ひろゆき(西村博之)の名言格言の厳選集!ひろゆきの性格や生い立ち

日本最大級のネット掲示板「2ちゃんねる」の創始者で知られる西村博之をご存知ですか?「ひろゆき」の愛称で親しまれ、2ちゃんねるを具現化したような人物だと言われています。今回はそんな彼のプロフィールや、名言・格言集についてまとめました。

2ちゃんねるの創始者ひろゆきの名言・格言集

geralt / Pixabay

ひろゆきとは、日本のみならず世界で最大の掲示板だと言われている「2ちゃんねる」の創始者であり、本名は西村博之といいます。

まだ学生時代に開設した「2ちゃんねる」は、わずか数年で日本最多利用者数を誇るほどの掲示板になりました。

ひろゆきのプロフィール

西村博之は、1976年11月16日に神奈川県で生まれました。ですがその後は東京都に引っ越しているため、中学校・高校・大学ともに東京都の学校を卒業しています。

大学在学中である1998年の夏に、アメリカのアーカンソー中央大学にて1年間の留学生活をしました。そして1999年の5月に「2ちゃんねる」を開設しています。

では、そんなひろゆきの名言・格言集をご紹介していきます。

堂々と宣言する人を信用すべきではない

例えば「自分は人を殴らない」と宣言した人は、いつか人を殴ることになるとひろゆきは言います。そもそも人を殴ることを考えていない人は、そんな言葉自体思いつかないはずだということです。

このように、一見堂々とした強い意思の見える宣言ですが、それはいつか自分がその行動をしてしまうことの裏返しであるという彼の考え方が表れています。

何かを掴みたいなら意味があることを

ひろゆきは、例えばゲームを作る能力がある人が面接の練習ばかりするよりも、スキルをアピールしたりゲームをネット上にあげていくことの方が近道だと主張しました。

自分の価値観でジャッジはできない

mohamed_hassan / Pixabay

多くの人々は自分の価値観だけで物事を判断したがりますが、人というのは環境や考え方、価値観などがそれぞれ違うものだということを踏まえて、以下のように語りました。

ものごとの現象は、何が正しくて、何が間違っているかではなく、相手の価値観に立ってみないと、理解できないということなのではないでしょうか。(引用:名言DB)

NEXT エジソンの言葉に「1%のひらめきと99%の努力」というのがあります~