絶叫マン(ふんどしブンブン丸)とは?品性を疑う使い方の元ネタ! おもしろ

絶叫マン(ふんどしブンブン丸)とは?品性を疑う使い方の元ネタ!

皆さんは絶叫マン(ふんどしブンブン丸)というのをご存知でしょうか?男性器を上下左右に揺らしている単純ながらも、不快を感じさせる動画となっています。何故このような動画が出回ったのでしょう。この記事では絶叫マン(ふんどしブンブン丸)に関する内容を紹介します。

絶叫マン(ふんどしブンブン丸)とは?品性を疑う使い方の元ネタ!

photo-graphe / Pixabay

絶叫マン(ふんどしブンブン丸)と呼ばれる動画投稿者本人とされる人物が、モザイクなしで音楽に合わせて男性器を揺らしているという、単純ですが見る人にとっては不快と嫌気を差してしまう動画があります。

絶叫マンがどういった経緯で動画を作成したのかは今だに分かっておりません。何故自分から目立とうとして拡散しやすいネット動画で、男性器を露出した動画を投稿したのでしょうか。

絶叫マンはニコニコ動画のスカトロ系MAD動画に流したもの

cocoparisienne / Pixabay

絶叫マンの動画は、男性器に生理食塩水を注入して肥大化したものを、『ELECTRICAL COMMUNICATION』という曲に合わせて、上下に降っているという、スカトロMAD動画です。

絶叫マンはネットを投稿した人物の通称であり、『ロックマン8』のテーマソングを使用したことから、ロックマンをもじって絶叫マンと称されるようになりました。

また、肉体改造の愛好家が身体の一部分を見せて、ロックマン8のテーマソングを流し、身体を表現して動画投稿をするという事がこの動画の影響で、拡散されています。

スカトロとは?

jarmoluk / Pixabay

スカトロとは、糞や尿に対する研究・考案をする糞便学を表す言葉スカトロジー(Scatology)という略した言葉です。

糞や尿等の排泄行為の作品を好んで話題にする趣味の事をスカトロもしくはスカトロジストと称されることがあります。

今回拡散された絶叫マンが投稿したとされる動画も、男性器を露出させる作品である事から、ネット上でスカトロ作品であると話題になっています。

MAD動画とは?

MAD動画は、既存されている音声やゲーム、画像、動画、アニメーションを個人で編集し、再構成されたものを言います。

MADとは、『ばかばかしい』とか『頭が変である』という全般の意味をする言葉であり、ネット上で動画が投稿できるようになってからは、この言葉が多く出始めました。

現在はニコニコ動画が運営しているドワンゴがMAD動画を作ってほしいと呼び掛けており、無償で音声や画像素材を提供し、現在多くのMAD動画が配信されています。

BMEと関係のない音楽を組み合わせる動画は以前からあった

この絶叫マンがネットで拡散されるようになったのは、BME(Body Modification Ezine)と呼ばれる、海外で展開されているサイトがきっかけでした。

BMEは肉体改造を写真や動画でアップし楽しむサイトです。2011年にはニコニコ動画上で、BMEを楽しむコミュニティも存在していたので、このBMEについてはユーザーの間ではよく知られていました。

BMEとは違ったジャンルで音楽と動画を合わせるということは、ニコニコ動画やYouTubeでよくやっていた事となります。また拡散しやすいということもあって、現在では多くのBME動画が投稿されています。

初出・元ネタはふたば☆ちゃんねる?

kaboompics / Pixabay

絶叫マンが男性器を揺らしているMAD動画を投稿したのは、電子掲示板サイト『ふたば☆ちゃんねる』だと言われています。

ふたば☆ちゃんねるは画像や動画を投稿することが特徴で、二次創作で作った作品を投稿できる事が出来ます。これにより、差別的な画像を投稿したり、わいせつ物を連想してしまう画像を投稿出来るようになったのです。

パソコンのセキュリティソフトでは不快な映像をブロックする機能もありますので、性的な部分を見せたくないという方は設定をして、少しでも影響しないようにする事をおすすめします。

