『名探偵コナン』の【あの方】、黒幕・烏丸蓮耶の正体は?! RUM候補から探れ! エンタメ

『名探偵コナン』の【あの方】、黒幕・烏丸蓮耶の正体は?! RUM候補から探れ!

『名探偵コナン』で遂に明かされた【あの方】の名前。ファン待望の黒ずくめの組織の黒幕は死んだはずの謎に包まれた富豪「烏丸蓮耶」でした。生きているのでしょうか。組織のNo.2・RUMも実は身近にいるのでしょうか。伏線を追いながら正体に迫ってみましょう。

目次

[表示]

『名探偵コナン』の【あの方】の名前は烏丸蓮耶!

『名探偵コナン』の黒幕【あの方】の名前が明かされたのは2017年12月。作者の青山剛昌先生が病気療養のため連載をお休みする直前のことでした。コナンの父、工藤優作と赤井秀一の推理により導き出された名前「烏丸蓮耶」とは30巻で半世紀前に謎の死を遂げた大富豪としてシルエットだけ登場した人物です。

40年前、既に100歳を超えた烏丸蓮耶は別荘に専門家たちを呼び寄せ母親が残した財宝を探していました。ある日烏丸邸に多くの著名人が集まりオークションが開かれました。二日目の夜、烏丸邸に謎の訪問者が現れ、全員が凄惨な死をとげました。政財界に顔の利く名士がいたのか事件は握り潰されました。つまり事件の犠牲者は伏せられました。

黒幕、【あの方】、正体!どういうこと?!

『名探偵コナン』にはコナンが黒ずくめの組織と呼ぶ悪の組織が登場します。組織のメンバー、ジンがボスを「あの方」と呼んだことから【あの方】という通り名が定着しました。53巻発売当時に青山剛昌先生がボスの名前は既出だと明かしたため、53巻までに名前が出た人物の中に黒幕がいることがわかりました。

【あの方】は既に登場している?!烏丸蓮耶の正体は別の名前?

烏丸蓮耶は生きていたとしたら140歳を超える超高齢です。組織のボスからはメンバーに指令が出ていることから【あの方】は確実に生きています。コナンのように毒薬APTX4890により幼児化したのでしょうか。現在は烏丸蓮耶ではなく、他の人物として生きていると考えて間違えないでしょう。

ほとんどの登場人物が【あの方】の候補!

青山剛昌先生が「黒幕はすでに登場している」とお話したのは82巻発売の頃です。阿笠博士を始め、少年探偵団のメンバー全員、蘭の家族、コナンの両親、鈴木財閥関係者、黒ずくめの組織のメンバー、目暮警部を始めとした警察関係者、FBI関係者、学校の先生までありとあらゆる登場人物の言動に伏線があるように見えてきます。

推理!【あの方】は何歳くらいなのか?!

APTX4890は不老不死や蘇りを目的に研究されていた薬です。マウスの試験ではマウスが死亡し、さらに体内に薬の形跡を残さなかったため、組織は暗殺用の毒薬としての使用を始めました。工藤新一も暗殺目的で飲まされましたが幼児化。7歳のコナンになりました。宮野志保は自殺目的で服毒し18歳から7歳の灰原哀になりました。

もし烏丸蓮耶がAPTX4890と同じ効能の薬を飲んだら、現在は40~50歳前後と想定できるでしょうか。小五郎を始め父親たちは40歳前後。警視庁の目暮十三警部の年齢は分かりませんが、41歳の中森警部と同期、小五郎の先輩に当たることから同じく41歳程度と想定できます。FBIのジェイムズ・ブラックはもう少し高めに見えます。

『名探偵コナン』黒幕【あの方】烏丸蓮耶の正体は元太!?まさか!

小島元太が【あの方】の正体説は成り立つでしょうか。元太は少年探偵団の一員。小学校1年生ですがAPTX4869を飲んだら年齢は問題ありません。しかし、ボスとして黒ずくめ組織のメンバーの上に君臨するのは元太には難しい気がします。作者も否定したことがあるようです。

重要点は元太の家は酒屋だということ。組織のメンバーは全てお酒やカクテルの名前がニックネームを持つからです。そう考えると元太の父親、小島元次が実は正体として適当に感じてきます。実際、小島元次をボスと考えるファンも多いです。しかし、名前の掲載が63巻なので小島元次説も無しです。

『名探偵コナン』黒幕【あの方】烏丸蓮耶の正体は光彦!?

