海原万里は上沼恵美子の姉!海原千里・万里の画像や動画は?現在は?

皆さんは、海原万里さんという方を知っていますか?実は1971年に「海原千里・万里」という姉妹漫才でデビューした、あの人気芸能人、上沼恵美子さんのお姉さんなんです。海原万里さんの現在はどうなっている?夫は?子供は?など、過去の写真や動画もチェックしてみました。

漫才師海原万里は現在引退した?現在の画像は?

Free-Photos / Pixabay

では、さっそく上沼恵美子さんの姉、海原万里さんのプロフィールなどを見ていきましょう。

海原万里は上沼恵美子の姉?プロフィールは?所属事務所は?

Free-Photos / Pixabay

海原万里さんは現在テレビで活躍中の上沼恵美子さんのお姉さんです。

兵庫県三原郡南淡町福良出身で、1971年に姉妹漫才で一躍人気者となった「海原千里・万理」の万里を務めて、ケーエープロダクションに所属していました。

海原千里・万里のデビューのきっかけは?

RyanMcGuire / Pixabay

万里さんと千里さんは幼少期の頃から、ラジオやテレビの素人コンクールに本名で出演していました。

この頃父を入れてトリオで三味線を持って浄瑠璃を語ったりアコーディオンを持ったり、音曲漫才をやった事もあるそうです。

そして、1971年に海原お浜・小浜に弟子入りして、既にデビュー予定だった万里の相方が失踪したことにより、急遽姉妹漫才でデビューすることになりました。

千里は始め嫌々やらされた?

martakoton / Pixabay

千里さんは始めいやいや父から勧められたそうで「OLのつもりでやってたんです。結婚相手見つかったらさっさと引退するつもり」と言っていたそうです。

しかし、1972年の12月に第一回上方お笑い大賞で「銀賞」、1973年第3回NHK上方漫才コンテストで「優秀敢闘賞 」を受賞するなど輝かしい成績をおさめました。当時はアイドル的な人気だったそうです。

海原千里・万里は歌もリリースしていた?「大阪ラプソディー」は40万枚売上?

海原千里・万里さんは漫才だけではなく歌もリリースしていました。

それは「大阪ラプソディー」というシングル曲で、なんと40万枚も売り上げがあったのです。歌のメインパートは千里さんが歌い、サブパートは万里さんが歌っています。

「大阪ラプソディー」は大阪の見どころも入れつつ、恋人同士の心情も描いた作品になっています。当時の動画がこちらです。

NEXT 海原千里・万里の画像は?現在の画像はある?