絶叫マン(ふんどしブンブン丸)はtwitterで拡散

Mizter_x94 / Pixabay

日本で絶叫マンの動画がTwitter上で拡散されたのは、2016年12月から2017年1月までと、日付としては新しい方に入ります。

Twitterのユーザーの方が、面白半分で絶叫マンの動画を投稿して、男性器をまるまると写した動画が影響を与えて、炎上騒ぎに発展しました。

Twitter上である程度収まりはしたものの、現在でも絶叫マンの動画は拡散されており、簡単に視聴する事が可能となっています。

ELECTRICAL COMMUNICATIONは元々「ロックマン8」だった

12019 / Pixabay

ロックマンシリーズは、1987年12月にカプコンから販売されたアクションゲームです。現在ロックマンシリーズは誕生30年を迎え、新作『ロックマン11』も販売されています。

絶叫マンのネタで使用された、『ELECTRICAL COMMUNICATION』は1996年に発売されたロックマン8のテーマソングで、パワーあふれるテクノポップとなっております。

絶叫マンのネタは知らなくても、『ELECTRICAL COMMUNICATION』はとてもいい曲ですので、機会がありましたら一度是非聴いてみてください。

絶叫マン(ふんどしブンブン丸)から生まれた「品性を疑う使い方」

1018786 / Pixabay

絶叫マンの動画投稿の影響で、違う意味で有名になってしまった『ELECTRICAL COMMUNICATION』。作詞作曲を担当した尾澤拓実さんは自身のTwitterで苦言を残しております。

またネット社会でもこの映像が原因で、『品性を疑う』とか『はい品性』という決まり文句のような言葉も使われ出しているのも事実です。

下ネタは好きな人もいれば、不快に示す嫌いな方もいらっしゃいますので、この記事を読んで参考にしていただければ幸いです。

元ネタは絶叫マン(ふんどしブンブン丸)の動画に対する尾澤拓実のツイート

geralt / Pixabay

まず、『ELECTRICAL COMMUNICATION』を製作した尾澤拓実さんのツイートです。絶叫マンの動画を観た尾沢さんはTwitter上で、苦言を残しております。

ゲームの楽曲は、企業からオファーをして作曲家や作詞家などのクリエイター達が、世界観をマッチさせて作り上げる一つの作品です。

最近では、芸人の方が様々なアーティストの楽曲を使ってコントやネタとして使うケースがあるようですが、実際には芸人の方がのちにアーティストの方々に許可を戴いて使用するという事が多いようです。

下ネタとして使用するという事は、尾澤さんにとってはもちろん、ロックマンファンの方も嫌気を指します。クリエイターの方も『この下品な動画を作るためにこの曲を作ったのではない。』と感じ呟かれました。

この動画が原因で「品性を疑う」「はい品性」と言われるように

Wokandapix / Pixabay

この動画がきっかけとなり、『品性を疑う』もしくは『はい品性』という決まり文句が出るようになっていきましたが、これも尾澤さんのツイート上で『品性』という言葉を発して、やがて広まったものとなります。

『品性』とはその人の性格を表す言葉を意味します。絶叫マンが投稿した男性器を揺らす動画は、自分の存在を示したいとか男性器を出して何が悪いのかという自己主張によるものとなります。

絶叫マンの動画は欲望がストレスとなってしまい、やがて自分の存在価値をみんなに分かってほしいという事が、今回の動画投稿に繋がったのかもしれません。

絶叫マン(ふんどしブンブン丸)が投稿した動画はわいせつ罪になる?

