高部知子の今現在は?ニャンニャン事件の真相や夫や子供の心臓病について

昭和の大人気番組のひとつだった「欽ちゃんのどこまでやるの!?」はお笑い番組の草分け的番組でした。その中で誕生したのが「わらべ」という女性3人組のアイドルユニットです。メンバーのひとりの高部知子さんはいろいろな問題がありました。どんな問題があったのでしょうか?

わらべ・長女のぞみ役の高部知子の現在は?干された理由はニャンニャン事件?

keresi72 / Pixabay

高部知子さんは、1980年にNHKテレビのドラマデビュー後、徐々に頭角を現し始めて、「欽ちゃんのどこまでやるの!?」で一気にブレークをしていくことになります。

しかし、紆余曲折を経ていくことになります。そんな高部知子さんについてまずは見ていただきましょう。

「欽ちゃんのどこまでやるの!?」で知られた高部知子のプロフィール

tookapic / Pixabay

高部知子さんは、1980年NHKのドラマでデビューした後、1982年にテレビ朝日で放送されていた「欽ちゃんのどこまでやるの!?」で萩本家の三つ子の愛娘の長女のぞみ役で登場しました。

1983年には、穂積隆信さんの家族内で実際に起きた非行問題をドラマ化した『積木くずし~親と子の200日間戦争』で主人公の不良少女役を演じて大変話題になりました。

『欽ちゃんのどこまでやるの!?』でのかわいさがでるのぞみ役と、『積木くずし』における不良少女の役柄の大きなギャップは、非常に驚かされたものですが、突然事件が起きてしまいます。

ニャンニャン事件で干された過去がある

darksouls1 / Pixabay

高部知子さんは、人気絶頂だった1983年6月にある写真週刊誌に煙草をくわえている様子を掲載されることになって、多くの疑惑が浮上することになってしまいます。

そのため、謹慎を余儀なくされるのですが、事件の波紋は思いのほか大きかったため、一次は復帰も見えていたともいわれていましたが、視聴者からの多くの批判からは逃れることもできませんでした。

結局は、「わらべ」から除名され、事実上の萩本欽一さんから波紋を言い渡されることになって、芸能界からも干されてしまうことになりました。

現在は精神保健福祉士として働いている

Free-Photos / Pixabay

その後は、結婚や離婚を繰り返してきましたが、2000年に大学に入学して、2005年に卒業するなど学業にいそしむことになります。

そして、2007年に精神保健福祉士の資格を取得して、現在は、全国各地の精神医療・福祉関連施設で、認知症や各種依存症患者に対してのカウンセリング及びケアに取り組むようになりました。

精神保健福祉士の資格を取得するきっかけの一つは堀越学園の先生

3dman_eu / Pixabay

写真週刊誌に掲載されてしまってから以降、誰に事の事実を話しても全く信用されず、聞いてももらえなかったという高部さんでしたが、その中でも唯一在籍していた堀越学園の北村先生だけは違っていたそうです。

北村先生は、高部さんと反省ノートでやり取りを繰り返し、高部さんと本音で語り合いながら励まし続けていました。この北村先生のおかげで、高部さんは自分を取り戻して人生に前向きになりました。

そういったことによって、大学にも進学できるようになって、さまざまな経験から命の尊さを学び、精神保健福祉士の資格を取るきっかけにもなったのです。北村先生に救われることで今があるということなのでしょう。

2014年にはASKA被告に救いの手を差し伸べていた

frolicsomepl / Pixabay

2014年、覚せい剤取締法違反(所持・使用)などの罪で逮捕・起訴されたCHAGE and ASKAのASKAさん(当時被告)が保釈されて一夜明けた日に高部さんは、救いの手を差し伸べています。

当時高部さんは、「一人じゃない、必ずどこかで気をかけてくれる人がいるんです」と温かく呼びかけていました。元芸能人と精神保健福祉士という二つの立場で一定の理解を示していました。

