米森麻美アナの急死の謎!死因はなに?不可解な点と日テレの闇まとめ エンタメ

米森麻美アナの急死の謎!死因はなに?不可解な点と日テレの闇まとめ

目次

[表示]

離婚した日テレ女子アナ⑦:阿部哲子

阿部哲子さんは2006年に結婚し子供を出産するも、2017年に離婚したことを発表しました。夫婦の間での価値観がだんだんとずれてきてしまったため、離婚に至ったと明かしました。

離婚した日テレ女子アナ⑧:久野静香

2017年2月に、一般人の男性と結婚した久野静香さん。

夫婦揃って肉が好きなため、2月9日の肉の日に入籍したと発表するなど仲の良さを窺わせていましたが、2019年10月に離婚していたことが明らかになっています。

日テレの闇を元局アナが暴露!?

2016年1月に日テレを突如退社し、現在はフリーアナウンサー、タレントとして活動している上田まりえさんが日テレの闇を匂わさる発言をしたと話題になったことがありました。

ここでは上田まりえさんらの発言や、日テレに関する黒い噂について見ていきます。

上田まりえ・おおたわ史絵に「日テレが嫌だったんだね」と突っ込まれる?

日テレを退職した後、東京MXテレビの『5時に夢中!』にレギュラー出演をしていた上田まりえさん。

東京MXテレビのスタジオは旧日本テレビの本社ビルの跡地にあるのですが、このことが話題になった時に上田まりえさんは「霊感が騒ぐと言うか…」と意味深な発言をしていました。

しかし『5時に夢中!』のメンバーやスタッフがいる場所は安心できると語ったことから、共演者のおおたわ史絵さんから「よっぽど日テレで酷い目にあったのね」と言われ、動揺を見せていました。

日テレ退社後の上田まりえの行動がおかしい?本当は辞めさせられた?

現在はフリーアナウンサーとしても活動をしている上田まりえさんですが、実は日テレを退社した後はマスコミと距離を置くように皿洗いのバイトを始めるなど、変わった行動が見られたといいます。

また日テレを退社した後は芝居がしたい、文章を書いてみたいといったようにこれまでのキャリアとは関係の薄い仕事がしたいという発言もしていました。

普通、局アナが退社した場合はフリーアナウンサーになるのですが、なぜか上田まりえさんはアナウンサーとは違う仕事がしたいと言い、退職後しばらくはタレント活動をしていたのです。

この上田まりえさんの行動から、「よほど日テレで嫌な目にあったのだろう」「アナウンサーを続けたくないと思うようなモラハラがあったのでは?」と囁かれたのでした。

30歳になると女子アナは解雇!?日テレの黒い噂

日テレを退社した時、上田まりえさんは29歳でした。実は30歳になると日テレの女子アナは部署を移動させられ、閑職に追いやられるという噂も囁かれています。

また人気アナウンサーの夏目三久さんも2009年に写真週刊誌「FLASH」に、当時の交際相手とコンドームを手にした写真を掲載され、それが原因で「おもいッきり DON!」を降板、日テレを退社しています。

この夏目三久さんの退社の裏にも日テレが写真を週刊誌に売りつけ、彼女が社内に居づらくなるように仕向けたとの疑惑が囁かれているのです。

和田アキ子も日テレの体質に言及していた

日テレが自社のアナウンサーを含めて、気に入らない人間を干すというのは芸能界でも知られていることのようです。

2016年3月30日放送の『ライオンのごきげんようゴールデン!』に出演した和田アキ子さんは、自身も日テレに干されていたことを明かし「(日テレって)よう干しますよね」と、その体質に言及していました。

過去に日テレは和田アキ子さんだけでなく、泉ピン子さん、森昌子さん、山口百恵さんまでも干していたことがあるといいます。

実力や実績があっても、気に入らない人間にはとことん嫌がらせをする。この日テレの体質が、アナウンサーたちにも苦痛を強いているのではないか?とも指摘されています。

出産後の死因第一位!産後うつとは?

chrispodbo / Pixabay

出産後の女性の亡くなった死因で一番多いのが自殺です。この自殺の原因となっているのが、産後うつなのです。産後うつとは出産後に生活のリズムの変化や戸惑いから起きるとされています。

誰にでもなりうる病気なのです。産後うつは出産後の母親の10人に1人という割合で起こると言われています。育児の不安やストレスから一人で抱え込みすぎてしまうため起こってしまうのです。

ワンオペによる産後うつの増加

tookapic / Pixabay

そのため、母親は孤独を感じてしまい、産後うつとなってしまうのです。これにより、産後うつを患う母親が増えているといいます。産後うつは重症化すると自殺のおそれもでてくるのです。

周囲のサポートが重要となる

jarmoluk / Pixabay

市の保健師と連携して自宅に訪問して悩みを聞いてくれるサポートもあります。治自体によっては、産後ケアの体制に力をいれているところもあるのです。

母親が無理をせずに楽しく子育てができるサポートが充実していれば、こうした悲しい事故もなくなるのです。社会全体が子育てに優しい環境になることが一番なのでしょう。

米森麻美の死因は謎となったままだった

Myriams-Fotos / Pixabay

米森麻美さんについて調べてきました。長男を出産後わずか3週間という期間での急死に、話題となりました。この米森麻美さんの死因については明らかにされていなかったのです。

家族によって真相は闇の中となっているのです。米森麻美さんの真相については様々な憶測や噂がささやかれていますが、どれも明らかとはなっていません。

米森麻美さんは出産後、海外にいる夫にも頼れずに一人で悩んでいたのかもしれません。米森麻美さんのご冥福をお祈りいたします。

2/2