WikimediaImages / Pixabay

問題は、絶叫マンが投稿した動画がわいせつ罪にあたるかどうかです。ニュースで下半身を出して『公然わいせつ罪』で逮捕された事件報道を多く行なっています。

犯人の方は犯行理由は、ストレスが溜まっていたり、お酒に酔ったり、また自己表現をしたいということでこの罪を犯してしまう事が多いようです。

では大人がネット上で下半身を露出させて、多くの方が目撃をし製作した方は逮捕されてしまうというケースはあり得るのでしょう。また検挙された場合どのような罰則を与えられてしまうのでしょうか。

公然わいせつ罪とは?

cocoparisienne / Pixabay

公然わいせつ罪は、刑法174法に定めておられる法律であり、不特定多数の場でわいせつな行為をしてはいけないという法律です。

つまり、公共の場所で下半身を意図的に露出したり、全裸で街を駆け巡ってはいけないという事となります。有罪となると、6ヶ月以下の懲役もしく30万円の罰金が支払いを命じられます。

近年では、わいせつ事件が多く発生しており、またネット上で下半身を意図的に映し出している不適切な動画の投稿も見られます。

不特定多数の場所で陰部を見せてはいけない

stevepb / Pixabay

不特定多数ということは、公園や広場はもちろんのこと、電車内や公共交通で全裸になるという事も該当します。

しかし用をたすため、プライバシーが保護される化粧室を利用しというのは犯罪にはあたりません。また温浴施設で全裸になる事もわいせつ罪には当たりません。これは混浴風呂でも該当されます。

他人から見てあまりにも不快で場違いであり、下半身を露出するものを公然わいせつ罪と捉えた方が良いでしょう。

この事件を例として、公然わいせつ罪がどう適応されるのか考えてみましょう。

下半身を露出したと犯人は『修行のために』という理由で語っていますが、これは不特定多数の方が不快になるという事でわいせつ罪に該当します。

場の空気を考えて行動する事が相手にとって不快感を出しませんし、下半身を露出しない方法で『修行』をすればわいせつ罪にはいたりません。場の空気を考え修行という行動をしてほしいです。

絶叫マン(ふんどしブンブン丸)の行為はわいせつ罪にならない

KELLEPICS / Pixabay

では、絶叫マンが行なった下半身を露出した動画については、わいせつ罪に該当するのでしょうか。結論から言うとこの行為はわいせつ罪には値しないようです。

絶叫マンが投稿した動画がわいせつ罪に値しない理由は、『一つの作品』であると同時に、公共の場で下半身を露出していない事です。

つまり、絶叫マンが作った動画は『作品』として見て欲しいという考えから動画を投稿しました。それが一つの作品として認知されたと第三者は考えたのでしょう。

最近は下半身を露出して炎上する動画も増えている

最近日本では、多くのコンビニエンスストアや大手定食店で、不適切な動画を投稿し拡散される事件が発生しています。ネット住民からはバカッターとも称されて炎上しています。

不適切な動画投稿は、現在でも投稿され続け拡散を続けております。場合によってはクレームがつけられ、閉店もしくは営業停止に追いやられてしまうケースが発生しています。

企業側はこのような事件に対して大きな痛手となり、犯行を行なった社員に対しては厳罰な処分を下して対処をしています。また再発防止を防ぐための教育も行なうようになりました。

絶叫マンは作品としての評価でわいせつ罪に当たらない

jarmoluk / Pixabay

アダルトビデオやアダルト雑誌が店舗に並んでいるのも、『一つの作品』として表に出ています。またミケランジェロのダビデ像や小便小僧も一つの作品であり、下半身を露出しても非難はされません。

絶叫マンの行為は、ストレス解消と同時に一つの作品として見て欲しいという気持ちから今回の動画投稿に踏み切りました。それが彼自身の自己表現なのかもしれません。

全裸を使った身体表現は、不快に感じる方もいらしゃいます。ケースバイケースとして考えて、見たくない場合は見ないと割り切った方が良いでしょう。

絶叫マン(ふんどしブンブン丸)に対してのまとめ

 

絶叫マン(ふんどしブンブン丸)が投稿した男性器を揺らす動画は、一つの作品としての評価はあるものの、クリエイターにとっては不愉快と感じるものとなります。

本当はこの動画のために楽曲を作ったのではないと尾澤拓実さんも語っておられますし、ネット上で見るのをためらっている方もいらっしゃいます。

もし見るのがいやと言う場合は、ツイッターやネットアドレスをブロックをして構いません。そして今回の動画が作品なのか不適切なのかは自分自身で考えて見てください。