実際に直接ASKAさんにアドバイスはしていませんが、「何だったら個人の携帯番号を教えてもいいくらい。再犯するくらいなら連絡してほしい。私でよければ話を聞きます」と親身になっていました。

現在は精神医療・福祉関連施設でカウンセリングやケアに取り組んでいる

SerenaWong / Pixabay

今では、心の病気に悩んでいる方々や、アルコールやギャンブル、薬物などの各種依存症を抱えている方々と向き合いながら、精神医療や福祉関連施設においてカウンセリングやケアに取り組んでいます。

自身が苦しんできた人生を糧に同じような思いに悩み苦しんでいる方の一助になるべく、現在の高部さんは努力されているということです。

大学で講演活動や浄土宗西山深草派の教師としても活躍している

robinsonk26 / Pixabay

高部さんは、今の資格や仕事をもとに各地で公演活動も熱心に行っています。精神保健福祉士の資格においては、認知症や、依存症、うつ病などの病気は家族の支えがあれば買われることを強く訴えています。

また、浄土宗西山深草派の教師の立場では、ストレスが多く悩みも多いこの現代社会において、少しでも生きる指針としてもらえるような法話を中心に伝えていらっしゃいます。

現在の姿は?画像はあるのか

高部さんは、先ほどからご紹介していますように、さまざまな分野にて活躍をしていらっしゃいますので、実に多くのところで高部さんの写真と共に紹介されています。

こんなことを言っては失礼かもしれませんが、比較的かんたんにすぐ見つけることができるでしょう。

高部知子は結婚している?子供はいるのか

marcisim / Pixabay

高部知子さんは、結婚をされているのでしょうか?また、お子さんはいらっしゃるのでしょうか?

問題発覚後、しばらくの時間をおいて高部さんはしばしばテレビに出演していました。その中において、芸能界から事実上干されてしまった後の生活などについて紹介されていました。

そのあたりについて、ここからはご紹介していくことにしましょう。

22歳のころ幼なじみと結婚し芸能界から引退

Pexels / Pixabay

高部さんは問題発覚後、無期限謹慎となり、謹慎後に高校を卒業して22歳で幼馴染と結婚するそのタイミングで芸能界を引退しました。

結婚した後は、夫婦でコンビニエンスストアを経営することにもなり順風満帆とみられていました。

この様子は、テレビのスペシャル番組「あの人は今」などの番組で紹介されていて、まさに幸せそのものという様子がテレビで写されていました。

その後離婚し再婚するが再び離婚し現在は独身と思われる

stevepb / Pixabay

しかし、コンビニエンスストアを経営して数年経った時に離婚をしてしまいます。

高部さんは、その後も再婚することになりましたが、二回目の結婚生活も長くは続くことはなく、再び離婚することになってしまいました。

高部さんは、実はそこまで長くない間で2回の結婚と離婚を繰り返すことになっていました。

2人の子供がいる

sathyatripodi / Pixabay

高部さんには、最初の旦那さんとの間で、2人の子供に恵まれていました。

結婚後まもなく長女を出産しました。育児に専念することになり、それが芸能界引退の直接的原因といわれています。

夫婦でコンビニエンスストアの経営をはじめてしばらくして次女を授かることになりました。次女が生まれて数年後、最初の旦那さんと離婚ということになってしまいました。

2人の娘の年齢は?長女が心臓病という噂は本当?

1662222 / Pixabay

2人の娘さんの年齢などは公表されているわけではありませんが、長女については、高部さんが22歳の時に出産しているということで、2019年現在では30歳くらいではないかと想像できます。

しかし、次女については何歳の時に出産しているということがほとんど出てきていないためにわかりませんので、あくまで推測の範囲にはなってしまいますが、20代後半くらいではないと考えられます。

また、長女については、先天的な心臓疾患を持っていて、高部さんはそのため育児に専念しなければいけない状況になったため、芸能界を引退することになりました。

慶応大学に入学したのも娘のためか

Free-Photos / Pixabay

高部知子さんは、再度芸能界に復帰をした翌年の2000年に、慶應義塾大学文学部(第Ⅰ類)に入学することになります。進学をしようとなったきっかけは、長女だったとこのことです。

