北海道の最恐心霊スポット・廃墟ランキング27選!怪奇現象や体験談

北海道と言えば果てしない大空と広い大地の爽やかなイメージを想像されるかもしれません。しかし、広い大地であるが故に多くの廃墟が存在します。そのため、北海道は意外と心霊スポットが多く存在するのです。今回は北海道の心霊スポットを紹介したいと思います。

目次

北海道の最恐心霊スポット・廃墟①「雄別炭鉱病院」

最初にご紹介するのは釧路市に存在する廃墟「雄別炭鉱病院」です。こちらは全国的にも5本の指に入ると言われている有名な心霊スポットであり、沢山の悪霊がいるため霊能力者は近づけないそうです。

この心霊スポットでは霊感がない人でさえめまいや頭痛、悪寒などの症状が現れると言い、霊感の強い人は気絶してしまうことさえあるそうです。

雄別炭鉱病院に纏わる怪奇現象や体験エピソード

 この雄別炭鉱では炭鉱採掘にともなう事故により多数の死者が発生しています。そのため、幽別炭鉱病院だけではなく、地域全体に霊が多数存在していると言われています。

男性、女性、子供と言った家族のような構成で例が現れる、車の窓に手形が無数につく、車のヘッドライトが破裂するなどの怪奇現象が多数報告されているようです。

また、特に霊感の強い人がこの場所を訪れてしまうと、霊に憑りつかれてしまう危険が高いと言われています。

北海道の最恐心霊スポット・廃墟②「旭川中国人墓地」

旭川中国人墓地はかつて強制労働のために北海道へ連れてこられた中国人労働者たちの墓地であり、旭川の心霊スポットとしては大変に有名です。

入り口に倒れた地蔵がいる、くらいまではよくある心霊スポットなのですが、ここが他の心霊スポットと異なるのはとにかく怪奇現象に遭遇したという報告の多さです。

旭川中国人墓地に纏わる怪奇現象や体験エピソード

この心霊スポットでは数多くの怪奇現象が報告されていることも特徴的です。墓にしがみついて泣いている少女の霊や四つん這いで追いかけてくる男性の霊などが報告されています。

また、墓地の中にある一つの墓には裏に文字が書かれており、その文字を読んでしまうと呪われる、死んでしまうという噂も存在します。

また、スポットでその姿を見てしまうと帰る際に追いかけてくる女の霊も存在するとか。身の危険を覚えたくないのであればここには訪れないことが賢明でしょう。

北海道の最恐心霊スポット・廃墟③「ラブホテルコスモ」

北海道帯広市に存在する廃ホテル「ラブホテルコスモ」。このホテルは客室がスペースシャトル風になっているという一風変わったホテルです。

この付近には様々な廃ホテルが存在しますが、その中でも「ラブホテルコスモ」が心霊スポットとしては有名です。

ラブホテルコスモに纏わる怪奇現象や体験エピソード

このホテルには女性の霊が出現すると噂になっています。ある部屋は天井が鏡張りになっていて、そこで写真を撮ると横に女性の霊が写ると言われています。

また、ホテルに一歩足を踏み入れると絶えずラップ音が響く、二階の窓から誰かがこちらを見てくるという噂も誠しやかに囁かれています。

北海道の最恐心霊スポット・廃墟④「平和の滝」

平和の滝は北海道の中でも非常に有名な心霊スポットであり、地元民でも肝試しに行こうとすると親から怒られるレベルです。ここでは昼夜を問わず霊が現れると言われています。

平和の滝は自殺の名所としても有名で、滝つぼへの投身自殺、トレイでの焼身自殺、首つり自殺など多くの自殺案件がこの場所で発生しています。

平和の滝に纏わる怪奇現象や体験エピソード

この心霊スポットでは、自殺があったとされている場所(滝つぼ、トイレなど)の周辺で霊の目撃例が多く報告されています。

それらの霊を目撃してしまった場合、感受性の強い人は霊に引き寄せられてそのまま自殺してしまうこともあると言われています。自殺者に話を聞いたわけではないので真相は不明ですが。

「滝を見つめたまま全く動かない不気味な人」がいる、「とある樹木には無数の浮遊霊が集まっている」などという怪奇現象が報告されています。

北海道の最恐心霊スポット・廃墟⑤「萬念寺」

怪談でも有名な「髪が伸びる人形」の元祖である「お菊人形」が祀られているのが岩見沢にある「萬念寺」です。

お菊人形は、近くに住む鈴木永吉さんが大正7年札幌市において開催された大正博覧会を見物の帰り、8月15日札幌狸小路の商店で幼い妹菊子におみやげとして買って来たオカッパの胸の鳴る人形だったそうです。

萬念寺に纏わる怪奇現象や体験エピソード

菊子はその後3歳でこの世を去りました。しかし彼女の死後、お菊人形の髪が伸び続けるという怪奇現象が発生しました。

最初はオカッパであったお菊人形ですが、今では足元まで髪が伸びているそうです。しかし、全国的にも髪が伸びる人形は多数報告されているため、珍しい現象ではないのかもしれません。

近い将来、人形の髪が伸びるメカニズムが解明されてしまうかもしれませんね。オカルト好きとしては解明されてほしくない、というのが本音だとは思いますが。

北海道の最恐心霊スポット・廃墟⑥「沼東小学校(円形校舎廃墟)」

沼東小学校は北海道美唄市に存在する廃墟であり、1974年に廃校となっています。この沼東小学校の円形校舎廃墟は廃墟の心霊スポットとしても有名です。

円形校舎廃墟に纏わる怪奇現象や体験エピソード

このスポットには赤いランドセルを背負った少女の霊が現れると噂されています。当時この学校に通っていた女子生徒が突如としていなくなってしまい、神隠しにあったと言われている事件があるためと思われます。

