未来人の予言が続々的中!的中率の高い注目の未来人まとめ!

2256未来人アンドリュー・カールシン

PhotoMIX-Company / Pixabay

2256年という遠い未来から来たという未来人もアメリカに存在していました。その人物は、株価の変動を事前に知っており、お金儲けのために過去に渡ったと話しています。

また、未来から来たことを裏付ける証拠として、いくつかの予言を的中させました。そんな2256未来人について、詳しく見ていきましょう!

2256年から来た未来人アンドリューについて

PIX1861 / Pixabay

アンドリュー・カールシンは、株価の大きく変動する2003年にタイムトラベルをしました。そして、当時投資家ですら儲けるのが困難だった株において126回連続で勝ち続けたのです。

不審に思ったアメリカ警察は、インサイダー取引の疑いでアンドリューを逮捕。その際に「自分は株価の変動を知っていて2003年に来た」と供述したのです。

タイムトラベルをした場合は、通説では実際にあった過去の出来事とは差異が生じると言われていますが、アンドリューは見事過去そのままの世界に飛んだということになりますね。

近い将来石油が作れるようになる?!

come2lee0 / Pixabay

アンドリューが発言した供述の中には、「未来には石油を自分たちの手で作れるようになる」という証言も残っています。

実際に、2010年筑波大学大学院の渡邉信教授により、「オーランチオキトリウム」と呼ばれる単細胞の藻を利用することで石油を作ることが可能であることが発表されました。

的中した予言!①イラク戦争の日にちまでぴったり的中!

Defence-Imagery / Pixabay

未来から来た証拠として供述した証言の中に、イラク戦争の日にちを当てるというものがありました。

アンドリューは、自分の話を全く信じてくれない警察に対して、自分が未来から来たということを知らしめるべく「今年(2003年)3月20日に戦争が起こる」と証言しました。

そして2003年3月20日、実際にイラク戦争が勃発することとなったのです。

的中した予言!②ビン・ラディンの潜伏先

maraisea / Pixabay

その他にも、9.11アメリカ同時多発テロの首謀者としてアメリカ警察が行方を追っていた、ビン・ラディンの潜伏先についても的中させています。

パキスタンのアボッターバードというところにビン・ラディンは潜伏していましたが、アンドリューはその潜伏先も正確に言い当てていたのです。

釈放後忽然と姿を消す

mcmurryjulie / Pixabay

いくつもの予言を残していながらも、結局アメリカ警察は彼の話を真に受けることはありませんでした。アンドリューは囚人の島へと送られることとなり、資産は凍結されることとなりました。

しかし、アンドリューが島流しに遭った2か月後、匿名の後援者によって100万ドルの保釈金が支払われ、アンドリューは無事釈放されることとなりました。

釈放後のアンドリューの行方は分かっておらず、忽然と姿を消してしまいました。一説では、彼が元いた2256年に戻ったのではないかとも言われています。

NEXT 夢の中で50年過ごしたおじいさんの予言