竹井みどりの現在は?所在不明で死亡や病気の噂が!結婚はしている? エンタメ

竹井みどりの現在は?所在不明で死亡や病気の噂が!結婚はしている?

竹井みどりさんは、竹内力さんと共演した「ミナミの帝王」の探偵役ですっかり人気になりました。しかし、2008年の映画出演を最後に、テレビや映画には出演せず、現在では所在不明で死亡説まで出ています。結婚の噂もありましたが、彼女は現在どうなっているのか調べました。

過去にはヌードで濡れ場を披露した竹井みどりの今現在は?

14歳で芸能界入りし、清純派の女優として活躍していた竹井みどりさんですが、1982年、突如「キャバレー日記」でセクシー女優系への道に転向して濡れ場も演じています。

しかし、2008年の映画出演を最後に全く出演作がありません。ネット上でも竹井みどりさんの、その後の消息が分からず、不明者リストにも載っているようです。

彼女は現在、芸能界を引退しているようですが、今は何をしているのかを調べました。

竹井みどりのプロフィール

竹井みどりさんは、1959年3月14日、長野県諏訪市出身の現在59歳です。14歳で芸能界に入り、堀越学園在学中の1975年に銀河テレビ小説「ドラマでつづる昭和シリーズ2青春」でデビューしています。

その後1977年には東映の特撮テレビドラマ「大鉄人17」にレギュラー出演したり、少年ドラマシリーズ「野菊の墓」、「熱中時代刑事編」など清純派女優として活躍していました。

しかし、1982年ににっかつロマンポルノ「キャバレー日記」に主演してからは、濡れ場も演じるようになり、彼女の美貌やスタイルを生かした、新たな境地を開いていきました。

所属事務所のHPからプロフィールが消え所在不明に

Twitterの情報では、竹井みどりさんは現在、所属事務所のHPからプロフィールが消え、所在不明となっているようです。

竹井みどりさんは、2008年の映画出演を最後に、現在は所在が分からず結婚による引退なのか、それとも死亡しているのかといった噂も持ち上がっています。

2008年に公開された映画「AXION アクション」以降の出演がない

竹井みどりさんは2008年に公開された映画「AXION アクション」以降で出演がありません。事務所のHPからも消されていますから、芸能界を引退している可能性は高いのではないでしょうか。

2008年以降の情報は少ないのですが、表舞台での活躍をやめてからも、舞台出演や演出の補佐、ボランティアなどをしていたという情報もあります。

しかし、2011年を最後に、竹井みどりさんに関するあらゆる情報が途絶えています。それから8年程経った現在も、情報がないままです。

2011年以降行方不明となり死亡説も浮上している!死去の情報は?

jclk8888 / Pixabay

竹井みどりさんは2008年に公開された映画「AXION アクション」以降の出演以降は、映画やテレビドラマへの出演もなく、事務所登録も消されています。当時はまだ50歳前ですから引退には早い気もします。

2008年以降の情報がなく、2011年から所在不明となっていることから、当然のように死亡説まで出ています。何らかの理由で事務所を出たのでしょうけど、その理由も良く分からず、その後の消息もつかめません。

芸能界では、以前の志村けんさんのように、短期間でもテレビに出演してなければ死亡説などが流れてしまいます。ですから、竹井みどりさんのように長期間テレビ出演がなければ、尚更病気や死亡説が出てしまいます。

不明者リストにも載っていることから芸能界は引退か

tookapic / Pixabay

竹井みどりさんは、事務所にも所属せず、不明者リストにも載っていることから、その所在は現在、誰にも分からない状況のようです。

不明者リスト載っているということは、少なくとも芸能界からは引退しているのは間違いないでしょう。芸能界を引退し、現在何をしているのかといった情報があまりにも少なく、ただ噂ばかりが先行している状況です。

病気により姿を眩ませた説もある

Pexels / Pixabay

竹井みどりさんの引退には、体調不良によるものだという説もあり、病気だった可能性もあります。しかし、詳しい病名や病状などは一切分かっていませんし、事務所側からの説明もないままです。

個人的に言えないような病気だとしたら、精神的な病気かもしれませんが、その辺もはっきりしません。

現在は一般人として生活していると思われる

Hans / Pixabay

竹井みどりさんは、現在は何らかの理由で芸能界を引退し、一般人として生活しているという見方が有力なようです。

そして、芸能界を引退した理由で、ネットで良く見かけるのが体調不良といった書き込みです。その詳しい根拠は残念ながらつかめませんが、病気や体調不良というのは、当時の彼女の年齢からして可能性は高いでしょう。

あとは深刻な病気でないことを願うのみですが、表舞台から去って10年経ってしまいましたから、復帰はなかなか難しいかもしれません。「熱中時代」や「大鉄人17」での魅力ある演技をまた見たいものです。

所在不明となった竹井みどりは現在結婚しているのか?子供は?

qimono / Pixabay

竹井みどりさんは、現在結婚しているかどうかは定かではありません。少なくとも2011年に行方が分からなくなる前は、結婚していませんでした。また、子供がいるのかどうかですが、それも分かっていません。

2011年の時に、既に50歳を過ぎていましたから、子供は産んでない可能性の方が高いでしょう。それとも結婚し、子供ができた事で引退したのかもしれませんが、それなら公表していてもおかしくない気もします。

竹井みどりさんは残念ながら現在、ほとんど情報がありません。ですから彼女が結婚しているのか、子供がいるのかはもちろん、生存しているのかさえ分からない状況です。一般人として生活しているとみられます。