少年探偵団の一員、円谷光彦。7歳児の設定にしては驚くほど頭脳明晰、運動神経も万能。可愛さありながら落ち着いた対応が目を引きます。光彦がボスの正体だと考えるファンは実は多いのです。しかし、光彦説も無しです。83巻の登場人物紹介で少年探偵団は灰原哀を潜り込ませるために登場させたメンバーだと作者により紹介されています。

『名探偵コナン』黒幕【あの方】烏丸蓮耶は黒の組織にいる?!

コナンの最大の敵、黒ずくめの組織の関係者にはボスの候補がたくさんいるように思います。ベルモットとジンは【あの方】から直接指令を受けて動き、ウォッカはジンの命令で動いているようなので、違うと見て良いでしょう。ベルモットは組織を壊したがっているところもあります。謎が多い女性です。

組織に潜入したFBIの赤井秀一、公安の安室透(本名は降谷零)、CIAの水無怜奈。安室はRUMの指令を受けるので無し。他のメンバーは怪しいです。特に赤井秀一。妹、世良真純には規「格外の妹」メアリーがいます。コナンは母親メアリーがAPTX4869を飲み幼児化したと考えています。組織との関わりは否定できません。

『名探偵コナン』黒幕【あの方】は「七つの子」に関係がある?!

【あの方】のメールアドレスを打つと童謡「七つの子」の音になりました。しかし時代はスマホ。この話題は最近は出てきません。「七つの子」は烏丸蓮耶のヒントになっていたんですね。近くを烏が飛んでいたら要注意です。黒の組織を暗示しているので重要な伏線である場合があります。

『名探偵コナン』作者は時々ポロリと語る!!

雑誌や映画のインタビュー、地元の方との交流会、ゲーム「とびだせどうぶつの森」など、あちこちで作者の青山剛昌先生が伏線の説明、人間関係や今後の展開などを語ってくださっています。海外にも招かれて現地の方たちの質問に答えることもあります。

阿笠博士、工藤家族、毛利家族、鈴木財閥関係者、少年探偵団などが黒幕の可能性を否定されています。ベルモット、白鳥刑事も否定されています。また、物語に登場する怪盗キッドと工藤新一が似ていることには意味があることも明かされています。

漫画、テレビアニメ、劇場アニメの全てを全監修しているそうです。黒ずくめの組織の話が関わる場合には特に気を付けてストーリーに矛盾が出ないように作っているそうです。小さな頃、コナンがカッコいいから読んでいた子が大人になったらストーリーの面白さで読み込めるように。丁寧に作っているそうです。

『名探偵コナン』作者が明かした親戚関係が驚き!

灰原哀の母親、宮野エリーナと赤井秀一・世良真純の母親、メアリーは姉妹とのこと。つまり灰原哀と世良真純は従妹同士。二人は実際に会っていますが特別な反応を示さないので、それが演技でない限りは面識は無いと推測できます。安室透はエリーナに幼い頃に会っているので、何かありそうです。

『名探偵コナン』黒幕の正体はやっぱり絶対「阿笠博士」!?

黒幕の正体として根強い人気を誇るのは阿笠博士です。コナンが幼児化した時に、コナンの身を守るために幼児化を2人の秘密しよう!と強く主張したこと、アガサというカクテルがあることなどが理由です。科学者なのでコナンを人体実験として近くで観察したいという説もあります。でも、作者によって何度も否定されています。無しです。

黒幕の正体、【あの方】候補には阿笠博士の伯母もいる!

阿笠博士には阿笠定子という伯母さんがいます。阿笠博士黒幕説の重要理由のカクテルが正式には「アーント・アガサ」という名前だからです。しかし、残念ながら阿笠博士によって76歳で亡くなったと語られています。実は幼児化して生きていることもありえますが、烏丸蓮耶との関係を考えると無しで良いと思います。

人気キャラ「灰原哀」は黒幕【あの方】候補になれるか?

作者が予想したより遥かに高い人気を誇っているという灰原哀。ツンデレなところ、優秀なところ、クールなところ、でも乙女なところが胸キュンです。物語の中では「V.I.ウォーショースキーの”I”」から名付けたとされていますが、実はホームズの心を奪った唯一の女性アイリーン・アドラーから名付けたそうです。

作者も思い入れがあるようで「あの女」の名前を取っているんだとインタビューで力説していたのを覚えています。母親の灰原エレーナは作者が否定したと思いますが、灰原哀本人はわかりません。父親の宮野厚司は死んだとされていますが話に出るだけです。

『名探偵コナン』RUMの候補者から【あの方】の正体を探れ!

