江守徹の現在は?病気で死亡説の真相や妻や子供について!

芸能界きっての大御所俳優、江守徹さん。役者としてのみならず、その渋い声で数々のナレーションをこなすなど、世代を超えてファンが多い俳優さんです。その江守さんに死亡説が流れたことがありました。死亡説の真実は?現在の江守さんは?その真相に迫ります。

江守徹の現在は?病気で死亡した噂の真相

御年75歳の大ベテラン江守徹さん。テレビや舞台、映画など幅広く活躍されていますが、一時期死亡説が流れました。死亡説が流れた原因はなんだったのか、調べてみました。

江守徹のプロフィール

  • 本名:加藤徹夫
  • 生年月日:1944年1月25日
  • 現在の年齢(2019年現在):75歳
  • 出身地:東京都
  • 血液型:A型
  • 活動内容:俳優、演出家、ナレーター
  • 所属グループ:文学座

江守徹の死亡説は2007年の脳梗塞が原因

1662222 / Pixabay

江守徹さんの死亡説が流れたのは、2007年(当時63歳)のときに脳梗塞で入院し、4月からスタートのテレビ朝日系ドラマ「その男、副署長~京都河原町署事件ファイル」の出演をキャンセルしたことからです。

文学座によると、2月27日の朝に、自宅で体調不良を訴え、病院で検査をうけたところ、軽度の脳梗塞であると診断され、そのまま入院したそうです。幸い言葉のもつれなどもなく8日に退院しました。

倒れる前は中尾彬との掛け合いが評判で番組も持っていた

同世代の俳優中尾彬さんとはライバルのような関係で、掛け合いが巧妙でしばしば番組で共演すると話題になりました。

実際に二人は、気の置けないほど仲が良いそうです。仲の良い二人だから、遠慮なく主張をぶつけ合い、喧々諤々の展開をすることができるようです。実際に二人で番組を持ったこともあったそうです。

翌月には仕事復帰していた

rafabendo / Pixabay

脳梗塞は軽度ということもあって、翌月には「文学座設立70周年記念パーティ」にも出席されたそうです。回復後は、毎日浴びるように飲んでいたお酒を断ったと公言されたようです。

江守徹の現在の年齢は?画像で白髪姿で別人だと話題に!

こちらは2014年頃の江守徹さん。舞台「リア王」で主役を演じるために、こんな姿になったようです。リア王とは、シェクスピアが書いた4大悲劇の一つです。

気性の荒いイギリス王を演じるために、役作りをしていたときのお姿でした。深いしわに豊かなひげがベテラン役者としての個性を際立たせています。

病気はほぼ完全に回復し現役で活動している

2015年ごろから、本業である俳優業にも復帰を果たし、精力的に活動されているようです。この年、トーク番組「徹子の部屋」にも出演し、脳梗塞で入院したときの状況などを語っていました。

ちなみに黒柳徹子さんと出会ったのは、まだ文学座の研究生だったころで、50年の付き合いがあるそうです。

現在でも「若手の育成」は「これっぽっちも考えてません」

2016年から所属している文学座の代表に就任しましたが、インタビューではこんな風に答えています。

若手の育成なんてことは、これっぽっちも考えてません(笑)。若い世代の公演も、自分が演出していれば見るけど、関係ないときに演技指導なんてしません。自分でやりなさい。自分でつかみなさい。私がそうだったように。

(引用:AERAdot.)

大学でシェイクスピアに関する出張講義をするほど勉強家の江守さん。人に教えてもらうより、自分から学ぶことが一番の成長への近道だと知っているんでしょうね。

江守徹の現在の画像と過去の画像の比較!

こちらが、若かりし頃の江守徹さん。1962年に19歳で文学座に入所し、1963年「トスカ」で初舞台を踏みます。次第に頭角を現すようになり、芝居や映画のみならず、クイズ番組にも出演しています。

1990年代以降はバラエティ番組にも数多く出演し浜田雅功が出る番組に登場する際には「文学座の偉いさん」なんてイジられ方もしていました。

江守徹の現在の生活は?娘や家族について

mario0107 / Pixabay

命の危険にさらされながらも、芸能界に復帰した江守徹さん。現在の生活や家族との関係が気になるところです。

結婚やお子さんたちの近況は?江守さんの家族にまつわる情報をを集めてみました。

愛妻家で知られる江守徹は1971年に旅公演で知り合った女優と結婚

Pexels / Pixabay

江守徹さんは、1971年に旅公演で出会った、ライバルである俳優座の女優と結婚します。かなりの愛妻家で、どんなに酔って暴れても奥さんが来る前で迎えに来ると素直に車に乗り込むそうです。