先ほども触れましたが、長女は先天的な心臓病を患っていました。心臓の奇形といわれていますが、詳細は分かりません。ただ、長女の育児のために一度芸能界を引退しています。

しかし、結婚と離婚を繰り返し、長女を育てていく中で将来のことを考えていたのではないかといわれています。そこで、再度いろいろなことを学びなおすという選択をしたのではないでしょうか。

高部知子のニャンニャン事件とは?

susannp4 / Pixabay

それでは、デビュー後実に順風満帆だった高部知子さんの芸能界での立ち位置を失うことの原因となってしまうニャンニャン事件について、ご紹介していこうと思います。

15歳であられもない姿が流出!写真週刊誌「FOCUS」に撮られた

1982年に「欽ちゃんのどこまでやるの!?」で人気絶頂となった高部さんは、新たな境地を開拓していたまさに矢先の1983年、プライベート写真が流出しました。

その内容は、まだ当時15歳の高部さんが、ベッドで裸体に布団をかけた状態で、煙草をくわえた様子をとらえた写真が1983年6月に写真週刊誌「FOCUS」に掲載されたことで発覚しました。

写真からは、ベッドで裸体に布団かけた状態だったことから性行為の前後の写真で、しかも煙草をくわえていたことも加わって、当時未成年者であった高部さんからしてみれば、喫煙していたことは大問題でした。

元祖となった「ニャンニャン」の由来は?

Free-Photos / Pixabay

「FOCUS」の文中では、「ベッドで仲良くニャンニャンしちゃった後の、一服である」との記述があります。「ニャンニャン=性行為」という意味合いで使用されています。

記事にした記者は「セックス」という言葉をどうしても使いたくなかったため、「わらべ」の大ヒット曲「めだかの兄妹」の曲中の高部さんのソロパート歌詞である「ニャンニャン(猫の鳴きまね)」を用いました。

これを機に、ニャンニャンは性的な意味合いと結び付けられるようになり、当時の流行語にもなりました。後におニャン子クラブを輩出した人気番組であった「夕やけニャンニャン」の語源ともいわれています。

スキャンダルにより欽どこファミリーのほか堀越高校や仕事も謹慎・降板となる

shell_ghostcage / Pixabay

この事件の直後に高部さんは、欽どこの番組内で電話出演して謝罪をして、高部さんは欽どこファミリーを謹慎するという扱いになりました。

そこから約2か月後には、完全に降板することとなり、わらべからも除名され、萩本さんからも破門の烙印を押されることとなりました。結果、わらべは残った2名で活動を続けることとなりました。

写真を持ち込んだのは元交際相手?その目的は?

jarmoluk / Pixabay

「FOCUS」に写真を持ち込みしたのは、18歳の少年でこの問題発覚の3か月前に高部さんが主演していた「積木くずし」のエキストラとして知り合った3歳上の交際相手でした。

当然金銭目的と思われていたが、動機は当初民法の放送局に写真を持ち込んだところ取材が始まったが、局の上層部から企画をつぶされ、さらに暴力団などからも嫌がらせを受けるようになりました。

そのため、自衛のために持ち込んだと「FOCUS」の編集部に語っていたということです。実際、少年はこれに伴う謝礼は一切要求することはありませんでした。

騒動から翌年に暴露本「ハンパしちゃってごめん」を出版

DariuszSankowski / Pixabay

高部さんは、問題から1年後の1984年に自著「ハンパしちゃってごめん」を出版して当時のことを振り返るような内容でベストセラーとなりました。文中では、性行為と喫煙を認める記述がされていました。

しかし、写真についてはあくまで遊びで撮ったもので、性交渉もなければ、煙草も演技の練習で実際は喫煙していなく、ただくわえていただけと述べています。

そもそも高部さん自身は、この本にほとんど関与しておらず、出版されたこと自体も知らなかったといいます。本文は、いろいろ報じられる記事や、高部さんの証言を都合よくまとめたものでした。

