奈さんをうまく演じています。

高瀬春奈さんは伊丹十三監督作品には、特に愛人役で多く出演しています。

現在は公演会やエッセイで活躍している高瀬春奈さん

高瀬春奈さんは、NHKの連続テレビ小説「いちばん星」を、病気を理由に降板したり、映画では「魔界転生」の細川ガラシャ役も同じように、病気を理由に降板しています。その後一時期女優業を控えてもいました。

しかし、その後映画「卍」でのレズビアンをテーマにした作品では、高瀬さんは禁断の世界感を見事に演じて話題となりました。その巨乳と巨尻のグラマラスな肢体をグラビアでも公開して人気になっています。

現代は、旦那の有望もあってか、あまり表舞台には出ていないのですが、講演会やトークショー、エッセイなどで活躍しているそうです。それぞれ自分の体験を生かした題材で、多くの人に力を与えています。

2/2