今年で結婚生活48年、ほぼ半世紀にわたる夫婦生活は、まだまだ順風満帆のようです。

江守徹の子供は何人いる?

sathyatripodi / Pixabay

三人の子宝に恵まれ、一人の息子さんと、二人の娘さんがいる模様。愛妻家なだけに家族円満ですごしているようです。しかし、お子さんは全員芸能界には入っていないようで、詳細な情報はあまり出てきていません。

脳梗塞による介護も妻がこなし現在も30分のウォーキングをしている

Free-Photos / Pixabay

実は脳梗塞になるのはこれが3回目。最初は2005年、ナレーションの本番中にろれつが回らなくなったそうです。翌日、病院で脳出血が判明しましたが出血場所が脳幹だったため奇跡的に後遺症が出ませんでした。

2回目は翌年の2006年、舞台稽古の日に自宅で意識を失ったそうです。そして3回目の2007年は文学座の会合で、暖房が効いているはずなのに「寒い」と感じたそうです。

脳梗塞からの回復には、奥様の支えがあったようです。飲酒にタバコといった、それまでの不摂生な生活を見直し、1日30分のウォーキンに励んでいるそうです。

孫からは「テッタン」と呼ばれている

MabelAmber / Pixabay

現在、お孫さんが一人いることがわかっています。そのお孫さんからは「テッタン」と呼ばれているようです。本名が「徹夫」さんですのでそこから来ていると思われます。

3人のお子さんのうちの誰の孫なのかという情報は出てきていませんが、こんなエピソードが出てくるということは、お孫さんにメロメロなのは想像に難くありません。

長女の名前は「いづる」?旅番組で共演していた?

NHKで2000年に放送された、「プレミアムカフェ(1)江守徹・いづる 高野街道旅(2)高木ブー父娘 奥羽旅」で娘さんであるいづるさんと共演されています。

海外で働くいづるさんが、一時帰国した際に、高野山から堺までの街道を歩く旅のドキュメンタリーが放送されました。これが数少ないご家族に関する情報です。

江守徹の現在の活動は?

383961 / Pixabay

奇跡的に脳梗塞から回復して、その後の動きが気になるところです。果たして現在の活動内容は?江守徹さんの近況についてまとめてみました。

2017年映画「相棒」に出演していた

2017年1月に封切られた映画「相棒劇場版Ⅳ~首都クライシス人質は50万人!特命係最後の決断~」に出演していました。

本作は水谷豊さん主演の刑事ドラマで、TVシリーズとしてはすでに17シーズン目に突入する超ロングラン作品です。

劇場版も4作目を数え、江守さんは、元駐英大使の「岩井孝信」役として、今回の事件の発端となる誘拐事件の関係者という、非常に重い役どころを担当していました。

2017年も舞台「鼻」に出演

1994年に文学座の津田健さんのために書き下ろされた作品で、修道院が経営する病院が舞台のお話です。

長期療養者を入れ替えて経営状態を回復させようとさりげない嫌がらせをする院長と修道尼たちと、それに全く気づかない患者とのやりとりを面白おかしく描いています。

江守さんは、1983年、2006年にシラノ役を演じていたのですが、今回は、初めて別役を担当しました。2017年10月21日から30日まで1日1公演、1時間15分の舞台を毎日こなしていました。

2016年加藤武の後を受け文学座代表に就任

「釣りバカ日誌」シリーズ、「犬神家の一族(1976年、2006年劇場版)」、「仁義なき戦い」シリーズなどで数々の役どころをこなしてきた前代表の加藤武さんが2015年に亡くなります。

そのあとを受け2016年から、文学座の代表選出選挙を経て、文学座の代表に就任しています。代表の任期は6年あるそうです。

俳優座は、1944年に青山杉作や岸輝子など10人の役者によって設立された、文学座、劇団民藝と並ぶ三大劇団の一つです。現在は、角野卓造や渡辺徹、寺田路恵といった多くの名俳優が所属しています。

現在も精力的に幅広い活動をしている!

今は、文学座の代表としての活動が中心のようですが、舞台や映画など脳梗塞で入院する前のように幅広く活動されているようです。

江守徹の中尾彬の関係とは?

