ねこですよろしくおねがいします(SCP-040-JP)とは?グッズも登場!

「ねこですよろしくおねがいします」とは、SCPで誕生した不気味な猫のイラストです。イラストの線はとても荒く目が人間のように描かれています。こちらでは「ねこですよろしおねがいします」の元ネタやオブジェクトクラスやSCPについて、グッズや動画についてご紹介します。

ねこです・宜しくお願いしますとは?SCP-40-JPとは?

「ねこですよろしくおねがいします」とは、SCPと呼ばれる共同作業を行うコミュニティサイトで誕生したホラー作品の一つから誕生したイラストです。

SCP-040-JPとはSCPの中での設定である架空組織「SCP財団」に登場するオブジェクトの一つです。

ねこですよろしくおねがいしますとは?元ネタはSCP?

SCPとは、Secure(確保)・Contain(収容)・Protect(保護)の略語です。そのSCPに「ねこですよろしくおねがいします」の元ネタとされるホラー作品が作られています。

「ねこです」のイラストは、そのSCPのホラー作品の一つであるSCP-040-JPを元に描かれています。

イエネコが毛が無く造作の無い顔に人間の様な二つの目が付いた動物に見え、どの方向から見てもこちらを真っ直ぐ見つめてくる様に見えると報告されています。

さらに、曝露した対象は数日~数週間の間に、この”ねこ”が暗闇に居るように感じると報告し始め、常にこの”ねこ”の視線を気にする様になります。”ねこ”の存在が報告される暗闇の条件には一切の規則性が判明しておらず、暗闇にねこが現れるには曝露した対象が監視されている様に感じられます。監視の目的やその総数も判明していません。

ねこはこのような見た目でした。

(引用:SCP財団)

つまり、架空上の設定でSCP-040-JPを見た人物は猫が見える状態になるとなっています。その状態をわかりやすく説明したのが「ねこですよろしくおねがいします」というセリフなのです。

オブジェクトクラスはSafe?

SCP財団のオブジェクトクラスには「Safe」・「Euclid」・「Keter」の3つが存在します。その中で「ねこですよろしくおねがいします」はSafeに分類されます。

Safeは、しっかり収容していれば安全なオブジェクトであるとされています。勝手に起動しない・勝手に動き出しても被害が出そうにないと言ったオブジェクトがSafeです。

井戸小屋の中に?ねこはいます。

SCP-040-JPとは特別収容プロトコルのことで、放置された井戸小屋での出来事を指しています。

SCP-040-JPは、██県の旧██村に放置されていた、井戸小屋です。小屋は木造で、幅約5m、奥行き4mほどの平屋です。小屋の中央には古い年代に造られたと推測される石造の井戸が存在し、真っ直ぐ地下へと続いています。井戸は異常に深く、探査機による調査でもこの井戸が何処まで続いているのかは未だ不明のままです。

(引用:SCP財団)

この井戸小屋の中で発見されたのが毛の無い人間のような目をした猫であり、「ねこはいます」とはこの小屋を覗き込んだ人間の放った言葉です。

SCP-040-JP-J(ねこですよろしくおねがいします)とは?ジョーク版?

SCP-040-JP-Jの末につく「J」はジョークの「J」とされ、ジョークオブジェクトと呼ばれています。

また、ジョークオブジェクトのついたジョークSCPは誰かがでっち上げた内輪のジョークで記載されています。

そのため、SCP-040-JP-Jと記載されているものはSCP-040-JPのジョーク版と言えるでしょう。

ねこですの可愛い画像が人気?

SCP-040-JPの「ねこです」のセリフから、「ねこです」と可愛らしい猫の画像がたくさん投稿されるようになりました。また「ねこです」の可愛らしいイラストもインターネットにたくさん投稿されています。

ねこですのaaは?

AAとは、「ASCII Art(アスキーアート)」の略語です。アスキーアートとは文字で書いた絵のことを言います。

更に分かりやすく言えば、携帯電話やスマホで使う顔文字がまさしくAAです。Twitterや2chで見かける文字を使った絵もアスキーアートです。

ねこですのaaとは、アスキーアートで描かれた「ねこです」の猫のことを言います。

実験記録「私は普通のトースターですよろしくお願いします」

SCP-426のオブジェクトクラスはEuclidととても危険度の高いものとされています。

このトースターについて伝えようとすると「自分のことをトースターと認識してしまう」という認識災害系のSCPです。

わたしはねこですよろしくおねがいしますってねこがいったんだ、だからわたしはトースターのねこでねこですよろしくおねがいします

ってねこがいうのでよろしくお願いしますとわたしが言うとD-426040がわたしがいるというのでD-426040は書いたんだ。

猫の中にいるわたしですよろしくおねがいします

(引用:SCP財団)

上記を読むと猫の中に問題のトースターがあるように読めますが、これはSCP-040-JPを見たトースターが「ねこです」が見える状態になったと考えることが出来るでしょう。

SCP財団とは何?SCP-040-JPとの他のオブジェクトは?

「ねこですよろしくおねがいします」を収容しているSCP財団とは何か、SCP-040-JPと他のオブジェクトについてまとめました。

SCP財団とは?