結婚や子供についての情報はメディアでは公開されていない

rawpixel / Pixabay

竹井みどりさんの結婚や子供に関する情報は、一切メディアでは公開されていないようです。ですから、どうやって検索してもネット上では調べようがないということです。

竹井みどりはヌードが凄い?経歴と主な出演作品

竹井みどりさんは14歳に芸能界へ入った後は、銀河テレビ小説でデビューし、1977年に特撮テレビドラマ「大鉄人17」にレギュラーで出演とそのエキゾチックな大人っぽい顔立ちで人気になりました。

その後「野菊の墓」のドラマシリーズ、「熱中時代 刑事編」に出演していますが、1982年のにっかつロマンポルノ「キャバレー日記」で、清純女優から一転してセクシー系の女優に挑むようになりました。

竹井みどりさんは、もともと日本人離れした彫の深い顔立ちに加え、スタイル抜群でしたから、ますます男性を魅了する幅広い役がらの女優になっていきました。

初めは武井みどり名義で活動していた

GDJ / Pixabay

竹井みどりさんは、武井みどりの名義で活動していたようですが、その理由などはっきりした情報はありません。

1975年「ドラマでつづる昭和シリーズ」でデビュー

竹井みどりさんのデビュー作は、1975年の銀河テレビ小説「ドラマでつづる昭和シリーズ2」NHKで、竹井さんが堀越学園在学中でした。

この銀河テレビ小説は、朝の連続テレビ小説と並んで、夜のゴールデンタイムにも番組を作ろうと1969年4月に「銀河ドラマ」というタイトルでスタートしました。1972年に「銀河テレビ小説」に改題しています。

放送時間帯も何度となく変更され、当初は22時~22時15分でしたが、1989年3月に放送終了した時には、22時~20時20分になっています。

ドラマ「大鉄人17」以降徐々に女優として活動の幅が広がる

竹井みどりさんは、1977年に特撮テレビドラマ「大鉄人17」ではレギュラーで出演するようになりました。

この「大鉄人17」は、石森章太郎原作で1977年3月18日から同年11月11日までTBS系で、毎週金曜日の19時~19時30分に放送されていました。

竹内力との濡れ場がある映画「ミナミの帝王」シリーズで一躍有名に

竹井みどりさんが特に人気となった作品は、1992年から人気コミックの映画版でもある「ミナミの帝王」(OV版)で、探偵役の矢吹麻子は当たり役となって通算9年もの長い間出演し続けました。

この「ミナミの帝王」で竹井みどりさんは、その美貌とスタイル、演技力が認められ注目されましたから、当たり役だと言われるようになりました。

この作品は、竹井みどりさんにとって重要な作品になりましたが、イメージビデオや写真集としてリリースされるようにもなりました。

清純なイメージを破壊したヌード濡れ場を魅せた映画「キャバレー日記」

竹井みどりさんは、「キャバレー日記」でそれまでの清純派のイメージを一転してヌードや濡れ場シーンを大胆にこなして話題となりました。

竹井みどりさんは、若い頃から数々のテレビドラマや映画に出演していましたから、女優としては経験が長いというイメージですが、この「キャバレー日記」の時はまだ22歳位でした。

ですから、この転新はかなりの決意があったのではないかと思われます。彼女のイメージはそこから少しずつ変わってきましたが、幅広い役柄ができる女優へと成長していきました。

ドラマに「あぶない刑事」にも出演していた

竹井みどりさんは、テレビドラマ「あぶない刑事」にも出演しています。1987年の第3話「生環」の藤崎敬子役でした。

舞台でも活躍していた

383961 / Pixabay

竹井みどりさんは、テレビや映画だけでなく、「夢千代日記」や「舞いの家」といった舞台にも挑戦していました。

「千夜物語」「小樽ホテル」の写真集も出している

竹井みどりさんは、写真集を出しています。1993年にぶんか社から「千夜物語」、1994年にアドベント映像から「小樽ホテル」が出版されています。

その他多くのドラマや映画に出演

竹井みどりさんは、ここには紹介されていませんが、まだまだ多くの出演作品が映画やドラマであります。

ドラマでは、1974年の「仮面ライダーX」、2003年の「仮面ライダー555」」「銭形平次」、大河ドラマの「風と雲と虹と」と「花神」、「特捜最前線」、「Gメン75」、「西部警察」、「必殺シリーズ」。

他にも、「暴れん坊シリーズ」、「太陽にほえろ」、「大岡越前」、「銭形平次」、「火曜サスペンス劇場」、「土曜ワイド劇場」など挙げていったらきりがないほど多くのドラマに出演しています。

竹井みどりさん以外の所在不明だった芸能人

1998年放送の「ショムニ」(フジテレビ系)にも出演していた宝生舞さんは、一時、所在が分からず騒動となりましたが、情報提供を呼びかけたところ、所在が明らかになったという経緯があります。

不明者一覧の中には、2000年のNHK朝ドラ「オードリー」で主演した岡本綾さんがいました。岡本綾さんは、妻帯者である中村獅童さんが飲酒運転で捕まった時に、同乗していたことが発覚しています。

岡本綾さんは、中村獅童さんに弄ばれたことで、一時はノイローゼ状態となっていたそうです。今では芸能界を引退し、オーストラリアに住んでいるようです。岡本綾さんにも空白の期間があったようです。

竹井みどりさんの行方

GoranH / Pixabay

竹井みどりさんは14歳で芸能界入りし、堀越学園在学中に1975年「ドラマでつづる昭和シリーズ」でデビューした後は、毎年テレビドラマに出演して人気女優としての地位を確立しました。

その日本人離れした顔立ちとスタイル、演技力で人気になり、特に「ミナミの帝王」では竹井みどりさんは、その演技力と美貌で当たり役だといわれ、9年間も続いています。

竹井みどりさんのその後の消息がかなり気になるところですが、事務所は既に退所し、ネット上でも一切手がかりがありません。一般人としてどこかでひっそりと暮らしているのかもしれません。