元交際相手は自殺?遺族に配慮し完全降板・わらべから除名

Free-Photos / Pixabay

元交際相手の少年は、問題発覚から約3ヶ月後の1983年9月4日に茨城県東茨城郡城里村の林道にて、自動車の排気ガスによる自殺で亡くなることとなってしまいました。

自殺の前には、ストレス性胃潰瘍で入院をしていたとのことで、かなり世間から追い込まれることになってしまったのではないかといわれています。

しかし、少年は未成年であったことや、インターネットやSNSがまだ普及していなかったことも相まって、名前や顔写真などは明らかにはなっていません。

謹慎が解け「転校少女Y」で芸能界復帰

Free-Photos / Pixabay

謹慎が解けて、「ハンパしちゃってごめん」を出版してから、問題発覚後から約1年後の1984年にドラマ「転校少女Y」の主役で復帰することになりました。

復帰後は女優や歌手としても活動をしていましたが、どちらも鳴かず飛ばずという感じだったようです。

ニャンニャン事件の真相とは

ManuelaJaeger / Pixabay

問題発覚から28年の時を経て、高部さんは真実をテレビで語ることになりました。ほとんどの方々は、テレビでの報道でしかこの問題を知ることができませんでした。ネットも普及していませんから仕方ないです。

しかし、事実は全く異なるものでした。実際に高部さんもこの件については、一切テレビやマスコミには話していませんでした。著書の「ハンパしちゃってごめん」で本人の意思ではないところでは少し触れられています。

実際に高部さんから語られた内容について見ていただきましょう。

写真は友達と一緒にいた時に撮られていた

StockSnap / Pixabay

高部さんが当時15歳の時、あの写真が掲載される3か月前に、高部さんは友達と遊んでいて、その中の一人が「積木くずしの写真を撮らせてよ」ということになって、みんなで写真を撮って遊んでいたようです。

その後、友達からの要求がエスカレートしてしまって、「じゃあ次はベッドに横になってもっと大人っぽいのを撮ろう」ということになって、さらに「どうせだったら上着も脱いで」となるのです。

上着を脱いで、肩を出す感じになり、布団をかけて「『積木くずし』といえばこれでしょ?」ということで、タバコとを加えるということになったところで「はい、チーズ」となってあの写真が出てしまいました。

高部知子は薬物による逮捕歴がある?

WikimediaImages / Pixabay

高部知子さんは薬物関係で逮捕されたことがあるといううわさが流れていたことがありますが、どういうことなのでしょうか?また、真実はどうなのでしょうか?

高部知子に薬物の報道は無し

未成年で喫煙疑惑ということもあってか、ネット上では高部さんの逮捕歴についても関心が集められています。

さまざまなところで高部さんの薬物疑惑について調べられていますが、実際には高部さんが逮捕されたということを証明できる根拠たるものは一切ありませんでした。

結果として、高部知子さんの逮捕歴があるというものについては、事実無根で全くのデモだったということと判断することができます。

高部あいがコカインを所持していたことで逮捕されたことが噂の真相だった

なぜ、高部知子さんが逮捕されたというようなデマが流れてしまったのかを突き止めていきますと、意外なところで巻き込まれてしまったというようなことがありました。

それが、高部あいさんの存在です。高部あいさんは、2015年10月にコカイン所持の疑いで逮捕されたということがありました。これはかなり世間の衝撃を受けたものでした。

たまたま2人の名字が「高部」で一致していたため、ネット上では一部のユーザーが2人を取り違えてしまったために、このような疑惑を生んでしまったと思われています。

高部知子の経歴と主な出演作品!濡れ場も多い女優?

Free-Photos / Pixabay

それでは、ここで改めて、高部さんの経歴などについて見ていただくことにしましょう。

NEXT スカウトされ「ガラスのうさぎ」で女優デビュー