江守徹さんの1年後にデビューした中尾彬さん。江守さんと同じく、数々のドラマや映画に出演し、声が渋いところも似ていますね。中尾さんは、1960年に日活のニューフェイスとして採用されました。

しかし、絵の道を捨てきれずフランスへ留学するも、諸事情により短期間で帰国します。その後1964年に、文学座のライバルである「民藝」に所属します。

1975年、「本陣殺人事件」にて主役の金田一耕助役を担当するなど、数多くのドラマや映画、バラエティ番組に出演し、実績を積み重ねます。ちょうど、江守さんと同じ時代を生きた盟友なんですね。

友でありライバルである二人

デビューしたとし、役柄、アクの強い個性、どれをとっても似た役者人生を歩んできたお二人だからこそ、お互いの気持が理解できる役者仲間なんですね。

バラエティ番組で共演した際には、お互いに一歩も引かない罵り合いが展開され、下手な漫才を見ているより面白いと評判になりました。

お互いが理解できるがゆえに、役者としてギリギリのところを突いていくやり取りができるのではないでしょうか。

見事な掛け合いぶりに明石家さんまも認めた

明石家さんまさんの人気番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に、江守さんと中尾さんがそろって出演した回がありました。

ここでも、歯に衣着せぬ二人の白熱したトークバトルが展開されましたが、さんまさんから「新しい漫才コンビです」と評されました。

どんなゲストも立ちどころに料理して笑いに変えてしまうさんまさんですが、彼をもってしても、お二人のやり取りには感服するしかなかったようです。

CMでも共演している

当時のお二人の人気ぶりに目を付けたメーカーが、二人そろってCMに起用しました。CMへの出演をオファーしたのは、「ヤマサ」でおなじみのヤマヒサ醤油株式会社の「昆布つゆ」です。

この商品のCMでは板前に扮したタレントさんが、CMソングを歌うという展開ですが、毎年タレントが変わります。その3代目に江守さんと中尾さんがダブルキャストで出演しました。

「こんぶ、こんぶ、こんぶつ~ゆ、こんぶをぎょうさん(たくさん)、つこてるの(使っているの)」という軽快な鼻歌に乗せて商品を訴求するCMでした。

江守徹の経歴や代表作

Mysticsartdesign / Pixabay

今年で芸能生活、実に56年!数々の芸歴を誇る江守徹さんですが、映画好きの母親の影響で、早くから俳優志望だったそうで、高校時代には美術部と演劇部を掛け持ちしていたそうです。

高校卒業後は19歳で文学座研究所に入所しました。その若いころの役柄や当時の江守さんはどんな人物だったのか、振り返ってみましょう。

若い頃はヘビースモーカーで豪酒のやんちゃな俳優だった

Free-Photos / Pixabay

かなりのヘビースモーカーで、両切りのピースを好み、多いときは1日に数箱すったという話もあります。しかし、お酒の方はというと、実はあまり強くはないそうです。

文学座の前代表だった加藤武さんは、こんな風に話しています。

「あいつはねえ、酒豪でもなんでもないんだよ。酒が弱いの!たった一杯、酒やビール飲んだだけで、酔って人が変わったように、目が据わるんだよ!そして、いきなり他人に説教を始めるんだ!もう、最初は驚いたよ」

(引用:gooブログ)

受賞歴もある

Alexas_Fotos / Pixabay

江守さんは、長い芸歴の中で、その表現力が高く評価され、いくつもの受賞歴を持っています。日本アカデミー賞では助演男優賞も受賞しています。

また、松尾芸能賞とは、昭和の興行師と言われた松尾国三が作った公益財団法人、松尾芸能振興財団が毎年舞台芸能で活躍した関係者を選出し、表彰しています。

今年でちょうど40回目を迎えましたが、過去には橋田壽賀子さんや、藤山寛美さん、森光子さん、蜷川幸雄さん、三谷幸喜さんなど錚々たる俳優、芸能関係者が受賞しています。

  • 昭和48年度 第8回紀伊國屋演劇賞・個人賞(『オセロー』)
  • 平成元年度 日本アカデミー賞・優秀助演男優賞(映画『社葬』)
  • 同6年度 第2回読売演劇大賞・優秀演出家賞(『ウェストサイドワルツ』『恋ぶみ屋一葉』)
  • 同18年度 第28回松尾芸能賞・大賞(『シラノ・ド・ベルジュラック』)
NEXT 大河ドラマ「葵 徳川三代」の石田三成役