ここにきて怪しい人物が登場しています。現在のRUM候補は黒田兵衛(警視庁捜査一課管理官)、若狭留美(コナンの学級副担任)、脇田兼則(毛利小五郎の探偵事務所隣のすし屋の店員)の3人です。この3人はいずれも片目しか見えない、頭脳明晰、工藤新一に興味がありです。隻眼はRUMの重要な特徴です。

若狭留美は91巻で登場した普段はドジながら実は半端なく強い教師です。名前がアナグラムで「Im Asaka RUM」と読めます。外見は普通ですが隻眼を灰原哀が見抜きました。RUMの名前は「浅香」の可能性があります。この3人の動向が今後の注目ポイントです。烏丸蓮耶に結び付くかもしれません。

RUMの最有力候補は黒田管理課と噂されている!?

92巻で初登場をした黒田兵衛は、大柄な体格と強面な外見が印象的な人物です。職業は警視庁刑事部捜査一課の警視で、顔には火傷跡があり右目は義眼のためRUMの特徴をしっかりと捉えています。

RUMが動向を気にし続けている工藤新一の名前を聞き反応したり、RUM候補の一人である若狭留美と遭遇した時には、若狭留美に敵意をむき出しにし牽制を続けていました。

そんなRUM候補として有力であった黒田兵衛は作中で灰原哀と対面を果たしましたが、幾度も黒の組織の気配を感じとっていた灰原哀は「黒田から組織臭はしなかった」と語ります。

RUMはコードネーム・シェリーの行方を気にし続けているため、シェリーである灰原哀に遭遇しても何の反応も示さなかった黒田兵衛がRUMの可能性は否定されました。

黒田管理官の正体が明かされた?!

RUMの可能性は否定されましたが、作中に登場してから怪しい行動を続けてきた黒田兵衛の正体がとうとう明かされました。片目が義眼で工藤新一の動向を気にしていた黒田兵衛の正体は、公安警察官の「ボス」であることが判明しました。

公安警察官と言えば、バーボンのコードネームで黒の組織に潜入もしていた安室透が所属している部署で、黒田兵衛は安室透に対して指示と許可を出したことから、公安警察のボスであることが判明しました。

RUMの最有力候補は脇田兼則と噂されている!?

バーボン(安室透)にRUMから指令が届きました。メールには「工藤新一の情報を要求する Time is money! 急げよバーボン」の文字。「Time is money」つまり「時は金なり」をアナグラムで考えると「tokiwa kanenari」並び替えて「wakita kanenari」つまり「脇田兼則」となります。

とうとうスコッチの正体が明かされた!人物像とは?

安室透と赤井秀一の因縁に深く関係している黒の組織のメンバー「スコッチ」。ゲーム「とびだせどうぶつの森」で6月11日に青山剛昌先生がスコッチの名前を「〇〇〇〇景光(ひろみつ)」明かして盛り上がっています。

謎の人物の一人とされ続けてきたスコッチですが、とうとう正体が明かされました。まず、スコッチとは安室透と共に黒の組織に潜入していた人物です。

漫画では8巻でチラリと姿を見せており、この時にまだ幼かった世良真澄とも会っています。そのまま登場回のないままでしたが、黒の組織に潜入していることが露見した際に、赤井秀一の追及によって死亡したことだけが明かされていました。

スコッチはどんな人物?RUMの可能性はある?!

本編が警察学校編に突入したことでとうとう明かされたスコッチの正体は、公安部警察官の一人として安室透と共に黒の組織に潜入していました。安室透とは幼馴染であり、仲間としてだけではなく友としても仲の深い関係性であったようです。

そんなスコッチの名前が「ヒロミツ」であることを青山剛昌先生が「とびだせどうぶつの森」でも明かしていましたが、本編では拳銃自殺の際に押収された携帯電話が諸星高明の元に渡った時に判明しました。

スコッチの本名は「諸星景光」であり、諸星高明の弟という重要な付箋が回収されました。黒幕の重要人物であるRUMである可能性は、現時点でスコッチというコードネームを持つことから低いでしょう。

しかし、赤井秀一のように殉職している登場人物が生きている可能性から、別の人物として生き延びてRUMである可能性も否定しきれません。

『名探偵コナン』作者と読者の推理合戦はまだまだ続く!

名探偵コナンの黒幕候補についてご紹介してきましたが、まだ回収されていない伏線がたくさんあります。青山剛昌先生が発信するネタバレを集めて、今後の展開を推理していきましょう。

今後も名探偵コナンの黒幕探しから目が離せません。