SCP財団とは、不特定多数のネットユーザーによって作られた都市伝説やホラー作品を楽しむ創作サイトです。

SCPという言葉はSCP財団で生み出された言葉で、Secure(確保)・Contain(収容)・Protect(保護)の略語から出来ています。

他にも「SCP財団で生み出された生物(クリーチャー)」という意味も持っています。

SCPの他のオブジェクト①:SCP-374-JP「しゅみです」

SCP-374-JPは、シェアワールド「SCP Foundation」に登場するオブジェクトの一つです。SCP Foundationとは、SCP財団を題材とした創作のことを言います。

特別収容プロトコルであるSCP-374-JPに記されている中に、差し出された封筒があるとありとあります。

その封筒の中に入っていた便せんに「秘密結社キャッチ&リリース」と書かれており、その内容が「しゅみです」と手書きで書かれていたとされています。

SCPの他のオブジェクト②:SCP-444-JP 緋色の鳥

SCP-444-JPとは、SCP財団随一のキワモノSCPです。日本生類総研のとある破棄された実験場で見つかったその文章が記されています。

しかし、この文章を読んだものは「何もかもが赤い野原で『夕焼けよりも赤い』空を飛び、強い恐怖を抱きながら『緋色の鳥』に食われる幻覚・被疑体験を延々繰り返すとされています。

CP-040-JP(ねこです)に関する話題は?

SCP-040-JPの「ねこです」が公開されてから不気味な猫が話題になりました。この猫の実在やLINEスタンプやTシャツについてご紹介します。

「ねこですよろしくおねがいします」が実在?

猫の写真の失敗作です。顔を振るねこがぶれ、目が「ねこですよろしくおねがいします」の猫の目に見えたことから実在した」と話題になるようになりました。

他には「ねこです」の写真に便乗して、「ねこです」の猫のように見える首を振る犬の写真も投稿されています。

ねこですよろしくおねがいしますのLINEスタンプが人気?

SCPファンにはたまらない「ねこですよろしくおねがいします」のスタンプが販売されています。

「ねこですよろしくおねがいします」の猫が様々な表情で描かれています。使いやすく、スタンプの絵柄もキモ可愛いととても人気です。

ねこですのグッズ?Tシャツも人気?

インターネット通販サイトSUZURIで販売されているTシャツです。

SCP Foundation及びSCP-040-JPのファングッズで、お花の中にねこが浮かぶファンシーキュートなデザインです。

またBOOTHでもSCP-040-JP ネコです ドライメッシュTシャツが販売されています。

内閣府がネチケット啓発と見せかけて大規模な収容違反?ミーム汚染?

収容違反とは、SCP財団内で終章サイトからの脱走・無断で持ち出す・ミーム汚染を発生させる情報の流出などでSPCが外に持ち出されることを言います。また、ミーム汚染とは常識が書き換わることを言います。

内閣府のネチケット啓発が大規模な収容違反と話題になったのは、「ネットの危険からお子様を守るために 今、保護者ができること」という内閣府のPDFが発端です。

PDFを開くとスマホに表示された画面が目に入ります。その中の猫が「ねこです」とかかれており、そこからSCP-040-JPが持ち出されたのではないかとされたことが話題となりました。

ねこですに関するネタまとめ

どこかシュールでキモ可愛い「ねこです」の猫は大変話題となり色々と描かれるようになりました。「ねこです」関するネタをまとめたものをご紹介します。

ネタ動画①:「エサを入れたイナゴが0匹」

ニコニコ動画で公開されている動画です。「ねこです」の猫がエサ入れの中に「ねこですよろしくおねがいしますねこはいますイナゴは0匹です」と訴えています。

これはSCP-240-JPの「 0匹のイナゴ」である不死身のイナゴを作ろうとして生まれたSCPオブジェクトとのコラボとなります。

SCP-240-JPは、死ぬと自分が元からこの世に存在していなかったという風に現実を改変してしまい、全部死んでしまったため現実が改変され「0匹」の状態で収容されています。

ネタ動画②:ねこですえかきうた

ねこですを歌で描く動画です。歌詞はいたって普通なのですが、動画に付いている音声がとても不穏でSCPを思わせます。

出だしもノイズから始まり、まるでホラー映画の「リング」などを彷彿させます。

ネタ画像①:キラークイーン

ニコニコ静画で公開されているイラストです。「ジョジョの奇妙な冒険」の出てくる吉良吉影のスタンドが元ネタとされています。

吉良吉影のスタンドであるキラークイーンは随所にドクロのデザインをあしらった白い猫型の獣人の姿をしています。

そんなキラークイーンがどことなく「ねこです」の猫に似ていることから「ねこです」とのコラボ絵が描かれたと言えます。

ネタ画像②:さーばるです けものフレンズ

SCP-040-JPで公開されている画像である井戸小屋とけものフレンズのサーバルがコラボしたイラストになります。

井戸小屋の後ろで「ねこです」の猫がうっすらと描かれているのがとても不気味です。可愛いと不気味のコラボと言っても過言ではないでしょう。

ねこですの猫はキモ可愛い?

「ねこです」で話題となった猫ですが、見た目はとても可愛らしいと言えたものではありません。むしろ人間のように開いた眼をしていてとても不気味な見た目をしています。

しかし、その猫をみて「キモ可愛い」という声が多数寄せられています。どこをどう見ても「ねこです」の猫は不穏で不気味です。

しかし、「ねこです」の猫をまじまじと見ていると不気味から一周回って可愛く見えてくるのです。不思議な感覚ではありますが、「ねこです」の猫は一周回ってキモ可愛いに行きついたと言えるでしょう。

ねこですが話題になったワケ

SCP-040-JPは一見ただの不気味な猫の観察記録です。そんなSCP-040-JPの猫がなぜ話題になったかはとても疑問であると言えます。

近年「ねこ」はとても人気な動物となってきています。猫にまつわる可愛らしいキャラクターは数えきれないくらい増えてきました。

そんな可愛らしい猫が生み出される中、反して不気味な「ねこです」が逆に目立ち注目され話題になったと言えます。

猫に関連する記事はこちら