また、この心霊スポットに肝試しに訪れた人が狂乱して行方不明になってしまったと言われており、非常に危険なスポットとして認知されています。

北海道の最恐心霊スポット・廃墟⑦「香名館跡地」

続いて紹介するのは北海道夕張市に存在する「香名館跡地」です。ここは元々旅館でしたが、風呂場で死亡事故が発生したために2002年に閉館となっています。

その後ドライブインとして営業していたものの、採算が取れなくなってしまい閉店。以降は廃墟として放置されています。また、建物の裏で自殺者の遺体が発見されたという噂もあります。

香名館跡地に纏わる怪奇現象や体験エピソード

ここでは心霊現象が多く報告されており、地元では有名な心霊スポットとなっています。廃墟の中の風呂場で写真ととると、ここで亡くなった客の霊が写真に映り込むと言われています。

北海道の最恐心霊スポット・廃墟⑧「赤平観光センター(プリンス平安)」

赤平市に存在する廃墟「赤平観光センター(プリンス平安)」。元々は冠婚葬祭を行うための建物であったそうです。

様々な建物が存在しますが、その中でも有名な心霊スポットとされているのがひときわ大きな本館です。

赤平観光センター(プリンス平安)に纏わる怪奇現象や体験エピソード

ここでは本館のシャンデリア付近で若い女の人の霊を目撃した、老婆の霊を目撃したという情報が報告されています。実際にこの付近で老婆が福江不明となった事件があったそうです。

北海道の最恐心霊スポット・廃墟⑨「星置の滝」

北海道札幌市稲区に存在する「星置の滝」です。ここは戦時中に空襲による大きな被害があった地域であり、多数の住民が犠牲となりました。また、近くには防空壕も存在するそうです。

なお、星置の滝の上流に存在する「乙女の滝」もヤバイ心霊スポットとして地元では有名です。

星置の滝に纏わる怪奇現象や体験エピソード

星置の滝では、空襲被害に会った住民の霊が未だ成仏できずに多くさまよっていると言われており、聞こえるはずのない声が聞こえてくるなどの怪奇現象が報告されています。

北海道の最恐心霊スポット・廃墟⑩「グリュック王国」

北海道帯広市に存在する「グリュック王国」は、当時町おこしとして1980年に設立された中世ドイツ風のテーマパークです。しかし、営業不振により2007年に閉鎖されています。

グリュック王国に纏わる怪奇現象や体験エピソード

当時会員制のホテルであった「グリュック城」では多くの怪奇現象が報告されています。城の中では常にラップ音が響いており、観光客の霊も目撃されているということです。

地元では若者の肝試しスポットとして有名ですが、当時観光客の事故などがあったという話は全く聞かないにも関わらず、観光客の霊が出るというのは不思議ですね。霊になっても来たかったということでしょうか。

北海道の最恐心霊スポット・廃墟⑪「屯田墓地」

北海道石狩市に存在する「屯田墓地」。起源は明治までさかのぼり、明治時代に北海道の開拓と警備を行った多くの屯田兵が眠っている墓地です。

奥に踏み入ると、雑然とした古い墓石が点在していて、日中でも異様な雰囲気が漂っています。地縛霊に誘われて多くの浮遊霊が集まってきているという噂があります。

屯田墓地に纏わる怪奇現象や体験エピソード

屯田墓地では、出る寸前に何者かに足首を掴まれるという噂があります。また、墓地の前に車を停めていると霊が車に乗ってくるという噂もあります。

北海道の最恐心霊スポット・廃墟⑫「常紋トンネル」

北海道北見市に存在する常紋トンネル。このトンネルは海道旅客鉄道の石北本線にある全長507mの、今も現役の鉄道トンネルです。

今は使われないトンネルが心霊スポットというのはよく聞きますが、現役のトンネルが心霊スポットというのは珍しいですね。そのため、電車の中でも怪奇現象が度々報告されています。

常紋トンネルに纏わる怪奇現象や体験エピソード

このトンネルは当時凄惨な労働を強いられて作られたトンネルであり、工事中に死亡した人たちが多く埋められていると言われています。

そのため、血だらけの男の霊が出没する、電車内に黒い影が現れることがあると噂されています。

北海道の最恐心霊スポット・廃墟⑬「神居古潭」

こちらも北海道の中では有名な心霊スポットです。神居古潭(カムイコタン)はアイヌ語で「神(魔神)の住むところ」という意味であり、アイヌ人にとっては神聖な場所でした。

その影響か、この付近では霊が多く集まると言われており、様々な心霊現象が報告されています。

神居古潭に纏わる怪奇現象や体験エピソード

近くにある電話ボックスには女の人の霊が出ると言われています。また、今は使われていないトンネルでは事故が多く発生していたそうであり、事故の際は必ず「ゴーン」という音が聞こえたとか。

北海道の最恐心霊スポット・廃墟⑭「JR高砂駅」

北海道江別市に存在するJR高砂駅はただの駅のようですが、地元では有名な自殺スポットであり多くの人身事故が発生しています。そのため、それら自殺者の霊が現れる心霊スポットとして有名になりました。

JR高砂駅に纏わる怪奇現象や体験エピソード

JR高砂駅では自殺者の霊が目撃されているという噂があり、これらの自殺者が地縛霊となって次の犠牲者を引き込んでいると言われています。

北海道の最恐心霊スポット・廃墟⑮「西岡水源地」

北海道札幌市から車で30分くらい離れたところに存在する西岡公園。そこにある「西岡水源血」が地元では心霊スポットとして有名です。

NEXT 西岡水源地に纏わる怪奇現象や体験エピソード